丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 07月 07日

きょうは「ゆかたの日」/きょうの蔵出しNHKから

今日は七月七日。
昨日一昨日あたりからの大雨による被害甚大の報道をみて
みんなが心を痛めています。
犠牲になられた方々へお悔やみを申し上げるとともに、
どうか早く雨も止み、被災された方々と行方不明の方々の捜索と救助、
および復旧作業が進みますよう、心からお祈り申し上げます。

平成30年7月梅雨前線等による大雨被害緊急災害支援募金/Yahoo!基金
(Tポイントカードからも寄付できます)

*************************************

Facebookでフォローしている「NHKアーカイブス」さんがあげる
昔の記録映像に興味津々なのですが、きょうは「ゆかたの日」ということで
昭和29年に撮られた浴衣コンクールの様子が面白いので、
ここに貼っておこうと思います。

審査員に吉屋信子さんや東郷青児さんらのお名前もあるのも時代だなと思いますし、
優勝者には花嫁道具一式が贈られたとのことですが、
その一式の中味はいったいどんなものなのか、
出来ることならそれも見てみたかったなあ〜と思います。

きょうは何の日/7月7日「ゆかたコンクール」/きょうの蔵出しNHK


by team-osubachi2 | 2018-07-07 22:57 | 日々いろいろ | Comments(8)
Commented by sogno-3080 at 2018-07-08 08:40
実に面白いですね!私が生まれる二年前ですわ。
浴衣の柄が斬新なので驚きました。そしていかり肩の方が多い?(笑)
くっきりはっきり、って感じ。花嫁道具、私も気になりました。
Commented by セージグリーン at 2018-07-08 09:06 x
1954年は、私の生まれた年です。
登場されるお嬢様方のヘアスタイルと、里の母のそれが
がまさに同じでした。(今も変わりませんが、、、(^_^;)
浴衣でも今のように襟を抜かず、きっちり合わせていて、
清潔感がありますね。
ほっそりした方が多いのも印象的です。
ついでにスミマセン、、、今月発売の「暮しの手帖」の、
「戦中・戦後の暮らし」の特集に、母の原稿が掲載されます。
宮崎・93歳で分かってくださると思います。
Commented by team-osubachi2 at 2018-07-08 13:56
sognoさん
面白いですよね〜♪
この頃の、襟を抜かない着付け、好きなのです。素人の若い娘さんほど抜かない。
こぶし一つ分衣紋を抜くなんて指導は、やっぱり着物を着る人が減ってからの事なんでしょうね。
襟を詰めた細い首にいかり肩、細身にきつく帯を結んだ格好は
中原淳一さんのファッション画から抜けて出てきたみたい。
いずれもお召しか金紗クラスの美しさ、、、アナウンスの例えも時代ですねえ。
Commented by team-osubachi2 at 2018-07-08 14:50
セージグリーンさん
この当時のお生まれですか。終戦の混乱も貧しさもどんどんなくなって
西洋化の波が押し寄せてきていた頃なのでしょうか。
ミスコンもたくさん有ったのでしょうね。
しかし当時の若い人らの細腰、ビックリです。骨組みからして華奢だったんでしょうね、帯も短いハズです。
「暮しの手帖」本屋さんへ行く事がありましたらチェックしてみますね。
戦争当時のお話、記憶と証言、残しておくべきこと、まだまだありますよねきっと。
Commented by 香子 at 2018-07-08 17:37 x
「お召しや錦紗クラスの美人さん」って
どんなクラスなんだろ?と気になりました(笑)
それにしてもセミロングの方でさえ衿を詰めていて
清楚でいいですねえ。
今ではけっこうに衿を抜いて着てる方多いですもん。

Commented by team-osubachi2 at 2018-07-08 20:47
香子さん
この当時、お召だの錦紗(私のだとスマホでは金紗と最初に出てくる(^^;;)だのを
普段着にしているお嬢さまクラス、、、という意味なのかな?なんて思ってしまいました。
ウールだのメリンスだの太物しか知らないよなクラスとはやっぱり違ったんですかねー?笑
女優の高峰秀子さんなんかもこういう衿を詰めた着方をなさってて、それが憧れでありました。
実際やってみたら不慣れなこともあり、ちょいと首まわりが凝ったのと、
それとやっぱり首に触れる分だけ汚れるのでやめました。憧れは憧れのままに、、、(^ ^;;

Commented by fuko346 at 2018-07-10 10:06
拝見しました。
清潔感 あふれる浴衣姿に見とれてしまいました。
そういえば 母もああいう着付け方をしていましたね。

いつから襟の抜き方うんぬん、って言いだしたのかなって
ふと 考えてしまったりして。
Commented by team-osubachi2 at 2018-07-10 15:07
fukoさん
いまの着付けのポイントって、たぶん、ですが、着物を着る人がめっぽう減りだしてからじゃないでしょうか。
いわゆる着付け教室が増えだして、、、?とか?
時代もちょうど土剥き出しの道路がアスファルトでかためられ、コンクリートのビルだらけになり
エアコン普及して暑くなっていったでしょうから
こぶしひとつ抜くというのは合理的だったかもしれませんね。そんな気がします。


<< 白麻のスカート、内紐を外紐に      露を集めて >>