丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 29日

海へ

朝から強い風が吹いています。
空は青空。気温もどんどん上がっていっています。
今日、七月を待たずに関東地方の梅雨が明けたそうです。

よく晴れた今日みたいな青空を見ながらラジオを聴いていると、
すでに夏休みが来たのかと錯覚してしまいそうです。

海の中は陸上の季節の二ヶ月遅れと言われます。
それでいえば、海の中はまだ四月の終わりくらいの季節感でしょうか。
水着だけで泳ぐにはまだ海水温も低いため、当然海開きにはまだ早いので、
私のこのイラストも気が早すぎるかもしれません。w

f0229926_14060804.jpg

夏の海といえば、私にはやっぱり生まれ育った日本海の海を思い出します。
冬は鉛色の空にカモメが浮かび、荒波が毎日のように打ち寄せる日本海も
夏は透明度が高く非常に青い海なのでした。

海底が深く冷たい富山湾には、さらに立山の雪融け水も注ぎ込むため、
本当はとても海水浴が出来るようなところではないのですが、
海岸線に沿ってテトラポットが埋められたり、
コンクリートで護岸される以前の自然海岸をかろうじて覚えている世代のせいか、
夏の海というと、こんな風景を思い出してしまうのでした。


「海へ」 © Tomoko Okada

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます


by team-osubachi2 | 2018-06-29 14:20 | 人を描く


<< 朝のシナモントースト      上布を活かしたくて >>