哀と悲しみの花園万頭

寝耳に水とはこのことか。
六月に入ってすぐ目にしたこのニュースにびっくりしてしまった。

「花園万頭」が破産申請。在庫が無くなれば営業終了。/HUFFPOST

むかし京都へ友人知人らの伝手で度々遊びに行ってたときに、
粋筋の人たちがよくお遣いものとして人さまへ差し上げたり、
踊りの会などでお配りものにしたりして重宝するとかで
度々頼まれて買い送ったこともあった「花園万頭」さんのお菓子。
(あと「小桜」さんのかりんとうなんかもネ)

関西方面の方々がよく口にしていたのは
「花園万頭さんとこのは、東京にしか(お店を)出したはらへん。
せやしここら(京阪神あたり)ではめずらしがられて喜ばれるんよ」ということだった。

私も、ことにこちらの『ぬれ甘なつと』は、じゃみじゃみしがちな砂糖が
ほとんど表面についてないから好きなのであるが、
時代とともに、いまは首都圏の百貨店ならたいがいどこかで買えるようになり
ネット通販も手軽に出来る時代にもなったし、
目新しいスイーツにお客さんが流れるせいもあったのかしら?
(目新しいスイーツは、でも、大半がじきに消えてなくなるワケで・・・)

f0229926_10333856.jpeg

昨日出かけた帰りに食品売り場に寄ったところで、
「花園万頭」さんのコーナーに寄ったら、
まだ“ぬれ甘”が他の夏のお菓子とともに売られていたので、
これさいわいと和風カステラ『花園春日山』と一緒に買って帰った。
この春日山のデザインもね〜、とても好きだったんだけどなあ〜。

販売コーナーのおばちゃんに「突然でしたね」と声をかけると
「はい。本当に突然で。私もまだ動揺しています」とのことだった。

ネット上ではすでに品切れ表示。
噂(?)によると7日あたりまでは店頭でのみ在庫を売るという話もあるらしい。

どこか力のある企業が救済してくれないかしらん。
老舗の味が無くなってしまったらとても、とても寂しくなる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・と嘆いていたら、お友だちの一人が明るい報せをおしえてくれた。

ご贔屓のみなさんにとっても、従業員のみなさんにとっても、
どうかいい方向へ向かいますように。

Commented by ニャオ子 at 2018-06-04 14:46 x
こんにちは♪ (^o^)丿

ウチの地元にも倒産の憂き目に遭った菓子会社がありましたが、
昔から人気のあった和洋折衷の菓子が無くなってしまうことを惜しむ声が強くて
当時その倒産した会社の営業課長さんが別会社を興して
銘菓《ざびえる》の復活を果たして今も続いています♪
(味の再現にはとても苦労されたそうです!)
昔から地元民は、そのダサいネーミングをイジリながらも(笑)
何かのはずみで贈答品としてもらえばそこそこ嬉しい気がする
なんとも愛着のあるお菓子です。
Commented by team-osubachi2 at 2018-06-04 15:17
ニャオ子さん
ああ〜!『ざびえる』知ってますよ〜〜♡ いただいて食べたことがあります(どなたが下さったか覚えてないという・・・(^ ^;;)。六個入りでしたね。印象的なイラストで包み紙とっておきましたもん。
それと黒地の別珍みたいな箱、いまもとってあります。クリスマスシーズンに何かの置き台になるかなあ〜なんて思って。笑
日記内を検索しましたが、どうも記しておかなかったようで残念です。
そうでしたか、あれ、救済されたお菓子だったのですね。よかったですねえ。いいお話をありがとうございました!
by team-osubachi2 | 2018-06-04 12:06 | 食べる | Comments(2)