丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 23日

単衣考

日本の夏は長くなっている・・・と、
今では大人の大半の人たちはそう感じているに違いない。

先週末、関東は真夏になった。
気温28度とも30度とも予報ででていた午前中、着物に着替えた。
本当は着たい袷の小紋があったのだけれど、かわりに着たのは細縞の単衣の結城縮。

去年の春、やはり急激な暑さが続いたとき、軽い熱中症にでもかかったのか
普段は感じたこともない頭痛がして、目眩がしているようなキモチ悪さで
一日中具合が悪かったのを経験したせいか(途中で水分摂取が足りなかったと反省)、
まだ身体が暑さに慣れていないことに用心して無理に袷を着るのは止めた。

f0229926_09423127.jpeg

襦袢は着古したお気に入りの小千谷縮を自分で二部式襦袢に直したもの。
肌襦袢はやめて、素肌に巻いた晒の上にその二部式襦袢、そして単衣の着物を着る。

帯も予定のものはやめて、軽くて通気のよい紙布の染め帯に変更。
午後の日差しを考慮して早々と日傘をさして出かけた。

f0229926_09460763.jpeg

この日訪問した先での気軽な稽古茶会で、
友だちが一服点ててくれたお茶を喫してきた。

f0229926_09430641.jpeg

着物好きの友だちがお招きしたご連客のみなさんはいずれも着物好きの方ばかり。
なので、服装は「平服で」とあった稽古茶会ではあっても、
薄暗さが心地よい小間の茶室の中は本式の茶会とかわりない華やぎがあった。

友だちが心入れの主茶碗で、胸がスーッとするよな美味しいお茶をいただいたあと、
それぞれ着ている着物や帯の話題でしばし着物談義を愉しみながら、
こういう陽気の日に着る着物の今後の参考にさせていただこうと思った。

f0229926_09462121.jpeg

亭主方となる友だちや社中の方々は袷、客方は袷の人あり、単衣の人あり、だ。
事前に問い合わせて、断りは入れておいたものの、私だけかたものの単衣だった。
もちろん正式な茶会には着られないとされる類いの着物であるのだが、
着物のルールは充分に知ったうえで、けれども
この日の自分の体調と相談して決めた、これが我が意に沿った装いなのだった。
とかく人の着るものに意見する人もいるらしいとウワサに聞くが、
その日その時の自分の体調が他人さまにわかるはずもないのだから。

これからの日本は、式服でもない限りは
今までの衣更えのルールに無理にこだわらない方がいいと思う。
もちろんそこは自由だから、こだわりたい人はこだわってもいいけれど、
(南北に長い日本列島だもの、従来の衣更えにふさわしい気候になる地域もあるわけで)
自分のこだわりを他に強いるのはやめていただきたい。
万が一のことで倒れてしまっては元も子もない。

もしも教えや参考になる以外のキツいご指摘を受けてしまったら、こう思えばいい。
自分は今日一日を着物を着て心地よく楽しく過ごせたのだから、この装いで正解だったのだ、と。
嫌なキモチになるのは避けられないかもしれないけれど、
倒れるほど難渋な目に遭うことに比べたら、人の視線や陰口など何ほどのこともないではないか。

とはいえ、親しくおつきあいをしている先達のアドバイスやTPOについては
自分なりにちょっとは考慮したいものだが、考慮を愉しみに変えることが出来たら上々である。

f0229926_09421145.jpeg

今回の着物思案でひとつ気がついたことがある。
紬好きの自分の箪笥にはなんと単衣の小紋が一枚もない?!
(無地ならあるんだけど)
一枚か二枚、普段着っぽいのと、よそゆき感のある単衣小紋は
今後ますます必要になる・・・というより、着る機会がグンと増えるだろう。

それを理由にして、ちょっと探してみようか?
「買ってもいい・・・?」
結局そこにたどり着くのである。w


by team-osubachi2 | 2018-04-23 22:37 | 着物のこと | Comments(13)
Commented by sogno-3080 at 2018-04-24 07:49
皆様のお着物姿、素晴らしいですね~。
記事の主旨に、深く頷きました。実は他の皆様も、「涼しそう~」
なーんて羨ましかったかも♥
私も、特別な場合を除いては(めったにないけど)、その日の気温、
自分の体調、気分で着物を選んでいますよ。先日、気温が上がりそう、
という予報に迷わず(笑)単衣を選びました。気分爽快でした。
ワイン一杯で、結構体が熱くなったりしますもので、特に・・ね。
Commented by ニャオ子 at 2018-04-24 09:58 x
こんにちは♪ (^o^)丿

なんとも手触りの良さそうな「紙布」の帯ですネ~♪
清々しい色の帯揚げ&帯締めとの取り合せもステキやわぁ~~っ!

私もこの時季は自分の「体感温度」次第で“ 堂々と ”単衣を着ています★
地球がおかしくなったのか(?!)季節の変わり目がこんな風になってくると、ますます「単衣」の必要性が高まります。
キモノを着始めたいと思う方々にも「単衣」はイイのではないでしょうか♪ (^_-)-☆
Commented by team-osubachi2 at 2018-04-24 14:36
sognoさん
洋服だって、式服は別にして、その日その時の気候や体調によって替えますもん。
着物だって同じことが言えますよねえ〜(ま、さすがに春先寒いからって和装でダウンコートってことはないですが/笑)
真綿の袷を着たあとなんかに単衣の大島なんかを着ると、
その軽やかさに自分の身体まで軽くなるよな錯覚をおぼえることがあります。笑
この日のご連客さまみなさん着物のお買い物も上手でいらっしゃいました。
そのお話を聞こうと耳がダンボになりましたよ。笑
Commented by team-osubachi2 at 2018-04-24 14:44
ニャオ子さん
春から夏へ・・・着物のビギナーさんが迷われる時期になりましたね。着慣れた人がまず率先して心地よく着て涼しくて楽しそうな姿を見せてあげるのがいいと思います。着物のセンパイがそうしているのを見てビギナーさんが参考にしてくれるといいなって思います。もちろん一定のルールは知った上で、ね。

紙布、いざ身につけてみるとなかなかいいものですよ。軽くて張りもあってシワになりにくくて、案外水にも強いし、単衣の着物もこの帯も汗ばむ季節に重宝しています。
この帯、新古品で買ったものの、オリジナルの色の具合が気に入らず、自分で色を足してしまった代物です。無茶してます、はい。笑
https://okakara.exblog.jp/18006052/
Commented by ベル at 2018-04-24 16:20 x
素敵なコーディネイト!
素材の感覚も色彩感覚も本当に素晴らしくていらっしゃって、気候(季節でなく)にピッタリで拝見してて心地よいです。
高気圧が日本の真ん中にデンと腰を据えた先週の金曜日、法隆寺、薬師寺へ参りました。
この時期は夢殿の救世観音様の御厨子が開くのです♪
敬意を表して着物で行こうと前々から決めておりまして、
なんと襦袢は麻、単衣の江戸小紋、紋紗の道行という超フライングw
お蔭様で汗ひとつかかず、快適な旅となりました。
Commented by ベル at 2018-04-24 16:37 x
連投すみません。
西洋絵画は、アトリビュートの知識があれば知的な鑑賞が愉しめます。
仏像であれば持物で菩薩や如来様を見極め、時代背景などに思いをはせます。
そういう鑑賞をするための教養を一通り身につけたら、あとは無心に味わえばよい、と思っております。
着物も同じかもしれないなぁと感じた次第。
Commented by 香子 at 2018-04-24 18:02 x
まだ4月なのに29℃とかね、ふざけんじゃないわよぅって感じ(笑)
トリエアズ4月に入ったら中身の拵えはもう夏物でいいですよね。
今日は一息ついたのでまだ袷のワタシでありました。
Commented by team-osubachi2 at 2018-04-24 23:56
ベルさん
まあ〜〜、奈良飛鳥は法隆寺に薬師寺ですか、いいですね〜♡
まほろばの里も新緑に満ちていることでしょう。いいなあ。
救世観音さん、美しいですよね〜♡私も数度法隆寺へ行って(中宮寺も)救世観音さんのご尊顔を拝しましたが、いつでしたか、春の開扉のときに夢殿のところで修学旅行生らがわらわらと来て、わらわらと去っていくんをジーッと待っていましたら、管理(警備?)らしきの一人のおじさんが「お顔よう見えんやろ」とか言って、なんと懐中電灯を貸してくれたのです。畏れ多くも(笑)マイライトでお顔を照らして友だちと二人してご尊顔をたっぷりと拝したことがありました。たぶん30年近く前のことで、いまではそういうことは許されていないかもしれませんですね。
そうですかあ〜、初夏にふさわしい装いで、奈良へ着物旅・・・羨ましい限りです〜♪

観賞するときには、その人なりの愉しみ方でもちろんいいのですが、ベルさんがおっしゃること、とてもよくわかります。美術館などへ行くと、情報に耳を傾けすぎてる人が多いような気がすることもしばしば。イヤホンサービスは便利と思いますが、無垢な心で、無心にただ見る、感じる・・・という大事な一瞬を阻害しかねない不便さもあると思っています。私などはまず借りないんです。無知のままでいいのです。本当に知りたければ後で調べて、ふむふむとうなづき、そしていつの日かまた其れとの再会を喜ぶ・・・私なりの愉しみ方です。
Commented by team-osubachi2 at 2018-04-25 00:01
香子さん
いやあ〜、先週末はエラいこってしたな。日傘、もうとっくです、とっく。
昨日今日はまた平年並み?ですけど、なんだか肌寒いですね〜。
(去年の五月だかは逆に肌寒くて日照不足だったような。連休前に買ったバジルの苗が育ちませんでしたもん)
本当に体調管理するのが難しいです。
胴裏と八掛けの薄い布一枚のことですけど、やっぱり大きく違いますですな。
単衣の小紋、欲すい〜(^ ^;;
Commented by 通りすがり at 2018-04-25 07:01 x
ここ数年、三寒四温なんて風情のある言葉がぜんぜん通用しなくなっている気がします。ちょっと寂しい気がします。
熱中症の時は、OS2やらポカリやらアクエリアス等の水分補給系の飲料が有効ですが、あれはちゃんと吸収されやすい
濃度が調整してあるものだそうなので、そのままの濃度で
飲むのが良いみたいです。
(氷とか入れて薄めないほうがgood)

最近着物にちょっと興味があって、帯の結び方記事を拝見しました。ちくちく縫った産着もステキ♪。
今の着方ルールは、戦後、あーでもないこーでもないと出てきたものもあるそうですから、着る本人が心地よいのが
一番ですね。とりとめも無く、、、、お邪魔しましたー!
Commented by team-osubachi2 at 2018-04-25 09:05
通りすがりさん
こんにちは。三寒四温ですね〜、いやはや、四寒三高温とか、五寒六高温とか、まあ、バラけてますですねえ。苦笑
そうそう、経口補水でしたっけ?電解物質でしたっけ?むかしタクラマカン砂漠を旅して覚えたことのひとつは、粉末のポカリスエットを加減して水に溶かして飲むことでした。
疲労の度合いによって濃さを変えられるので、夏場は毎朝湯冷ましにほんの小さじの先ほど溶かして、レモン果汁もちょこっと加えて朝イチに飲んでます。ただの水やお白湯では追いつかないくらい暑さが早くやってきてますですねえ。
お着物、着てみてくださいましな。暑いからこそよくわかる麻ものの涼しさ、オススメしたいです〜。暑いことは暑いんですがね。笑
Commented by セージグリーン at 2018-04-25 13:21 x
お稽古茶会とはいえ、さすがに着巧者の皆様とTomokoさん、
それぞれにご自分の体調、体感?と季節にあわせた
素敵な着こなしですね。
昨年、あまりの暑さに着物を着そびれたことを思い出し、
月初めに、綿麻混の着物をお願いしました。

普段着は単衣主体にして、下ごしらえと生地の厚さで
調節している友人がいます。
そうしたところへ、たかはし着物工房から、お願いした着付け小物と共に、「59kimono」なる小冊子が届きました。
「5月はもう暑い、9月はまだ暑い」とあり、
綿麻混のカラフルな着物が紹介されていました。
家で洗えてリーズナブルな着物で、これからの季節を
もっと楽しみたいと思います。
Commented by team-osubachi2 at 2018-04-25 17:48
セージグリーンさん
単衣の着られる期間はいまや長くなりました。
業者さんは、平麻や爽竹などの襦袢地の色のバリエーションをもっと増やした方がいいと思います。
って、お商売で儲からないと作る意味もないかもですが、
増やしてほしいなって思います。
綿麻着物はことにこれからの季節には爽やかで着やすいでしょうね〜♪
新しい一枚、仕立て上がってくるのがワクワクしますね。


<< ラピスラズリの羽織紐      竹薮の傍に棲み、都心で筍を買う >>