喪の履物

私がまだ十代のおしまいのころだったか、
実家の母親がいつ嫁入るかもわからないムスメのために
喪服(五つ紋の黒無地)の着物や帯を揃えはじめ、
ひと通り誂えたところでこんなことを言った。

「むかしから喪のものは草履まで全部いっぺんに揃えんもんやって言うから、
履きもんは、あんた自分で用意せられ」

そんなワケで、喪の草履は、私が遅くになって結婚し、
実家から自分の着物や帯をすべて引き取ったさい、
そろそろ用意しておく方がよさそうだと思い、
お手入れついでにお世話になっている呉服店で喪の履物を一足買っておいた。

無事にその喪の装いは親を見送るために役立ち、
履物も何度か履いたところで前つぼが緩んできたので、
先日浅草の楽艸さんへ行ってもうちょっと履きやすいように、と
鼻緒だけ楽艸さんのものに取り替えてもらった。

f0229926_14331579.jpeg

身内であろうと、親しくおつきあいのあった方であろうと
お弔いのときはいろいろ動転してたり慌ただしかったりするのだけど
和装で喪の装いをすると、なんとなく身の防ぎになるような気がする。

f0229926_10372502.jpeg

そういうときには私の足もしっかりと支えてもらわねばならないから
こうして喪の履物を調えておくのも悪くはないよね。

Commented by 香子 at 2018-04-16 08:42 x
履物は最後で正解と思います。
そこが劣化するともうどうしようもないですもんね。
ワタシも母が用意してくれた草履はダメになり
自分で履きやすい物を購入しました。
長時間履くので鼻緒が痛いと別の意味でも泣きますもんね。
Commented by team-osubachi2 at 2018-04-16 09:10
香子さん
若い頃よく着物で遊びに行った京都でも、花街の出のおかあさんが
「ふん、そらそやわ、喪のもんはいっぺんにサラで揃えたらアカンのよ、
むかしっから喪を呼ぶ言うて、ええことないのよ」と言われ、
そういうものなのかな、と思ってましたけど、香子さんの言うように
確かに早くに揃えても、うちの実家のように保管が悪かったりして、いざってときに傷んでたりしますよね。
お襦袢だけは白をキープしたいからって化繊でしたが、
まあ、帯のカビだとか、経年の匂いだとか、まだ着てもいないうちから手入れに費用かかりました(^^;;
あと余裕があれば(ないない、そんな余裕)、ツボを紅くしない大人しめの草履が一足あるといいなあ。
キリがありませんね。苦笑

Commented by fuko346 at 2018-04-16 11:12
きれいな お草履ですね。
拝見して ふと 自分のは だいぶしまいっぱなし、と思い出しました。
昨日 長いこと使っていなかった 安価な雨草履をつかいましたら 崩壊しました 笑
いつでも使えるように お手入れ その他 しておくのは大事ですねえ。
Commented by team-osubachi2 at 2018-04-16 19:01
fukoさん
履物って、着物や帯に比べて充実させるのは後回しにされがちなアイテムかもしれませんですね。
振り返ってみれば、桐の柾目の下駄から草履、畳表もいろいろ試して履いてきましたが、
結局自分の足にピタリと合って、本当に気に入って履くものってそう多くはないのですよねえ。
喪の草履に気に入ったように鼻緒をすげ替えるなんてのも
結局は自己満足なのでしょうが、こういう小さな心丈夫って案外大切だったりしますね。
しかし、雨草履の崩壊って、、、(^^;;
Commented by 朋百香 at 2018-04-16 21:00 x
tomokoさま
そうなのよね〜、tomokoさんのブログでハッとしました。今は時間ないけど個展終わったら、すぐチェックして見ましょう。何しろうん十年前に買って、その後チェックもしてないからきっと、劣化しているかも・・・それに香子さんもおっしゃっているように、これこそ自分に合った履きやすいものを用意しておかなければ。
ところで、個展のご案内、載せていただき感謝です。
今まで30数枚の墨の絵を並べたことないから、どんな風になるのか楽しみです。
Commented by team-osubachi2 at 2018-04-17 12:18
朋百香さん
うん十年前の草履って、鼻緒細いのが流行ってた時代じゃありませんか?
って、私のも最初は細めのがすげられていて、それはそれで洒落てたりもするんですが、
だんびろ足の私・・・細めより太めの鼻緒がホールド力ありそうに思いまして。笑

個展会場に作品が三十数点も?!これまでの精魂かたむけた賜物ですね。いや〜見に行けなくてとても残念です〜!!
ブログでの報告を拝見するのを楽しみにしています♪
by team-osubachi2 | 2018-04-15 16:28 | 着物のこと | Comments(6)