丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 01月 11日

裾はいつか擦り切れるもの

二十代のいつだったか、生まれてはじめて呉服屋さんで
自分の稼ぎで買った着物は小紋だった。たしか月賦でだったかしらん?
濃い灰色の地に、濃い臙脂で春秋流水の模様のシンプルなもの。
八掛けを選ぶのもはじめてのことで、あれこれ迷うのも楽しかった思い出がある。

若いムスメには地味だったなあ〜と今は思うけど、
どしっと重い縮緬の生地も(自分にとって)飽きがこないシンプルな模様もたいそう気に入って
お出かけやお茶のお稽古にずいぶんと着て、しばらく遠ざかって、
そしてまた手をかけながらちょこちょこ着て・・・。

だいぶ以前から気付いてはいたのだけど、
とうとうどうにもならないくらい裾が切れてしまった・・・。

f0229926_20403666.jpeg

着物といえども消耗する衣服なんだもの、そりゃあ裾だって擦り切れるわよね。

洗い張りしなくても八掛けだけ替えてお直しする方法もないではないけれど、
さすがに表地も年季を経ているので、ここらで一度さっぱりと水洗いしてあげたい。
古手の紬と一緒に洗い張りへ出すことにしよう。


by team-osubachi2 | 2018-01-11 22:11 | 着物のこと | Comments(6)
Commented by 香子 at 2018-01-11 22:22 x
1〜2ミリの穴くらいならガロンテープで補修ですが
ここまで行くとね〜 (^-^;;
それだけよくお召しになったと言う事で
洗い張りは生地にとってのご褒美ですよね♪
昨年お会いしたある方は
「裾が擦り切れるくらいまで着てみたい」と
おっしゃってましたよ(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2018-01-12 07:33
香子さん
ほかにも限界点超えてしまった道中着に、紬らもポツポツ来てます〜〜(^^;;
(それがわかってるから、単仕立てのざざんざ織りだけハナから上前身頃からバイアスデーブをぐるっとな)
電化製品と一緒で、くるときは一斉にやってきますね。
そろそろ本当に押入れの洗い済みをどんどん仕立てて、
入れ違いでどんどん手入れに回していかないと、かもです。
まあ、職業的に着物お召しの方々よりははるかに緩やかな傷みですけども。。。ねえ。苦笑
Commented by phenix at 2018-01-12 11:19 x
こんにちは
八掛の擦り切れ、私の着物は殆どが母の物ですから
それは仕方ないとしても、ご自身のお着物で擦り切
とは、よほどお気に入りだったのですね~
ちょっと地味な母の着物を、そろそろ着ようかと引っ張り出してみたら、八掛はすれているし 裄も短い、私もフルレングスの道中着にしようかと、思案中です。
あのね、恐ろしいことですが・・・
帯もお太鼓の縁が擦れて、帯芯の白い所がチラチラ
っていうのもあるのです。こればかりはどうしようもないので、静か~に そ~っと大事に絞めています。二度と同じものはありませんものね。
Commented by team-osubachi2 at 2018-01-12 13:09
phenixさん
こんにちは。お母さまのものをそのまま着られるっていいですネ♡
八掛けだけ取り替えられるって和裁の技術のいいところだなって思いますけど、それだって何枚も何枚もやるとなると費用かかりますし、ほんと着物の手入れはお金がかかりますよねえ。いやはや。
フルレングスの道中着、いいですよ、おすすめします〜。アンサンブルから袷の道中着にも直して真冬に大活躍でしたが、これもダメージがひどくなり、裾だけなら共布でカバーしてたんですけど、ついに脇縫い線が擦り切れてとうとうダメに・・・(^ ^;;

お太鼓の縁に白いものがチラチラと・・・見なかったことにしますかね?刺繍糸なんかで繍ってうまくカバー・・・う〜ん、難しいですかなあ。やはり、静かに、そ〜〜〜っと・・・がベスト?笑
Commented by 神奈川絵美 at 2018-01-14 15:34 x
こんにちは! 私もよく着るスーツ着物が
ちょうどこちらの画像のような感じで、一部
擦り切れてきました。
表からは見えない(まあ裾ですしね)のですが
自分で適当に縫っちゃうとかはやはりNGですよね・・・。
洗い張り、考えようかな・・・。着物歴13年になったの
ですが、そろそろ、ぼちぼち、ですね。
Commented by team-osubachi2 at 2018-01-14 16:13
絵美さん
香子さんのコメントにもあるように、ぽつぽつとした穴あたりで手当てすればまだしばらくはもつのですが,
上の日記の道中着の裾切れや、この小紋みたいにここまできてしまうと、歩いてる最中や立ち止まったときに、足袋にチラホラ切れた裾の糸が糸くずみたいにかかってしまったりして、みっともない思いを何度かしました〜(^ ^;;
絵美さんのものも、着てる回数が多いものはそろそろいっせいにやってきますよ〜。でも、そう、洗い張りしたあとの着心地も楽しみに、ぜひお直し出してあげてください♪


<< 裾はいつか擦り切れるもの−2      奈良漬け >>