丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 01日

無地 on 無地はカラーブロック

たびたび日記に記している通り「無地の帯が好き♡」である。
着物に柄があって、その着物の方をメインにしたいな〜と思うときには
無地の帯をあわせるのが好きだ。

いつだか友だちんちからいただいたリバーシブルの無地帯(http://okakara.exblog.jp/24942128/)は
思案した末、半幅帯に直してもらった。

その無地の半幅帯に、着物は焦茶無地のざざんざ織りをあわせてみる。
ファッション用語でいえば「カラーブロック」ってとこね(実物とは色みがだいぶ違うけど)。

f0229926_23173415.jpeg

で、↓こんな細っこい帯枕があるじゃない。

f0229926_10342560.jpg

それを使って、カラテア風に・・・。半幅帯だから前で結んでカタチを作る。

f0229926_23175574.jpeg

おたいこ部分を結び目の上下じゃばらに畳んで帯揚げでおさえ
(帯揚げはそのままでもよし、折り畳んだ手ぬぐいを枕みたいに入れるもよし)
仮結びしてカタチを作っておいてから、エイッと後ろに回し、
あらためて(今回は細い帯枕の紐と)帯揚げ、帯締めを結んで整えれば完成♪

f0229926_11532818.jpeg
(↑昨日出かけた先で撮っていらした写真に写ってた自分の後ろ姿)

サッと着替えて出かけ、戻ったらまたサッと着替えてそのあと仕事しなくちゃよ〜!
・・・なんていう日には半幅帯で出かけるのが楽チン♪


by team-osubachi2 | 2017-11-01 13:04 | 着物のこと | Comments(6)
Commented by sogno-3080 at 2017-11-01 15:59
なにやら聞いたことがないお言葉に?
検索してちょっとお勉強したところです。

ああ、何度見てもこちらのこげ茶のお着物は素敵&大好きだわ~
どんな色でも受け止めてくれる包容力がありますね。
喉風邪で、あれもこれもキャンセル。しつこいです、今年の喉風邪。
Commented by team-osubachi2 at 2017-11-02 01:11
sognoさん
お勉強なさったのはとの言葉だったのかな。カタカナの、ですかね?
この焦茶のざざんざ織りは秋になると着たくなります。
ほんにいろんな帯をもってきても受け止めてくれる包容力があります♡

お天気が目まぐるしく変わりながらも、もう11月。
電車に乗っても風邪ひきさんが多いです。
どうぞお大事になさって下さいませ〜。
Commented by 神奈川絵美 at 2017-11-02 15:41 x
こんにちは! 無地帯って、色がシンプルな分、質感というのか素材感が際立つことってありますよね。糸がどうとか、織がどうとか、詳しいことはわからなくても、一見して雰囲気が良いものと、安っぽくなってしまうものがわかってしまうような気がしています。
お持ちの半幅は色のコントラストもカッコいいし、自然な立体感が出てアクティブ! Tomokoさんらしい帯だなあと思いながら、写真を拝見しました。
Commented by fuko346 at 2017-11-02 20:18
あん!
なんて 美しい色の取り合わせでしょう、、、、。
きものならでは、だと思いますが 存分に楽しんで
おいでですね。

この展示 行けずに口惜し~~~
まきまき できたんですねぇ。
Commented by team-osubachi2 at 2017-11-03 11:35
絵美さん
無地のものって素材に誤魔化しが効きませんよねえ。
いただいたこの帯、こんな色合わせはいまどき見ませんよね。
名古屋帯よりも半幅帯の方が使いやすいと思い、お直しへ。
そのさいハサミは入れず、折り込んだ部分を芯がわりにして仕立てて貰いました。
結果は良好♪ 活躍してくれています。
Commented by team-osubachi2 at 2017-11-03 12:02
fukoさん
見応えありましたよ〜。きけば5年ぶりの二人展なのだそうです。
カンタービレの朝香さんがこちらのレポしててそれで知りましたが、
大熊さんと吉倉さんのこれまでの経歴を知りました。
木綿と紬ですが、ともに糸を紡ぎ、染め、織って生まれるお二人の布は
ホント、どこか似ている部分があるなあって私も思います。
次にはチャンスがあるといいですね。

洋服では身につけないような色や柄も何故か着物では着たくなるという不思議。
やっぱり私は着物も洋服もどちらも好きですねぇ♡


<< はがき絵を描くー9      『木綿と絹の二人展』へ >>