丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 06月 20日

『着想のマエストロ 乾山 見参!』展へ

まず〜、あ〜、どうなのかね君この展覧会のタイトルは・・・?!
まあ、自分はオヤジ型人間で
駄洒落文化を是としたい人間であるから、自分は許すがね。

明日の日曜美術館で放送される前に・・・と思い、
昨日前売り券をにぎりしめて雨の中サントリー美術館へ
『着想のマエストロ 乾山 見参!』展を見に行ってきた。

f0229926_11203294.jpg

なるほど。乾山が登場するまでと登場してからの
流れを見せるようにして少しずつ紹介してあった。
詳しいことは、明日放送の日曜美術館におまかせである。

好きだから某美術館などへ何度となく見に行っている作品も
自分の中での再会を嬉しく感じながら拝見している最中、
ふと、かつての古いサントリー美術館時代の展示を思い出した。

現在の展示の仕方は、照明にしても演出にしても
実によく考えられていて本当に素晴らしいのだけれど、
あの当時の、まだ昭和のままの館内で展示されていた作品との距離感って、
今よりも「素」に近かったような印象がわいてくるのはどうしてかなあ?
(昔は入場料も安かったよねえ〜)

f0229926_1131432.jpg

幾度となく見ているものあり、またはじめて見るものありで、
まあ〜、どうしましょ、好きだわ好きだわ光線をビシバシ発揮しても
お持ち帰りは叶うハズもない。

ないが、しかし、例によって、もしも
「そうですか、そんなにお好きなのでしたら・・・」と言われたら、
おずおずと、でも、しれ〜っと「じゃ、ワタクシはこちらを♡」と答える。w
『銹絵染付金銀白彩松波文蓋物』
数ある名品の中で、これがいっとう好きである。

『着想のマエストロ 乾山 見参!』展
サントリー美術館にて7月20日(月・祝)まで

http://www.suntory.co.jp/sma/



by team-osubachi2 | 2015-06-20 11:50 | 出かける・見る | Comments(8)
Commented by sogno-3080 at 2015-06-21 08:45
いいなっ、この展。
乾山見参、ってゴロがいいこと♪
タイトル、色々考えていますね~
Commented by team-osubachi2 at 2015-06-21 10:25
sognoさん
美術館もほんといろいろなアプローチしてくれますデスね。
乾山のお皿を五客も十客も一同に並べてもらって、
それを見比べることが出来るって贅沢なことだなあ。
しかし大きな箱ものと照明のおかげか、エアコンがキツい〜。
うっかり巻きもの忘れたのは失敗でした。
Commented by 香子 at 2015-06-21 14:50 x
見ました、日曜美術館の方ですが(^_^;)
なるほどな解説が面白かったです。
ここの兄弟の流水の描き方が好きです~♪
Commented by team-osubachi2 at 2015-06-21 21:19
香子さん
光琳水・・・本物の筆の跡はいいですね〜。私も好きであります。
百合の花のも竜田川のも、向附皿。ぜったいお料理盛った方がいいように思いました。いやあ〜、写しでもいいからお茶事なんかででいただいてみたいものです♪
Commented by 朋百香 at 2015-06-22 15:06 x
tomokoさま
乾山、斬新ですよね〜! 好きだな〜。
昔、店で母が乾山の「写し」を使っていました。
そのお陰で「写し」が、我が家にもチラホラ・・・(笑)
本物じゃ使えないから写しで十分ですけどね。
何も知らない婿も「この器いいですね〜」と。
やっぱり良いものは、誰が見ても良いんだな。
これを使っていると、食卓が豊かになります。
「写し」でも、母に感謝です。
Commented by team-osubachi2 at 2015-06-22 19:02
朋百香さん
いいなあ、写しをお持ちだなんて。料理も映えそうですよねえ。普段使うには、そうそう、写しの方が気楽でいいですネ!ってうちにはないんですけけども。笑
そんな風に使ってくれて、また喜んでもらえて、きっとお母様もお喜びですねえ〜(^_^)
Commented by いととて at 2015-06-23 06:24 x
古いサントリー美術館、大好きでした。金曜日の会社帰りによく行ってましたね。展示より、車のテールライトが流れるのを大きな窓から眺めてる方が長かったかも。帰りたい場所のひとつです。
Commented by team-osubachi2 at 2015-06-24 10:12
いととてさん
ねえ、私もいまだに懐かしんでしまうときがあります。
私の場合は取引先が近くにあり、いととてさん同様
あの界わいの当時が懐かしい気持ちがあります。
見附の傍のホテルも元気なころでしたね〜。


<< ネジバナの花が咲いている      フェイスライン >>