丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 07月 17日

蓋付き茶碗をふたつばかり

先日、学芸大学駅近くに住む友だちとランチをしたあと
通称“学大のやちむん(焼き物)通り”を通って
ギャラリー「宙(そら)」さんへ行き、
その週にやっていた清水なお子さんという陶芸家さんの個展を覗いてみた。

柔らかい色合いの白地に藍色の素朴で古典的な絵柄の染付けの器は
どれも好みで迷ったけれど、お財布と相談した結果
蓋付き茶碗をふたついただいてきた。(会期終了)

f0229926_1248035.jpg

買って帰った翌日、スーパーで売っていたあんみつをさっそく盛ってみた。

寒い時期なら、市販のあずき缶でぜんざいにしてもいいネ。

f0229926_12483265.jpg

「宙」さんのFBページで紹介されていたのを真似て
トウモロコシ玄米ご飯を炊いたので、熱々の炊きたてを盛ってみたり・・・。

蓋はそのまま取り皿にもなるしネ、
蓋付き茶碗はいろんな使い方が出来るから好きだ。

f0229926_12502975.jpg

ひとつひとつ微妙に大きさがちがっていたりゆがみがあって、
古い時代の器のような素朴さがあるところがいい。

久しぶりで器を買った私の顔には
「ご満悦」の文字が貼りついているに違いない。

陶 「宙 sora 」
http://tosora.jp

by team-osubachi2 | 2014-07-17 08:42 | 買う | Comments(8)
Commented by セージグリーン at 2014-07-17 09:27 x
白地に藍のあっさり目で、オールシーズン飽きのこない一器多用のお手本ですね。しかも、

>ひとつひとつ微妙に大きさがちがっていたりゆがみがあって、古い時代の器のような素朴さがあるところがいい。

骨董市で掘り出し物を見つけたようで、Tomokoさんが「ご満悦」なのも分かります。
蓋付きのままあんみつを供されたら、どんなに嬉しいことでしょう。
とうもろこし玄米ごはんも、暑さに負けない身体を作ってくれそうです。
人生の95%である日常を楽しむの、大賛成です。
Commented by team-osubachi2 at 2014-07-17 13:46
セージグリーンさん
普段のなんでもない暮らし、存分に愉しんでます。
雑多なコトもいっぱい日々の彩りとしてしてやってきますけども。。。笑
Commented by fuko346 at 2014-07-17 22:14
きれいなお茶碗、使いがっても良さそうです。

御満悦な お顔を想像して さもありなん。
美しい日常だなあ、、、と。
Commented by sakurako_h at 2014-07-18 00:36
お、こんなご近所にこんなステキなギャラリーが!
学大のやちむん(焼き物)通りってどこどこ?
Commented by lilakimono at 2014-07-18 03:56
良い青ですねぇ・・・うっとり・・・・
このお茶碗、ちょっと腰がぷっくりした形なんでしょうか?
「ご満悦」顔になれるお買い物ができるって、ホント嬉しいことですよね~。
Commented by team-osubachi2 at 2014-07-18 08:50
fukoさん
蓋付きのお茶碗って、いつものなんでもない食卓でも、
蓋をとるときってちょっとワクワクしますね♬
決して片付いているとはいえないうちの中でも(苦笑)、
ま、そんな楽しみを味わいながらおさんどんしております〜。
Commented by team-osubachi2 at 2014-07-18 09:01
sakurakoさん
宙さんのマップでいうと、東口出て、りそなBKの角を曲がって
碑文谷ダイエーまでの静かな住宅街の直線の通りに
数軒いかにもギャラリー風に器を扱うお店が「佇んで」るのですよ。
はじめて歩いたとき、いかにも東横線なところだなあ〜、と。
(「学大のやちむん通り」とは友だちの言い草ですが/笑)
Commented by team-osubachi2 at 2014-07-18 09:03
りらさん
そうそう、足元ほっそりではなく「おいど」(笑)がちょとばかり
ゆったりしたような感じの茶碗です。
掌にのせたときがいいのであります。


<< キュウリの胡麻酢和え      テレビで見る映画もまたよし >>