丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 10日

妖怪は招くよ、美術館へ

この夏はどうしてこんなに妖怪展が開かれることになったのか
関係者に訊いてみたいほどに、
いま妖怪画展が東京と神奈川三カ所で同時に開かれている。

f0229926_12135716.jpg

先日、横浜に所用があったついでに私が行ったのは
そごう美術館で開催中のこれ↓

f0229926_12152598.jpg

こちらの展示は福岡市博物館所蔵のコレクションを中心にしたもの。
なんでも、京都にいた日本画家・吉方観方って人の
膨大なコレクションを福岡市博物館が引き取ったものなんだって。

↓このお菊さんとお岩さんの肉筆画の脇には
下図も並べられていて、絵かきにはけっこう勉強になる。

f0229926_12232997.jpg

そごう美術館では、ユニークな妖怪ものの前に、
見応えのある肉筆の幽霊画がたくさん展示されていた。
(有名な伝・円山応挙の美人幽霊画も)
でも、いかに描かれた絵とはいえ、
幽霊たちと目を合わせるのはさすがに憚られ(余計なモノ背負いたくないしネ〜)
もっぱら画家の筆致に目を凝らして見た。

そんな肉筆の幽霊画に比べれば、妖怪ものはうんと気楽に見ることが出来る。
初めて見た若冲の『付喪神図』なんて、
東欧のアニメーション画になりそうな趣きがあって面白かったなあ〜↓(右はし)

f0229926_12303379.jpg

作品のすべてに、子供にもわかりやすいよう面白いキャプションがつけられていて
会場には、手にボードとノートを手にした子供らのグループや
親子連れもわりあい多く見に来ていた。

場内は薄暗くしてあるし、クーラーもガンガンに効いて、
サラリと見てまわるだけでも体は冷え冷え〜〜。
そのあと激暑の屋外に出ても、10分ほどは体温なみの熱がちょうどいいくらいだった。
こういう避暑(?)はいかにも現代風だけど、興味のある人にはオススメ。

*8月18日まで『YKI 48』ってゆー妖怪総選挙の投票もやってます ♪
*「横浜そごう」のサイト内から今回の催し物のサイトに進んでいくと
 1200円→1000円に割引券をプリントアウトできます

『幽霊・妖怪画大全集』/横浜そごう美術館にて
9月1日(日)まで(8月12日(月)のみ休館)

http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/13/0727_yureiyokai/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この夏、三館同時開催の妖怪展。
私個人はそごう美術館ひと館だけで“ひと夏分”たっぷりと味わえたけど、
他もまわる人には相互割引もあるんだって。

f0229926_1254219.jpg

『大妖怪展』/三井記念美術館にて/9月1日(日)まで
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html


f0229926_1254505.jpg

『日本の「妖怪」を追え!』/横須賀美術館にて/9月1日(日)まで
http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/1302.html


いずれもチラシが二つ折りと凝っていていい出来。
せっかくなので資料として三部揃えて保管しておこうかなって思う。

by team-osubachi2 | 2013-08-10 13:04 | 出かける・見る | Comments(2)
Commented by 香子 at 2013-08-11 23:36 x
そごうの方が幽霊画もあり涼しかったのでは?

そういえばゲゲゲも親子連れ多かったです。
母と中学生の息子ペアを見ては
「もう自分1人か友達と来れる年なのに…」と
ちょっと引いて見てしまいましたが、
中学生以下の親子ペアは親が半額なんですよね。
なるほど~と納得しちゃいました(笑)
Commented by team-osubachi2 at 2013-08-12 11:04
香子さん
そごう、涼しかった・・・てゆーか、冷房効きすぎっ!
チラシにも、涼しくしてあるから羽織もの持参で、みたいなこと
記してありましたけどねえ(笑)。

>中学生以下の親子ペアは親が半額なんですよね。
それは大きい!ま、見るのはそれぞれのペースでもいいワケで、
大人にとって「半額」はやっぱり魅力的ですもんね〜(笑)


<< おみなえし色の帯留め      アキカン君 >>