丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 01日

浦野理一「たてふしの布」展

私もご多分に漏れず(?)小津安二郎にハマった時期があった。
何度見ても見飽きなかった。
門前の小僧よろしく台詞までいっぱい頭に残った。
着物が好きだったから、またさらに見ていて見飽きなかった。

田中絹代さんや原節子さん、岩下志麻さんらが着ている着物がステキで
まあ、その辺りは着手も素敵だから素敵に見えるのはまずあたり前としても、
脇役の高橋とよさん、浪花千恵子さん、三宅邦子さんらの
普段着として着ている着物や帯がこれまたすごくステキで素敵で・・・♪

その素敵な着物の制作者であった浦野さんの初期の着尺や帯が出るというので
横浜にある「山本きもの工房」さんへ
今日の午前中ちょいと着物仲間と見に行ってきた。

独特の風合いの布である。
どちらかといえばアクが強くて(いい意味で)泥臭いのに
なぜかとても洗練された風がある布たち。
昭和の中期くらいのものにしてはとってもコンディションがいい。
ルーペがあったのでお借りして、糸を拡大して見てみる。
ああ〜〜〜もう布好きにはたまらない!
私には見るだけのご縁だったけど、
存分に布やデザインの面白さを感じ入ってきた。
んん〜、また片っ端から小津さんの映画見たくなっちゃった!
ご興味のある方はぜひ!

*画像をクリックすると大きく表示されます

f0229926_19442480.jpg


山本きもの工房/浦野理一「たてふしの布」展 13日(土)まで
http://yamamoto-kimono.com/index.html

by team-osubachi2 | 2012-10-01 23:02 | お知らせ | Comments(6)
Commented by 朋百香 at 2012-10-02 20:53 x
tomokoさま
ほーんと、楽しかったですね〜!
すべて忘れてきもの(布)の世界にどっぷり浸れた
最高のひと時でした。
あの帯、売れたかしらね?
あー、宝くじ買おうっかな・・・。
Commented by 神奈川絵美 at 2012-10-02 23:11 x
先日はありがとうございました~楽しかったです♪
私、Tomokoさんの「何でも買ってあげるよ」の台詞が今でも耳に(笑) 小津ワールドぶち壊しですわ、私。
たてふしの帯の軽さには、びっくりしました。やはり布って見ているだけではなくて、触って、あてて、纏ってみないとその魅力はわからないものですね。
Commented by team-osubachi2 at 2012-10-03 07:57
朋百香さん
リサイクル店でも1〜2点、そのときどきで出ていたりする浦野着物が
16点も揃ったのなんてはじめて見ました。それも初期の作品ということでとてもお勉強になりました。山本さん、スゴイですねえ。
・・・あの帯?んん、時間の問題でしょうか〜。宝くじ、買おうかしらねえ、私も。
Commented by team-osubachi2 at 2012-10-03 08:04
絵美さん
こちらこそ楽しいひとときをありがとうございました。
綺麗なものが品よく展示されていても、私の妄想の仕方はまったくもって下世話そのものと思います。でも楽しいんですも〜ん、これが(笑)。自分の地はしょせんそんなものと諦めていますが〜。
どんなに情報社会になっても、いえ、そんな時代だからこそ、やっぱりじかに見て触れて、って大切なことなんだなあ〜って私も思いますです。
また妄想ごっこやりたいですね〜。
Commented by fuko346 at 2012-10-04 12:02
この展示 しみじみ行きたかったです。

昔の映画のきものの美しさは ため息が出ます。
溝口さんの お遊さま って映画ご覧になりましたか。
田中絹代さんが 薄物まとっているのですが、それは
それはきれいで。
お話はどこかへ飛んでしまいました。
Commented by team-osubachi2 at 2012-10-04 13:00
fukoさん
まだまだお時間ありますが、いらっしゃるのはムズカシそうですか?時期があわない時って、そう、しみじみ残念に思いますよねえ。

「お遊さま」、はい、見ています。若い音羽信子さんの役もしみじみ健気でしたけど、田中絹代さん、綺麗ですよねえ〜(宮川一夫さんのカメラも素晴らしくて)。年齢がいかれてとても役にあってると思いました。溝口・田中コンビでほかにも好きなのがありますけども「西鶴一代女」の衣装も髪もとても好きです。映画やドラマといえども、昔の人の仕事は本当に勉強になりますですね。


<< 本日のサラメシ(よいとまけ付き)      天敬愛人(敬天愛人) >>