丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 22日

和装下着のつけ方(女性の着物/浴衣共通)

*六月にあげたものを再編集してアップしています。

これまで着物と無縁だった人が、何かをキッカケに着物に興味を持ち、
はじめて自分で着付けをするにあたって、
足袋のはき方からすそよけのつけ方、肌じゅばんのあわせ方など、
のっけから知らないコトがいっぱいです。

着物デビューを目指すビギナーさんが
ひと通り着物の着付けに必要なものが揃えたら、
まずは和装下着のつけ方を覚えましょう。
まったくの初心者さんの注意点は、
上前(左身頃)と下前(右身頃)を間違えないことでしょうか。

*ちなみに、基本的に浴衣のときは足袋をはきません。
お茶や踊りなど、お稽古場や他所様のお宅の畳の上にあがるときは、
足袋をはいてゆくか持参しましょう。

f0229926_1373815.jpg

f0229926_1395696.jpg

一般的な着付け本で紹介されているのは、上のようなやり方です。
私はすそよけについている細いひもがイヤになり、
自分でペチコートタイプのスカートに直しました。
お腹にタオル補正もしていませんが
おはしょりの後ろに入れる腰布団だけ補正しています。

あらためてここでも(ご参考までに)
すそよけをペチコートに直す記事もアップしておきます。

f0229926_13143385.jpg

f0229926_1315155.jpg

ことさらオススメはしませんが、
こんな風に、自分で使いやすいように直して着てもいいんです。
自分が着て楽であること、快適であること。
それが長く着続けるポイントのひとつだろうと思います。

次回は長襦袢の着付けにいきます。


*イラスト画面をクリックすると大きく表示されます
(拡大表示にバラつきがあってすいません)
*個人使用に限りプリントアウト可
*イラストの無断転載をかたく禁じます

by team-osubachi2 | 2012-10-22 00:05 | 着付けノート | Comments(12)
Commented by abe-mayu at 2012-06-20 17:33
昔は腰回りや胸の間に補整具をつけたのに
今ではなーんにもいらなくなった。
ちょっと悲しいです。
Commented by team-osubachi2 at 2012-06-20 19:40
abe-mayuさま
ううう〜、そ・・・そりは私もだんだんそうなってゆく気がしております〜。(汗)
むかし吉原「松葉屋」の女将さんの着姿を見て、うわ〜腹が出ててカッコいい〜っ!!って痺れたものですが、ただの素人が腹出てもカッコよくはならないんだって最近ようやく悟りました、ハイ。(苦笑)
Commented by 惠漣 at 2012-06-20 22:48 x
うーん、そうですか...。浴衣の時には
素足が粋だとは思うんですが、
鼻緒ずれが辛くていつも足袋履いてます。
それに外は良くても、冷房の中に素足で
いると冷えてしまって...。へたれな私です💦
Commented at 2012-06-21 00:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by team-osubachi2 at 2012-06-21 00:49
恵漣さん
いやあ~、もちろん足袋履きでよろしいのです、へたれは私もかもです、鼻緒ズレはキツイですもんね。どうぞ自分が心地よく着られることを大事になさって下さい。
これは浴衣と着物共用で描きおこしてますので、ビギナーさんに知っておいてもらえたら、という趣旨ですから~。
Commented by team-osubachi2 at 2012-06-21 07:31
鍵コメさん
嬉しいコメントをありがとうございます~。見てくださった方々に、そんな風に活かしていただけると、描きおこした甲斐があるというもの。感謝です。
個展、お時間のよろしい時にどうぞお出かけください。お会い出来るのを楽しみにしていますね。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします♬
Commented by はつき at 2012-06-21 14:09 x
「着て楽であること」~ほんとにそうですね。着物は、型が決まっていない分、自分の着やすいように調整できることが、実は魅力であるということを、やっと実感できるようになりました。(昔は型通りに着なくちゃ…と型に力が入ってました)
Commented by team-osubachi2 at 2012-06-21 23:12
はつきさん
着物しか着るものがなかった時代なんかの写真を見ると、いつもいつもシワひとつない着方なんてしてないですもんねえ。もっとも、今という時代は、最初その型を知らないと着られない衣服ではあるワケですが・・・。
>自分の着やすいように調整できることが、実は魅力
まったくですネ。
Commented by miki_kawa at 2012-06-22 20:39
tomokoちゃん、すごいわ、着付けのイラスト!すごく分かりやすい!!イラストレーターの基本のお仕事、見せて頂きました!!!
首の方は大丈夫?個展前だし、くれぐれも御大事に♪



Commented by team-osubachi2 at 2012-06-22 23:55
miki_kawaさん
いやあ〜これでどこまで通じるのか正直自分ではわかってないところもあったりしまして・・・(苦笑)。
ストレスもあるんだとは思いますが、首はおかげさまでだいぶほぐれました。なるべく気がついたときにストレッチするようにしています〜。
Commented by SAKURA at 2012-06-23 17:35 x
すそよけのペチコート、こちらのブログで記事を拝見したとき、まさしく目からウロコでした。歩くうちにだんだん腿の上までずり上がってくる裾除けが不快でしかたなかったんです~。
記事を参考に、輪っかのスカート状にしたらそれはもう快適で!今までのイライラはなんだったんだろう(笑)と思いました。
着付け方法は自分が着やすいようにカスタマイズしていいものなんですよね。あっ!その節は有難うございました!
Commented by team-osubachi2 at 2012-06-23 21:12
SAKURAさん
まあ、そうでしたか、嬉しいな〜。お役に立てましたならホント何よりです〜♬
すそよけ、あれはあれで完成形だとは思うんですが、なにせ運動する現代の私たちは足腰の動きは、たぶん着物しかなかった時代とは違うんだろうなあ〜と思ったりします。
>着付け方法は自分が着やすいようにカスタマイズしていいもの
そうですよね〜、私もそう思いますデス。


<< 長襦袢の着付け(女性の着物)      着付けに必要なもの一式(女性の着物) >>