丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 12月 06日

伊兵衛織の展示会

恒例、伊兵衛織さんの暮れの展示会が、この週末11日(日曜)まで
銀座のギャラリー近江さんで開かれています。


f0229926_953625.jpg

f0229926_953486.jpg

(*画面をクリックしていただくと大きく表示されます)

玉繭から紡がれた太い糸の輝きは写真では伝わりません。
基本、すべて見本裂から選んでオーダーするものですので
何十枚とある裂見本も(布フェチにはこれが一番たまりません)、
ふだん見られないような色や柄がた〜くさんあって
もう眺めているだけでアドレナリン値があがります。

甲斐性もないのに、うっかり飛び降りでもしたら大変なので
私も滅多なことでは近寄りませんが、
ドキドキと刺激を受けるにはとてもよい場所かもしれません。
ご興味のある方はぜひ!!

by team-osubachi2 | 2011-12-06 09:54 | お知らせ | Comments(8)
Commented by SAKURA at 2011-12-06 13:02 x
噂の伊兵衛織ですね!
と言っても私が知っているのは、女優の樋口可南子さんが好んで身に着けていることや、基本、単衣で仕立てるものだということくらいで、ほんとに噂だけなのですが、実物を見る機会があればぜひ伺ってみたいと思っていました。今回はあいにく予定があって無理なのですが、次回の展示会には行ってみたいです~。
Commented by team-osubachi2 at 2011-12-06 13:57
SAKURAさん
ずっと以前、代官山にごく小さな看板をさげたお店がありました。二三度くらい前を通りましたが、お休みだったり入る勇気がなかったり・・・。
こういうギャラリーでの展示の方が気楽に見られますよね。近年の恒例では、毎春3月には青山の桃林堂さんでもなさっています。
もしも機会がありましたら一度ナマで見てみてくださいまし。不思議な力のある布です♬
Commented by りら at 2011-12-06 14:24 x
わぁ!画像に出ている縞がステキ!
とても買うことはできませんが、布の風合いを知る為にこういう催しに伺ってみたいです~。
Commented by team-osubachi2 at 2011-12-06 15:32
りらさん
縞好きにはちょいとたまらないような縞ですよね♬
布見本なんて、もうくたくた柔らかくて、布好きとしてはこの見本の束に惚れてるかもです(笑)。いつか機会があるといいですねえ、ホント。
Commented by 神奈川絵美 at 2011-12-06 22:31 x
こんにちは! うわあ、行きたい・・・、でも行ったら出られなくなる(笑)かも・・・。
縞って、傍から見ると派手だったり突飛に思えたりするようなものでも、纏うと実にオシャレに決まるという、不思議な魅力がありますよね。
Commented by team-osubachi2 at 2011-12-07 01:00
絵美さん
出かけてみるだけ行ってみてはいかがでしょ~?(笑)DMのような縞も素敵ですが、無地から格子、大らかな絣などなどすっごくいっぱい色や柄がありますよ~♪
ただ、私のとまったく同じ縞の着物が、ある時期ニアミスみたいに3〜4枚も何軒かの古着屋さんに出回わっていたことがありましたが、伊兵衛さんとこにその縞とまったく同じ反物見本があったのです。小さな見本裂で判断するよりも、実際体にあててみた反物見本に引っ張られて買ってしまったお客様が多くいらしたのではないかと想像します。
安くはありませんから、もしも虎口の虎児を得るとするならば(笑)、くれぐれも色や柄をよく吟味しないといけないなって思いました。むしろ、いま甲斐性なしでさいわいかもですが~(笑)。
Commented by すいれん at 2011-12-07 12:04 x
tomokoさま
幸か不幸か、お腹の風邪でダウンの私。もし元気だったら、行ってしまったことでせう。
行ったら絶体絶命です! これから1年かけて、伊兵織り貯金しま~す。 って、幾らくらい貯めれば良いのでしょう?(1年じゃ無理か) 今はまだ早い、との天の配剤に感謝です(笑) 
Commented by team-osubachi2 at 2011-12-07 18:10
すいれんさん
伊兵衛織さんは毎年3月にも青山の桃林堂さんへおいでになると思いますし、オーダーしても織り上がるのは半年待ちだそうですから、半分たまったら見に行くといいかもですよ。あとの半分はオーダーしてからためるという方法もあるかもですね♪
寒さに加えて諸処の忙しさ、くれぐれもお身体お大事になさってくださいませ〜。


<< ちくわの蒲焼き風      大山の紅葉トレッキング >>