丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 08日

これもアリ?

夏の着物を着る場合、そのほとんどが普段着ばかりというせいもあり
着物の下はもっぱら洗濯がきく二部式の襦袢を愛用している。
それはいいのだが、汗をかくのを良しとしている私の問題は、
その半襦袢の下には何を着るか、である。

いまだに夏場の汗対策は、どれが一番
いまの自分の体調に向いているのか試行錯誤が続く。
冬場とおなじ晒の肌襦袢から麻の肌襦袢、
さらにはあしべの汗取りまでやってはみたけれど、
やっぱり胴回りがもたつき、ぐっしょりした重さにもげんなりする。

f0229926_1304039.jpg

そこへ先週、はじめて富士登山をやって、
あらためて今時の化繊肌着の良さを再認識した。
蒸れないし、べたつかないし、何より吸汗・即乾性、吸放湿性がすばらしく
昔の化繊肌着とは比べものにならないくらい快適だ。

・・・というワケで、色気には大きく欠けるものの
夏の暑さが残る間は、この肌着でいってみることにした。
もっとも、着物や帯といった和装の主役は、
どうしたって絹や麻や木綿といった天然素材しか着たくないけど、ネ。
かくして、夏の肌着の試行錯誤はまだまだ続く・・・のか?

by team-osubachi2 | 2011-09-08 13:22 | 買う | Comments(0)


<< 茄子の薄焼き      急募!新宮市が救援物資を求めて... >>