きいちのぬりえ

先日、近くのシネコンへ映画を見に行って、
軽くお腹を満たそうと降りた階の途中に駄菓子屋さんを見つけたので、
つい吸い込まれるようにしてお店の中に入った。

うわ〜、キケン!さまざまなお菓子や小さなおもちゃが
ところ狭しとあちこちあふれんばかりに置いてあって、
何か一つでも買おうものなら堰を切ってしまいそうだった。
でも、ここはグッ!とこらえて、よくよく検討して一つだけ買い物をした。
・・・「きいちのぬりえ」。

f0229926_8413180.jpg

ちいさい頃、お膳の上や畳の上に腹這いになって
色鉛筆やクレヨンを散らかしながら、
「ぬりえ」の言葉の意味もわからないまま
それこそ夢中になって遊んだ「ぬりえ」。

実際私が遊んだのはもう少し後の時代のものだと思うけど、
パッケージの可愛らしさに惹かれて手に取った。
塗って遊びたい気もするけれど、このままとっておきたい気もする。
ん〜・・・ん!当分の間、おひなさま気分で
机にでも飾っておこう、かな。
Commented by すいれん at 2011-02-18 12:01 x
tomokoさま
ちょ~、懐かしいぃ~。見覚えありますよ、この絵。
私も夢中でぬりえ、しましたよ、子供の頃。まだ、あるんですね、「きいちのぬりえ」。 ビックリです。
Commented by ke-nosuke at 2011-02-18 12:53
えへへ♪
私はライブで『きいちのぬりえ』塗りたくってた派です(歳がバレる?)
懐かしくてホッと心が温かくなりますよね♥
Commented by team-osubachi2 at 2011-02-19 00:06
すいれんさん
さいです〜、まだこういう駄菓子屋さんにはあるんですね。って言っても復刻版には違いないですが。
あ!来月半ばごろ、アシェット夫人画報社さんから「コドモノクニ」名作選がなんとクレヨンとぬりえと着せ替えがセットになって発売予定です〜!でも、定価がなんと4725円!・・・て、たかッ!!
Commented by team-osubachi2 at 2011-02-19 00:08
ke-nosukeさん
じゃ、ke-nosukeさん、私よかちょこっとおねえさんですかね?
このきいちのぬりえの女の子のほっぺがまたなんとも可愛いですよね。ほんと、懐かしくてあったかいカンジです〜。
Commented by sogno at 2011-02-19 17:06 x
懐かしいです~!!
実家の縁側で腹這いになって朝から晩まで
ぬりえしてました。
花嫁さんは特にお気に入りで、完成したものは
そこら中に貼りまくっていました。
Commented by team-osubachi2 at 2011-02-19 23:55
sognoさん
あ、sognoさんは縁側でしたか〜!
うふふ、この記事にコメントいただいた方々は、いずれも今も絵を描いていることを思うと、三つ子の魂なんとやら、はまさにその通りだな〜って思います。
いくつになっても好きなことが出来るってシアワセなコトですよね〜!
Commented by はつき at 2011-02-21 16:56 x
絵を描く仕事ではないですが、幼いころにぬりえ、随分してました~。たぶん、ぬり絵を与えておくとおとなしくしていたからだと思います。
町家に「ぬりえ美術館」ってありますよね。一度、行ってみたいと思っていてそのまま失念していました。「きいちのぬりえ」と見て、急に訪れたくなりました!!
Commented by team-osubachi2 at 2011-02-21 23:42
はつきさん
仕事ではなくても、やっぱり、いま帯を染めていらっしゃいますものねえ。以前、西新宿五丁目と初台の中間あたりに住んでいて、西武新宿線の友だちのところへ行くのに中井、よく駅と駅を行き来してましたが、はつきさんは通っていらっしゃるんですね。私は逆にすっかり遠くなってしまいました〜。
町屋の「ぬりえ美術館」、知りませんでした〜!!へええ〜!です。あちら方面に行くことがあれば寄ってみたいものです〜。
by team-osubachi2 | 2011-02-18 08:55 | 買う | Comments(8)