丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 02月 04日

みんな一緒に

我が家の玄関のシューズラックの上には
相方の好きな宇宙開発もの、怪獣もの、
ダイビングものに昭和の家電ものといったフィギュアと一緒に、
私のイエメン土産のミニハウスが一緒に飾ってある。

もの云わぬフィギュアたちは、めちゃくちゃな取り合わせだけれど、
全体をこう眺めてみれば、まあそれなりに
ひとつの調和をもって一緒に存在している。
(・・・ような気がしている)

f0229926_2155986.jpg

ここのところ、北アフリカと
中東に吹き荒れている嵐を注視している。

在日のイエメン人の友だちに聞いたところによれば、
チュニジアから来ている女子留学生二人の家族や、
去年、某大学で農業における研究を終えてエジプトに帰国したばかりの
知人一家も現在のところ無事でいるとのこと。
そしてイエメン人の友だちの家族も無事にいるようだが
「家族や友だちと国のことがすごく心配」と不安でいっぱいの様子。

どんな為政者のもとであってもいい。
それぞれの国の人たちが、まっとうに暮らしていけて
違う意見の人たちも平和的に一緒に生きてゆける
そういう世の中へと動いていってくれるといいなあ・・・。
そんな願いを抱きながら、この嵐の行方を見守っている。

by team-osubachi2 | 2011-02-04 21:19 | 日々いろいろ | Comments(0)


<< 「時代布 池田」へ      豆ひろう鬼 >>