丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 21日

開花

春は気圧の変動が激しい。
夕方、まだ陽のあるうちに買い物へ行こうとして、
その前に、丘の上界隈の畑や公園へ桜の木の様子を見に寄った。

ちいさな墓地や畑の脇にある早咲きの桜花は満開♪

f0229926_19355669.jpeg

菜の花も、いつの間にやら盛りを過ぎたくらい。

周りはいたって普通の住宅街だけど、
ほんのところどころだけのどかな田舎の風景が残ってて好きなんだ。

f0229926_19362300.jpeg

公園のソメイヨシノはまだ蕾か。・・・でも、あっ!
一本の枝先に花が六つ七つほど開いてるのを発見。

東京や横浜も開花宣言出されたそうだし、うちの近所も「開花宣言」ね!


# by team-osubachi2 | 2019-03-21 23:16 | 日々いろいろ | Comments(2)
2019年 03月 20日

「PAUL」のスイーツ

昨夜は深夜までかかってようやくファイルブックを一冊まとめあげ、
今日は目標にしていた営業仕事を一つやりとげ、
午後帰る道すがら「PAUL」があったので、同行の友だちとお茶をした。

ええ〜っと、これ、なんて名前のデザートセットだったかな?
注文する先から名前が抜けていくのは毎度のことだけど、
ポット入りの紅茶と、デザート盛り合わせで1000円(+税)って嬉し〜♪

f0229926_17450723.jpeg

いやあ、やっぱ美味しいねー!「PAUL」。
さあ!営業がんばって、お仕事もがんばったら、また行こう♪


# by team-osubachi2 | 2019-03-20 23:43 | 食べる | Comments(6)
2019年 03月 19日

新学期

学校はそろそろ春休み。
一年間を学び終えて、春、どんな気持ちだったかなと思い返してみると、
仲良くなった友達と次の学年も一緒のクラスになれるかどうか、
このことがとても気がかりだったように思います。
そして、どんな先生が担任になるんだろう?といったことでしょうか。

思えば、学生だったころの、わずか一時間、たった一日のなんと長かったことでしょう。
週に五日(当時は六日)も学校で半日を過ごすのですから、
好きな友だちがいるかいないか、気のあう仲間がいるかどうか、
相性がいい先生に当たるかどうか、はとても大きなことだったのだなあ〜と
今ごろになって気づくのでした。

そこここで田んぼの土や、土手の早緑と、まだほのかに冷たい風の匂いが
思い出とともに鼻先をくすぐってゆきます。


f0229926_15503310.jpg


「新学期」(c)Tomoko Okada

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます


# by team-osubachi2 | 2019-03-19 15:55 | 人を描く
2019年 03月 18日

枝垂れの小桜

関東は、そろそろ、というか、すでに春も本番といったところ。
全国津々浦々まで桜の開花を心ときめかせて待つ人がいっぱい♪

私も〜!私もこの時期を待ってたのよ〜♪

去年やらかした「小紋祭」。
ごくごく少ない予算で、短い期間のうちに、
絽だの単衣だの袷だのの小紋の着物をあれこれ手に入れて一人で悦に入ってた。

その〆は、まだしつけ糸もついたままの小桜小紋。

f0229926_21332743.jpeg

伊勢型紙かしら?
上代紬地にほんのり桜色と鼠色で染め出されたのは枝垂れた小桜模様。

f0229926_21344396.jpeg

これなら、さほど目立たないから、八重桜の時期まで長く着られそう・・・ね?

さて、いつ着ましょ?
予定されているちいさな集まりの日にでも♪


# by team-osubachi2 | 2019-03-18 10:58 | 着物のこと | Comments(4)
2019年 03月 16日

桜花のころ、らくがき和菓子帖

この季節は、さすが年度末というだけあって、
年の瀬にも増して時間が過ぎる早さが加速する時期ですね。

うかうかしてると、あっという間に桜が開花して、
ぼやぼやしてるうちに満開になって、
あれ〜?もうそんな時期?と思う間に散ってしまいそうな・・・おっとっと。
今年の桜はまだまだこれからでした。

f0229926_09535866.jpeg

富山の郷里の村では、文化的には東と西の境目で、
和菓子を仕入れる近所の商店の好みか都合か、
まきまき皮のタイプ、つぶつぶ道明寺のタイプ、どちらも桜餅としても売られていて、
こだわりもなく両方好きで食べていた気がします。

f0229926_09533896.jpeg

それぞれに馴染みがあるために、
「どちらが好きですか?」と訊かれると「どちらも好きです」と答えます。

f0229926_09535070.jpeg

私個人は、クレープみたいな皮であろうと、
つぶつぶ道明寺粉であろうと、それはいっこうに構わないのですが
桜の葉を塩漬けにして巻くなどという芸当こそはどなたが考え出したのか、
今やこの葉っぱ無しには桜餅とは到底なりえないものにしてしまった
絶妙な発案に感心してしまうのでした。

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます


# by team-osubachi2 | 2019-03-16 13:46 | らくがき帖