丘の上から通信

okakara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 15日

クリスマス飾り

今週ようやく寒い冬が到来しました。
冬は暖かいより寒いのがふさわしい。
(とはいっても程度というものの範疇であってほしいものですが)
街のクリスマス飾りも寒さの中でいっそう輝いて見えるというものですね。

どなた様も、どうぞ素敵な週末をお過ごしください。


f0229926_09261212.jpg

「クリスマス飾り」(c)Tomoko Okada
(ミャークヌーマ・沖縄宮古島で短い生涯を終えた宮古馬の仔馬に寄せて)

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます


# by team-osubachi2 | 2018-12-15 09:37 | らくがき帖
2018年 12月 14日

着納めは小紋で

三十年近く着物を着てきて、自分の性分はこうなの!私の着物はこれよ!などと
ひとり勝手に強く決めつけていた時期もあったけれど、
年とともに、そういう決めつけも面倒くさくなってきたのか、
自分の性分なんて特にどうってこともなくなるし、
自分の着物はこういうのでなくちゃ、なんて決めつけもゆるゆるになってきた気がする。

もちろん「好き」なものは好きだし、「着たい」と思うものを着ることに変わりはないのだけど
時の移りとともに好みにも変化が訪れて、例えば紬であってもパッキリした柄よりは
もそっと明るい色目や柔らかい表情に惹かれている自分にあるとき気がつくのだ。
そういう自分の中の変化が求める選択から言えば、
今の私はどういうわけか小紋に気持ちが向くんである。

今年の春に「小紋祭り」と称して某リサイクル店のバーゲンセールで
まとめてポチった、これもそのうちの一枚。
なんていう生地だろう?さらさらとした手触りで紬縮緬みたいな・・・?
(写真ではやっぱり色が出ないけど)ほんのり温かみのある灰色の地に、
扇面だの光悦垣だのや、建ものの屋根だの庭の草木といったモチーフが
ちょいちょいと絵筆で描いたような型にして染められていて、
こういう小紋も好きだなあ・・・と思って求めたものだ。

f0229926_17423675.jpeg

濃い葡萄色や青緑といった色が、ちまちまとした色使いの中にあるので、
帯はある方のお形見でいただいた浦野理一さんのたて節紬の無地、帯揚げは深緑の縮緬。
輪島塗りの指輪を帯留めにして、提げものはスノーマン(あっち向いてるし・・・)

f0229926_22164493.jpeg

というわけで、この小紋を着て出かけた先は南青山。
年に一度、染色家の津田千枝子さんの個展が「青山八木」さんで開かれるので
友だちと待ち合わせて昨日見に行ってきた。

青山八木/Facebookhttps://www.facebook.com/aoyamayagi/

f0229926_22155793.jpeg

もちろん私は拝見するだけなのだけど、
津田さんの染める花のモチーフと色遣いを見るのが大好きだから、
絵画を見るのと同じような気持ちで、その形や色の微妙さを見ると
大いに刺激を受けてワクワクゾクゾクする。

それから、この時に合わせて津田さんの帯を締める友だちの着物姿を見るのも楽しみのひとつ。

f0229926_22162180.jpeg

友だちの装いは、まるで練乳で溶いたような柔らかみのある灰緑色の無地結城紬に、
津田千枝子さんの赤い帯。帯締めは道明さんの「戸張」。
帯の中にかすかに感じられる色と調和していて、とても素敵な組み合わせだった。

そのあと、表参道のDEE'S HALLに寄って、「しょうぶ学園 nui プロジェクト」展の作品も見て
今後自分が手を入れて直して着たい古いシャツへのヒントというのか刺激をいただいてきた。

DEE'S HALL /Facebookhttps://www.facebook.com/dokiyoshimi/

f0229926_10011787.jpeg

長く愛用してきたシャツを、ちょっと手を入れてもっと着ていたいという気持ちがあって、
もちろんこれらnui プロジェクト作品のようなシャツは出来るはずもないのだけど、
ひとかけらでもいいから、そのヒントになればいいなと思っている。

f0229926_22172870.jpeg

気のおけない友だちと着物で散歩して、綺麗なものを見、
美味しいお茶とおしゃべりを楽しみ、愉快に半日を過ごしてチョン。

今年は、たぶん、着物はこれで着納め、かな。
あとは怒涛の年末モードへ突入するのみである。


# by team-osubachi2 | 2018-12-14 10:17 | 着物のこと | Comments(4)
2018年 12月 12日

お土産

昨日は築地場外市場へ暮れの買い出しに行った。
時期としては少し早いけど、冷凍ものと乾物しか買わないから構わないんだ。
必須の買い物を済ませて、築地本願寺にあるカフェ「TSUMUGI」へ向かった。

ここで友だちと待ち合わせて、久しぶりにランチとお喋りを楽しんだ。
ジャンルは違うけど、思えばお互い若い時からともにフリーランスで、
たまにこうして会ってお喋りすると、その時々で仕事に対する気持ちの向き合い方と言うのか
今どう言う気持ちでいて、今後どうしてゆきたいか・・・という話になることが多い。
もちろんネタにしてしまうような笑い話やプライベートの話も織り交ぜながら、だけど。

f0229926_09082968.jpeg

仕事で欧州に行ってきたというので、お土産をくれた。
リネンとコットン交織りのキッチンクロス。
友だちが自分で紐をかけて添えてくれた麦藁細工の飾りが綺麗だ。

嬉しいな。どうもありがとう。
ことさらでない、こんなさりげないお土産って好きだ ♪


# by team-osubachi2 | 2018-12-12 09:37 | これが好き | Comments(6)
2018年 12月 08日

収穫

東京のど真ん中の柿の木からもいできて、手塩にかけて(?)干して十日あまり。
そろそろいいかな〜?我が家の干し柿。
・・・ということで、昨日めでたく収穫♪

紐をはずしながら、ことのほか黒くて小さいのをひとつ
さっそくつまみ食い〜♪

f0229926_18254225.jpeg

・・・うん。この自然で優しい甘さが大好き♡

あったかいし湿気が多かったりしてカビが心配だったけど、無事に干し上がってくれて嬉しい。
ひとつひとつに冬を越すために必要なビタミンやミネラルがいっぱい詰まってるって感じ。

f0229926_18253371.jpeg

だれ?黒くて田舎ムスメみたいだなんて言う人は?w
これでも生まれは四ツ谷荒木町のれっきとした東京っ子よ。

でも、むかしむかし、京や上方にくらべて、
お江戸のムスメたちたいがい色黒だったって聞いたことあったような?
そう言う意味では、まごうことなき東京干し柿、かしらん?

今年も秋の実りをありがとうございました。


# by team-osubachi2 | 2018-12-08 18:08 | 食べる | Comments(4)
2018年 12月 07日

着物を着ると、どんないいことがある?

着物好きの「横浜きものあそび」さん(http://yokohama-kimono-asobi.com/index.html)が
先日サイト内のブログにこんなことを記していらっしゃった。

『和・綿・更紗展2018』に遠方からいらした方から
“着物を着ると、どんないいことがありますか?”という質問を受けて、
それにじっくりと向き合ってみたという日記。ふむふむ・・・。

そうだなあ、着物を着ると、どんないいことがあるかしらん?
まずは、褒められる!w それから、お店やホテルなどで気遣ってもらえる。
さらには、着物を介していろんな人と知り合える。着物や帯をいただく。
針と糸に親しくなれる。和文化への理解が深まる。身体の感覚と意識が広がる。
季節や気候、歳時に敏感になる・・・とか、数えてみると結構いろいろあるね〜。

でも「何かいいことがあるから着物を着る」ということはなくて、
ただただ「着物が好きだから着る」、それだけのことだよね。
そんな風に着ていたら、いいことが幾つもあった・・・という感じかな?

f0229926_15071340.jpeg

そんな中で、自分だったら何かな?と考えてみたら、
私の中で「着物を着ていいこと」の筆頭に上がったものがある。
それは「年をとるのが楽しみになった♪」ということだ。

若い時にしか着られないものがあるように、年配でなければ着こなせないものってある。
時として年配の方がさらりと着こなす姿には、若い人が逆立ちしても敵わないものがある。

なにせ着物を着るきっかけをくれたのは、着物姿のおばあさま方だったせいもあって、
若くて美しいことを良しとする考え方とは逆行するように
二十代のうちから早くおばあさんになりたくて仕方がなかった私。

あんまり背伸びしすぎて随分と失敗もした気がするけど、光陰矢の如しで、
この頃少しずつ着たかった着物がすんなり着られるようになってきたのが嬉しくてたまらない♪

f0229926_15072579.jpeg

ここに載せた写真の袋帯二本。
どちらもリサイクル店で見つけたものだけど、手に入れた当時の私はまだ四十代だった。
いつか締められるようになりたいと箪笥で何年も寝かせたままだったのだけど、
気がつけば自分もいつの間にか五十代なかばにさしかかっているではないか。

久しぶりに箪笥の引き出しの底から出してみた。・・・そろそろ出番かな?

着物を着ることにおいて、加齢(エイジング)は強力な味方よ〜!って思う。
おかげで年をとるのが本当に楽しい♪


# by team-osubachi2 | 2018-12-07 13:24 | 着物のこと | Comments(6)