しらたきのタラコまぶし

これもサブ総菜のひとつで、たまにこさえる一品。
フライパンで軽く煎り煮したしらたきにタラコをまぶすだけという
チョー簡単でお手軽なおかずだ。

子供のころ、ときどきお膳にものぼって食べていたし、
お弁当のおかずになったりもしたけれど、
ことさらおいしいと思ったことはなかった。

f0229926_073769.jpg

大人になる楽しみのひとつは、ひょんなところで
こうしたなんでもない食べ物の旨味をあらためて知ることではないかしらん。
加齢とともに衰える部分は多くなっても、
味覚はまだまだ発展途上といえる・・・かな?
楽しみは今後も増えてゆく。
# by team-osubachi2 | 2010-05-26 14:32 | しみじみご飯 | Comments(2)

種のチカラ

去年からの激忙も春には一段落したのだが、
心身ともに休まったころからだろうか、
自分の絵仕事のこれからを思ううち、
知らずしらず、いろんな人の手仕事の作品を見て歩くようになった。

そこから実にさまざまな刺激を受けるのだが、
イラストレーションとはまったく関わりのない異業種の世界だというのに、
気をつけていないと、つい他と自分とを比較してしまいそうになる。
自分を他と比べるなどという行為でいいコトなんて何ひとつない。
そう頭でわかっていても、ただでさえ模索する自分が行方不明みたいになるとき、
外から受ける刺激は、ともすれば悪い方に傾きそうになることがある。

そうした今のキモチの根っこをたどっていくと、
どうも自分は現状の絵から脱皮したい!と願っているように感じる。
今の私に描けるものはたかだかこれでしかない、とわかっていても
やっぱりどこかで脱皮したいんである。

f0229926_1419265.jpg

最近テレビで見た映画で気になった台詞があった。
「伸びる力は種の方にあるんだ」
お日さまも土も水も大切だけれど、そもそも育ち伸びるチカラは
種そのものがが持っているということか・・・。

種が芽を出し、葉を茂らせ、花を咲かせる。
さらにそこから新しい種を収穫できるようになるまでには
相当の時間がかかるものなのだ。
焦ルナ、慌テルナ。
土を耕し水も与え、手入れをしながら
これからもコツコツと前へ進むしかないよなあ〜と思う。
自分という種が本来持っているチカラを信じて・・・。
# by team-osubachi2 | 2010-05-25 15:16 | 日々いろいろ | Comments(0)

はじめての三渓園

先週末の午後、黄砂の難儀さは多少あったものの
いいお天気のなか、はじめて三渓園へでかけてみた。
ナント良イトコロデアリマショウカ!と、入ってすぐの池のところで
にわかに旅で観光に着た気分になる。

たいそう立派な旧原邸にて「日本の夏じたく展」という催しがあり、
さまざまな参加作家さんたちの手仕事を見てまわる。
建具屋のムスメとしては、こんな立派な日本建築は
家屋を見て回るだけでずいぶん時間を喰うものなのに
ましてや丁寧な手仕事の企画展だ。もっと早く来れたらよかった。
くう〜・・・。

ことに好きな布ものは、垂涎のものが多かったけれど
緊縮財政につき卑しい根性は抑えて、作品そのものの鑑賞にとどめておく。
こういう企画展はやはりなかなかの見物で、
来ているお客さん方も、どことなく趣味性の高い雰囲気の人が多いようだ。
開催に際して私たちには知れないような困難も多いと思われるけれど、
これからもコツコツと続けていってもらいたいものだと思う。

f0229926_1521729.jpg

この日は都合で午後出かけるのが遅かったせいもあり、
全部をゆっくり見ることはできなかったが
それでも、若い陶芸家さんの三島の片口と小皿、
また別の女性陶芸家さんの白い帯留めを買う。嬉しい。
が、あいにくと催しを見たあと、じきに閉園時間となり、
広い庭園をぜんぶ見てまわることは出来なかった。

f0229926_1534094.jpg

ちょこっとアクセスが不便だったりするけれど、ぜひまた来ようと思う。
たとえば園内の蓮池の花が咲くころ、朝一番で行ってみたい。
きっとキモチいいだろうなあ〜。
帰り際、切符切りの小屋の前で
のんびりたむろしていた黒猫に挨拶して(?)門をでた。
# by team-osubachi2 | 2010-05-24 19:30 | 出かける・見る | Comments(0)

ホーホケキョ

昨日ははやくも梅雨入りしたかのような蒸しむし天気だったのが
今日はまたスッキリとした快晴に。
この丘の上界わいに居ついているウグイスが
こんな夏日になってもまだ滞在していて、毎朝さかんに鳴いている。

f0229926_933668.jpg

3月は「ホ ホホホ〜ピチョ」「ホホ ホピ」と
まだまだ下手っぴいだった歌声も、今では名調子的に上手になっている。
「ホーホケキョ」「ホォ〜ホケキキョ」
「ピリリィリィリィ〜〜キチョキチョキチョ」
そうしてこの歌声の主は、じきに涼しいお山へと移動してしまうのだろう。

のどかだなあ〜ァ・・・、などと隠居みたいに惚けてる場合ではない。
まずは、さっさと洗濯ものを干さねば。
# by team-osubachi2 | 2010-05-21 09:42 | 日々いろいろ | Comments(0)

うるい

週一回届けてもらう野菜箱に、
ときどき自分にははじめて見る野菜が入っていることがある。
今週は「うるい」という山菜の一種が入ってきた。
スッキリと伸びた茎がキレイだけど、どうやって食べたらいいのかな?
こんなときネット検索は本当に便利だ。

f0229926_0326100.jpg

サラダやおひたし、味噌汁もいいらしいが、
さっと湯がいておいて、胡麻和えにしていただいてみた。
噛むと山菜ならではのかすかな苦みととろみが出ておいしかった。
今年はことさら寒かった雪国にやっと訪れた春の味・・・だね。
# by team-osubachi2 | 2010-05-20 00:03 | しみじみご飯 | Comments(0)