菊の帯の思い出

むかしおふくろさまが誂えてくれた着物や帯の中に、お気に入りの八寸帯があった。
誂える・・・というとなにやら贅沢なことのようではある。
が、たとえそれがドのつくような田舎の端っこにあった
ちいさな漁村内の布団屋さん兼反物屋(呉服屋)さんでではあっても、
母自身、地場産業の大手サッシ工場で働いていた自分の稼ぎの中から「娘のため」と称して、
少しずつ好きな反物を選ぶのは購買欲を満たすに充分な悦びがあったものと推察するのであるが、
そんな買い物の中にひとつ、白地に桔梗に朱い菊花の模様の帯が私は大好きだった。

二十代のうちから劇場通いやお茶のお稽古などで散々に締めるうち、
ヤケもし、多少は手垢じみたりもし、すくい織りの柄の部分が縮んだり、
廉価な木綿着物の藍色が白地に移ったりもして、
クタクタになったところで洗って最後にハサミを入れ、お太鼓部分だけを残しておいた。

f0229926_17064127.jpeg

思いついて、わずかに保存してある着物アルバムを開いてみれば・・・
あった、あった!ありました。この帯を締めてお茶のお稽古をしている姿の写真が。

姉弟子さんが撮ってくださったのに違いない。ただのお稽古日だったろうか。
地味な秋色小紋にこの菊の帯を締め、もとはおふくろさまのだったという
朱い絞りの帯揚げを合わせるのも大好きだった。

f0229926_17071185.jpeg

あ、先生も一緒に撮っていらっしゃる。やあ〜、お懐かしい♪
このおばあちゃまは江戸千家の茶道の先生でありながら、実はアパートの大家さんでもあった。
社会人になりたての二十歳でこのアパートの住人となり、
以来十六年にわたって家族ぐるみで可愛がってくださったことも今は懐かしい思い出だ。

f0229926_17072946.jpeg

いつもお稽古のときは着物でいらした。大島でも小紋でもアカ抜けた着こなしで
将来は先生みたいになりたいな〜なんてひそかに憧れてもいた。

先生の郷里は岩手だった。ご長命でいらしたけれど、
たしか震災が起きる少し前に亡くなられたのではなかったか。
大震災後の様子を見ることなく旅立ったのは幸いでした、と娘さんがお知らせくださった。

しかし、こう古いアルバムを辿りながら思ったのは、
以前のフィルム時代の方がどれだけ写真を大事にしていたかということだ。
撮るということも、焼いてプリントで残しておくということも・・・。
デジタル時代の写真は、技術こそはスゴイことになってはいるが、
ワンショット一枚きりを撮る緊張感や、上手く写せたときの悦びや
また失敗したときの挫折感などといった感覚は失われてしまっている。

写真はやっぱり若いうちに撮っておくべきだ。
そしてプリントで残しておくべきものだなあ〜と思った。

f0229926_17074777.jpeg

和室に飾り棚を置いたおかげで、ようやくその残した帯のお太鼓部分を
壁かけとして活かせるようになった ♪

明日はもう重陽の節句とか(旧暦では今年は十月下旬)。
カレンダーの上でのことだけれど、ま、わざわざ菊花を買って来て何をするでもなし、
せめてこの帯切れを壁にかけて、ただ「節句の日なんだな〜」と想うための
目印みたいなものにしておくのである。

# by team-osubachi2 | 2017-09-08 22:59 | 着物のこと | Comments(6)

今年のちいさい秋

一昨日スーパーの帰りに道端で見つけた「ちいさい秋」はまだ青いどんぐりの枝。
風で千切れたのかな?せっかくのめっけもん、ひょいと摘んで持ち帰り、
うさぎの玩具と一緒に飾り棚に置いてみれば、部屋もまた少し秋らしくなったみたい。

f0229926_08060388.jpeg

先日話題となったやんごとなき御方の婚約内定の記者会見のご様子。
千年前なら、月の光が綺麗だから、、、と歌など詠んで
サラサラと料紙にしたため、下の者を使い遣って
やんごとなき御方のもとへお贈りになるのだろうけれど、
今の世では、個別に持っている携帯電話でダイレクトにお電話をなさる。

時空を超える速さは比べものにならないけれど
それでも若いお二人のご様子は初々しく、そしてどことなく雅びやか。

今宵は旧暦文月の望(満月)だそう。
古のような文はしたためずとも、携帯電話で月夜のお話をなさるのかしら?
朝からの雨降りが夜には晴れると良いですね♪

若いお二人の末永いお幸せをお祈りいたします。


# by team-osubachi2 | 2017-09-06 08:13 | これが好き | Comments(4)

去年の今ごろはまだ残暑が厳しかったのに、今年はすでに涼しい関東地方。
寒がりの私はすでに綿毛布を二枚重ねて寝る。

昨日なんかはシャツの下には長袖のカットソーを着て、
熱々の紅茶に、蜂蜜たっぷりのバタートーストが美味しい朝だった。

f0229926_07330655.jpeg

飾り棚にはうさぎの土鈴を置いた。

おふくろさまはこれをどこで手に入れたのかな?
実家にあったときからほんのり薄汚れたような肌がいい味になっていて、
このとぼけたような表情が私は好きだ ♪

# by team-osubachi2 | 2017-09-05 07:40 | これが好き | Comments(2)

もうだいぶ以前のこと。
近しい親戚にお弔いがあったとき、母親に頼まれて喪服を着付けたことがありました。
黒の五つ紋付こそは新調してありましたが、帯は嫁入りのときのものだと言います。
一抹の不安とともに、帯の手をお腹に巻きつけてみると、、、
あらら、案の定長さがぜーんぜん足りないではありませんか。
思案の末、ひと巻きだけ(^^;; して、なんとか結びあげました。

過日、新古品で手に入れたボルドー色の八寸帯。
着物を着付けて、いざ帯を締める段になって長さが短いことが判明。
さて、どうしましょ?今さら帯を変更するのもなあ、と思い、
とっさに以前お仕事で得た知識として短い名古屋帯の結び方を思い出して
すぐにやってみたところ、思いのほか簡単楽ちんに帯を結びあげ、
無事時間通り出かける事ができました。

そんなワケで、今回のお団子ムスメが紹介するのは、
お腹に巻く部分(手から手先)が短い名古屋帯の結び方です。

*ただし、柄が全体にある総柄、つまり全通柄のものに限ります。
(お太鼓と前にワンポイントの柄のあるものは今回は対象外です)

******************************************

まずは手が短いとはどういうことかを見比べてみましょう。

これはミンサーの八寸と、ボルドー色の八寸と、どちらも総柄の名古屋帯です。

f0229926_09180860.jpeg

お太鼓部分を揃えて、手先をならべて広げてみますと、、、

f0229926_09191865.jpeg

ボルドー色の方が30センチほど短いことがわかりました。

わずか30センチといえども、これだけ短いと私でも手先の長さが足りず
帯が締められませんでした。

f0229926_09194465.jpeg

さて、ここからはそういう手が短い帯結びの下準備です。

帯枕、帯揚げ、三角にたたんだタオルチーフを用意します。
*帯揚げで帯枕をくるんでゴムで帯枕の真ん中あたりを留めておくと便利です。

f0229926_09201361.jpeg

まずはお太鼓部分を裏返し、三角部分を手前に、たれ先を向こう側にして置きます。

続いて三角にたたんだタオルチーフを、お太鼓と手の間、
三角に縫い留めしてある袋だまり部分に入れ込みます。

f0229926_09203891.jpeg

その三角の縫い留めのそばに、帯揚げでくるんでおいた帯枕を置きます。
*このとき帯枕のカーブ山は、たれ先に向けて置きます。

f0229926_09212053.jpeg

帯枕を置いたところから(帯枕にかぶせるようにして)、
お太鼓部分を手前に折り返しておきます。

f0229926_09215429.jpeg

これで下準備はオッケー!この形をキープして手に持ち、
(二ヶ所ほど着物クリップで留めておいても良いかもしれません)
まず背中にお太鼓を背負ってしまいます。
それから帯枕紐と帯揚げを前で仮結びしておいてから手をお腹に巻いていきます。

では、ここからはお団子ムスメにバトンタッチして、
イラストによる説明図をご覧ください。

******************************************

f0229926_09233664.jpeg


f0229926_09235098.jpeg


f0229926_09241244.jpeg

*個人使用に限りプリントアウト可
*イラストの無断転載をかたく禁じます

******************************************

ちなみに、ですが、上の図にもあるように、私はもうひと工夫して、
パジャマズボンなどに使う幅広のゴムを輪にして、帯枕を置く部分に縫いつけておきました。

f0229926_09222009.jpeg

輪の大きさは、帯枕をしっかりホールドするくらいの大きさにしてあります。

f0229926_09224679.jpeg

そこへ、帯揚げでくるんでおいた帯枕を通して固定させます。

f0229926_09232248.jpeg

こうすると、帯枕をくるんだ帯揚げもズレにくく、
お太鼓を背負うまでの形もキープしやすくなりました。
ひと手間は面倒ですが、お太鼓背負うとき、さらに楽チンになりました。

さて、どうでしょう?
仕組みはお分かりいただけましたでしょうか?

着付けを教えた生徒さんの中には、お祖母さんやお母さんの昔の帯でお稽古にいらした人も多くいました。
また、体型の問題で帯の長さが足りないという人もいらっしゃるかと思います。
そんなとき、総柄の帯がもしあれば、この帯結びを試してみてはいかがでしょう?

もっと早くに知ってたら、短い帯でも、簡単で楽に締められる
この方法を教えてあげられたのになあ、と思います。

やってみようと思われる方は、ぜひトライなさってみてくださいね ♪

# by team-osubachi2 | 2017-09-04 14:02 | 着付けノート | Comments(4)

待ち遠しい秋

(どういう訳か、一昨日からパソコン操作によるブログのログアウトと
ログインが上手くいかないので、iPhoneからの投稿を試みる)

若かりし頃、昭和の邦画にはまって手当たり次第に見ていたのだけれど、
ことに台詞を覚えるくらいに繰り返して見たのが小津安二郎作品。
ゆったりしたテンポも、なんでもない日常に起こるなんでもない出来事が
主人公や家族に波紋を広げてゆき、また静かに収まって行くのを見ていて、
家や小道具、衣装にも目がいくうち、もっとも心惹かれたのが
登場する女の人たちが身につけていた浦野理一さんの着物や帯だった。

いつか私もあんな着物や帯が似合うようになりたいなあ〜と思いはしたものの、
自分にはそういう運はなかなか巡ってはこなかった。

そのうち自分自身いろいろな経験を経るうちに、着物への愛情はまったく変わらないけれど、
以前のように自分の物にしたい!というような所有欲はすっかり大人しくなり、
ただもう綺麗なものを眺めるってだけで充分楽しめるようにもなったりして、
むしろ欲をかかなくなった今になって(むしろそんな今だからか?)
ひょんなご縁があって私の手元に浦野さんの縦節紬の無地の帯がやってきた!
それもずっと憧れてきた赤系統♡

f0229926_13565512.jpeg

まあ!こんな事もあるのね〜・・・なんだか夢みたい♡

今日から九月。
きっとまた残暑も盛り返してくるだろうけれど、十月は直ぐにやってくる。
ことのほか袷の季節が待ち遠しい秋である ♪

# by team-osubachi2 | 2017-09-01 14:05 | 着物のこと | Comments(12)