姫リンゴの花が咲いて

花粉シーズンもようやく終息にむかっているようで
先月から週イチペースで、また少しずつ近くの川べりを走りはじめた。
川沿いにはさまざまな草木(もちろん野の草も)が植えられていて
走るごとに季節の変化を感じられて楽しい。

夕方などに走ると、香りを放つ時間なのか、
甘くて、そのくせほんのり青みがかった
いくつもの花の香りが入り交じってあたりに漂い、
すれ違う散歩の人たちの顔も、いつも以上に和んでいるような気がする。

f0229926_149196.jpg

先週は姫リンゴの花が満開になっていた。
梅や桜もいいけれど、リンゴの花の愛らしさはまた格別だと思う。
恥じらいにも似た紅いつぼみが開くと
清らかで真っ白い花になってしまうのはどうしてだろう?
(リンゴはまた葉っぱの色が素晴らしく効果的なんだ)
あの紅い色はどこへ消えてしまうんだろう?
いつも不思議でならない。

心に憧れる風景のひとつが、東北は岩木山のふもとにひろがる
リンゴ畑の花がいっせいに咲いた景色。
さあ、春はもう東北へと去りつつある。
もうじき憧れる景色がみちのくの里にひろがるのだろう。
いつか春を追いかけていって、この目で見てみたいものだなあ〜。
# by team-osubachi2 | 2012-04-25 00:13 | 日々いろいろ | Comments(2)

本日の「サラメシ」

昨日までのちょっと肌寒くて雨降りのお天気も
今日は一転して朝からピーカンの晴天。
天気予報のオネエサンは気温も25度まであがると言っていた。
いきなり夏日ですかあ〜?!

NHKの『サラメシ』を楽しみに見ているせいか
うちのお弁当も「サラメシ」と言いそうになる。
・・・というワケで、本日のうちのサラメシは
玄米ご飯、梅干し、春野菜のベーコン炒め、白花豆、
ちくわキュウリ、そして夕べはじめてこさえてみた豆オムレツ。

f0229926_722147.jpg

姑どのが水煮してくれたプリプリの大粒の大豆を
卵焼きパンで加熱してサッと味付けしておいたところへ、
溶き卵を流し込んで両面焼きしただけのものだけれど
和製テンペみたいな卵焼きになった。
煮豆にするのもいいけれど、たまにはこんなのもアリかな。

お弁当にちょこっと添える「お甘」も、夏日になるときいて、
はっさくの輪切りのハチミツ漬けに・・・。
寒い冬、寒い春と思っていたけれど、いつの間にか季節はかわって
ぼちぼち保冷剤をいっしょに包む季節になってきたね。
# by team-osubachi2 | 2012-04-24 07:44 | しみじみご飯 | Comments(4)

*この展示は終了しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年も渋谷のクラフトスペース「わ」さんにて
柚木沙弥郎さんの帯展、本日より5月10日まで開催中です。

いつぞやビートたけしさんがテレビ番組で訪問されていたり、
最近も某女性誌で樋口可南子さんが
柚木さんの工房を訪ねていらっしゃったりと
お歳を召されてますます活動的で
洒脱でいらっしゃるご様子を拝見しては
ほんの爪の垢ほどでもいいから
あやかりたいものだなあ〜といつも思うのでした。

昨年拝見した深緑地に丸紋が並んでいる帯などは
連れて帰ることができたらどんなに嬉しいだろう・・・と
私にはただただ垂涎ものでした。

*画像をクリックしていただくと大きく表示されます

f0229926_15202161.jpg

f0229926_1523242.jpg

お天気がよさそうな大型連休にかかりますが
ご興味がある方はぜひご覧になってみてください。
日曜と祝日には、着物エディターとしてご活躍中の両角明美さんも、
会場にてお着物などに関するご相談に応じられます。

CRAFT SPACE わ
http://www.craftspace-wa.com/index.php
# by team-osubachi2 | 2012-04-23 15:21 | お知らせ | Comments(4)

サンマの梅煮

海育ちの私にとって、
子どものころのご馳走といえば、それはお肉料理であった。
魚のおかずは普段のものであって、ことさら食べたいとは思わなかった。

魚屋さんが炭火で焼いてくれるフクラギやムツ、
バイ貝やカレイの煮付け、ホタルイカの酢味噌和え、
ズワイガニの釜ゆでや味噌汁などなど・・・。
母親が忙しい合間に作ってくれた魚料理なんかを
ぜ〜んぜん「美味しくない」と思っていた。
唯一好きだったのは、バイ貝のコリコリ部分やヤリイカや甘エビの刺身。
いま思えばずいぶんわがままな口だったなあ〜と反省しきり。
でも、あれらの本当の美味しさは
子どもの口ではなかなか理解できなかったんである。

そして東京に出てみたらば、今度は富山で食べた魚と違って
「なんか美味しくない・・・」ということで
太平洋側の干物以外の魚はめったに食べなくなってしまった。
ようやく魚料理が身近になったのは
ほんの2〜3年前に二人暮らしが始まってからである。

f0229926_2321785.jpg

スーパーへイワシを探しに行ったら売っていなかった。
かわりにサンマの切り身が安く出ていたので
サンマの梅煮をこしらえることにした。
圧力鍋を使うと、20分ほどで
骨まで柔らかく煮えるから大助かりなおかずである。

いま、日本人がだんだん魚を食べなくなっているんだそうだ。
自分も魚から遠ざかっていた時期があったので
エラそうなことは言えないけれど、
いまでは「ああ〜、そりゃもったいない」と思うようになった。
暮らしが変われば、人の口も変わるんである。
日本人の口はこれからどこへ向かっていくんだろう・・・?
# by team-osubachi2 | 2012-04-23 00:07 | しみじみご飯 | Comments(2)

加賀友禅に描かれる自然、ことに鳥や草木の繊細さは
抜きん出たものがあると思います。
見ていると、透明水彩画ともどこか共通する色の鮮やかさや
花の表現に心惹かれるものがあります。
(残念ながら、いまだ着物や帯ではご縁がありませんけれども)

ブログを通して知り合った加賀友禅作家の宮腰一恵さん。
故・由水十久氏と高平良高氏のもとで修行なさったあと独立されて
染工房ソラカラにて制作なさっていらっしゃいます。
(ひとつ下の記事に載せた半襟は宮腰さんの作品です)
その宮腰さんが、今度の木曜日から
金沢市内にある町屋を活かしたギャラリーで個展をなさいます。

f0229926_1754225.jpg


宮腰一恵 個展『絹のおと』
金沢・町家空間「凛凛」にて
4月26日(木)〜30(月)11:00〜18:00(最終日は16:00まで)
金沢市増和泉1−16ー17 電話090−4325−6775

よさげなギャラリーでの展示です。(今回見に行けないのが残念!)
和めそうなカフェもあるようですよ♪
金沢方面にお近い方、お出かけになる方は
よろしければ、ぜひご覧になってみてくださいませ。

町屋空間「凛凛」
http://rinrin.jpn.com/

宮腰一恵さんのウェブサイト「染工房ソラカラ」
http://somesorakara.web.fc2.com/
# by team-osubachi2 | 2012-04-21 18:14 | お知らせ | Comments(2)