いもくりなんきん

世の中は三連休。
でも台風18号のおかげで予定をキャンセルし、家で大人しく仕事をする三日間である。

土曜は朝から暗いし寒いしで一日はぐうたらを決めこみ、一日眠いままに寝てすごした。
いいのよ、たまには一日寝ておわっちゃったなんて日があっても。
おかげで(ローガン鏡のせいもあるのか)眼精疲労と肩こりも解消よ!

台風一過の今日は、一昨日の寒くて暗いお天気が嘘のような澄んだ青空だ。
洗濯物ももちろんベランダに出して干す。
気温は高いけど、風が乾いていて心地いいなあ。

f0229926_12254639.jpeg

季節を迎えてリンゴが安くなったので、
レンチン蒸ししたサツマイモと一緒にフライパンでバター焼にする。

ただバターで焼くだけでサツマイモの表面はすぐにカリッとなる。
同じフライパンで焼いたしっとりリンゴを添え、
メイプルシロップか蜂蜜を少しかけていただく自然な甘さのハーモニーがたまらない。

週末のおめざによく作るプレートはこんな感じ↓ 秋から冬にかけての我が家の好物だ。

f0229926_12251043.jpeg

カボチャも安くなったのが出回りはじめた。
一昨日はキャベツと一緒にポタージュにしていただいた。

レストランなどでは生クリームを使うんだろうけど、うちは牛乳でサラリと。
それでも充分美味しく仕上がるんだもん。
ひと手間かかるけど、野菜のポタージュって滋味あふれててホントに美味しい。

f0229926_12252936.jpeg

今日は見事なくらい雲一つない青空だ。
・・・ああ、天高し、いもくりなんきん ♪ そういう季節になったんだなあ〜。

あ、栗はないの。栗は高いからね。w
いつかたっぷりと大粒のいいのを仕入れて渋皮煮に挑戦してみたいけど、
今はまだそのときじゃないみたい。

さ、珈琲でも淹れて、仕事に戻りましょ。

# by team-osubachi2 | 2017-09-18 15:07 | しみじみご飯 | Comments(0)

はがき絵を描く−3

季節はもうすっかり秋ですが、こちらは仕事の上ではまだ夏を引きずって
水にちなむものなどを描いています。

以前子供向けの電子版紙芝居のお仕事で、
鎌倉時代あたりの天秤桶を描こうと資料絵を集めたところ、
いずれも薄い板木を用いる曲げ物に底板をつけたものしか見つけることができず、
ハタ!と、この時代は木をくりぬくか曲げ物が桶の中心だったのかと思い至りました。

f0229926_17561951.jpeg

江戸時代の浮世絵などにも登場し、いまや主流になった片木(へぎ)を寄せて
箍(たが)で締める結桶は、いったいどの時代に普及したのでしょう?
結桶でなら大物も作れますし、味噌や醤油、酒造りなど、その恩恵はとても大きかったに違いなく、
当時としては相当な技術革新だったのではないでしょうか。
現代でも柄杓や弁当箱などほんの一部に曲げ物としての造りがまだ残されてはいますが、
大物は見かけないように思います。
桶ひとつとっても、まだまだ知らないことってたくさんあるものですね。

この絵の柄杓は少し柄の先が上向きになってしまいました。
実物の柄杓の柄はもっと底板に近い位置に抜けています。


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

# by team-osubachi2 | 2017-09-16 13:15 | 仕事をする

さようならカッシーニ

まだ田舎にいたころのこと。
高校合格の記念に(自分でためた貯金で)買った屈折式天体望遠鏡で土星を見た。
いまどきはあたり前の解析されたカラー画像やCGとは違い、
望遠鏡のレンズを通してナマで見る土星はただ白っぽく、
それでもしっかりと惑星と輪が見てとれてとても感動した。

ああ、あそこへ7年もかけて旅をし、13年もかけてミッションを果たした土星探査機カッシーニは
ついさっき、すべてのミッションを終えて土星に突入し消えていったそうな。






ある意味、我が子同然だったんだろうなあ。
別れは辛いけれど、働いてくれた功績を讃えてインタビューに応えていたこのミッションの女性リーダーは
科学者らしい落ち着きがありながらも、本当に誇らしそうで感無量といった表情だった。
送られてきたデータの解析には何年もかかるだろう、って。
最後は土星の空に燃え尽きても、カッシーニのおかげで
これからも私たち宇宙ファンはさらに美しい色付きの土星を観賞させてもらえるんだよ。
なんて素晴らしいんだろう!!

ありがとう。そして、さようなら、カッシーニ♡

# by team-osubachi2 | 2017-09-15 23:25 | 生きものの世界 | Comments(2)

秋の盛り

昨日の夕方、といっても午後4時よりも前の時間に
所用があってひとっ走り丘を下ってお使いに行って来た。

その帰り道、ひょいと西の空を見ると、夕方早い時間にしては太陽の位置が低いと感じ、
ずいぶんと日が傾いてきていることに気がついた。

日没の早さをつるべ落としに例えられる時期に入ってきたワケね。
・・・うわ〜、もうそんな季節?

f0229926_17560368.jpeg

台風18号が本州に接近中。
(沖縄はようやく台風が海を通過してよかった部分もあるよネ?)
列島縦断ツアーにするつもりかしら?どうか大きな被害がでませんように。

# by team-osubachi2 | 2017-09-15 19:31 | 日々いろいろ | Comments(0)

糸の彩りが明るく(たとえそれが濃い暗色であっても)、
色糸の線も細いようでいて強くてしなる感じ・・・。
そんなイメージを抱かせる染織りをなさる吉田美保子さん。

f0229926_13284864.jpeg

出会う以前からブログで拝読していて、ご活躍のほどは知っていましたが、
個人的にグッと親しみを感じたのは、
なぜか青色確定申告にお互い四苦八苦していたところ。w
銀座での個展の際にはじめてお会いしたときから親しみを感じる人でした。

同じフリーランスの身とはいえ、私のように依頼を受けて絵を描く
職能としてのイラストレーション業とはまた違って、
染織で生きている吉田さんのエラいところは、
手が創り出したもので自活し、かつ自活の道を自ら開くところと思います。

そんな吉田美保子さんのウェブサイトが今月リニューアルしました。
これまで以上に丁寧にわかりやすくご自分の仕事を紹介するほか、
世界でただ一点自分だけのオンリーワンの着物や帯などの注文を受けつける窓口のほか、
今回なんとウェブショップも開設されました ♪
ウェブショップには染織吉田オリジナルの着物や帯だけでなく、
ショールやバッグや卓布といった小物もあります。

どうぞお時間のあるときに、リニューアルされたウェブサイトにて
めくるめく染織吉田の世界を隅から隅までご覧いただければと思います。

染織吉田 [ someori yoshida ]

****************************************

吉田さんの頑張りはいつも私にいい刺激をくれます。
もっぱら応援することしか出来ない私にも実はひとつ夢がありまして・・・。
いつか吉田美保子さんに織っていただきたい帯があるのです。
もうテーマは決まってます。いつ実現できるかはまったくわかりませんが、
私だけの夢の帯、いつかカタチにしてもらえるよう私も励もうと思いまーす!!
(過去ログ:「和の國」に集う」http://okakara.exblog.jp/15194915/


# by team-osubachi2 | 2017-09-14 14:48 | 着物のこと | Comments(6)