はがき絵を描くー12

幼かった保育園児のころのこと、毎年春が近づいてくると、
保母さんらが総動員で準備をし、園の入り口正面におおきな雛段を飾っていました。
昭和四十年代も前半の片田舎のこと、どこも豊かな暮らし向きではありませんでしたから
思えばそれは地元の大きな網元さんからの寄付だったのかもしれません。

最上段の男雛女雛ははるか天上界(?)のアイドルですから、
園児らが見ようとしてもおそばへ寄ることなど叶いませんが、
お絵描きの時間には、この男雛と女雛、それに両脇の雪洞を
クレヨンで夢中になって描いたものでしたが、いまもその絵は手許に残してあります。

うちは三人兄弟で、私の上と下には男兄弟が一人ずつ。
女子は私だけでしたが、ことさらな桃の節句を祝ったという思い出はなく、
唯一立ち雛が箪笥の上に飾られたこともあったかな?とおぼろな記憶です。
実家のその一対の立ち雛は、子供時分には、保育園で眺めた立派な段飾りに比べて、
ずいぶんと地味に思えたものでしたが、結婚したのを機に引き取って見てみれば
なかなか上品なお顔立ちで、大人になった今となっては
かえってこのシンプルな一対のお雛様の方が好ましいのでした。

f0229926_10463961.jpeg

桃の節句の三月三日から旧暦あたりの四月三日まで使ってもらえたらいいなと思い、
流し雛を描いてみましたが、幼子たちが赤いおべべを着せてもらい、
春の小川に流す雛の光景はテレビや雑誌などでしか見た事がありませんが、
そういう風習に育った方の記憶のなかでは、小川のきらめきとともに、
ずーっとずっとキラキラと揺らめき続けているに違いないという気がします。


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

# by team-osubachi2 | 2017-11-14 12:28 | 仕事をする

この前のその前の週末だったか、相方が映画『私を離さないで』のブルーレイを買ったので
(いまや発売から数年たったブルーレイでも1000円を切る安さにビックリ!)
この晩はウエハースをお供にお茶をしながら“お家deレイトショー”にした♪

f0229926_15103210.jpeg

カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞のあと、いろんな報道があったせいで
テレビ書評で物語のあらすじを二言三言で知ってしまっていたのだけど、
それでもとても新鮮に見ることが出来た映画。

謎と霧のような湿度に満ちた美しい映像と、
主演の若い三人の役者さんたちのみずみずしい演技が素晴らしいの。
とっても難しい役なんだろうに、自然に見える。
アンドリュー・ガーフィールドくん、こういう精神的な役にはあってるのかもね、
映画『沈黙』でもクライマックスにすすむにつれて心の琴線震えっぱなしな役も似合ってた。
S・ランプリングさん、ある年代からいっこうに年をとらないみたいにお変わりなく見える・・・素敵♡

仮想現実なSFだけど、視点がすごい。そういうコト、考えたことなかった・・・。
そしてロボットでもAIでもないのに、やっぱり「たましい」の有無って話がここにも登場する。

生命ってなんだろう・・・?
私にもよくはわからないのだけど、いまわかることは、
さいわいにして(?)いまの人間には
まったくのゼロから生命体一個(たとえばバクテリアの一個)も創り出せないってことと、
生命はいつか死ぬってことくらい。・・・生命って、ほんと、いったい何なんだろうね。







余談だけれど、うちのすぐご近所にお住まいの装丁家S氏が
カズオ・イシグロさんのブックカバーを何作かデザインされていたので、
なぜこの『Never Let Me Go』の日本語版ブックカバーにカセットテープがドーン!と出てるのか
今度会ったらうかがってみようと思ってたんだけど、映画を見てちょっぴりわかった。
装丁家S氏いわく「年に一度くらい読み返したくなる小説です」とのこと。
いつか原作も読んでみる機会がくる・・・かな?はて?

↓受賞で起きたこういう騒動話はいつだって面白いし、紙の本が少しでも売れてくれたら嬉しい。
備忘録:ブクログ通信
「ノーベル賞受賞の舞台裏!一瞬で枯れた在庫!?早川書房で起きた大騒動に迫る!」


# by team-osubachi2 | 2017-11-13 16:18 | 日々いろいろ | Comments(2)

私にとって、SF映画のベスト3は『2001年宇宙の旅』と『エイリアン』と
そして『ブレードランナー』である。
・・・って、この3本のSF映画の評価の高さとファンの熱烈さは、
ある年代から上の人になら当然よね〜?っていう3作品である。違う?

その『ブレードランナー』の続編になる新作『ブレードランナー2049』。
やめとく方がいいのかな?とも思ったけど、やっぱり興味が勝って見に行ってきた。

f0229926_23341202.jpg

上映時間2時間44分。
結果からいえば、うん!私は気に入った!また見てもいいくらいだ。

この新作の主役が発表になったとき、
ええ〜?これ〜?なんかピンとこないなあ〜なんて好き勝手言ってたくせに、
いざ見てみたら、あら?!なに、主役のライアン・ゴズリングさん、いいじゃない!適役ぢゃん!

オリジナルを踏襲した重低音を聴きながら見る映像もとても美しい。
(たとえ役者さんらがブルーシートの中でした演技とCGとの合成だとしても)
陰翳が深く、哀しみと温もりと詩情も感じられる。

でもって、どいつもこいつも片っ端から暴力で襲ってきて、
主役がその全部を切り抜けるような“これでもかアクション”が連続しない。
『ブレードランナー』は、オリジナルでも、この新作でも、
主人公が痛そうに怪我をし、絆創膏なんか貼るところがまたいいんだ。w






それにしても、SFであっても、科学が進むほどに現実味をおびてくる
生身の人間と人造人間やロボットとの問題。
そして、なぜかそこに(宗教や信仰にはまったく関わり無く)
人間のカタチをしたものにはたして「魂」があるのかどうか、
・・・というテーマが少なからず絡んでくるというのはどうしてなのだろう。
面白い問題だ。私が惹かれるのも、そういうところなのかもしれない。

昨日一緒に見た相方はこれが2回目。彼は3回は見に行くつもりらしい。
私はブルーレイの発売を待つことにしよう。それを買うのももちろん相方なのだけど。w

『ブレードランナー2049』オフィシャルサイト

# by team-osubachi2 | 2017-11-12 00:25 | 出かける・見る | Comments(2)

天井桟敷での着物

*11月9日(木)

今日は年に一度(か、二度)のお楽しみクラシックコンサートへ♪
夕方ばたばたしながら着物に着替えてみなとみらいホールへ向かう。

箪笥からこれも大好きな紺絣の絵羽紬を出す。
帯は昨年身罷られた人生の恩師と仰いでいた方からお形見分けでいただいた
淡いベージュ色のふくれ織の無地名古屋帯。

ソワレでも天井桟敷席なので気張った着物もなんだし、紬でいいかなと思う。
紺絣だけど絵羽で、目立たず、少しだけハレがましく。

f0229926_08275975.jpeg

昨日小林布未子先生に胸元ぴたっ!な着付けを教えていただき、
「それ実践してみるいい機会だわ ♪」と思ったすぐあとから
「時間がない・・・」となり、結局いつもの着付けをする羽目に。

でも、いつもの着付けの途中途中で、
先生に教えていただいたコツを意識して手をかけてみただけで
懸案だった胸元から脇のあたりがなんかピシッとした気がするではないか?!

・・・・・・気のせいかも?いいわ、また時間があるときにでも。

f0229926_08281711.jpeg

みなとみらいホールで、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会。
(クラシックコンサートっていうのもいいけど、演奏会って言葉の方がワクワクする)
指揮は以前テレビで見て、ぜひ一度聴いてみたい♪と思った
ヘルベルト・ブロムシュテットさん御歳90。
ブラームスを奏でるヴァイオリンはレオニダス・カヴァコスさん。
クラシックを聴くのはまだビギナーなので、なにもかもはじめて尽くし。

f0229926_08283894.jpeg

いやあ〜、素晴らしかった〜!
カヴァコスさんのヴァイオリンは涙が出るくらい美しくて繊細で、でも力強くて。
ブロムシュテットさんは指揮棒ではなく全身で指揮なさってて、
その背中には後光がさしてた。
管弦楽団というだけあっていっぱいいる弦楽器の演奏家らは、
まるでブロムシュテットさんの指揮に従うたくさんの蜂たちが黒い正装をして
羽根をふるわせて音を奏でているみたいだったなあ〜・・・。

感動の余韻でふくふくになったところで軽くお腹にいれたくてお店を探すも
みなとみらい内のレストランはどこもラストオーダー後。
仕方がないので、帰り道乗り換える駅そばの家系ラーメン店に入った。

f0229926_08290376.jpeg

着物でも気にしない。道中着を着たまま手ぬぐいを胸元にかけてラーメンをすする。
お腹が空いてたせいもあって美味しかった ♪

美しい音に身を委ね、その余韻に満たされた夜・・・まんぞくまんぞく♡

# by team-osubachi2 | 2017-11-11 13:20 | 着物のこと | Comments(4)

*11月8日(水)小雨のち晴れ

まだ若かった二十代半ばで着物を着始めてかれこれ四半世紀以上。
ことさら自分の着付けに問題はないのだけど、そんなある日、
着物友だちの画家 朋百香さん家の長平庵に、
着物スタイリストの小林布未子先生をお招きして
先生の着付けを受講しませんか?というお誘いがあった。
小林先生のことはもちろんメディアでもご活躍されているのは知っていたし、
友だちを通じて、それとなく先生の着付けのコツの噂を聞いてもいたせいか、
興味が湧いたので参加させていただくことに。

この日集まったのは、長平庵の女主人 朋百香さん、ライターの神奈川絵美さん、
染織家の吉田美保子さん、私・・・の着物仲間四名集まって受講料は一人3500円であった。
(先生が用意してくださった紐類などは別途数百円)

f0229926_12202491.jpeg

この日の先生は縮緬の明るいチャコール色の江戸小紋に、
この象さん模様の帯といういでたち。

f0229926_12205205.jpeg

まず着物談義しつつ先生の考え方や基本姿勢などお話をうかがう。

そのあと先生が用意くださった紐に使う伸縮性の包帯やクリップなどを受け取って
さあ!いざ!鏡の前へ移動。

f0229926_12211289.jpeg

まずはそれぞれの着付けの悩みポイントに沿って、
各自の着付けの確認などしたあと、帯をとき、着物を脱いで肌着を確認し、
長襦袢から実践に入ったあとはもう怒濤のようであった。

へえ〜〜!ほおお〜!あ〜ナルホド〜〜!!・・・思い出すと今も頭ン中がグルグルする。
私にはとてもひとつひとつは書けない(^ ^;;

なので、適当に写真をあげて、あ〜、そうそう、ここんとこはそうだったわ、という
いくつかのことを思い出すための写真スケッチをここに貼っておく。

たとえば、百均や薬局で買える伸縮性の包帯
(とはいえ先生なりにあれこれ試した末のこだわりのメーカーのものらしい)を
短く切って紐にし、お襦袢に(安全ピンや糸などで)とめて使うという
小林メソッドで長襦袢を着ると、それだけで土台がきちんと作られるせいか
着物を着ても衿があがってこないという不思議!

そして、着物の衿に伸縮包帯を付けたクリップを留めて胸紐にする、とか。

f0229926_12224545.jpeg

腰骨の位置を把握して、腰紐の位置はウエストで結ぶんだとか。
おはしょりの始末にも先生なりのテクがあってね、ここをこうしてああして・・・。

やっぱり土台って大事なのね〜。肌着から長襦袢の胸元、襟元を
あらかじめきちんと整えておくと、着物の襟元もこんなにスッキリする、とか。
(このあと伊達締めではなく先生考案の必殺ワザな紐で胸元をおさえる)

f0229926_12231534.jpeg

そうそう、帯揚げのね、ほら、前で結び目を見せないで
左右からクロスさせて見せるやり方のアレ。
ヒョイヒョイと巻いてから折り返して“あんこ”にするんだとか。

f0229926_12235055.jpeg

男前な着物に、角出しや銀座結びすると女らしさが出る、とか。

f0229926_12270043.jpeg

こちらも銀座結びで・・・。

f0229926_12404869.jpeg

その人その人それぞれのキャラが立つような、遊び心を効かせた帯締めの遊び方とかね〜♪

大切なのはどう自分のカラダに添って自分らしく着るか、ってこと。

f0229926_12412976.jpeg

予定した時間を大幅にオーバーしてしまったけれど、先生は終始立ちっぱなしの喋りっぱなし。
帰りの電車の中で「でも私、大丈夫なの」とおっしゃっていらした。
まったくもって恐れ入りましてゴザイマス♪

f0229926_10233933.jpg

小林先生、このたびはお世話になりました。
どうもありがとうございました!

f0229926_10064276.jpg

さて、この日教えていただいたいくつものコツ、
はたしてどれだけ自分に取り入れることができるかは練習次第!・・・かな?笑

f0229926_09590937.jpeg

小林布未子先生は、毎週火曜に青山の『大山キモノ・ちぇらうなぼるた』さんの
楽々着付教室で教えていらっしゃるとのこと。ご興味のある方はぜひ♪

大山キモノ・ちぇらうなぼるた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*参加者の各ブログ

胡蝶の夢/朋百香

神奈川絵美の「えみごのみ」/神奈川絵美

吉田美保子のsome oriノート/吉田美保子

# by team-osubachi2 | 2017-11-10 10:44 | 着物のこと | Comments(12)