サラメシの色

今日で六月が終わる。

きゃあ〜〜〜っ!?
・・・とわめいてみたところで、どうにもならない。

でも、時間こそはすべての人に平等だ。
極端な話、大富豪にも、一文無しにもネ。

話がそれた。

f0229926_13334249.jpg

季節に関係なく、我が家のサラメシは全体的に茶色い。(^ ^;;
ま、五十代のおじさんが食すのだから、茶色いおかずも風景として違和感はないけれど
たまには彩りよく綺麗にしてみたいじゃない?

とはいえ、この日も茶色と緑のせめぎ合い。
ここに玉子焼きの黄色が入るとうんと華やぐんだけどね。
おじさん世代に卵の多用は要注意。
鮭の肌色と、パプリカの赤と黄色がかろうじて見てとれるところがせめてもの彩り。w

添えたお甘は「伊豆の踊子」っていう桃山風のお菓子。
姑どのがバス旅行してきたお土産。相方も私も、こういうの大好き♡

さあ、明日から七月。
来月のお弁当の出番はちょっと少なくなりそうだ。

by team-osubachi2 | 2017-06-30 13:37 | しみじみご飯 | Comments(0)

証明写真

昨日の午前中、友人に駆り出され、ほかの素人モデルさんたちとともに
*年ぶりに撮影スタジオで被写体になった。
スタイリストさんが用意した衣装もついて、
プロのヘアメイクさんに顔をやってもらうの、何年ぶりかな〜。

撮影はスムーズにいってお昼過ぎに無事終了。
「そうだ!せっかくプロの方にしてもらったナチュラルメイクだもん。落とす前に・・・」と
帰り道、証明写真を撮っておいた。駅にあるスピード写真機でだけど。w

あえて美肌モードはやめて、800円の通常撮りで。
スタジオではリラックスできたのに、証明写真撮る方がキンチョーしちゃった。
でも、ベースメイクの違いはもうテキメン!

f0229926_09062137.jpg

ずっと以前、ある女優さんがこれからプライベートで出かけるというときに
メイクアップするのを横で見ていて驚いたことがあったけど、
「ベースメイクさえ決まれば、目元口許はチカラをいれなくても大丈夫なの」
・・・と言っていたことを思い出した。
うん、ホントにそう。いま、それ実感。

遠からずやってくるパスポートの更新。
これで次の十年間、たとえパスポートの出番はめったになくても、なんとな〜く心安心だ。w

by team-osubachi2 | 2017-06-28 09:13 | 日々いろいろ | Comments(4)

バイバイ、ブブたん2号

*6月24日(土)夕方、晴れ

銀座で着物仲間とランチしたあと、皆さんから離脱して
横浜の赤れんが倉庫方面にむかって移動した。

暑さにやられてか、一人になったとたん急にヘトヘトになったけど、
とにかく「このコを無事里親さんにお渡しするまでは!」の一心で、
この日某所で里親さんがいらっしゃる虫の講座イベントの会場へ向かった。

月曜にどういうご縁か飯倉片町の交差点で捕獲しちゃったカブトムシさん。
命名「ブブ2号」。
相方が独身時代、この丘の上の長屋のベランダに飛んで来たカブトムシを捕獲し
飼育中にケージの中で羽をひろげた羽音から「ブブ」と名付けたそうな。
我が家にやってきたカブトムシの2匹目ということで「ブブ2号」なんだけど
私的には「ブブたん2号」って呼んでお世話してさしあげた。w

里親さんが決まって今日まで数日間お世話しながら観察してみたけど、
通常より小型で、また瞳がつぶらでなんとも可愛いらしく、
毎日新鮮剥きたてリンゴの「お食事」を差し上げたり、
お粗相した「シーツ(キッチンペーパーね)」をお取り替えしたり、
お世話するのがもう楽しくて楽しくて♪

夜行性なので、当然のことながら夜に運動なさる。
ある晩、クリアファイルにベルトの穴あけ金具でいっぱい穴をあけたフタで
いま流行り(?)のボルダリングをなさったり、
またある晩、拾ってきた枯れ枝で遊んでさしあげたところ、
1分間ばかり和室でのフライングも愉しまれたご様子。w

f0229926_14555505.jpg

うわ〜、小型ながらもブーンと力強くていい羽音〜♡
さすがはブブたん!「ブブ2号」の名にふさわしい翔びっぷりだわあ♡・・・という親バカぶり。

しかし、翔んでしまったブブたん、どう収容したらいいかしら?・・・と思案していたら、
さいわい私のリネンジャケットに軟着陸したので、枯れ枝に移動していただき、
(無理にはがそうとすると大層抵抗なさるので自ら枝に移るよう仕向けた方がスムーズなんである)
無事お部屋にお戻りいただいた。ふう〜・・・。

f0229926_14560821.jpg

そんなこんなでお世話したぶんだけすっかり情がわいてお別れするのが淋しかったけど、
お会いした里親さんがとてもいい青年で「この人なら大丈夫だ」と、安心してお渡しできた。

じかに見てもらったところ、結局ブブたんは、どうも交雑種ではなく、
よくいる日本のカブトムシの小柄な個体ということらしいけど、
カラダの美しさは天然ならではということらしい。
その天然ブブたんの小柄ぶりも里親さんは気に入ってくださったようだ。よかった♪

バイバイ、ブブたん2号。
お世話した間、面白く観察させてもらったし、楽しい時間をどうもありがとう。
優しい里親さんのもとで、どうか良い余生を送ってネ!


by team-osubachi2 | 2017-06-27 11:03 | 生きものの世界 | Comments(0)

夏、銀座で集う

*6月25日(土)晴れ

昨日に続いて、今日も朝からいい天気。
バッチリ夏日、、、だろうなあ〜、暑くなりそうだもの。

昨夜のうちに箪笥から出しておいたのは、お福分けの夏の紬。
ところどころ透けるので、藍色の麻襦袢を下に重ねて透けにくくして着る。
(白でも濃い色でも、どちらの長襦袢も着られるようこの夏紬にはあえて居敷当はつけていない)

あわせた帯は、大好きな沖縄の張り子玩具「闘鶏(トウチー)を染めた琉球紅型。
素朴さと愛らしい表情の型染めって大好き〜♪

f0229926_14400919.jpg

向かった先は「銀座もとじ ぎゃらりー泉」さん。
今回澤田麻衣子さんの初個展でのトークショーということで、
澤田さんとは長いつきあいのY子ちゃんが九州から応援に馳せ参じ、
私にも声をかけて誘ってくれたので、ありがたく参加させていただいた。

この日フォトグラファーの武藤奈緒美嬢も型染め小紋でトークを聴きにきたので
私よりもお若い二人にはさんでもらって記念に一枚パチリ!w
(私が持っているのは、実はカブトムシくんのケージをいれた紙袋)

f0229926_14402294.jpg

工房で修行なさって充分にチカラをつけられてから独立なさった澤田さんの作品には、
しっかりした技術の上に華やぎと優しさが感じられて、
作家としても花が咲きはじめた時期を迎えられたかのよう。

型染めに用いる現代の道具や素材のお話には興味津々。
ご自分が思う色使いのことなどに同感したり、あっという間に一時間が過ぎちゃった。

トークのあと、もっとじっくりと作品を拝見したかったけれど
大変なにぎわいで遠巻きに見ながら、会場に居合わせた知人や
お世話になってる編集者さんへご挨拶にいったりでわらわら。

でも、会場で「ブログを楽しみに拝見しています」と声をかけてくださった美しい方が
澤田さんの帯を締めていらしたので、お話をききながらじっくり見せていただいたり、
なによりこの日Y子ちゃんが締めていた帯が澤田さんにお願いして誂えた帯とのことで、
きけば、Y子ちゃんの人柄もよく知っている澤田さんが提案しつつ染められた作品だそうで、
濃い地色に型絵のクコの花と、絞りによる緑の葉の表情がなんとも素敵でまたよく似合っていた。
うわ〜!これ、イイね〜♡と、武藤嬢と二人でY子ちゃんの帯にノックアウト♪

f0229926_14403772.jpg

おかげでまたひとつ憧れのものが増えた感じがした。
着物世界の憧れが現実になるなんてことはめったにないのだけど、
でも、こういう憧れを持つってそれこそ自由だし、無制限だし、
どんなにたくさん抱いても無料だもん!笑
そういう憧れも、着物好きにはがんばる原動力のひとつになるってものよネ♪

この日手渡しで贈った白い日傘をさっそくその場でさしてくれたY子ちゃん。
うん!臆せずはつらつと差してくれるところが若い着物姿にいっそう映えるわ〜♪
洋傘とちがって、地面に映る影がまあるいところがまたイイね!

f0229926_14404808.jpg

同じく澤田さんとは旧知のY子ちゃんのお母さまとお友だちも大阪・京都から応援に来られて、
四人で一緒にランチをしに銀座の街を横切って移動。
まったくの初対面だのに、お三方とも着物好きのせいか、
親しみやすく和気あいあいとしゃべくりランチタイムを愉しんだ。

銀座のホコ天、真ん中で止まって「どや?!」・・・ようお似合い〜!

f0229926_14410585.jpg

おかげさまで楽しい一日でした♡

お誘い、どうもありがとう。また東京や、横浜にも遊びにきてネ〜♪

by team-osubachi2 | 2017-06-26 17:16 | 着物のこと | Comments(0)

*6月23日(金)晴れ

予報よりもいい方にお天気が転んだので、日中は暑くなりそうだ。

今日は一日、長平庵で画家の朋百香さんの個展のお手伝いに入る。
気温の上下が激しい日は消耗も激しいので、
去年手直しした能登上布の胴衣(ドゥジン)を着て、軽く琉装風の格好で出かけた。
この軽装は疲れ方がまるで違うんである。

昨秋京都で開催された朋百香さんが絵を手がけた「京都タロットカード」の原画展。
それを横浜の自宅アトリエでも展示なさるとのことで、二日間にわたってアトリエを開放。

f0229926_13475981.jpg

何人ものお客様がいらして、和のタロットカードの世界を愉しんでいらっしゃった。

着物好きの朋百香さんの友人方もお着物でいらっしゃってにぎやかなひととき・・・。

f0229926_13481240.jpg

帯飾りや羽織紐などの和小物作家のSakurakoさんも来場して、一緒にパチリ♪

f0229926_13482326.jpg

希望された方々は、さわり程度にカードを三枚ひき、
この京都タロットの著作者である岩倉ミケさんに診てもらっていた。

お客様がみなさんお済みになったあと、最後に私もちょろっと引かせていただいたので
この日の備忘録に貼っておこうかな。

この三枚の内容は、基本的にミケさんにお話をきいた私しか知らないことなのだけど、
なあ〜んで「今の私の状況」その通りのカードが出るのかなあ〜????
不思議だなあ〜・・・。

まだ未刊の京都タロットカードだそうだけど、時期がきたら世に出ることになるんだろうね。

f0229926_14025890.jpg

アトリエ展、お疲れさまでございました。お天気にも恵まれ、ご盛会で何よりでした。


ご興味のある方は、朋百香さんのブログでどうぞ。(お着物のカテゴリ「きもの道」も見ものです ♪)
ブログ『胡蝶の夢』: http://tomoko358.blog102.fc2.com
(カテゴリ「タロット」: http://tomoko358.blog102.fc2.com/blog-category-3.html


by team-osubachi2 | 2017-06-25 14:18 | 着物のこと | Comments(10)

白い日傘

和傘の飾り糸の美しさは、差した人にしかわからないと思う。

しとしとと雨が降る日などには、少しばかり持ち重りのする和傘だけれど、
目線をちょっとあげたときに彩成る糸が目に入ると嬉しさがこみあげてきて、
一人悦に入るとはこういうことをいうのかな?などと思ったりする。

恩師のように思っていた方から譲り受けた紫の傘は、いま私の手元にある。

f0229926_163153.jpg

以前私が持っていた朱い傘は、若く溌剌とした着物好きさんの手元へ嫁入った。

f0229926_16124960.jpg

そして、雨傘よりひとまわり小さいこれは白い「日傘」。

f0229926_07504552.jpg

このタイプはひょっとして踊り用としてもよく作られているものだろうか、
長い柄のところは取り外し可能な二段方式になっている。

f0229926_07510980.jpg

付属品だった袋も、自分なりに工夫して、取り外した柄が傘にぶつからないようにしたり
共布を切って紐の先に丸いポンポンをつけたりして、
ほんの数度ばかり愉しんだけれど、この何年かはもう仕舞いっぱなしだった。

f0229926_07505602.jpg

なんというか、このごろは暑い夏も降ればいきなり土砂降りというお天気が多く
無粋でも晴雨兼用の傘の方がうんと活躍してくれている。

そこで、この日傘も朱い和傘の持ち主に贈ることに・・・。

f0229926_07512295.jpg

ふたつ返事で引き受けてくれたこの若い着物好きさんの活躍ぶりは素晴らしい。
この傘も今後もっと活躍の場が増えるにちがいない。

人から人へ傘の縁・・・引き受けてくれて、どうもありがとう♡

by team-osubachi2 | 2017-06-23 08:18 | これが好き | Comments(2)

ふたつの個展のお知らせ

*どちらの展示も会期終了しています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

梅雨もいよいよ本番といったところでしょうか。
(今日は雨というより嵐な一日だ)
個展のお知らせをふたつばかりアップしておこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ひとつはこの週末23日(金)より「銀座もとじ ぎゃらりー泉」さんにて
型絵染作家の澤田麻衣子さんの初個展がはじまります。

着物仲間の方々や着物通の間で澤田さんのお名前はたびたびお聞きし、
雑誌やSNSなどでご活躍の様子は見聞きしていても
その作品をじかに拝見するのは今回がはじめてなのでとても楽しみです♪

型絵染・澤田麻衣子 初個展
6月23(金)〜25(日)/11:00〜19:00/「銀座もとじ ぎゃらりー泉」にて
*ギャラリートークあります。詳細は以下のURLにてご確認ください


f0229926_16392887.jpg


f0229926_16394394.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらは私がとても好きな前田昌良さんの個展「ひとりだけの夜空」のお知らせです。
麻布台の「Gallery SU」さんにてすでにはじまっています。

先日拝見しに行ってきましたが、飯倉片町の交差点からちょっと入り込んだところに
昭和モダンの懐かしいような雰囲気の建てものがひっそりと残る一角がありますが
そのエリアのどこか懐かしいような雰囲気ともマッチする前田さんの作品たちでした。

前田昌良 個展「ひとりだけの夜空」
7月2日(日)まで開催中/12:00〜19:00/Gallery SUにて(火曜休廊)


f0229926_16395781.jpg


f0229926_16400920.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

梅雨の晴れ間をぬって、またはお気に入りの雨傘をさしながら、
ご興味のある方、お近くへお出かけの方はぜひお立ち寄りください♪

by team-osubachi2 | 2017-06-21 17:09 | お知らせ

昨日の午前中青山で打ち合わせのあと、麻布台のギャラリーに一件立ち寄った。
ちょうど飯倉片町交差点あたりを歩いていたら、ふと街路樹に目がいった。

どうしてか、私はよく“ふと目がいき”見つけてしまうことが多いのであるが、
・・・・・・あれ?カブトムシ?
・・・あっ!カブトムシ!?
うわ!カブトムシだ〜!!

なんと東京のド真ん中でカブトムシと出会ってしまったのだった。

f0229926_08404663.jpg

どうしてこんなとこにカブトムシが?と思いつつ、
「こんなところにいてもダメでしょう、チミ。そうだ、ひと晩だけ観察させてよ。
そしたらうちの近くの森に解放してあげるからさ。コナラもクヌギもあるしね」
と、街路樹からひっぺがえして家に連れ帰った。

それからはお昼ご飯も後回しにして大わらわだった。
小ぶりの段ボールに、穴をあけたクリアファイルでフタをし、急ごしらえの「お宿」を用意。w
コナラやクヌギの枯葉や小枝と一緒に「お部屋」も整え、
リンゴをちょっとむいて「お食事」もご用意し、お部屋に入っていただいた。

で、遅いお昼を食べながら、このコのことを調べてみた。

発見したときからフツーのカブトムシとはちょっと違うと思ってはいたけれど、
よくよく観察して何件か検索してみたらば、どうもある地方固有の
(天然は捕獲禁止につき飼育され売買されている)カブトムシとの交雑種?
・・・という気がしてきて、簡単に野に放っていいかどうか疑わしくなった。

はて、瞳がつぶらなこのお客さま・・・これからどしたらいいん?

f0229926_08570054.jpg

そこへFacebookの投稿を見た動物や昆虫にくわしい知人が助け舟を出してくれ、
専門的に飼育できる人を紹介してくれることになり、無事里親さんが見つかった。
こゆときFacebookは便利だなあ〜と思う。
というわけで、一泊の予定がもうあと数日我が家にお泊まりいただくことになった。

独身時代にクワガタムシを飼育経験のある相方がお客さまを見るなり
「こりゃ脱走系だな」とひと言。
うん、隙あらば逃げようと動いてるよ。もしかしたら、どこかからの脱走犯なのかな?
それとも、自然児かな?とっても元気でポジティブ、力も強いんである。

カブトムシの寿命は一年限りだそうだから、本当なら黙って野に放して、
ひと夏を彼なりに謳歌して貰いたいけれど、なまじSNSに投稿してしまったのが運のツキ。
虫飼いの世界にもルールってものがあるのだろうから、そこは素直に従っておこう。

f0229926_08410035.jpg

カブトムシさんはただいま朝食タイムちう。
剥きたてリンゴにかぶりついていらっしゃる。可愛いなあ〜♪ 見てて飽きないんだ。

無事に里親さんへお渡しするまで、いっぱい可愛がってあげるからネ♡

by team-osubachi2 | 2017-06-20 09:08 | 生きものの世界 | Comments(2)

青梅をしくじる

雨降りの日曜日、梅仕事をした。

が、はじめて手がけた青梅は、、、しくじった〜〜あ!!
冷蔵庫で青さをキープし美しい選り抜きの九粒だったのに、
見事に皮を割ってしまった〜〜〜ん。

かろうじてマシな一粒を(自戒の/笑)記念に撮っておこう。

f0229926_08183992.jpg

敗因はわかっている。
アク抜きが手荒かった。それに煮る段階でお昼の支度に気を取られ火加減も誤った。
梅仕事はほかのことに気を取られてはいかんのであ〜る。

熟ませておいた方の梅のジャム作りは、だから午後手の空いたときにじっくりとやった。
毎年包丁でたたいていた皮部分はもうミキサーにおまかせだ。
ま、火入れしてからじっくり煮込んで、どうにか一年分の梅ジャムの完成♪

f0229926_08233412.jpg

しくじった方の青梅は、でも味はよかった。
お腹に入れば、見てくれはもう気にはならない。w

青梅の甘露煮はまた来年再挑戦ね。

by team-osubachi2 | 2017-06-19 08:31 | 食べる | Comments(6)

青梅

お庭に梅の木があるお宅から梅の実が届いた♪

ことにきれいな青梅を何粒か冷蔵庫にいれておき、日曜あたり甘露煮にしてみるつもり。

f0229926_21273153.jpg

本当ならすぐにでも作りたいところだけど
先立つ予定がいろいろあって、それまで冷蔵庫でお休みいただこう。

ほかは熟ませてジャムにする予定 ♪
我が家の梅仕事は甘党である。


by team-osubachi2 | 2017-06-17 08:21 | 食べる | Comments(4)