昨日の午後、おおよその夕飯の下拵えをしておいてから、
相方と近くのシネコンへ行き、映画『沈黙』を見てきた。

レイトショーなしで上映回数も少ないせいか席はけっこう埋まっていて
前から二列目で少々顔をあげないと見えないという席であったにもかかわらず
開始からおしまいまで実に2時間41分という長さも
まったく気にならないほど見入ることができた映画だった。

f0229926_09545546.jpg

長崎のキリシタン弾圧のことを中学教科書よりは少しだけ多めに知っていても、
その詳細はもちろん知らないから、最初は小説を読んでもドキドキしたけど、
主題はそこではないことを悟ってからは、映画を見ても拷問や刑のシーンには引っ張られずに
(目を背けたくなるよなシーンもないワケではないけど、
とはいえ必要以上に描かれることはなく)物語を俯瞰で見ていられたかも・・・。

なにせ28年もかけて準備し撮影に臨んだというだけのことはあって、
スコセッシ監督の原作への理解も洞察も深いんだろう、
監督が日本のスタッフにまかせたというセットや衣装に違和感はなく
オーディションをくぐり抜けて役をゲットした日本の俳優陣も素晴らしかった。

窪塚洋介くんってこんないい役者だったんかい?と見直しちゃったよ。
イッセー尾形さんや浅野忠信さんも言わずもがな、
塚本晋也監督も役者としてとてもいい役を演じてた。

青木崇高くんやチラッと片桐はいりさんは見てとれたけど、
え?そうだったの?と思うほどいろんな人たちが出てたんだね。
台詞がなくても、衣装をつけて撮影現場に立てたのはすごく嬉しかっただろうなあ〜。

f0229926_09551626.jpg
しかし、人間はどうして宗教を持つことにしたんだろう?
人間にとっての信仰ってなんだろう?
教義や組織にもいいところはあるかもしれないけど、
そんな枠に縛られることもなく、各々が心の中に自由に持てる信仰について考える。

『沈黙』の主人公である宣教師ロドリゴは物語のクライマックスの後も生きる。
物語の最後の最後に見てとれるある種の救いのようなもの・・・、
たとえ外側からはうかがい知ることは出来なくても
人の内面に広がる(私的にはそれは宇宙のような)無限の世界に
ずっと持ち続けられるものは何であるか、それを探すのも人生・・・か。
そこが監督ご自身も深く想うところなのかも?とは私の個人的な感想。

見終わって場内に照明が灯ってから首と肩がバリバリに凝っていることに気がついた。
前方のお席で2時間41分スクリーンを見るのはやはりキツかったらしい。
でもそんなことをいっさい忘れて物語に没中できた作品であった。

『沈黙ーサイレンスー』公式HP

by team-osubachi2 | 2017-02-06 11:09 | 出かける・見る | Comments(4)

仕事がひと区切りついたところで、絵の具が足りなくなり
画材を買いがてら新宿方面へ出かけた。

まずは文化学園服飾博物館で開催中の『麻のきもの・絹のきもの』展へ。

f0229926_19095755.jpg
f0229926_19120119.jpg


日本で木綿が入って来たのは古くても、棉花をたくさん生産できるようになって
庶民にまで普及する江戸時代(17世紀ごろ?)以前は、日本の衣類は麻と絹だったときいている。
日本の麻については、このごろかしましい大麻繊維と苧麻がメインになる。

個人的にいいなって思ったのは大麻で織られた室町時代の文袋。
先染めの格子、型染めあり、生成り、のわずか三点だけだったけど、
ぞくぞくっとするパワーがあった。

絹についても、ざっくりと工程と繊維を紹介しつつ
主には博物館のコレクションである衣装の数々がとても見ものだった。

麻のきものと絹のきもの、それぞれにおおよそのことは知ってはいても、
自分程度の知識はたいしたことはなく、あらためてこういう展示のときなどに、
少しでも本物を見て知ることのくり返しだ。

ワンコインで充分見応えのある展示だと思う。
まあ、個人的には、もしも大麻の織物をもっと見れたら120点!・・・なんてネ。
ポストカードが一枚50円ってところがまた嬉しい博物館である。

『麻のきもの・絹のきもの』展/文化学園服飾博物館にて2月20日(月)まで

*******************************************

おまけ:そのあとちょいとだけ足をのばして下落合で開催中のコレへ。

GSS6

f0229926_20021438.jpg

本日の戦利品。まずはKAPITALの裾のカットワークが面白いリネンシャツに、
MANISのフェルト・トートバッグに、メリノウールの格子マフラーに、
えっと〜、やちむんの片手付き片口と、それと小袋いっぱいの木ボタンね♪

えっと、えっと、それからコレも↓

f0229926_20023034.jpg

なんだ?これ・・・って、これは相方へのお土産。
なんと昭和二十年代の小学生雑誌が二冊で100円!w

ガレージセールって、こんなちょっとした購買欲を満たすお買い物ができて
楽すいい〜のだなあー、またこれが。

f0229926_20142535.jpg

明日もけろさんとスタッフさんらと喫茶燈燈さんのお飲物とスイーツらと、
きっと、たぶん「お猿さんたち」もお待ちしていると思うので、お時間のある方はぜひ!

by team-osubachi2 | 2017-02-03 20:19 | 出かける・見る | Comments(6)

伸びしろ

二三日前、ひとしきり朝の家事をおえて、ひと休みしながテレビを見ていたら、
ある若い女優さんがスペインで本場のフラメンコを習っていて、
自分がもっと出来ると頭では思っていたのに、
実際には思うように出来ずにちょっと落ち込む場面があった。

そうそう、どんなことでも「人にものを教わる」のって、
自分がどれだけ出来ないかを知るところからはじまるよね。

痛い、恥ずかしい、もどかしい。

でも、そこで出来ない自分を真正面から受け容れるのって大事。
伸びしろがあるとすれば、そこからだと思うから。

f0229926_09081636.jpg

少しずつ描きためている絵を、先日ある大御所の装丁家の方に見ていただいた。

ようやく自分の中から出てきつつあるものを絵にするのでも、
その表現にどこか拙さや迷いのようなものがあると感じていて、
(とはいえ、そのときはそれが精一杯なんだけどネ/笑)
まさにそこを突かれ、具体的にご指導いただいてきた。

その帰り道、落ち込むこともなく、むしろ勇気と励みをいただいて帰ってこれたのは、
「まだまだ伸びしろがあるぞ、私には」と思えたからかも・・・。

いくつになっても、人にものを教わるのっていいなあ〜と思う。

by team-osubachi2 | 2017-02-02 09:49 | 日々いろいろ | Comments(2)

見たい見たいと思っていても、見ることができるものってほんの少ししかなくて、
実際には見逃すものの方が多い。

映画『あん』もそのひとつ。
新聞をとっていないせいもあって、ゆうべテレビで番組表をパラパラとチェックしていたら
あら?・・・『あん』、放送するの?!
あわてて録画予約したけど、放送も見た。

見てよかった〜。うかうかして放送も見逃すとこだった。





いままでどういうお話かいっさいチェックしなかった。いつか見にいきたいと思ってたから。

見終わって、こちらが胸に思うところは
原作者のドリアン助川さんがぜーんぶインタビューでお話されている。

映画『あん』で問いかけた「生きる意味」とは 原作・ドリアン助川さんに聞く
by HUFFPOST LIFESTYLE JAPAN

私は、いままであずきを自分で炊いたことがないのだけど
暮れにあずきをひと袋買っておいたの、仕事が一段落したら炊いてみよっかな。
はじめてだもん、もちろん失敗覚悟で。焦げさえしなければ食べられるっしょ。
そうだ、大好きな麦こがし入りのパンケーキ粉で皮もやいて
どら焼き風にして食べてみるのもいいなあ〜、うしし ♪

いい映画だった。見れてよかった。

映画『あん』公式HP

by team-osubachi2 | 2017-02-01 10:02 | 出かける・見る | Comments(12)