<   2016年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

道中着に飾りつけ

いつのまにか・・・って何回クチにするようになっちゃったかしらん。
(それでも言っちゃうけど、いいわ、いいのよ)
いつのまにか、今日で11月もおしまいだって!?・・・ひえええ〜!

この間から手持ちのウールの道中着に、
自分でみつくろってきた4色のコットンテープを
付け下げみたいに裾まわりや袖に毎日少しずつチクチクと縫い付けている。

右手左手交互に動かし、裏地に糸を貫通させないよう表地だけに縫い止める。
ひと針ひと針、ちょいと刺繍してるかのような錯覚・・・やったことはないけど。w

f0229926_17522096.jpg

来月にはデビューさせたいと思いつつ、明日はもう師走ぢゃん?!
あわてないあわてない、ひと針ひと針・・・♪

by team-osubachi2 | 2016-11-30 18:03 | 着物のこと | Comments(6)

自然の造形や美し

9月に植木屋さんに植栽にはいっていただき、
ゴミ捨て場の土手を刈り込んでもらって以来のことで、先週末
ひさ〜しぶりで土手ラー(土手の草むしりです、はい)を45分間やった。

30分以内にするつもりが、久しぶりだったせいか、ちょっと時間オーバー。
足腰にきちゃうくらい筋肉が落ちたことを実感・・・嗚呼。

ま、そんな嘆きは脇へ置いといて、
刈り込みの前に、植木屋の土手担当のお兄さんに
「ぜーんぶ刈ってくれていいです」とは伝えていたんだけど、
まるでこちらの内心を見透かしたかのように、
タカサゴユリの茎を10本ほど残しておいてくれていた。

おかげで、こんな風にユリの種皮を回収できた〜♡

f0229926_12474889.jpg

NHKで放送していたドキュメンタリー『足元の小宇宙』シリーズで
写真家の埴沙萌(はに しゃぼう)さんや絵本作家の甲斐信枝さんらが
もうとことん足元の野の草木や小動物たちを観察して発見することの面白さを
にっこにこしながらお話されていたけれど、
うん、うん!わかるなあ〜!その面白さ、とってもよくわかる〜!!

f0229926_12485873.jpg

ユリの種皮(種を育み育ってる包み)はどうしてこんなカタチをしているのか、
よーくわかったのはこの種皮を採取し、観察できたおかげ。
(わかってる人には、もうおわかりですよね?)
自然の造形には、ちゃんとその種その種なりの理由があるのよね〜。

せっかくだから、何か容れ物に差して飾っておこう。
枯れ木も山のなんとやら、枯れ草も家内のにぎわい・・・てコトで。w

*****************************************

埴 沙萌のエコロジー/ホームページ
http://www.raijin.com/hany/

甲斐信枝さんの絵本/絵本ナビ

by team-osubachi2 | 2016-11-29 13:11 | 生きものの世界 | Comments(6)

ぶた大根

昨夜のしみじみご飯は、ぶたと大根の炊いたん・・・にしてみた♪

日本海側はこれからブリ漁シーズンに入るので、
季節としてもこれからはブリ大根の美味しい季節になるのだけど、
なんだか「ぶたが食べたい!」気分だったし。

f0229926_07495489.jpg

お肉も大根も白胡麻油敷いたフライパンで表面に焼きをいれてから煮るので
あまり時間かけずとも、ほどよく大根に味がしみしみ、
お肉もほろほろと美味しく炊きあがったかな。

あとは、ほかほか湯気のあがるご飯と味噌汁が
(さらに香の物がちょこっと)あればもう充分シアワセ〜♡

by team-osubachi2 | 2016-11-27 07:59 | しみじみご飯 | Comments(7)

なじみの美容院へ行くのは一月半か二ヶ月に一度くらい。
また後頭部がもっさりと重くなってきたかな・・・と、
昨日は美容院へ出かけ、カットしてもらい、
シャンプーやマッサージで頭皮もほぐれ
気分も軽やか〜になったその足で向かったのは
偶然にも行き着けの美容院のある場所と
背中あわせのところに建っていたビルの中にあるギャラリー。

f0229926_12094174.jpg

前田昌良さんの「花と本と絵の展覧会」の最終日に間に合い
いくつものバラの花々の絵(2点ほど胸ときめいちゃったのをグッとのみ込む/苦笑)や、
絵と立体と本がセットになった特別な装丁本や、
前田さんの遊び心あふれる小人形たちや金天使たちを拝見してきた♪

f0229926_12100832.jpg

以前、友だちのおうちで前田さんのレース馬の作品を見てファンになったのだけど
拝見するたび、いつもこちらの心のどこかにある扉を
この木彫の人形のちいさな手でコツコツとノックされているような気がする。

で、その扉はいつ開くのかね?・・・もう開いてるのかな?
自分には見えているような、見えていないような・・・?

**************************************

大分むぎ焼酎二階堂CM2016「還っていく夢」篇
(前田昌良さんの人形たちが登場しています)




by team-osubachi2 | 2016-11-26 12:45 | 出かける・見る | Comments(2)

小雪に入って

朝、起きてから外は雪になった・・・。
関東では五十何年ぶりだとか。

子供のころ、富山の豪雪地帯でも11月下旬に降った記憶はないかなあ。
二四節気でいえば、もう小雪に入ってるし、東北や北海道、山間部では
雪がちらついてもいい季節だけど、今年の秋は急ぎ足だね。
銀杏の色付きも早いし、都心でさえも
下町のちいさな植木のカエデたちが赤く色付いてたもの。

f0229926_09305202.jpg

昨日は二の酉だったから、毎年恒例で浅草の相方の実家へ出かけ、
皆でお昼ご飯をさっといただいてから、相方と鷲神社へむかった。

今年は二の酉までしかないのと、祝日のせいもあってか、
午後早めの時間でも人出はいつもより多くて、列の最後尾に並ぶも
私のゆく道は〜、果てしーなく〜とおい〜〜、だのにー、な〜ぜ〜〜、
銭にーぎりーしめェ〜〜、君は〜ゆくーのかァ〜〜、そんな〜にしてーまでェ〜〜♪

f0229926_08582323.jpg

列の最後尾について、社殿にたどり着くこと、およそ二時間・・・。
朝から吹いてた北風も少し弱まって、雨に降られることもなくお参りし、
いつものように鷲神社の熊手のお守りを求め、
境内にひしめくにぎにぎしい熊手は眺めて楽しむだけ。w

f0229926_08583763.jpg

おかげさまで今年も一年、みな無事でありました。ありがとうございます。

それでは、これから暮れにむかって
さあ!どなた様も元気にかっこみましょう!!

by team-osubachi2 | 2016-11-24 09:21 | 日々いろいろ | Comments(4)

明日から谷中で白洲千代子さんの個展がはじまります。
なんでもない普段使いのものから、
よそゆきにあわせてもどこか遊び心が感じられるアクセサリーやジュエリーです。

谷中の「ぎゃらりい81」さんにて
(東京都台東区谷中6−4−5/Tel 03−3828−3893)
明日23日(水)から27日(日)まで/午前11時〜午後6時


f0229926_20040176.jpg
f0229926_20021548.jpg
*画像をクリックすると大きく表示されます

明日の夜からひょっとして関東は・・・雪ぃ〜?!などという予報も気にかかりますが
朝倉彫塑館からもほど近い場所にありますので、
初冬の谷中散策がてら、どうぞお出かけ下さい。

********************************************

白洲家といえば、年末年始にはこんな催しもありますので、ご興味のある方は是非!!

*特別展「白洲正子ときもの」@松屋銀座/FASHION HEADLINE

by team-osubachi2 | 2016-11-22 20:27 | お知らせ

師走になる前に

今日は朝からどんよりと空が重い。
夕方からは雨も降ってきた。
油断すると風邪もひきそうだし、この夏からしみしみしてた右手親指の炎症も
なんだかぜーんぜん終息に向かわず、逆に数日前から悪化して痛むし、
なんてゆーか、気分、沈みそうになる〜。
「そうですか?落ちたければ、今日はいくらでも落ちてもいいですよ」っていう感じ。

そ〜ね〜、布団にもぐり込んで、
沈みたいだけ沈んでいたい気もしないではないんだけど、
その前にやらなくちゃいけないコトがあるから、
珈琲を一杯淹れてから、気分を「落ち込み」から「落ち着き」に切り替え、
わが第二パソコンDELL嬢と、中にいる経理担当の弥生チャンと
午後からずーっと仲良く事務仕事をしている。

何かっていうと、今年ずっと怠けてきた領収書の整理と帳簿付けであ〜る。
フリーランスならどんな泣く子も黙る確定申告のため、ね。ふいいい〜・・・。


f0229926_18022807.jpg


そう、去年からコツコツやると決めたものの、
やっぱり逃げ腰できちゃって、今月ようやく肚をくくった。
あれやこれや「やらねばならない」雑事を少しでも今月のうちにすすめる。
で、来たる師走を少しでも落ち着いて過ごしたいのであ〜る。

あくまで理想だけど・・・。w

by team-osubachi2 | 2016-11-21 18:11 | 日々いろいろ | Comments(4)

友だちのCちゃんが「これ、使う?」と巾着をプレゼントしてくれた。
あ、菅原さんの藍染めだね?!使う使うーーっ!!
・・・と、ふたつ返事でもらってきた♪

f0229926_23131685.jpg

白洲正子さんのご贔屓のお一人であった菅原匠さん。
ひところは雑誌などで何度も拝見し、銀座の百貨店で個展があったときに
見に行ったりしたけど・・・のれんとかね〜、欲しかったなあ〜。

たしか夫人のつてでだったか、韓国の手紡木綿や
自然素材の布にもよく染めていらっしゃったと思ったけれど
この巾着も表はたぶん韓国の手紡木綿かなあ?

f0229926_23141650.jpg

裏地は表に比べて細い糸の手触りのいい手織木綿に、おなじ調子の藍染め。
紐ももちろんのようにガツンと染められた藍染め。

f0229926_23144952.jpg

そういえば自分の関心が薄くなったせいか、ひさしくお名前を聞かずにいたけど、
いまどうしていらっしゃるのかな?ときけば
もちろん今も藍染めをしつつ、陶芸もやっていらっしゃるそうだ。

Cちゃんがこれ持ってた時分覚えてるよ。たぶん二十年はたってるよね?
私もね、いちばんちいさな巾着持ってたの。裏なしの。
浴衣のときや普段着のときに散々使って、ひっかけて傷めて処分しちゃった・・・。
今なら自分なりに工夫して補修したかもしれないのにね。
当時はまだそういうことに頭がまわらなかったなあ〜。

思いがけず私の手元にやってきた菅原さんの巾着は、
以前持ってたのよりたっぷりと入りそうだけど、
そうだ、あけびのかごの内袋として使うのもいいかもね。
今度は(自分が持ってたのより)丁寧に扱ってあげるからね。Cちゃん、サンキュ!!

by team-osubachi2 | 2016-11-20 23:40 | これが好き | Comments(0)

干し柿できました♪

ご近所さんにいただいた甘柿を干すこと九日間。
どうやらいい具合に干せたようで、午後、日差しがあるうちに収穫した。
(明日は雨だっていうしね)

*備忘録
・甘柿でも硬めの実を皮を剥いて、熱湯で5〜10秒湯通し。
キッチンペーパーなどで水気を拭き取ってから、ヘタの柄かヘタの下に紐をかけ、
焼酎にくぐらせて(またふき取る)から軒下の風通しのいいところへ干し
(うちはベランダにタオル干しを置いてそこへ)
三日ほど干したら、もう一度焼酎にくぐらせて干し直す。
(熱湯と焼酎で行水させるのは、もちろんカビ対策)
・柿の表面が乾いてくるまでなるべくきれいな手で扱うこと。
・ときどきモミモミしてあげて、中を柔らかくしてあげるとよい。
・お天気と相談しながら、収穫どきを見極める。
(当然のことながら、渋柿の場合はもっと長く吊るしておく)

f0229926_17380529.jpg

試しに一個食してみたらば・・・あ〜懐かしいなあ〜!
そうそう、子どもの時によく食べてたのはこの味だよ。
甘すぎず、外側はやや堅めで、中は半生♡
田舎っぽく色は黒々していて当然種もあるんだけど、出来あがりは上々♪

いまじゃありとあらゆるスイーツが氾濫する中で、
干し芋とか干し柿なんてゆーのは素朴すぎるほどの自然な甘さだけど
うんとうんと昔はこの甘さがどれほど美味しく感じられただろうと想像する。

f0229926_17381863.jpg

毎年秋になると、ご近所の柿の木の実りが気になって仕方なかった。
ああ、ちょっとだけ手をかけて干せば美味しく食べられるのになあ〜!
・・・と思ってたのが、ようやく溜飲を下げることができたって感じ。w

しかし、子どものころ母方のおじいちゃんちから渋甘柿を貰ってきては
軒下に干す手伝いをしていたのが今ごろになって役に立つとはネ。

半分ほど空き籠につめて、柿をくださったお宅へ「お返し」する。
このたびはどうもありがとうございました♡

by team-osubachi2 | 2016-11-18 18:11 | 食べる | Comments(8)

ウルメイワシのフライ

あいかわらず野菜が高いんですのね〜。
おかげでしみじみご飯の主菜も考えちゃうわ。

でもねえ奥さん、昨日はウルメイワシの開きがお安かったんですの。
たーんと頭つきのとワタ処理したのとが出てたんですけど、まあ〜いい季節ですわねえ。
見るからに身も肥えてプリプリしてたもんですから、
買ってかえってフライにしましたんでございますよ。ええ。

f0229926_12045754.jpg

年に二〜三回やるかどうかって程度だけど
揚げたてサクサクのイワシのフライは我が家の好物のひとつ。

相方はもっぱらウスターソースで、私は中濃ソースで食べる。うはうはな嬉しさだわ♡

f0229926_12050968.jpg

それにしても野菜、高いわ。
キャベツなどの野菜は夕方からのおつとめ品でしか買わないのだけど、
そういえばこの間某自治体で子どもの給食を二日ほどナシにするなんていう
私的には「ありえない!」そんな報道がありましたっけ。

自治体なれば、どこかに削れる予算もあるだろうに、
そんな決定をする前にもっと東奔西走できるんじゃないの?
大人が身を削って子どもを食べさせなくてどうします?!なんて思ってたら
なんとか今回は回避できたようで・・・よかったかな?
根本的な解決には野菜の値段がさがってくれないと困るのはいずこも同じ。
全国的に野菜の高値は、つまりそれくらい自治体の予算も家計も圧迫するわけよね。

今夜は里芋でも煮っころがそうかなとは思うものの、
一袋5個の里芋だけではぜ〜んぜん足りないので、
玉こんにゃくで増量を企てているところ。
ま、そこんところがしみじみご飯の基本・・・ですかね。w

by team-osubachi2 | 2016-11-17 12:32 | しみじみご飯 | Comments(0)