さよなら六月

なんと・・・今日で六月もおしまいだって!
ひょええ〜〜〜・・・って、毎年言ってる、か?www

今日は午前中に寝室のエアコン取りつけ工事があり、
ガテン系のお兄ちゃんが1人で作業するのを世間話しつつ見守った。
汗水たらして一所懸命やってる姿に、
結局自分たちの快適さはどうしたってこういう下働きの職人さんらの
手をお借りせずには成り立たないのであるが、
自分も職人のムスメであったせいか、職人さんがきっちりやってくれる仕事は
本当にありがたいなあって思いが湧いてくる。
所定の料金を払ったあと、つい「お茶でも買って飲んでください」と
500円玉をひとつお駄賃に握らせちゃった。

f0229926_15894.jpg

そこへ友だちから「茅の輪くぐりいってきました」とLINEでメッセージ。
あ・・・考えてみたら、いつも初詣に行く氏神さまのちいさな境内に
茅の輪が設置されているのか・・・見に行ったことがない。
ということは、地元で夏越の祓いに行っていないということに気がついた。

今年は確認しに行ってみようかな?と思いつつ
工事のあと掃除したり洗濯物を干したりするうち午後になり、
お昼を食べて仕事を再開するころには
もうすっかり外へ出る気が失せてしまったのだった。

ま、今年の後半も無事であるよう気をつけながら夏を迎えるとしよう。
by team-osubachi2 | 2016-06-30 17:07 | 日々いろいろ | Comments(0)

都内某所へ日帰り出張の相方が買ってきた無着色の辛子明太子。
炊きたてご飯にちょこっとのっけてばふばふ食べる口福感はいわずもがな。

でも、さすがに毎食そのまんまご飯にっていうのも芸がないので
しらたきを買って来て炒りしらたきにしてみた。

f0229926_23464098.jpg

お酒が得意な人には適当な肴になり、ご飯好きにはおかずのひと品にもなる。
ダイレクトにご飯にのっけるよりは塩分も控えめになるし、
ちょいとみりんを足すとネ、辛さが和らぐし旨味も増す気がする。
もちろん明日のお弁当にも入れるであります。

ども、ごちそうさん ♪
by team-osubachi2 | 2016-06-28 23:49 | しみじみご飯 | Comments(6)

朝ドラ『とと姉ちゃん』・・・個人的には先週からがぜん面白くなった。
平たく言えば、自分の仕事と関わる編集と出版の世界に
とと姉ちゃんが身を置くことになったからってことだけど。

しかし昔の出版社の人たち(編集者さんら)は、
企画し、作家先生に手紙を書き、じかにお願いにあがり、お話をし、
打ち合わせや取材の面倒を見、催促をし、原稿もじかに受け取りにゆき、
(当然手書き)原稿を印刷所に入れる世話もやき、校正、刷り上がりを確認し
配本まで自分たちの「手作業」でやってたことを思うと、
いま現在もその流れはおおよそ変わらないとはいえ、
電話に携帯、デジカメ、メールやインターネットなどなど、
こんなに文明の利器が発達したにもかかわらず
現代の方がもっともっと時間に追い立てられるように
制作(ことに雑誌)している感じがするのはなんでだろう?って思っちゃう。
昔だって締め切りに追われていたことには違いないのに・・・
時代における時間の逼迫感って不思議だなあ〜。

f0229926_963354.jpg

若いときからこの有名な雑誌の名前と存在は知っていても
実は手にしたことは一度もなく、どちらかといえば
その世界からは遠いところをぐるぐるしていた気がするけれど、
花森安治さんの絵とかデザインだけは気になっていた。

だからかな、数年前に図版ばかりで構成されたこの本が出たとき、
「そうそう、こういうのが欲しかったんだよね〜」と、個人的に嬉しかった。

“ちょっとしたちいさな工夫が大きなよろこびと
ゆたかな愉しさを作りだすことがある”・・・と、帯に記してある。
いまだ本誌には接したことがないくせに
おっしゃっていることはなんとなく分かる気がするこのごろである。
by team-osubachi2 | 2016-06-27 09:57 | これが好き | Comments(4)

昨日の夜、ようやく夏風邪から脱した感じがして
今朝はたっぷりと朝寝坊を満喫した。

冷蔵庫にはたいして食料もない状態だったけど、
牛乳が少しと卵、それとバゲットが一本残っていたので
迷わずフレンチトーストにした♡

f0229926_22434274.jpg

あとヨーグルトが少々、頂きものの果物少々、プチトマト5粒、
小パックのジュースが一個、アールグレイの紅茶葉・・・と
これだけあれば大人二人分には十分贅沢な日曜のブランチであ〜る ♪

一週間寝て過ごした時間が長かったせいか、
腰まわりがバリバリと音を立てそうなくらい固くて痛かったけど、
家事でも身体を動かすうちに少しずつほぐれてくれたみたい。
さ、明日からまた平常運転に戻ろう!
by team-osubachi2 | 2016-06-26 22:48 | しみじみご飯 | Comments(0)

Blueberry 、果実と歌声

そりゃあ梅雨だもの。
でも、ああ、もういい加減飽きてきたなあ〜〜〜、
毎日の曇天と雨降りとこの夏風邪・・・。

仕上げの鼻かみはいいとして、からみつくような痰と咳が続いてね。
回復のためとはいえ、続くとちょいとしんどい。
ああ〜ああ〜、とこの数日グズグズしていたら、
お友だちからお見舞いのようにして季節の果実が送られてきた!

箱の中から現われた新鮮な果実・・・
見てるだけで身体にしみじみと効いてくれそう♪

f0229926_15102375.jpg

と、この写真をFacebookにあげたら、
音楽好きのセンパイのような方からコメント欄に
この曲が貼り付けてあった。

Louis ArmstrongーBlueberry Hillー



歌詞はいわば失恋の歌だけど、
アームストロングおじさんの笑顔と歌声にはビタミンがいっっぱいさ。
そう、このブルーベリーの果実みたいに・・・♪

どちらも病み上がりにズンと効いてくれました♡
どうもありがとうございました。
by team-osubachi2 | 2016-06-25 15:31 | 食べる | Comments(2)

お針の時間と茶話会

オトナ女子(ってゆー言い方はもう古語かも?)は日々忙しい。
あえてキッカケを作らないと、なかなか心静かに針を持つ時間もなかったりする。

ひょいと思いつきで、近場の着物仲間三人で
「小帛紗を縫う会、やりませんか?」と声をかけて友人宅に集まった。

あ、そうそう、こんなときには私の旅茶セットも持参して・・・。

f0229926_20543736.jpg

暗黒部屋解除のさいに出しておいた私の「なんちゃって旅茶セット」は
本式のものとはほど遠く、アンティークのジャム瓶に茶を詰め、
もう一つの瓶には金平糖や甘納豆などのお甘入れにして
仕覆なんて高尚なものではなく、手縫いした縮緬の巾着に入れるような代物。
茶杓も手持ちのを切って寸詰めにしたり、
お気に入りのちいさな銀のスプーンを使ったりと、寄せ集めもいいところだけど、
友だちん家やハイキングとかで活躍してくれるんである。
あ、今度ドライブのときに持って行くのもいいな ♪

話を戻そう。

f0229926_21133775.jpg

集まったお宅の女主人Tさんはお姑さんがとっておいたという昔の絣着物地で、
もうひと方のEさんは雑巾として(?)売られていたけれど
雑巾として使うには可愛い過ぎるピンクの布で、
私は先日解いた八寸帯のたれ先から返しの無地部分で
それぞれ小帛紗(または敷物)を縫った。

ふたつみっつポイントをおさえつつ
とっかかりから90分とか100分ほどで、めいめいの小帛紗が縫い上がった。

(お二方それぞれのブログでもどうぞご覧ください)
*胡蝶の夢/http://tomoko358.blog102.fc2.com
*神奈川絵美の「えみごのみ」/http://blog.goo.ne.jp/kanagawa_emi

f0229926_892076.jpg

お針のあとは、お作法もお点前もカンケーなくお茶を一服点てて
これもおのおの持ち寄りの甘納豆、ゴム玉羊羹、干菓子といった
美味しいお菓子とともに茶話会で締めくくる。
これぞ女子の集まりのたのしいひとときであ〜る ♪

f0229926_8205578.jpg

何十年ぶりに縫った小帛紗。
友人宅の立派な飾り棚でちょっとばかり記念撮影。w


f0229926_8295529.jpg

おそらく編み物もそうだと思うけれど、
無心に、または女同士適当なおしゃべりをしながら針を動かす時間は、
女性の心身に不思議な効能があると思う。
ヒーリング効果とでも言えばいいのかな。
よく言葉だけ一人歩きしてる感がある「いま、ここ」という感じが
お針の時間にはしっかりあるという気がする。
だからかな、面倒くさいと思うわりには、
針を持って縫い物をするのは嫌いじゃない。

まだ布は余っているから、もうひとつふたつは縫えるかな。
大きさ違いで縫っておいて「ははコレ」の土鈴の下に敷くとしよう♪
by team-osubachi2 | 2016-06-23 08:49 | これが好き | Comments(9)

オフ日

昨夜からにわかに風邪の症状。

あれえ?症状がなんか同じじゃない?
・・・どうも相方からの貰い風邪らしい。ふいい〜。

f0229926_13443643.jpg

ということで、今日はオフ日。
水分をしっかり摂って、汗もいっぱいかいて、堂々と寝倒す一日。

ま、こんな日も悪くない。
by team-osubachi2 | 2016-06-21 13:47 | 日々いろいろ

先日、人さまから藍染めと思われる型染め八寸の名古屋帯を頂戴した。
しばし思案ののち、思い切って洗濯し、
無地部分のたれ先とおたいこ裏の返しを思い切ってカット。
波とも見える涼しげな水色の模様を活かして名古屋帯を半幅帯にリメイクした。

f0229926_2251697.jpg

リメイクと言っても、半分に折って縫い閉じるだけだけどね。
結果は・・・うん、これなら上出来じゃない?

手持ちの帯留め箱を出してきて、帯の上にのせて遊んでみる♪

f0229926_2252789.jpg

こないだの蓮の根付けも使えるし、青紅葉も好きな帯留めのひとつ。
そうだ、こんな鎌倉彫りの金魚もあること、すっかり忘れてた。

f0229926_22525669.jpg

淡水だけじゃなく、いっそ海に見立てれば
帆船もオッケーだし、白いクジラもいけちゃうネ♡

今日は梅雨とも思えない真夏のようなお天気だった。
これじゃあもう単衣の紬も暑くて着れないね。
着るなら近江とか小千谷の麻縮かなあ〜という感じ。
すぐにも活躍してくれそうな半幅帯であ〜る ♪
by team-osubachi2 | 2016-06-18 23:23 | 着物のこと | Comments(2)

銅鐸の土鈴

今日はお昼前ごろから快晴だけど、
昨日は梅雨らしく雲はどーんと重たげな空だったね。
仕事に取りかかる前、ちょっと気分転換に
飾り棚の置きものを取り替えた。

例によって「ははコレ」から取り出してみたのは
知ってる人にはわかる銅鐸の土鈴。
「銅鐸」って書いて「どうたく」って読む。

f0229926_1313070.jpg

・・・あら?偶然だけど、ここでも「銅」の文字。
なぜかしら、このごろ個人的にやたらと銅のものが身近になっている。

銅の根付け、銅の建水や金盥(自分のお茶遊び用に)、
そして銅製に銀メッキのヴィンテージの
クリスマスプレートが私の手元にやってきて、
でもって無意識に銅鐸の土鈴を選ぶとはね。
いったい銅しちゃったんだ?!アタシ・・・!?(苦笑)

もっともこの銅鐸は泥で出来てて、本物の青銅製ぢゃないけど、
でも、よく焼き締めてあるせいか、揺らすとチリンチリンといい音がする。

f0229926_1323546.jpg

銅鐸という形が古代の生まれのせいか、しっかりした布を敷きたくなり、
津田千枝子さんの小帛紗を敷いたらバランスがとれた気がした。

津田さんとくれば、やっぱり所縁の深い田中昭夫御大の端切れを出してきて
後ろの芭蕉布にちょいと針留めし、
世田谷のボロ市で見つけた韓国製の小瓶子に
間引きした薮柑子を挿して置いてみる。

梅雨どきの空が晴れていようが雨降りだろうがいっこうにお構いなく、
机に座っていつでも振り返ると、なんとなくこちらの気持ちにも
どっしりと重しが効いたような棚飾りになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おまけ:その後の田中御大の様子は毎度「けろ企画」さんのブログでどうぞ。

カテゴリ「正藍型染師 田中昭夫」by けろ企画
http://kerokikaku.exblog.jp/i10/
by team-osubachi2 | 2016-06-17 13:40 | これが好き | Comments(0)

シーツとクモ

今朝、ベッドを整えようと寝室へいくと
はぐっておいた敷き布団のシーツの上を
一匹のぴょん吉(ハエトリグモ)が歩いていたのを見た。

ただそれだけのことなんだけど「この眺め、悪くないなあ」と、
枕元にあったiPhoneでパチリ!

f0229926_15313843.jpg

ハエトリグモの仲間はみんな好きだ。
なんといっても愛敬があってかわいい♪
わたしたちの目には見えないような家の中の虫を食べてくれるしネ。
ときどき机の上にいたりすると目が合うこともある(ホントか?)。

わずかに時間をかけて、大きなシーツの上を悠々と歩いて渡っていった。
これからの時期、どうかよい夏を過ごしてくれたまえ。
我が家ではいつでも大歓迎である。
by team-osubachi2 | 2016-06-16 15:47 | 生きものの世界 | Comments(2)