夏の帰省日記3

*7月26日(日)富山/晴れ

昨夜は、黒部川向こうの生地(いくじ)で花火大会があったので
弟、相方と私、名古屋から到着の兄貴とで
村の港の防波堤のところでちょっと見物した。

ちょうど一年前、この花火がドンドンとあがっているときに
うちのおふくろさまは彼岸へ渡っていったので、
今年はゆうべの花火がちょうど一周忌の迎え火ってことだな
にぎにぎしくていいぢゃん!・・・な〜んて思ったりした。

f0229926_16165479.jpg

そんなワケで、この日はおふくろさまの一周忌と
それより7ヶ月ほど前に身罷ったおやじさまの三回忌とを一緒に法事した。

わずか一年の間に両親をいっぺんに送り出したものの
その後の一年なんてホントあっという間だったなあ。
でも、いなくなってからも親であった二人から教わったことがあるような気がする。
そういうのってやっぱりありがたいことだ。

御坊さまの説教もうなづくことたくさんあった。
もっとも話が長すぎて、もう30分短かったらもっと良かったんだろうけど。w

f0229926_16252739.jpg

法事にきてくれたおふくろさまの兄おじさんと弟おじさんは
いよいよ祖父ちゃんにそっくりになってきた。
うちの兄貴と弟もだんだんおやじさまに似てきた。
どうやら私もとうとうおふくろさまに似てきたらしい。
(顔はともかく、体型だけは似ないように努力したいものだが・・・w)

遺伝子って黙ったまんまでスゴイものだなあ〜と感心する。


*7月27日(月)富山・新潟/晴れ

午前中、お隣新潟県の糸魚川で個展をやっている知り合いの会場へと
今日も弟の車で下道を通って向かう。

途中有名な親不知のあたりでちょっといっぷく。

f0229926_16312697.jpg

この眺めは今の私には去年までダイビングのお稽古で通った
「真鶴半島とたいしてかわんない」とも思うのだけど
何が違うって、北アルプスから切れ込む険しい崖地だものだから
近年までこの海岸線を通るしか道がなかった。
なにせ冬場はすさまじい荒波に襲われるこの道なので
古人の苦労は想像に余る。

思えば、古くは奥州へ落ちてゆく義経主従もここを通り、
そしてまた越後や佐渡に流された親鸞や順徳上皇、
そしてかの芭蕉さんも通った道と思うと感慨深いものがあるなあ。

糸魚川で知り合いの個展をのぞき、
近くのフォッサマグナミュージアムを見学してから
その糸魚川駅から北陸新幹線に乗って帰った。
なんだかんだ充実した帰省旅だったなあ〜。

かつて自分が学生時代に東京までかかった時間から思うと
夢のような早さで帰ってこられる。
帰宅したのは夕刻とはいえ、丘の上の暑さは
田舎の暑さよりも数段上増しの暑さだった。うへえ〜〜。
くたびれて夏休みがいっぺんに終わってしまったかのような気がした。


by team-osubachi2 | 2015-07-29 21:11 | 旅をする | Comments(4)

夏の帰省日記2

*7月25日(土)富山/晴れ

今日は地元の観光地、黒部峡谷鉄道へ行き
名物(?)のトロッコ電車に乗るお遊びの日。

朝、予約しておいた列車に間に合うよう
弟の運転で(うちから車で約30分)始発駅のある宇奈月温泉へ向かう。

f0229926_1421064.jpg

私と弟は遠足でだったり、家族や友人知人らとだったり
何度も訪れているけど、相方には初めての黒部峡谷のトロッコ電車である。
運転手の弟と私はその付き添いといったところかな?w

f0229926_1424473.jpg

切り立った崖スレスレのところを走る線路にあわせて
こじんまりと造られたちいさな車両に乗り込んで、いざ出発!

私たちが乗った便にはむき出しトロッコ車両と窓付き車両など
全部で12両ほどもある長い編成で、
ガッタンゴットンギシギシキシキシ音がにぎやかだ。

f0229926_14252868.jpg

最初のうちこそわずかな平地もあるけど、
沢の奥地へゆくほど山の傾斜はどんどん険しくなって
谷底の川はいよいよ深く、そして空気は涼しくなっていくんだ。

あちこちに雪崩や土砂崩れの跡もいっぱいあるし、
たかだか標高400〜600mほどのそこここに
(高尾山よりぜんぜん低いにもかかわらず)まだ雪渓も残ってて
ここ黒部峡谷は沢登りの人たちには聖地のような場所らしい。

f0229926_14333361.jpg

いやあ〜、こんなちべたい水に濡れたり、
こんな切り立った険しい岩肌に取りついて喜んで登ろうなんてのは
やっぱり酔狂な人間でないとできないネ。w

f0229926_14323035.jpg

終点の欅平(けやきだいら)に到着して、トイレ休憩のあと
徒歩20分ほど奥にある猿飛峡といわれる渓谷へむかった。

私には何年ぶりか思い出せないけれど、
自然への観察や理解が若いときよりもいくぶんか深くなって
再々訪もなかなか面白いものだ♪

f0229926_1432018.jpg

私たちが子供時分にはすでにつけられていた道すじで、
今の方が当然足元の整備が少しだけ進んでるのだけど、
それでもヒール付きのサンダルで歩く人には不向きっしょ!と思う。

立山アルペンルートでもそうだけど、交通や道が整備されるほどに
軽装やサンダル履きの観光客って増えるのねえ。

とはいえ、徒歩用スニーカーを履いた私の足にも
この上り下りはまだキツかったようで、
水疱から固く突っ張らかってきた皮膚が途中からきしむように痛み出した。
やれやれ。ちょっとまだ無理だったかな?

f0229926_14325925.jpg

猿飛峡の川辺で用意しておいたおむすびを食べた。ってコンビニのね。
朝早く起きておむすびなんてとてもじゃないけど握ってらんなかったもん。

でも、マイナスイオンをたっぷりと浴びながら食べるおむすびは
もうなんだって美味しいのであ〜る!

それから駅周辺までゆっくりと戻り、
食堂でコーヒーを飲んでから土産物を買い
そうこうするうちに帰りの時間になり、
ふたたびトロッコに1時間どんだけ揺られて(半分寝ながら)帰った。

(ちなみに、往復路ともに景観や由縁などこの鉄道の観光案内は
富山県人女優の室井滋さんのアナウンスである)

f0229926_1434076.jpg

宇奈月に到着してすぐに日帰りの湯に入れるところへ行き
(この日は延対寺荘というホテル旅館で。1000円だったかな。タオル付き)
しばし温泉につかって羽を伸ばした。
・・・ふわあ〜〜温泉は極楽だね〜〜!!
ついでに突っ張らかった足もよ〜く揉み解してから帰った。

どうしてだろうか、温泉につかったあとは、
夕方の暑さの中でもお肌がサラッサラなんである。
今度また帰省したさいには、いっぱつ弟に運転してもらって
宇奈月の湯に浸かりにくるのも悪くないなあ〜♪

いままでそんなこと思ったコトもなかったけど
よる年波か、地元の良さが身に沁みるようになってきたのかも。

どうぞみなさんもぜひ一度宇奈月温泉と
黒部峡谷鉄道のトロッコ電車に乗って涼みに来ら〜れ〜〜♡

(いまや北陸新幹線で東京駅から黒部宇奈月温泉駅までは
わずか2時間10分ほどで到着します。
かつての不自由さからは想像できないほど夢のような早さであります)

黒部峡谷鉄道
http://www.kurotetu.co.jp

宇奈月温泉 延対寺荘(えんたいじそう)
http://www.entaiji.com


by team-osubachi2 | 2015-07-29 15:47 | 出かける・見る | Comments(8)

夏の帰省日記1

*7月24日(金)晴れ一時雨

夏休み中の相方とともに富山へ帰省する。

相方にははじめての北陸新幹線。
数分早くホームに出て、先頭車両をパチリ♪

f0229926_15403042.jpg

土用の丑の日ということもあって、
駅弁もうなぎものでにぎわっていたけど、
朝、出がけにしっかり食べたこともあって、
お楽しみの駅弁はひかえめに・・・♪

f0229926_15405883.jpg

「いかめし」のご飯、今回は上手く炊けていたかも。
「三崎マグロの串揚げ」も、あんがいよかったな。

f0229926_15412086.jpg

私の手足のトラブルがまだ治っていないこともあり
実家では、いまや一人暮らしにもすっかり慣れた弟が夕飯の支度をした。
知り合いのおばちゃんに頼んであったという刺身盛り。
大人3人でペロリといっちゃった♪

駅弁、ひかえめにして正解だったかも。w

しかし、この週末は雨降りのあとだったせいか
空気が湿気って、田舎にしては思ってたより寝苦しかったな〜。


by team-osubachi2 | 2015-07-28 15:55 | 旅をする | Comments(8)

ちょっと夏休み

暑中お見舞い申し上げます。

降ろうが照ろうが、ムシムシと暑い日が続いております。

今日は土用丑の日。

平賀源内の思うつぼにハマってこってりと鰻を食すもよし、

さっぱりとそうめんや冷や奴など食すもよし。

しっかりと食事を摂って、どうぞ元気にお過ごしください ♪

あ、それと水分補給もお忘れなくどうぞ。

みなさまにとってよい夏でありますよう。。。

                     岡田知子


f0229926_22503639.jpg




*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2015-07-24 07:31 | らくがき帖 | Comments(0)

今日23日は「大暑」だそうな。
暑中御伺いの便りをしたためたいのにな〜・・・と思いつつ、
怠けの方が勝る。w

f0229926_22385457.jpg

手持ちの麻紋紗の長襦袢地と
市販の半襦袢を組み合わせてこしらえてみようと思った
“なんちゃって長襦袢”。
裾を縫いつけ、もうあと両袖と裄の調整で
肩あげさえすればいいのだけれど
なかなか針も持てなかったりして止まったままに・・・。

この夏のデビューは・・・どうかな?
まあ、間に合わなくてもいいわ。
焦らずゆっくりと仕上げることにしましょ。

by team-osubachi2 | 2015-07-23 07:33 | 着物のこと | Comments(2)

ULTRAMAN_n/a

あゝあゝ、あ〜っ?!
東横線めちゃめちゃじゃないの〜!
渋谷でこれじゃあ、もうお家には帰れないわ!



なんのことやらわからぬまま、ひそかに話題の『ULTRAMAN_n/a』。

いま夏休み中の相方は、またしても
友だちとリニューアルした「怪獣酒場」へ飲みにいく予定をたてているらしい。
あゝどーぞどーぞ、いってらっさい!w

帰ってきた怪獣酒場
http://www.kaiju-sakaba.com


by team-osubachi2 | 2015-07-22 09:44 | 生きものの世界 | Comments(4)

昨日は相方の実家に行って、
ちょこっと買い物のお手伝いや雑用をすませる合間に
いつも寄る近所のカフェ・バッハで一服した。

メニューを見ていて、ああ、そういえば私、
イエメンのコーヒーって
ちゃんと味わったことがないことに気がつき、
今さらながらってかんじだけど、相方ともども
イエメン・モカ・ハラーズという一杯を注文した。

さわやかな香りとほどよい酸味。。。うん、いいね♪
ああ〜、夏の盛りにこの味わいはなんだか贅沢だなあ〜♪

f0229926_1519491.jpg

イエメンでもわずかな輸出品のひとつがコーヒー豆なのだけど
自国の人たちの大多数はこの高級輸出品を口にすることはなく
普段はギシルという豆殻を煮出したものを飲む。
現地で何度か口にしたけれど、
まあ、それはそれとして飲めなくはないものの
こうして良い豆のコーヒーを喫してみると、
贅沢なのは味だけじゃないなという気がした。
このおだやかな時間も。
そしていま、自分が平和な中で暮らしているありがたさも・・・。

by team-osubachi2 | 2015-07-21 15:37 | 食べる | Comments(2)

夏の土用のまえに

20日は夏の土用入り。
季節の区切りでいえば、夏もおしまいのシーズンらしいけれど
いやあ〜、夏はまだまだこれからでしょ?!と思う。

昨日梅雨明けした日曜の夕方、
うちから歩いて行けるうなぎ屋さん
(こんな郊外にポツンとあるのに
以前一つ星をもらったこともあるそうで)へいって
土用の前のうなぎをカラダに仕込んできた。

f0229926_027269.jpg

先週末からの急激な暑さにカラダが負けたのか
またしても手と足のトラブルが復活して
キモチもちょこっと凹みそうになったものの
うなぎを食べてる間はこの手足のキィーキィーカイカイ(痒い)も
にっこにこで “嬉々快々”に取って代わるのだから、
気に病むほどのことはないのかもネ。w

この夏もなんとか無事に乗り越えられますように♪

by team-osubachi2 | 2015-07-20 00:40 | 食べる | Comments(2)

梅雨寒から突然の猛暑、そして台風のジメジメ強風と
今月のお天気はいつにも増してめまぐるしいね。

このあいだ冷蔵庫にまだブドウ・ジュースがたっぷりあったので
思いついてゼリーにしてみた♪

f0229926_15385345.jpg

ジュースとして飲めば十分甘いんだのに、
ゼリーにするにあたって少しばかり粗糖を加えたにもかかわらず、
少しピントがずれたようなゆるい甘さの大人向き(?)ゼリーになった。
ってことは、市販のゼリーってどんだけ砂糖つかってるのかなあ?

f0229926_15392090.jpg

今日は牛乳がたっぷりあったので、
これも以前買っておいたミックス・ベリー味のフルーチェをつくった。
そういえば、牛乳を注いで混ぜるだけなら
シャービックなんておやつの素もあるね。

毎日ではないけれど、たまには夏向きのチープいデザートもいいもんだ。

by team-osubachi2 | 2015-07-18 16:35 | 食べる | Comments(2)

若かりしころ、昭和の家具を直して販売している
世田谷区北沢の山本商店へちゃぶ台を買いにいき、
盃洗がたくさん売っているのを見て、思わずふたつみっつ買って帰った。

結局独身時代にはあまり出番がなかったけれど
二人暮らしになってからはおりおりに活躍してくれている。
そのうちのひとつ、金魚絵の盃洗は
やっぱり夏場に使いたくなるネ。

f0229926_2317836.jpg

缶詰めの豆と、冷蔵庫にあった野菜を刻んで豆サラダをつくって
サラダ菜といっしょに盛りつけたら
あかいプチトマトが金魚みたいに見えた ♪

by team-osubachi2 | 2015-07-16 23:19 | しみじみご飯 | Comments(4)