里の春

三月最後の一日。昨日の荒天もまた春ゆえの嵐。
今日ふたたび晴天になっても、丘の上界わいの桜はまだ満開の一歩手前。

f0229926_14192519.jpg


ホントなら着物に着替えて出かけたい先もあったのだけど
今日中に片付けなくてはいけない所用雑用を済ませる。

近くの公園に咲く桜花を楽しみながら丘を下って
宅急便を出したり、封書を投函したり、夕飯の買いものをしたり・・・。

f0229926_14241779.jpg

ここは丘の下にあるお気に入りの場所。
家々の間にぽっかりとこんな風景が残ってるってところが
なんとも嬉しかったりする。

この間まで菜の花畑に、清らな白梅や白木蓮が咲いていたのが
今は桜が咲いていて、奥に見える小山には
毎年ウグイスが一羽やってきて、好い声を聞かせてくれるのだけど、
ひと鳴きごとに、こののどかな眺めに
ひときわ里らしい風情を添えてくれるんであ〜る♬

こんな景色が残っているのも
このあたり一帯の大地主さんのおかげだとは思うけれど、
勝手を承知でひとこと言わせていただくなら、
「どうかこの先もこの辺りに家が建ったりしませんように・・・!」

さて、また雑用を片付けるとしますか。
by team-osubachi2 | 2014-03-31 14:41 | 日々いろいろ | Comments(6)

2円の白うさぎ

世の中には、五千万円というお金が「鞄に入る」だの
「入らない」だのと揉めてみたり、ウン億円というお金を
なんと熊手につぎ込んだりした(?)人がいるみたいだけど、
いま時分は、今月末日までになんやかや
買いだめに走っている庶民の姿がスーパーなんかでよく見られるネ。

f0229926_11134095.jpg

こちらは2円の白ウサギの切手を少々まとめ買い。
50円→52円
80円→82円

ま、これでひとまず切手の準備だけはオッケー!
by team-osubachi2 | 2014-03-30 11:17 | 買う | Comments(10)

私の『赤毛のアン』

もしも人にきかれたら(・・・ってきかれるコトもないけど)
「私の国語の先生は村岡花子さんです!」って云いたい。
国語が大の苦手だった自分は、この方のおかげで、
美しい日本語と言葉使いというものを学ぶことが出来たと今でも思うから。

それまで『赤毛のアン』というおはなしは、
小中学生が読む少女文学なんだろうくらいにしか思っていなかったんだけど、
高校に入った年だったか、アニメーションの『赤毛のアン』の再放送があり、
一年間物語を追ってみてはじめて
『赤毛のアン』ってこんなお話だったのかあ!?と感動した。

f0229926_9584354.jpg←もちろんアニメ版のビデオも
全巻買って持っていて ♪

その感動を口走っていた私に、国語が大好きなクラスメイトが
「でもアンのお話ってもっとも〜っと長くて
でもって将来ギルバートと結婚するんだよ!」と教えてくれてくれ、
彼女は持っているシリーズ本を一冊ずつ貸してくれたのだった。

その後、高校を出て上京した私は、今度は自分のお小遣いで
文庫を二冊三冊と買い足し、くり返しくり返し読んだのだけれど、
読み返すたびに物語の中にいろんな発見をするのが面白く、
そして普段の暮らしの中にこそ、学ぶべきものがたくさんあるのだということを
今も私に教えてくれる本なんである。

f0229926_8454165.jpg←ボロボロになって新しく買い替えたものもすでに古い本に・・・

来週から始まるNHKの朝ドラ『花子とアン』。
脚本の中園ミホさんがお話していらっしゃるように、私も村岡花子さんを
「裕福な家庭に育ったインテリのお嬢様」だとばかり思っていた。
でも、ぜんぜんそうじゃないんだね。
制作発表があってからずっとずっと楽しみにしてきた『花子とアン』。
予告を見ても、出演者の方々や髪型や着物、美術にいたるまで期待しちゃう〜!

ところで、アンのシリーズ後半に登場するお菓子“軽焼き饅頭”って何だろう?
はじめて読んだときからの疑問。愛読者の人にきくと
シュークリームという人あり、マカロンじゃないかという人ありで
今も私にはわからないままだ。(たぶんシュークリームだとは思うけど)
軽焼き饅頭・・・本当はいったいなあ〜に???

連続テレビ小説『花子とアン』/NHK
http://www.nhk.or.jp/hanako/index.html
by team-osubachi2 | 2014-03-28 10:09 | 日々いろいろ | Comments(10)

今日は朝からどんよりと重たそうな雲の曇天。
都心のソメイヨシノはもう開花したそうだけれど、
この丘の上界わいはそれよりもちょっと遅れていて
あとひと息といったつぼみでポンポコリンな状態。

去年は来訪が遅かったウグイス君(同じコかはわかんないけど)、
今年は早々にやってきて、数日前から喉慣らしをはじめたところ。
・・・ああ、春だねえ〜♬

f0229926_828623.jpg

去年水仙を植えた鉢に、見慣れない葉っぱが勝手に生えてきた。
おや?最初はスミレの仲間かなと思っていたけど
そのうち見えなくなったのが、
去年の暮れごろからまたふた株生え出したので、
このあいだ別の鉢にそっとキャプチャーして見守っていたら、
すぐにつぼみを持ち始めて、昨日はじめて花が咲いた ♪

f0229926_8332635.jpg

春、黄色い花、で検索してみたらばすぐに見つかった。
これはヒメリュウキンカっていう名前を持った花らしい。
黒っぽい葉っぱはカラス葉って言うんだね。
しかし、いったいどこからやってきたんだろう?

我が家のベランダには他にヤマアジサイの鉢から
これも勝手に生えてきた白いスミレが他の鉢で繁殖しているし、
そこいらの道ばたから我が家に連れてきても、
種をつけたあといなくなってしまった草花もあったりして、
思うに、風や水や鳥だの人間だのの力を借りて
実は植物も案外行動する生命体なのかもしれないね。
by team-osubachi2 | 2014-03-27 08:47 | 生きものの世界 | Comments(6)

食の雑誌

先日行きつけの美容院で目についた真っ黄色な表紙の『dancyu』4月号。
手にとってカラーリングの最中に見ていたら、
矢も盾もなく卵料理が食べたくなってしまった。

おもわず「ウエスト」にでも寄って、
掲載されていたタマゴサンドを食べて帰ろうか・・・な〜んて
一瞬頭をよぎったものの、時間がなかったので
教文館に立ち寄って、件の『dancyu』4月号を一冊買って帰った。

これ見てると、たまごかけごはんだけでもいいから
はやく食べた〜い!って思っちゃう。

f0229926_9491867.jpg

もう一冊は、お仕事(P86)でいただいた『うかたま』の春号。
特集は「ニッポンの定食」。これまた見てるとたまらなくなってくる。
どこか出かけたついでに定食屋さんに入って
ご飯に味噌汁、焼き魚だのアジフライだのに
ひじきの煮たのなんかちょこっとついた定食が食べたくなっちゃうんだ。

そういえば、このごろファッション雑誌、買ってないなあ。
お洒落に興味がないワケじゃないけど、
かの阿川佐和子サンも書いているではないか、『残るは食欲』って。
・・・その通りかも!?

dancyu/プレジデント社
http://www.president.co.jp/dan/

うかたま/農文協
http://ukatama.net
by team-osubachi2 | 2014-03-26 10:02 | 買う | Comments(12)

今月の新刊からその2

今月新刊になるもうひとつのお仕事は、
山口仲美著『大学教授がガンになってわかったこと』(幻冬舎新書)という新書です。

f0229926_12493730.jpg

こちらは、山口先生ご自身にガン(ここでは大腸と膵臓)が発見されてから
手術をし、病後までを記した闘病記ですが、
さすが日本語の博士でもいらっしゃる先生だからでしょうか、
とても平易でわかりやすい言葉と文章で、検査や病院のこと、
ドクターや看護師さんらのことが綴られています。
今回はその本文中の挿し絵(カット)を担当させていただきました。

f0229926_1250967.jpg


大きな病気をしたことがない私でも
ちょっと参考になるようなおはなしもあったりして、とても読みやすい一冊です。

このたびのお仕事、どうもありがとうございました。

山口仲美『大学教授がガンになってわかったこと』/幻冬舎新書
http://www.gentosha.co.jp/shinsho/
by team-osubachi2 | 2014-03-26 09:48 | 仕事をする | Comments(0)

春は海もおぼろで〜

*3月23日(日)晴れ(午前中は無風、午後から強い南西の風)

前回潜ったのが去年暮れのクリスマス直前だったから
かれこれ3ヶ月も間があいてしまった。
家を出た朝5時半ごろは星も見えてたけど、東の空はもう夜明け前の明るさ。

予定では逗子に潜るハズだったのが、風向きの都合で
ふたたび真鶴の岩海岸にてボートダイビングに変更。

ってコトで、朝8時ころに岩漁港に到着ぅ〜♬

f0229926_8263224.jpg

打ち合わせして、準備して、船に乗り込んで
漁港を出て有料道路の橋の下をくぐり(潜るのはもちろん漁のない時間帯)、
ちょっとだけ沖に出たところで、
今回はじめてやってみたジャイアントストライドエントリー。
大きく一歩を踏み出す姿勢で入水するアレね・・・。

まずはベテランさんが入水するのを見てから自分の番になった。
こわごわへっぴり腰で船縁に立つのもやっと。
片足を前に出すも、その一歩が大きく出ないまんま
「あら?」と思う間もなく海に落下してしまったカンジ・・・ドッポ〜〜ン!!

f0229926_8334278.jpg


三浦も真鶴も、半島界わいの春は「春濁り」といって
大量のプランクトン(植物も動物も)が大発生するんだって。
春がおぼろなのは何も陸上だけじゃないんだねえ〜。

その海の中は「まるでお味噌汁・・・」みたいで、
(人によっては「バスロマンの湯」とも)
ポイントのブイからロープを伝って潜るんだけど、
水中は見えない、見えない、いや〜ホントに見えないゾこりゃ!
2m先でかなりぼんやりしたシルエットしか見えない海だった。

f0229926_8442947.jpgphoto by H.S.

水深22mほどの海底は水温13度。
外はお天気がいい分だけ水がちべたく感じるね。

薄暗い水底で目が慣れてもせいぜい2〜3mの透明度。
水中ライトを点して、インストラクターさんにピッタリ張りついて、
ひさしぶりの潜りのあれこれを自分で復習しながら
ポイントのホンの狭い範囲を見てまわった。

でもね、ポイントに沈めてある鉄橋の残骸をライトで照らすと、
フューシャだのムラサキだのオレンジといった
カラフルなソフトコーラルがいーっぱいで
プランクトンを食べようと花盛りの様子が見てとれたし、
そこに紛れて生きてるいろんな小魚や珍妙なエビも発見!

f0229926_858723.jpg
photo by H.S.

まるで海に棲むクモみたいなエビは
オルトマンワラエビっていうんだって。
ほっそーい腕の先にちっちゃーいハサミもあるんだけど
いったいなんだってこんなデザインの体になったのかな?
なんで関節のところが蛍光色に光ったりするようにしたのかな?
海には陸上以上に不思議なカタチをした生きものがいっぱいだ。

この日は他のポイントがよろしくないとのことで
同じポイントで2本潜り終えて、
無事私のボートダイビングのお稽古も終了!

1本目はかなりキンチョーしたけど、2本目はだいぶリラックスできて
エアーも保ったけど、手からくる冷えがやっぱりキツかったかな。

f0229926_971276.jpg

終わって器材を片付け漁港からの帰り道、
ダイバーさんらでにぎわう真鶴のカレー屋さんで
私はカレーじゃなくて、ボリュームはスゴイけどあまり甘くない
焼きリンゴのデザートナンをぺろりと平らげちゃった♬
まんぞくまんぞく。

三連休で混み合う有料道路を避けつつ、
夕陽を見ながら裏道で横浜のショップに戻ったのは夕方6時。
まだかろうじて夕焼けの明るさが残っていて
ああ、陽がのびたんだなあ〜、春だなあ〜と感じた一日だった。
by team-osubachi2 | 2014-03-25 09:14 | 海に潜る | Comments(4)

先週連休に入る直前、私よりも若い友だちで
着物仲間(てゆーか着付けの弟子とでもゆーか)である
カメラマン女子・武藤奈緒美嬢の個展『気になる樹』が
高円寺のナイトカフェギャラリー「ノラや」で開催中なので、
友人・知人らと合流して、わいわいガヤガヤ賑やかしに顔を出してきた。

f0229926_11544795.jpg


武藤嬢とは仕事で知り合ったのをキッカケにつき合い始めて
もう何年にもなるけれど、気がつけば
いつの間にかお互い40代になっていてビックリする。

少しばかり振り返ってみると、プライベートはもちろんだけれど
同じフリーランサーとしてお互いの仕事を見ながらやってきて、
なんていえばいいのか、文才のない自分には
言葉ではうまく説明できないのだけれど、
作風の根本は以前から変わらないようでいても、でもやっぱり自分は自分なりに、
彼女は彼女なりに経験してきたいろ〜んな人生のあれこれが、
作品にそこはかとなくく現れるものだなあ〜と思った。
(そう思えるようになった分だけ、
進歩したというか、元の位置とは違うところに進んだと思いたい)


f0229926_12114392.jpgphoto by
Naomi Mutou


武藤嬢も私も、そして遠く近く互いの友だちや仲間たちも
みんなそれぞれ樹木が育つようにじっくりと変化して成長しながら
これからも長くつきあってゆく・・・。
私たちという森の未来は、さて、どんな風になってゆくだろう?

今後も武藤嬢に写真の神サマのお導きのあらんことを祈って、
おおいに食べ、笑い、お喋りして帰宅した。

武藤奈緒美個展『気になる樹』/4月5日(土)まで延期開催中!
高円寺「ノラや」にて/営業時間:夕方5時30分〜深夜1時まで
詳細は以下の「むーちょ写真日記」をご覧ください。

「むーちょ写真日記」/武藤奈緒美Blog
http://muucyo.exblog.jp/19526850/
by team-osubachi2 | 2014-03-24 12:23 | お知らせ | Comments(2)

やっと初潜り

本日ただいま真鶴の海で潜りのお稽古ちう〜♬

f0229926_20311571.jpg

去年の暮れ以降、咳が出ていた間は控えていたので
今日はこれが今年の初潜り。
ブランクの分だけスキルの復習をするつもりで・・・。
by team-osubachi2 | 2014-03-23 10:01 | 海に潜る | Comments(2)

今月の新刊からその1

装画や挿し絵など、書籍にかかわるお仕事が好きです。
先だって今月発売の新刊のお仕事をいただきました。

小前 亮著『月に捧ぐは清き酒ー鴻池流事始ー』(文藝春秋社)
という時代ものです。

f0229926_0433730.jpg

個人的に、若い頃から時代劇や歴史物が大好きだったわりに
お仕事はなかなかご縁がなかったのですが
今回はじめていただいた時代小説のお仕事は
鴻池財閥の始祖にあたる人のおはなし(書き下ろし)のカバー絵です。

小前 亮『月に捧ぐは清き酒ー鴻池流事始ー』/文藝春秋社
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163900391

f0229926_1252343.jpg


本にかかわるお仕事は楽しいですね。
このたびのお仕事、どうもありがとうございました ♬
by team-osubachi2 | 2014-03-22 10:18 | 仕事をする | Comments(2)