<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

あいや〜、今月もあと二日。
今月の食費も、結構頭を絞ったつもりだったんだけど、
最後の一週間でだいぶ予算オーバーしちゃった・・・。

頭をひねりながら工夫する毎日のしみじみご飯のおかず。
ここ最近の献立で気に入ったのは、
朝ドラ『ごちそうさん』で、主人公め以子が、下宿人悠太郎のお弁当にと
ゴボウを切ってこしらえていたらしいひと品(おにぎりの具かな?)
このとき、テレビをちゃんと見ていなくて、
たしか悠太郎が言った「ゴボウとブタ肉を*******して
味噌で****」・・・という台詞だけで
「お、それはなにやら美味しそ〜かも♪」と
イメージだけでこさえてみたゴボウとブタの炒め煮・味噌風味。

f0229926_174728.jpg

フライパンで、刻みショウガとブタひき肉
(ロースかバラの薄切りでもよかったかな)を炒め、
刻んだゴボウ、ついでに冷蔵庫に残っていたコンニャクと
ネギも同じように切って炒めて、鷹の爪をパラリ。
そこへ味噌、みりん、酒、粗糖を少しを混ぜ合わせた
ほんのり甘辛い調味料で味付けしておしまい ♪

いやあ〜、思った以上に美味しく出来て、ゴボウもコンニャクもネギも
なんで甘辛い味噌とこんなに調和するかなあ〜?!って思っちゃった。
見た目はめちゃくちゃ地味だけどネ。

朝ドラ『ごちそうさん』、主人公のめ以子の顔が
私にはどうしても、ど〜おしても10代の乙女には見えないんだけど
(そりゃ、ま、そうかもだけど)
なんだか昭和時代に読んだ漫画雑誌「少女フレンド」のノリで
ついつい見てしまうんだ、これが・・・。
ま、これからも登場する消えモンにおかずのヒントをもらいながら
主人公の若い男女の行方を見守りましょうかね。

とにかく、ゴボウとブタの炒め煮・味噌風味、気に入りました!
ごちそうさ〜ん♪
by team-osubachi2 | 2013-10-30 18:01 | しみじみご飯 | Comments(6)

久留米絣で遊ぼ ♪

今日は朝から寒々しいけど、昨日は秋晴れのい〜いお天気だった。
横浜市のうんと外れに住み暮らすようになって4年になるけど、
まだ行ったことがなかった横浜赤レンガ倉庫へ
ちょいと着物 de さんぽに行ってきた。
(↓この組み合わせに三分紐と帯揚げを変えて)

f0229926_8425590.jpg

お気に入りの久留米絣「ちはやふる」をいそいそと着て、
昨日は「久留米絣の会」と称して
同好のおねえさま方に集ってもらっちゃった。

f0229926_8363196.jpg

1階の「GRIP ORGANIC」で、ボリュームたっぷりなランチを
あったかい日差しのもれるテラス席でいただきながら
この日「はじめまして」のSさんの久留米絣を見せてもらった。

f0229926_837829.jpg

小柄なSさんにとてもお似合いの久留米絣は
30年ほど前におばさまから譲られたという「すずめのお宿」だって♪
キャラ化したようなすずめが面白くてカワイくて、
こういうのっておばあちゃんが着ててもぜったいカワイイ!って思う。

Sさんのおばさまが若いころにお求めになられたこの着物、
かれこれ50年くらい前に織られたものだそうで、
私はこういうの大好きなんだけど、
でも、いまどきは「民藝が好き」というような人にさえ
こういう絵絣は「民芸調はねえ・・・」と嫌われて、
着てくれる人、なっかなかいないんだ。
f0229926_839096.jpg

締められた帯は、沖縄本島の読谷村で織られた
深みのあるベージュ地の「読谷山花織(ゆんたんざはなうい)」。

f0229926_8533926.jpg

着物はキュートな絵絣でも、帯合わせで大人の遊び着になるんだね。

f0229926_857989.jpg

ランチのあとは、倉庫内のショップをひやかして見てまわり
2階の「chano-ma」っていういまどきカフェで
またの〜んびりとおしゃべり。

f0229926_96166.jpg

かたやスッキリとした久留米絣をお召しのTさんは
この日初おろしだとかで、すらりとしたTさんにむっちゃお似合い♪

f0229926_9142879.jpg

ややグレーがかった地に、ふた種類のタテ絣の縞が通る久留米絣に
竹富島のぐんぼうの帯をあわせていたTさん。
柄そのものは古典なのに、シックでモダンな現代的着物のよそほひ〜♪

・・・あれ?お二人とも、九州の久留米絣に
はからずも沖縄の帯をあわせていて、
関東から見ればおなじ南方の産まれ同士、馴染みの良い組み合わせだった。

ひとくちに久留米絣といっても(どんな着物もだけど)
糸質や模様もさまざまで、その上にまた
着る人によってぜ〜んぜん違う表情になる面白さ!
そういうところも着物好きにはたまらない魅力のひとつなんである。

f0229926_9281912.jpg

ゆっくり食べて、喋って、見て回って、
私はちょいと相方にお土産(地ビール、地サイダー、クッキー)を買って
日が傾きかけたころ家路についた。

f0229926_9294887.jpg

あ〜しかし、横浜はいいなあ〜♪ 年々好きになる。
楽しいひととき、おつきあいいただきまして
どうもありがとうございました ♪

横浜赤レンガ倉庫
http://www.yokohama-akarenga.jp
by team-osubachi2 | 2013-10-29 10:18 | 着物のこと | Comments(10)

*この展示は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
染織家の菊池加代子さんからご案内をいただきました。
作家さんたちが制作された着物や帯、小物など
和装まわりのモノを集めた楽しいグループ展
『今日は着物で』が明日28日(月)から始まります。

「日常の中に着物を着るシーンを作ってみる。
それだけで味わえる新鮮な時間と、もうひとりの自分の発見。
お手持ちの着物に作家モノの帯や小物をプラスして、
『今日は着物で』の日を増やしてみませんか」ー挨拶文よりー

会場の銀座煉瓦画廊は新しくなった歌舞伎座のすぐ隣にあります。
ご興味のある方は、ぜひお出かけになってみてください♪

*画像や地図をクリックしていただくと大きく表示されます

f0229926_16475755.jpg


f0229926_16473267.jpg


『今日は着物で』展
10/28 Mon 〜11/02 Sat / 11:00〜19:00時(最終日は17:00 まで)
銀座煉瓦画廊にて/中央区銀座4-13-18 医療ビル2F
Tel : 03-3542-8626
http://ginzarengagarou.com/gallery/kimono-obi.html
by team-osubachi2 | 2013-10-27 16:36 | お知らせ

和楽器を奏でる姿かたち

20代に日本の文化に興味を持ちはじめて、
伝統芸能の舞台だけならいっぱい観てきたつもりだけれど、
でも、それを絵に描いてみろと云われれば、
実体験のない身には、しょせん“ 知ってるつもり”の事 でしかなく、
「どんなものかはよくは知りません」と答えるよりほかない。

今時はネットで資料写真を探すのは一見たやすいように思えるけれど、
いざ自分が知りたい部分々々要所々々の写真となると、
実はほとんど無いに等しい。

f0229926_18202833.jpg

そんなこともあってずっと以前から、いつか機会があれば
見たり聞いたりして取材したいと思っているものがいくつもある。
たとえば剣術のための剣道や古武道といったものから、
様々な古典芸能、またそれに伴う和楽器の演奏など・・・。

もっとも、普段はそういう願いも忘れたまま時間に追われる日々なのだが、
ふと今月になって「和楽器を奏でる人を描きたい!」と思いたち、
友人知人らのつてにすがってお稽古場の見学をお願いしたところ、
ありがたいことに、笛、箏、小鼓の師匠お三方が快く引き受けてくださり、
今週あちらこちらへ見学取材させて貰いにうかがった。

f0229926_1821058.jpg

笛も、箏も、そして小鼓も、舞台で演奏されているのを見聴きしてはいても
それぞれ構えや奏でる姿勢、体の向きや楽器の持ち方、手指の位置など
自分がまったく知らなかったところを、普段通りのお稽古をしながら見せて貰い、
好きな位置からスケッチさせていただいた。

生徒さん方にしてみれば、お稽古場に見知らぬ人間がいて
自分が稽古をつけてもらっている姿を
ジーッと見られもしスケッチもされているのだから
はじめは緊張もされていたが、じきご自分の稽古に集中されていた。

スケッチしながら生徒さんたちの奏でる音を聴いていると、
見ると演るとではまるで違うのだろうなあ〜・・・と
頭で想像はしていたけれど、生徒さん方のお稽古のあと、
S先生には笛を、N先生には小鼓を、ほんのさわりだけ体験させていただいた時には
自分も絵のモデルになるのと同じくらい緊張した。

f0229926_18221329.jpg←プロの方の
お稽古姿も
拝見できて嬉し ♪

生まれてはじめて持つ笛や小鼓、へえ、こう持つのか、こう構えるのか。
さあ、それでは・・・と、先生にうながされていざやってみると、
まあこれが、なんて難しいんだ!?
と同時に強い衝動も起きる。なんて面白いんだ!!・・・と。
楽器を奏でるというのは、とても刺激的で、
自然と人の心を弾ませる何か強いものがあるようだ。

さて、今回先生方のご厚意で三つの楽器のお稽古を見せていただき、
教えてもいただいた事を自分の中でどこまで咀嚼できるかは分からない。
今すぐにはうまくアウトプットは出来ないかもしれない。
それでも、自分の引出しの中で、
この経験をこれからも大事に発酵させていきたいものだと思っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

S先生、K先生、N先生、このたびは大変お世話になりました。
心から御礼申し上げます。
生徒の皆さん方もモデルにご協力いただき、ありがとうございました。
また、ご紹介の労をとってくださったTさんとNさんにも深く感謝。
本当にどうもありがとうございました。
by team-osubachi2 | 2013-10-26 00:37 | らくがき帖 | Comments(14)

ハースト婦人画報社さんの雑誌『いろはにキモノvol.2 』が
ただいま好評発売中です。

f0229926_922281.jpg


季刊誌『美しいキモノ』の姉妹版のような雑誌で、
ビギナーさんからもっと気軽に着物を楽しみたい人のための
カジュアルラインを主に紹介しています。

今号では、木綿着物の特集ページでお仕事をいただきました。

f0229926_933913.jpg

コースターになる「こぎん刺しのキット」も綴込付録についています♬
ご興味のある方は、ぜひ書店等でお手にとっていただければと思います。

このたびのお仕事、どうもありがとうございました。

『いろはにキモノ vol.2 』/ハースト婦人画報社
http://www.hearst.co.jp/product/utsukushiikimono/magazine/node_7047
by team-osubachi2 | 2013-10-25 09:10 | 着物のこと | Comments(8)

*この展示は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イラストレーターの先輩である川副美紀さんの
ペーパークラフト展Part2 が本日より二子玉川の雑貨屋さんで始まります。

見てるだけで目の前に、小さくて可愛くてカラフルで
少女の宝物をいーっぱい散りばめたようになって、
あれもこれも欲しくなる西洋砂糖菓子のような小物たちの展示販売会です。

お天気が気になるところですが、お近くにいらっしゃることがありましたら
ぜひお立ち寄りください ♪

川副美紀ペーパークラフト展Part2
10/25(Fri)〜28(Mon)→31(Thu)まで延長/11:00時〜19:00時
「シェール」店内にて/世田谷区二子玉川3-23-24-1F
Tel:03-6805-7925/http://chere-futako.com

**********************************

f0229926_837168.jpg

f0229926_837389.jpg

*台風のため31日(木)まで会期延長

**********************************

川副美紀/ Blog
http://kawazoemik.exblog.jp
by team-osubachi2 | 2013-10-25 08:47 | お知らせ

油揚げと小松菜の煮浸し

田舎を出て、東京暮らしで覚えた小松菜の味。
(昭和40〜50年代の富山には流通してなかったしネ)
ホウレン草みたいに食べたあと口がシガシガしないし、大好きだ。
油揚げ。安くて美味しくて、これも大好き!

f0229926_818131.jpg

そんな小松菜と油揚げ。
手早くササッと油炒めにもするけれど、
誰が考えたのか煮浸しも甲乙つけがたい美味しさ〜♪

飽きがこなくて、なんてことない普段のおかず。
こういうのが好きだ。
by team-osubachi2 | 2013-10-24 08:21 | しみじみご飯 | Comments(6)

*この展示は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この秋も、着物の一衣舎さんと、
履物&和装バッグの楽艸さんお二人タッグを組んでの展示会が
本日10月23日(水)より、浅草のギャラリー丸美京屋にて開かれます。

*********************************

素材とデザインにこだわり、極上に履き心地を提案する履物楽艸と
着やすい寸法の割り出しと丁寧な仕立を提案する仕立一衣舎の二人展。
高橋由貴子の遊び心を感じさせる履物・バッグ
仕立屋木村幸夫の独自にセレクトした織りの着物・更紗の帯など
浅草の秋の一日、どうぞごゆっくりと御覧ください。(挨拶文より)

*********************************

台風の進路も気になるところですが、
ご興味のある方はどうぞ浅草雷門近くのギャラリー丸美京屋さんへ
お出かけください ♪

f0229926_23115846.jpg

一衣舎・楽艸 秋の二人展
10月23日(水)〜27日(日)/11:00~18:00(最終日16:30まで)
ギャラリー丸美京屋にて
台東区雷門2-10-5 丸美京屋店内2F/電話 03-3841-9711(期間中)
http://gallerymarumikyoya.com
by team-osubachi2 | 2013-10-23 00:12 | お知らせ

越冬の準備

昨年の晩秋にはじめて我が家に居付いたナミアゲハの幼虫は
哀しい結末に終わってしまい、
http://okakara.exblog.jp/18273648/
今年はリベンジのつもりでアゲハ1〜6号まで
心おきなく飼育(?)と観察をした。

一昨日になって、おや?と気がついた。
いつの間にか山椒の小枝がまたハゲているではないか?
・・・あ!?と気がつけば、ふたたびナミアゲハの幼虫が一匹。
(まわりに落ちていた糞コロは、ツユクサの種かと勘違いしていた私)

秋の幼虫は冬の時期が迫っているせいか、
夏の幼虫よりもコンパクトに成長して早く蛹化する気がする。
今日の午後、ベランダに出てみたら、案の定
アゲハ7号はこんなところでジッとうずくまっていた・・・。

f0229926_1512091.jpg

今回は野放しにしておいたので、どこで蛹になるつもりか、
どうせなら私の目の届くところであって欲しいな〜と思っていたけれど
ここならなんとか西高東低の風からも吹き飛ばされずに済むかしらん?

ま、自分で決めた場所だもの、たぶん大丈夫でしょう。
来年の春、無事に羽化するまで見守ってるネ ♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記:夕方暗くなってから、前蛹にむけてオシッコを済ませ、
ただいま最終的な場所を探してまだ移動ちう。

f0229926_18523541.jpg

私に見えるところで蛹になってくれたら嬉しいけどネ、
はて・・・どこに落ち着くかなあ〜?
by team-osubachi2 | 2013-10-22 15:23 | 生きものの世界 | Comments(4)

「かもめの玉子」栗秋編

今日は宵の口から都内某所へちょいと取材・見学に出かけ、
夜お家に帰ると、出張帰りの相方のお土産があった。

わあーーーい、「かもめの玉子」だ〜い♬

f0229926_22373745.jpg

季節限定の栗秋バージョンだって。
中のあんに栗の実がちょこちょこっと入ってて。

基本、スタンダードな「かもめの玉子」が一番好きだけど、
秋なら栗系もいっかな。
で、またまた夜のお茶でひと息いれて、ホッ・・・。
ごちそうさまでした ♪
by team-osubachi2 | 2013-10-21 22:44 | これが好き | Comments(8)