つい数日前、ニュースで知ったことですが
厚生労働省研究班による報告では、
この国の認知症患者は推定462万人だそうです。
これが、超高齢化社会のこの国の現実のようです。

一人暮らしの認知症患者もたくさんいるようですが、
認知症患者にはたいがい連れ合いや家族といった介護する人たちがいるでしょうから
患者で462万人とすれば、同じ数くらい介護する人がいるのだなあと
ニュースを見ていて思ったのでした。


f0229926_2238297.jpg


詩人の藤川幸之助さんは、若くして認知症になったお母さんの介護を
20代のときからされてきて、その有り様を言葉に綴ってこられた方です。
昨年亡くなられたお母さんとの、
その24年間を総まとめした詩集がこのたび上梓されました。

深い闇を経験した人の中から生まれる言葉というのは
本当に強いものだなあとつくづく思います。
詩というカタチではあっても、場面のひとつひとつはリアルで、
認知症の患者と介護者の現実があるがままに表現されています。
読み進むのがつらいと思う方もいらっしゃるかもしれません。
けれども、最後まで読んでいただければ、
この親子に通った「こころ」というよりも「たましい」に
尊い何かが生まれるのをきっと感じられることと思います。

今回、私はこの詩集のカバー絵と挿し絵を担当させていただきました。
私自身には自分の絵については正直どんなものか判断がつきませんが
藤川さんの詩の邪魔にならず、読み手のキモチがわずかでも静かに、
平らかになってくれたらいいなあ〜・・・と思っています。

今この詩と同様の現実に生きる人たちや、
遠からず関わることになるかもしれない人たちだけでなく
人間の心ってどうなるんだろう?と疑問を持つ人たちなど、
一人でも多くの方に読んでいただければと思います。

藤川幸之助 web
http://www.k-fujikawa.net

藤川幸之助『徘徊と笑うなかれ』/中央法規出版
http://bit.ly/197OObq

藤川幸之助『徘徊と笑うなかれ』/Amazon
http://amzn.to/1fS168Y
by team-osubachi2 | 2013-09-29 16:05 | 仕事をする | Comments(10)

朝ドラ「あまちゃん」が終わった。
毎日ホントに楽しい15分間だったなあ〜。
今週の渋谷哲平、太川陽介のジャケット、くすぐってるね〜!
特にファンじゃなかったけど、笑ってしまった。

最終週にようやく聴けた鈴鹿ひろ美サンの歌声にひかれて
(太巻サン、愛があるネ。いいネ!)
思わず薬師丸ひろ子さんの『歌物語』買っちゃった〜ん♪

f0229926_15215376.jpg

歌が上手いとか下手とかじゃなくて、
この人の透明感のある声、言葉とメロディーの調和みたいなものに癒される。
(角川時代の歌の数々が懐かしいんだ〜 ♪)

さよなら「あまちゃん」。半年間、愉快な朝をありがとう!!
by team-osubachi2 | 2013-09-28 15:33 | 日々いろいろ | Comments(8)

咲いた〜咲いた〜

この夏大きく出遅れた丸葉のアサガオ。
それが一昨日から咲きだした〜♪

f0229926_11272868.jpg

っていっても、花はこんなにちっちゃ〜いの。
直径3センチくらい。
咲くのも一日にひとつかふたつずつ。ずいぶん控えめネ。

f0229926_11285715.jpg

もともと種をくれた人のお話によれば
ヘブンリーブルーの交配種「らしい」とのこと。
まあ、それも雑草好きの我が家にふさわしい気もしてくる。
これからまだまだ育ってくれそうだ。

それにしても、今日はまたすこぶるいいお天気だね。
雲ひとつない空にはアサガオと同じように澄んだ青い色・・・。
天高し!馬も肥えるわ〜きっと!
by team-osubachi2 | 2013-09-27 11:42 | 生きものの世界 | Comments(10)

サトイモの味噌焼き

数日前、ひょいと見た料理番組で紹介していた
サトイモの味噌田楽というのか、味噌焼きというようなもの。
あ、それもいいな、と思い、さっそく無手勝テキトーにやってみた。

サトイモは皮を剥いて茹でて、粗熱がとれたらラップにくるんで
軽く押し潰して冷めても食べやすいようにしておく。
案外このひと手間、大事なのかも。
まだ熱かったから私はさらに濡れ布巾にはさんでやったけど。

お味噌に、砂糖、みりん、すりゴマを入れて混ぜ合わせたものをのっけて
(サトイモを押し潰したときに、真ん中に少し窪みを作っておくといいんだね)
グリルで軽く焦げ目がつくように炙っただけ。
食べるときはレンジでチンしてアツアツハフハフにしていただいた ♪

f0229926_835433.jpg


ってことで、今日のサラメシにもサトイモの味噌焼き、さっそく入れてみた。

おかずはほかに、ちくわと野菜のオイスターソース炒めと茶福豆(もち市販品)、
それから別添えのモヤシとハムの和風マリネ。
ご飯には梅干しと煮しいたけ・・・なんか地味な色合いだなあ。

f0229926_8415999.jpg

どれも昨晩のしみじみご飯をとり分けておいたもの。
ギリギリまで寝ていたい私は、朝はそれを詰めるだけ〜。

平日は、一日のうちでちゃんと料理をするのはもっぱら夜だけ。
考えてみると、夜にこさえたものを三度に分けて食べるという食生活だけど
ま、これが自分にはちょうどいいペースみたい。
by team-osubachi2 | 2013-09-26 09:05 | しみじみご飯 | Comments(8)

季節はようやく秋に入ったばかりなのだけど
私はといえば、ぼちぼち新年に着たい着物の心積もりをしているところ。

深い藍色に、段になるよう横並びに絣模様が織られている絵羽の紬は
もとは単衣に仕立ててあったもの。
でも、ふっくらと柔らかい真綿の紬は袷にして寒い時期に着たい。

f0229926_2143354.jpg


同じころ一緒に洗い張りに出しておいた藍色の牛首紬は
いつか単衣にするつもりなので、その胴裏と共色(やっぱり藍色)の八掛けを
この絵羽紬にまわして再利用することにした。
限られた予算と手持ちのものでやりくり算段するのも楽しい ♪
来月になったら梱包して、また熊本の田崎染工さんにお願いするとしよう。

仕立て上がってきたらどの帯をあわせようか、
毎晩そんなことを思い巡らせながら眠りに落ちてゆく・・・Z Z Z。
by team-osubachi2 | 2013-09-25 00:47 | 着物のこと | Comments(14)

暑さ寒さも彼岸まで・・・なんだけど、
昨日は東北の東に張った高気圧のせいでか(夏場にやませを吹かす気圧配置ですね)、
寒気が関東に吹き込んでうっすら寒い一日だった。
去年大暴れしていた残暑も、今年は大人しくて助かるなあ。

数年前、友人宅からうちの草むら園にやってきた鉢植えのホトトギス。
花を咲かせるのが下手な私(ことさら調べたりしないし)のもとで、
毎年控えめに咲いていたのが
今年は成長しきったところで、ちょいと思いつきで
てっぺんをチョンと剪定してみたらば、
9月になってわらわらと脇に花芽をつけはじめ、いま盛んに花を咲かせている!?
ほお〜、植物ってわからんものだなあ〜。

でも、花が咲くってやっぱり嬉しい ♬
咲かぬなら、咲かせてみしょうホトトギス・・・な〜んてネ。

f0229926_8164716.jpg

今朝の「あまちゃん」。ここへきてあの二人の復縁に、
あとちょっとでおしまいになるんだ〜って妙な感慨。
ん〜む、秋だなあ〜・・・。
by team-osubachi2 | 2013-09-24 08:28 | 生きものの世界 | Comments(4)

おしのぎ代わりの善哉

春からこの方怠けてきた窓ガラスと浴室の磨き清掃・・・。
昨日の午後、エイヤ!っと、よ〜やく重い腰をあげて
相方は浴室を、私はベランダの窓拭きと玄関ドアの掃除を担当。
2時間ほどかけてキレイに磨き上げた。
(でも台風が来ちゃったりすると、また汚れちゃうんだろうけどネ)

夕方、小腹がすいたので、おしのぎ代わりに
井村屋のあずき缶をあけ、玄米餅の半分を焼いて善哉に、
もう半分は水煮して柔らかくしてから、きなこと黒蜜をかけていただいた ♪

f0229926_23513524.jpg

はあ〜、一所懸命やった分だけ疲れちゃったけど
体を動かして働いたあとって、
こんなちょっとしたお甘がことのほか美味しいんだわあ ♪
by team-osubachi2 | 2013-09-23 00:06 | しみじみご飯 | Comments(4)

海外のホラー的ファンタジーやSF映画の予告を見ると
「ああ、またか」と思うようなCG画像ばかりに思えるのだけど、
いったいいつからこんな映画ばっかり作られるようになっちゃったのかな?
(興行収入も落ちてるらしいけど、そりゃそうだろうなって思う)

なので、フルCGアニメーション映画『キャプテンハーロック』も
ああいう海外映画やゲーム画像みたいなんじゃないか?と
オリジナルファンとしては、見たいような見たくないような・・・。
腰がひけつつも、レイトショーでなら安いから、まいっかと
昨夜相方とちょいと見に行って来た。(3Dじゃない方でだけど)

f0229926_1044889.jpg

結果からいえば、劇場で見るなら正解だ!と思った。
日本の製作でここまで作りこめるようになったんだなあ〜と感心もした。
モーションキャプチャーを駆使して
人物の表現もずいぶん進化していて(まだ少しぎこちないところもあるけれど)
ふと、この先人間の俳優の役割ってどうなっちゃうんだろう?と
実写と融合させる映画を疑問にも思ったりしたけど、
最後まで映画を見たら、フルCGのアニメーションがもっと進化したときには、
たぶんアナログとデジタルの棲み分けが
逆にキチンと出来るようになるかもしれないな、と思ったのだった。

コンピューターグラフィックスは両刃の剣と同じ。
CGはあくまで表現のための道具であって、
最新技術の効果や見た目の派手さに惑わされて
コントロール出来ないようなCG画像は、
結局は作品を薄っぺらでつまらない映画にしてしまうだけだ。
大事なのは、やっぱり映画の中身なんだなあ。
クリエイターが何を言いたいのか、そのコンセプトのもとで技術を駆使するには
クリエイターの側に技量が要るのかも。
(それはイラストレーションの世界でも同じだもんね)

で、映画『キャプテンハーロック』の感想は?ってゆーと、
これはもうオリジナルとは別モノと考えて、その上で、
「ううーーーっ!ハーロック、やっぱりカッコイイー!カッコ良すぎッ!」
小栗旬クンの声、抑えててもどこか色気があって悪くなかった。
ヤマ役の三浦春馬クンも違和感なかったなあ。

SFとはいえ、どんなに宇宙時代になっても人間は過ちもするし、
傲慢なところはますます傲慢になっていくのかもしれないなあ〜って思う。
でもって、そういう時代にもアウトロー人間やドロップアウト組も生まれ続けて
彼等の矜持もやっぱりあり続ける・・・のかも?

『キャプテンハーロック』
http://harlock-movie.com
by team-osubachi2 | 2013-09-22 11:14 | 出かける・見る | Comments(0)

Coming soon!

春先から手がけてきたお仕事が、ようやくカタチになりました ♬

f0229926_829928.jpg

Amazonでは9月28日に出る予定です(ただ今予約受付中)。
書店にまわるのは、10月に入っちゃうかもですが、
後日またあらためてお知らせさせていただきます。
by team-osubachi2 | 2013-09-20 08:31 | 仕事をする | Comments(12)

十五夜

雲ひとつない澄んだ空は台風18号の置き土産。
そこへ東から華やかにさしのぼってきたまんまるなお月さま。
今宵は中秋の名月なのだった。

f0229926_2361951.jpg


近年の天体物理学の報告でわかってきた地球と月との関係性。
月が地球にもたらしてくれるたくさんのお恵みに感謝。
by team-osubachi2 | 2013-09-19 23:24 | 日々いろいろ | Comments(0)