<   2013年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

毎週届けられる野菜箱に、先週三浦大根が入っていた。
言わずと知れた三浦半島の銘大根。
葉の付け根とつま先は細いのに、でっぷりみずみずしいこの太大根も、
食べやすい寸胴青首に押されてしまってか、
あまり生産する農家は多くないらしい。

先週からおでんに味噌汁の具なんかにして食べているけれど
まだたっぷりと半分のこっていたので
ゆうべは小口に乱切りにし、
ゴマ油をひいたフライパンで強火で一気に焦げ目をつけておいて
青じそを入れた鶏のつくねと一緒に炊いた。

f0229926_222658100.jpg

大根もこうして炊くと、生から下茹でして炊くより
あっという間にお出汁がしみしみになる。
時間がないときには便利この上ない。
誰が考えたのか、うまいことを思いついたものだ。

寒い晩は、湯気いっぱいのこんな炊きものがごちそうになるね。
実際にはまだまだ寒い日が続くけど、大寒もあとちょっとでおしまい。
春遠からじ・・・と、キモチの上で思う睦月の晦日である。
by team-osubachi2 | 2013-01-31 00:12 | しみじみご飯 | Comments(0)

着物を着るとき、どこに冷えや寒さを感じるかは人それぞれで、
私の場合、つま先に感じる冷たさは、
うちを一歩出るその出だしのときだけである。

子どもの頃、手足にしもやけを作るのは朝飯前だった。
そう言えるほどに毎年冬場は難儀した。
思えば、ブーツの温かさを心丈夫に感じる同じ足が
なぜ着物だと足袋だけでいられるのか自分でもよくわからない。
慣れといえば慣れなのだろうけれど、
歩いているとすぐに血の巡りがよくなってつま先の寒さを忘れてしまう。
それよりも私の場合は、弱い手首や襟元の冷えに
気がいってしまうようである。

f0229926_15111842.jpg

例によって、出遅れてばかりの着物の防寒もの。
この数年、ネットなどでいろんな人が感想をのべていらっしゃるので
ようやく自分も「ものは試し♪」と足袋インナーをひとつ買ってみた。

よっぽど寒い日の、ごく普段着には生成りの別珍足袋で済ませているけれど、
ちょっと気取りたいよそゆきに別珍は不似合い。
そんなときに、こういうインナーは心強い・・・かも?
さて、いつ試してみようか。効果のほどはいかに、いかに〜?!
楽しみであ〜る ♪
by team-osubachi2 | 2013-01-30 15:31 | 着物のこと | Comments(10)

キクコさんの巾着

もう長いこと、友だちのおうちと
家族ぐるみのおつきあいをさせていただいているが、
その友だちのお母さんのキクコさんは本当に手まめなお人で、
この人のおかげで、うちの実家にあった古い着物のあれこれも
いろんなものに形を変えて、いま私の手元で余生を送っていたりする。

こないだ押し入れから巾着類をひっぱり出してみたらば、
いつのまにかこんなにキクコさんの巾着が集まっていた。
(他にもなんやかや手提げや手ぬぐい巾着などもあって・・・)

f0229926_16142457.jpg

懐かしいなあ〜、私が着ていた小紋もあるし、
母親の子どものときの着物もある。
うちの母親の古い留袖から家紋のところを巾着にしてもらい、
母と私それぞれ葬祭用にお数珠など入れたりして重宝している。

それやこれや、布材にと渡した古着物が
座布団カバーになって帰ってきたときは本当に嬉しくて小躍りして迎え、
ちゃぶ台のまわりに置いて、長く擦り切れるまで愛用したものだ。

f0229926_16193270.jpg

私も独身時代にはキクコさんのところへ何度か足を運んで、
巾着や襦袢の無双袖の縫い方など教わったりしたものだけれど、
今じゃあお針の時間もずいぶんと減ってしまった。
慌ただしさを言いワケにしてるばかりぢゃあ、何も作れない。
とりあえず、二部式に直すつもりの古着物をほどくところから始めますかね。

いつだって本もいっぱい読み、ジムへも通い、
おしゃべりいっぱい元気いっぱい、
いつまでも若々しいママさんのキクコさん。
さすがにひと頃よりはだいぶ活動量は減ったようだけれど、
これからもまだまだお元気にしていて欲しいお人である。
by team-osubachi2 | 2013-01-29 16:48 | 着物のこと | Comments(14)

お福のお米

なんというか、インフルエンザが去ったいま、
病み上がりでなんとなく全身気だるいよ〜な気分を
さらにアンニュイなものにしてくれているのが、
私の鼻の両穴の間に咲いた「熱の花」である。
よりによってココに出なくても・・・。
すでにカサブタになりつつあるけれど、
まだ腫れていてイタイし、みっともないコトこの上ない。はあ〜・・・。

締め切りもまだ1本抱えていて休めないし、
まあ、そんなこんなで気が萎えそうになるが、
あまり買い物に動けないときなど、
ご飯の仕度のたびにあけるお米の棚を見ると
ほんのキモチばかり安堵感をもたらしてくれるものがある。

f0229926_12493441.jpg

去年、浜松の棚田で、友だちが思い切って3枚の棚田を借り受け、
友人らの手助けを受けながら稲作して出来たお米と、
相方が年明け早々福引きで引き当てた栃木のお米である。

再放送中の「おしん」を見ちゃったせいかな、
おうちにお米があるって、なんか安堵感があるね。
ご飯さえ炊いておけば、あとはなんとでもなるから。
さ、ぼちぼち仕事にかからなくっちゃ。
by team-osubachi2 | 2013-01-27 13:00 | 食べる | Comments(2)

感謝

自分の体の中で、わが免疫部隊が
外部から侵入してきたウイルスを強敵と判断し、戦い始め、
あっという間に激戦になったころに比べると、
おかげさまで今はずいぶん平穏になりました。

まだウイルスがすべて撤退するまでには一両日くらいかかるようですが、
今度は、あとからやってきた医薬部隊の “正義” の強さに
普段のんきにしているわが防衛部隊も
少々辟易としてもいるような状態です。

・・・とまあ、(合間には仕事もしつつですが)
目下おとなしく養生中です。

f0229926_747650.jpg

40代も後半になってはじめてかかったインフルエンザに
お見舞いの言葉をたくさん頂戴し、恐縮しております。
みなさまのあたたかいお心遣いに心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

まだまだシーズンまっただ中、
どうぞみなさまもくれぐれもお気をつけくださいますよう。

感謝。
by team-osubachi2 | 2013-01-25 08:14 | 日々いろいろ | Comments(4)

流行りもの

人のことは気が回るのに、自分のこととなるとトンと無頓着になる。
日曜の午後から調子がなんとなくおかしいなと思っていた。
ひどい咳、そのあと今度は蛇口が壊れたようなひどい鼻水、
それから上半身の筋肉痛、だんだん鎖骨のきしみ。
でもって、なんかしんどいぞ〜。

でもなぜか熱をはかることはまったく思いつかず、
(こないだまで風邪の名残りで咳もしてたし、
花粉症すでに始まってたしで
その劇症フィーバー起こしてるのかと思い込んでた)
休み休み家事に洗濯、炊事に買い物、そして仕事もこなしていて
昨晩になって相方に指摘されて熱をはかってみたらば38度7分の熱。
なあ〜んだ、しんどいハズだ。
寒気はしなかったけど、顔がポンポン熱かったもんなあ〜。
でもなんとなく峠は越したような気がしてはいた。

f0229926_13251955.jpg

というワケで、今日は早々にお医者に行ってきた(・・・遅い?)。
バッチリ、インフルエンザA型の診断。
生まれてはじめてのインフルエンザ。
どうりで、今までの自分の経験値にない症状のハズだわ。

すでに平熱に戻ったけど、最低二日間は外部との接触禁止。
今週の予定はキャンセルして、これ養生に務めねばである。
って、仕事が少しあるんだけど、家事は怠けさせてもらいましょ。

気をつけてても、かかるときはかかってしまいますが、
流行りもののインフルエンザ、
どうぞみなさまもくれぐれもご注意ください。
by team-osubachi2 | 2013-01-23 13:43 | 日々いろいろ | Comments(16)

*この展示は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お知らせです。
今週23日(水)から27日(日)まで
きもの友だちのアトリエ「長平庵」で、久米島紬の展示会があります。
主催は横浜にある「山本きもの工房」さんです。

私がしのごの言うよりも、以下、DMのご案内をご覧いただき、
ご興味のある方は、ぜひ一度長平庵へ
久米島からのきれいな布を見にお出かけください ♪

*画像をクリックしていただくと大きく表示されます。
(スキャンの調子が今イチですいません)

****************************************

f0229926_12475180.jpg


f0229926_1248968.jpg


山本きもの工房
http://yamamoto-kimono.com
by team-osubachi2 | 2013-01-23 13:03 | お知らせ | Comments(2)

ちらし寿司弁当

先夜、二人暮らしになって3周年の記念日を迎えた。
40代半ばまで続いた気まま(?)な独り暮らしにケリをつけ、
ようやく始まった二人暮らしも、
バタバタおらおらで、それこそアッ!?という間の3年間だった。
でも、「石の上にも・・・」の3年間。

ことさらな記念品も祝杯も要らない者同士。
だけど「気は心」ってね ♪
せめてキモチの上だけでも感謝をこめて、
その晩はちらし寿司をこさえてお祝いした。

f0229926_8314254.jpg

とまあ、そんなワケで翌日はちらし寿司弁当であ〜る。
甲殻アレルギーがあるからエビなしで、刻み海苔つき。
自分で作るとよく分かるけど、しっかりした味のちらし寿司って
いったいどんだけ砂糖や塩を使ってるんだろう?
すでにアラフィフ突入者には、
ちょっと味気ないくらいがちょうどいい。

食べるものは薄味で。
だけど、これからも自分たちらしいペースで
しっかり人生を味わいながらやっていこう。
4年目もどうぞよろしくお頼みしま〜す ♪
by team-osubachi2 | 2013-01-22 08:41 | しみじみご飯 | Comments(6)

目立たずに着る

着物を着始めて最初の十年ほどは
さかんに着てさかんに自分の姿を写真に撮ったりしたものの、
(もちろん当時はフィルムカメラしかなかったけど)
長く着続けていると、自分の着物姿なんてもうどうでもよくなって、
いまは気が向いたときにたま〜に撮るくらい。

f0229926_2335299.jpg

昨日は久しぶりに撮った。
志の輔らくごに着たのは黒地に細く白い小格子の駒結城。
パルコ劇場の客席に着物姿の人は他に見かけなかったようだけど、
着物の人がいない中では、こういう目立たない着物はなかなか便利で、
黒い着物が似合わない自分でも(ことに染めの黒がね〜)、
これはスーツだとかジャケットみたいな気分で着られるので
案外重宝する一枚である。
あわせた帯は八重山ミンサーの半幅帯。

f0229926_22404015.jpg

でも、黒だの焦茶だのばかりぢゃあ
色気がなさすぎるから、黒の下に赤を着た。
長着ではもう着られない赤も、下に着るぶんには
人さまの目に迷惑(?)にはならないのであ〜る。

はじめてやってみた組み合わせ・・・けっこう好きかも ♪
でも、もし十年若かったら、ちょいと嫌味っぽいかな?
年齢をとるって、いいコトもあるね。
by team-osubachi2 | 2013-01-19 23:30 | 着物のこと | Comments(10)

志の輔らくご in PARCO 2013

志の輔師匠の落語は、去年までずっと通っていた
TBS落語研究会で毎年一、二席は聴いていたので、
切符を取るのが困難なのがわかっているパルコの方には近づかなかった。

と、今年はひょんなことで、
その「志の輔らくご in PARCO 」の切符がまわってきたので
これ幸いとありがたく引き取らせていただいた。

f0229926_1263785.jpg←たくさんかかっていた
フラッグの中では
これが一番好きでしたかね

お題は「親の顔」「質屋暦」お仲をはさんで「百年目」。
「百年目」は柳家権太郎師匠のがとっても好きだけど、
来年還暦をむかえる志の輔さんのもなかなかグッときてよかったなあ〜♪
「親の顔」もよく出来てるなあ〜って思った。

いやあ〜、人気を誇るだけの面白さ、
おかげさまで十分に堪能させていただきました。
切符をまわしてくださったお人に感謝感謝!である。
どうもありがとうございました!
by team-osubachi2 | 2013-01-19 01:42 | 出かける・見る | Comments(6)