<   2012年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

本日、連続テレビ小説「カーネーション』最終回。
ことさらな朝ドラファンでもないけれど、
半年間、毎日、最後まで楽しませていただきました。

二宮版、尾野版、夏木版、それぞれの糸子、好きでした。
まわりの役者さんたちもよかった。
プログレッシブカメラの映像も、音楽も、好みでした。

そして、渡辺あやさんの脚本が本当に良かったです。
番組サイトのインタビューを読んで、
渡辺さんの制作時のキモチの動きも伝わってくるようでした。

さよなら『カーネーション』、
週があけたら、ようこそ『梅ちゃん先生』。
by team-osubachi2 | 2012-03-31 10:57 | 日々いろいろ | Comments(4)

京袋帯を半幅帯に

手持ちの半幅帯の大半が木綿の八重山ミンサーばかりなので、
一本くらい正絹の織りの半幅帯が欲しいと思っていた。
いつぞやリサイクル店で見つけるなり
最初から半幅帯に直すつもりでゲットしておいた弁柄色の京袋帯。
(新古品が半値のセール売りで野口英世がたったの二人分♪)

f0229926_0462467.jpgbefore

過日、仕立て直しに出しておいたものが出来上がってきた。
買い値よりも、お直し代の方が高くついてしまったけれど、
欲しかったイメージにとても近い正絹の織り帯になったかな。

f0229926_0465097.jpgafter

でも、なんだかんだいって、まだ締める機会がないまま、
箪笥に大人しく収まっている。
そろそろ陽気もよくなってきたことだし
(花粉症には出かけるのがつらいシーズンではあるが)
私にはめずらしい格子小紋にあわせて
ちょいと花見散歩に出かけたいかも、ネ〜♬
by team-osubachi2 | 2012-03-31 01:04 | 着物のこと | Comments(8)

長年の友人で、私の良き「いやしんぼ」仲間でもある
白洲千代子さんのアクセサリー展、
本日より駒込のギャラリーKAI(かい)さんにて開催です。

綺麗な色のさざれ石やガラス、ビーズや面白いボタンなどのパーツを
金色のワイヤーで自在に配置してつなぎあわせたブローチやネックレス、
指輪などなど、ポップで洒落たアクセサリー達です。

ご興味のある方は、ぜひ巣鴨や駒込界わいを
のどかな春の散策がてらお出かけください♬

*地図は画面をクリックしていただくと大きく表示されます

f0229926_21503054.jpg

f0229926_2151037.jpg


白洲千代子 アクセサリー展
ギャラリーKAI にて 3/30(金)〜4/8(日)11:00〜18:00
東京都豊島区4−15−8 CROSS 106号室
TEL:03−5980−8608

うつわと暮らし ギャラリーKAI
http://www.gallerykai.com/
by team-osubachi2 | 2012-03-30 00:42 | お知らせ | Comments(2)

半幅帯「角出し」

名古屋帯でできる「銀座結び」とも呼ばれる簡易式の「角出し」が
だいぶ以前から流行っていますが、
時代劇などでよく見かける袋帯の昼夜帯などで結ぶ「本角出し」は、
さすがに一人で結ぶにはかなり大変なので、
私はもっぱら半幅帯で結びます。

立体的な帯結びなので、
イスの背もたれにながく寄りかかるには不向きな帯結びですが、
文庫系、リボン系とはまた異なる
大人向きの立体的な帯結びになるかと思います。

まだまだ肌寒い日も続きますが、だんだん陽気がよくなって、
羽織るものがいらない帯つきの季節になってくると、
こんな帯結びで出歩くのもまた楽しいものです。
ご興味のある方は、よかったらトライしてみてください。


f0229926_7431274.jpg

f0229926_7435395.jpg

f0229926_7522310.jpg


*イラスト画面をクリックすると大きく表示されます
*個人使用に限りプリントアウト可
*イラストの無断転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2012-03-29 07:54 | 着付けノート | Comments(6)

先だって、ぺたこさんと鳴海彩詠さんがひらいてくださった
「落雁と季節の会」の様子が、ぺたこさんのページにアップされていました。

ペタコの毎日
http://petacokimo.exblog.jp/17572692/

出来立ての手作り落雁、美味しかったなあ〜♬
持ち帰った落雁で、自宅でもちょいちょい
お茶を点てて楽しみました。

f0229926_1014152.jpg

次回は4月14日に開催だとか。
(お問い合わせはぺたこさんのページからどうぞ)
いつかタイミングがあえば、また参加したい会です。
by team-osubachi2 | 2012-03-28 10:21 | お知らせ | Comments(2)

もも色の帯でお出かけ

高校生のときだったか、母親が私用にと
江戸小紋を一枚誂えてくれた。
ウールや浴衣はすでにあったけれど、絹ものはそれが初めてのお誂え。
サーモンピンク地の極鮫に、銀糸で縫い紋が一つ刺してあった。
たしか母親の実家で祖母の法事のさいに着せられたと思うのだが、
その着物は母親の期待を見事に裏切って
私にはまったく似合っていなかったそうだ。

当時、女のコらしいコトがとても苦手で、
ボーイッシュな雰囲気を自ら好んでもいて、
着物などにもまったく興味がなかったくせに、
親に面と向かって「ピンクが似合わない」と言われると、
さすがにほんのぽっちり、ムスメ心にもガッカリした覚えがある。

以来、私の箪笥に、優しいピンク色をした染めの着物が
加えられることはなくなった。
(その江戸小紋は、現在名古屋の姪っ子のもとにある)

f0229926_2238386.jpg

もっとも、私自身、色としての優しいピンクは好きでも、
着るものとなれば、やっぱり
自分のこの姿カタチに似合うものがいいと思う。

それでも、春ともなれば、唯一持っているもも色の帯を
締めたくなることもある。
黄色、もも色、そして紺・・・。
季節の花模様の着物や帯をほとんど持たない私の中の
春の色味はそんなイメージ。

群青色の段紬に、もも色の八寸帯。
いかにも普段着だけど、今日は着物友だちに誘われて
これからちょいと街中へサクッとお出かけ♬

(帰宅後)

着物友だちと訪れた六本木ヒルズにある「絹麿×JOTARO SAITO」店。
はじめてこういうお店があることを知ったけれど、
今回見てみて、岡山県児島で作った
こだわり13オンスデニムのメンズ着物がとてもよかった。

女子のデニム着物は私個人的には着ないが
(ジーンズは大好きだけどネ♪)
若い男子諸君には、着物入門編として
13オンスデニムのガツッとした着物から入ってみるっていんじゃない?
シャツの上に、セーターの上に着て違和感がなく
シワもダメージもオッケー!
その上、自分で洗ってまた着られるなんてオススメだけどなあ〜。
普及してくれるといいなあ〜。
・・・そんなことを考えながら帰宅した。

f0229926_17232678.jpg

今日の着物友だちは見事な桜模様の大島紬といういでたち。
お店でいろいろと見て、何かお気に入りに出会えた様子。
ひと様の買い物を見るというのも、
またショッピングの愉しみかもしれない。
今日は楽しいひとときをありがとうございました〜♬
by team-osubachi2 | 2012-03-27 08:36 | 着物のこと | Comments(6)

ふと気がつけば、二人暮らしになってネット環境が整い、
ブログをはじめてやっと3年目に突入。
また、震災後にはじまった相方にお弁当作るライフも
ようやく2年目に入ったばかり。
ドタバタオラオラの日々、時間のやりくりはいまだ私の課題である。

f0229926_774444.jpg

そんな中、先日、お習字の先生が
本業のお仕事のためにご主人がお弁当を作ってくれるというので
ケータイで撮った写真を見せてもらった。

お習字の先生のご主人は唐沢 耕さんといって
むかし私も仕事でお世話になったりした
某フード&生活情報誌の編集長だった人物で、
こと食べるコトや食べるモノに関しては
「玄人」と言った方がいいお人である。

ウワサによると、最近、その唐沢さんが
「主夫のおべんとう日記」を始めたと聞き、
さっそくそのブログを覗いてみた。
え〜?!ちょっと!なに〜、センセ、やだ、うらやますい〜い!!

私のお弁当作るライフにライバル登場!・・・か?
いえいえ、ときどきアイデアにつまったら参考にさせていただきます。
ということで、おおいに刺激をくれそうな唐沢さんのお弁当である。

ブログ/唐沢 耕「主夫のおべんとう日記」
http://kohkara.blog2.fc2.com/
by team-osubachi2 | 2012-03-26 07:34 | 日々いろいろ | Comments(2)

新しい相棒

先月出かけたカメラショー『CP+展』で
最新のコンパクトデジタルカメラを見て、
これまで愛用していた古いのを買い替えることにした。

しかし、世の中にはなんていっぱいカメラがあるんだろう?!
今回その中から選んだのは、
おととい発売されたばかりのNikon COOLPIX P310。
(半分「ホワイトデー応援」してくれた相方に感謝〜♪ )
発売記念キャンペーンだとかで、
レトロチックな茶色のカメラケースもついてきた。

f0229926_11523884.jpg

むかしお勤めデザイナー時代にボーナスをはたいて手にした
はじめてのカメラは AF一眼レフの Canon EOS 650。
いろいろ撮って楽しんだのもつかの間、
数年で Konica BIG mini 系の使いやすさにほだされ、
以来ず〜っとコンパクトカメラ派である。

まあ、むかしも今も、どんなに進化してみたところで
一眼レフカメラにはとうてい敵わないけれど、
コンパクトカメラにはコンパクトならではの良さがあるんであ〜る。

しかし、春に何か新しいのを持つというのは、
やっぱり気分がいいなあ〜♬
新しい相棒には、またおおいに活躍してもらわなくっちゃ!

Nikon COOLPIX P310
http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/performance/p310/
by team-osubachi2 | 2012-03-24 01:10 | 買う | Comments(6)

ひとりで着物を着るには

一昨年に今の住まいがある丘の上に越してきて、
ひさしぶりで着付けを教えた生徒さんが一人、昨日卒業していった。

かれこれもう20年近く前に、“ゆる趣味” と称して
友人知人に限り着付けを教えはじめて、もう何人の人に教えたのか、
数えたこともないから分からないけれど、
私が着付けを教えた生徒さんたちでも、5年や10年を越えて
着物を着続けている人は少ないのではないだろうか。

着付けは覚えたての一年目が一番大事な時期だ。
この時期に着ないでいると、
アタマよりもカラダの方がすぐに忘れてしまう。
不思議なことだけれど、着物というのは、
着付ける動作が身につかないことには、自分で着られない衣服なんである。

f0229926_15483122.jpg

人生はいろんなコトが起こるから
いくら好きでも今の時代に着物をずっと着続けるというのは、
なかなか大変なコトだろう。
けれども、間があいてしまってもいいんである。
いつかまたひょんなコトから着物を着ることが出てくるかもしれない。
そういうとき、カラダで覚えたコトというのは強いもので、
動作を再開しさえすれば、徐々に思い出すんである。

このブログのカテゴリにある「着付けノート」は
そういう着付けを再開した人たちの要望から思いついて始めたもので、
ふたたび着物を着ようとするときの
ほんの一助にでもなればさいわい・・・と
これからも内容をちょっとずつ増やしていくつもりでいる。
(でも図解で説明するのってホントにムズカシ〜!)

さて、昨日卒業したばかりのHさん。
これから先、自分で着物を着るにはひたすら実践あるのみ。
春の着物デビュー、存分に楽しんで貰えたら嬉しいなあ〜♬
by team-osubachi2 | 2012-03-23 00:07 | 着物のこと | Comments(6)

青い野の花

うっかりしていて気がつかなかったけれど
今年は春一番が吹かなかったそうだ。
それだけ寒い冬だったというコトなのだろうが、
春分の日より前に吹かないかぎり
それはもう春一番とは言わないのだと今回はじめて知った。

去年道ばたから無理矢理(?)連れてこられた
我が “草むら園” のいろいろな雑草たち・・・。
ここで花を咲かせ、種を持ち、
その種を自ら飛ばしたのか、
またはこぼれた種が風で飛ばされたのか、
植えた覚えもない鉢からもキュウリグサやスミレが
ひょいひょいと生えてきている。

f0229926_1541535.jpg

株はまだちいさいのに、そのキュウリグサの花がもう咲き出した。
ワスレナグサよりもうんと地味で目立たない花ながら、
虫眼鏡で覗いてみれば、直径わずか2〜3ミリの花も
すこぶる可憐な姿をしていて、見ているとキモチが和む。

オオイヌノフグリも芽が出てまだ間もないのに、さっそく咲き出した。
去年、この鉢に実ったたくさんの「フグリ」の可愛らしさと、
まさに的を射たような名前の珍妙さに苦笑しながら
「来年も咲くといいな〜」なんて思っていたら、
いつの間にか、もう春になって咲いてるじゃん!・・・と
いまさらだが、月日のたつ早さにビックリしている。

f0229926_1602432.jpg

大好きな青い野の花たち、今年も咲いてくれてありがとう。
寒い寒いと言っていても、春はもう本番だね♬
by team-osubachi2 | 2012-03-22 00:10 | 生きものの世界 | Comments(4)