連休日記−2

*5月1日日曜日 曇り一時雨
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつのまにかもう5月である。
この日も風が強かったのだが、さいわい日中は雨が降っていなかったので
午後イチで、ブログ仲間であり着物友だちでもある
すいれんさんのお宅へススキの株分けをいただきに行ってきた。

f0229926_723264.jpg

しかし、ススキの株分けとは言っても、ススキってこ〜んなに根っこが頑強で
掘りづらいものとはこの時までまったく知らなかった私。
お借りしたシャベルと鎌でどのくらい苦戦しただろう?
うんうん唸りながら、ようやく
ひとむら掘り起こせたときには汗だくだった。

f0229926_735218.jpg

そのあと、お庭を見せていただいたのだが、
お家の裏手で、最近希少になってきたという日本タンポポ(カントウタンポポ)
が咲いているのを相方が気がつき、嬉しそうに写真を撮っていた。
せっかくの機会なので、その種も少しいただいてきた。
ススキの足元にまいてみようかな〜。
すいれんさんのお宅の土にならなじむかもしれない。
他、ナルコユリとヤブコウジなども少しずつ分けていただいてきた。
帰宅してすぐに鉢に移し替えたが、無事に根付いてくれることを祈りたい。


*5月2日祝・火曜日 黄砂晴れ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朝から黄砂だ。今日はかなりひどいと見た。
遠くのみなとみらいが霞んでしまっている。
やれやれ、ようやく花粉がおさまりつつあって
たまった洗濯物をベランダで干せると思った矢先にコレだ。
おのれ!黄砂め!!
目も乾くし、口の中がすっかりいがらっぽくなってしまった。
結局ブルーシートで干場に覆いをこさえて、その下で洗濯物を干した。
取り込むときにはよくはたいてみたものの、果たしてどうだろうか。

f0229926_22242383.jpg

今夜のしみじみご飯、主菜はブリの照り焼きと、
副菜はかき菜の胡麻和え。ひと月ほど前に話題になっていたかき菜。
実はかき菜(埼玉県産)というものを見たのはこれが初めてだ。
茹でてみると素晴らしいビリジアンに色が変化する。
茎のところはしっかりした固さがあり、
葉も、よく噛むほどに甘みも感じられてとても美味しかった。
ホウレン草より好きかもしれない。


*5月3日火曜日 曇りのち一時雨
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世の中は大型連休のまっただ中にある。
残念ながら(?)私にはまったく関わりのない連休である。
今日はちょいと息抜き感覚で、カメラマン女子武藤嬢と
着物ライターW嬢と待ち合わせて
渋谷のクラフトスペース「わ」さんで開催中の
柚木沙弥郎さんの帯展へ出かけた。

f0229926_220515.jpg

会場には、私の個展のとき以来だろうか、久しぶりにお会いする
着物ライターの両角さんがいらして、いろいろとお話した。

むかし若松河田町にある「備後屋」さんという民芸品店で
はじめて柚木さんの帯を見たが、見るなりその絵柄のユニークさや
色の面白さにすっかり虜になってしまい、
何年もの間通った「備後屋」さんだったが、
結局柚木さんの帯は買えず仕舞いのまま今に至っている。
今回も、ハートをググッと鷲掴みにする好みの帯がいくつもあったけれど、
残念ながら今も私にはこの一本すらも連れて帰る甲斐性がないので、
すっぱりあきらめてお店を出たのだった。

f0229926_2233247.jpg

おっと!一点記入漏れするところだった。
この夏は非常に厳しい節電生活になるだろうと予想していて、
そのために、軽くて使いやすい大きめの団扇を買わねば!と思っていたのが
柚木さんの型絵を貼った団扇がひとつだけ残っていたので買ってきた。
青地に白い茄子の絵がスッキリと涼しげだ。

今月下旬には、いろんな柄の団扇が入荷されるということなので、
この茄子のは相方用にして、新しく入荷され次第、
もうひとつカワイイ絵柄のを自分用にと買いに行くつもり。
今日は肌寒い一日だったけれど、夏はもうすぐそこまで来ているんである。
by team-osubachi2 | 2011-05-02 07:45 | 日々いろいろ | Comments(4)