出ました。
玄光社さんの『イラストレーション・ファイル 2010』。
今年も掲載させていただいております。上巻の173 頁。
どうぞご参照くださいませ。

f0229926_117105.jpg

玄光社 イラストレーション・ファイル2010
http://www.genkosha.co.jp/il/mook/273.html
http://www.genkosha.co.jp/il/mook/291.html
by team-osubachi2 | 2010-03-31 09:52 | 仕事をする | Comments(2)

こどものとも1月号

福音館書店さんの「こどものとも」2010年1月号で
絵を担当させていただきました。
はじめての絵本仕事。
面白さや勉強になることがたくさんあり、感謝しつつも、
自分なりに反省点や課題もたくさん感じたお仕事です。

「おうさまのくれた ごほうび」
f0229926_22444734.jpg

ブルガリアの昔話だそうです。
わらしべ長者とは真逆をいくお話でも
なんとなくしあわせな老夫婦のおはなし。

f0229926_22501330.jpg


福音館書店/こどものとも「おうさまがくれた ごぼうび」
http://www.fukuinkan.co.jp/magadetails.php?goods_id=20896

(すべての画像、イラストレーション、文章の無断使用及び複製・転載を禁じます)
by team-osubachi2 | 2010-03-30 17:06 | 仕事をする | Comments(0)

ことば

このごろまた着物がらみの本を読みあさっている。
とあるエッセイで、はじめて森田たまさんのことを知り、
さっそく本を数冊取り寄せてみた。・・・うん、面白い。好きかも!
読んでみると、たまさんの目線はお腹の底につながっていて、
ことばはそのお腹の中から出てきてるような感じがする。
こういうことばって、やっぱり作者が肌で経験したところから
自然と生まれるものなんだろうなあ。

f0229926_0303012.jpg



30代の半ばまで、読むものといえば時代小説ばかり、
それも気に入ったものはとことん繰り返して読んでいたせいで、
すごく限られた古くて狭い世界しか知らなかった。
そのせいか、思いがけない死語がしょっちゅう口をついて出てきて
よくコピーライター友だちから突っ込まれたりしていた。

歳を重ねるにつれ、人と話をしていて、
たとえば、その人が身に沁みて辛かったことなんかを、
人はその人自身のことばでちゃんと話しているんだなあと感じるようになった。
子供のときから想像過多で国語が大の苦手だった私は、
いつのまにかこんな年齢になっちゃってるけど、
ちゃんと自分のことばで話ができているのかな。

経験から生まれることばはつよいし、しっかりしている。
森田たまさんの随筆に、そんなところを気付かせてもらっている。
by team-osubachi2 | 2010-03-28 22:54 | 日々いろいろ | Comments(0)

星の王子さまとコラボ

2009年より東芝の企業広告・星の王子さまシリーズで
「星の王子さま」とコラボレーションさせていただいております。
(私の担当は、新聞/雑誌/HPイントロなどです)

Vol.3
f0229926_1249431.jpg


・Vol.1とVol.2については下記広告ライブラリーをご参照ください

東芝と星の王子さまのスペシャルサイト
http://www.toshiba.co.jp/env/prince/

王子さまと地球の話(広告ライブラリー)
http://www.toshiba.co.jp/env/prince/newspaper/index_j.htm

(すべての画像、イラストレーション、文章の無断使用及び複製・転載を禁じます)
by team-osubachi2 | 2010-03-27 13:00 | 仕事をする | Comments(0)

ターナーの画集

染織家の吉田美保子さんという人がいる。
雑誌での記事やブログから察するに、
とても真摯に仕事と向き合っている感じがして好きなのだが、
残念ながら、まだお会いしたこともなければ、その作品をナマで見たこともない。
この春、吉田さんがお客さんのオーダーで織り上げた作品と、
それを受け取って身につけてみたお客さん双方のブログを交互に読んでいたら
他人事なのに、なんだかとても強く刺激されるものを感じた。
着物が欲っし〜い!という物欲ではなく、自分の中の絵かき魂の方に、だ。

先日、久しぶりで丸善に立ち寄ったときに、ターナーの画集を一冊買った。
吉田さんのお客さんはシスレーがお好きらしく、
その着物も、シスレーとお客さんの人柄を表してか、
明るい春のような作品だったけれど、
実物を知らない私は、一人勝手に、吉田さんの織物にターナーを感じる。
やわらかい光の奥にある陰影と湿度・・・。

f0229926_1831114.jpg


どうも私は、どんな分野のものであれ、
明るさの向こうにどこか影を背負っていたり、
その場に湿気を帯びているような作品に惹かれるみたいだ。
いつの日か、自分の絵にもそういうものが現れてくれるといいんだけどな。
・・・むずかしい。
by team-osubachi2 | 2010-03-27 11:50 | 買う | Comments(0)

西荻窪かいわい

お彼岸はすぎたのに、まだ寒い!
もう冬もののコートには飽きた。でも、必要があってまた着る。

ぼちぼちと喫茶店の自主取材スケッチを再開することにしたので、
昨日はあいにくの雨だったけど
この前雑誌で見て気になっていた西荻窪かいわいへ出かけてみることにした。
そこで、先日カメラマン武藤奈緒美嬢の紹介で会ったTさんが、
たまたま西荻窪に住んでることを思い出したので
事前に連絡しておいておつきあいをお願いした。

西荻窪かいわいのスタートは遅いらしい。
昼も12時スタートが多いとかで駅の北側をぶらぶら歩いて時間をつぶし
GORIZOという小ちゃなレストランでランチしてから、
その近くに点在する雑貨店やら洋服店やらをのぞいて歩く。

このごろの雑誌にいっぱい出てくるような、どこかチープシックな
シンプルで素朴で面白いものがわらわらとあるので、
見るもの手に取るものに物欲が膨らんで頭の中がぐるぐるする。
アタシ、何が欲しかったんだっけか?
でも、今は緊縮財政発令中なので、ぜんぶあきらめる。
そのときは無事に虎口を抜けた気がしたのに、帰り道、ふと
丁寧な作りのコットンシャツ、買っておけばよかったかなぁという気もした。

途中、Tさんのご主人がやっている「旅の本屋・のまど」に立ち寄ってみる。
おもしろいな〜!こういう本屋さんがあるのなんて、
やっぱり中央線沿線ならではなのかも。
まだまだ馴染みが薄いくせに、今自分が利用している東急東横沿線とは
なんか違うよな〜と思ったりした。
週末なんかには、今時なスタイルの人々がたくさん来るらしい。
へんてこで不思議で魅惑的な本もいっぱい置いてあって、
野宿のすすめみたいな自主出版の小雑誌を一冊、相方へのお土産に買って帰る。
私個人的にはコレが欲しかった。買わなかったけど・・・。

f0229926_23574529.jpg


この日のスケッチはちょっぴりで、もっぱらTさんとのおしゃべりを楽しむ。
いまどきカフェって、共通して云えることだけど
古道具や材木、古家具なんかを活かしながら
自分たちなりにこだわった店作りをしていて、
そんでもって美味しいオリジナルスイーツもいろいろあって
なごむ空間作りが上手だなあ〜と思う。

f0229926_23591485.jpg


Tさん、ご案内ありがとうございました。
ぜひまた行きます!西荻窪かいわい。
by team-osubachi2 | 2010-03-26 00:01 | 出かける・見る | Comments(0)

はじめてのこと

3月も、もうじき終わる。
近くの公園の桜も咲き始めたところ。今年は咲き出すのがちょと早い気もする。

去年の暮れ、むかしは神奈川のチベットといわれたこともあるという(?)
横浜のはずれにある丘の上に越してきてから
なんだかんだいってもうじき4ヶ月がたとうとしている。・・・はやいなあ〜。
公私にわたって、あまりに忙しすぎて、いったいどうやって過ごしてきたのか
思い出そうとすると、どことなく記憶にもやがかかってるみたいで
なんだかハッキリしない。

今日は冷たい雨の中、友だちであるカメラマン武藤奈緒美嬢の事務所にでかけ
ブログを始めるにあたって、およそのコトを教わってきた。
でも、なにしろはじめてのことだから、まだワケわかんないところがいくつもあるが
ま、とにかく、ひとまずわかるところから始めてみよう!

f0229926_20135530.jpg
by team-osubachi2 | 2010-03-24 20:04 | 日々いろいろ | Comments(2)