カテゴリ:これが好き( 118 )

シャツが好き♡

シャツが好きだ。
リネンでもコットンでも白い洗いざらしでもかわいい柄ものでも、
「ブラウス」というより「シャツ」が好きなんだ♪

ほどほどのシワは覚悟の上で洗いざらしで着るのが楽チンで好きだけど、
たまには面倒でもアイロンもかけなくちゃいけないこともある、か。

f0229926_21115334.jpg

自分なりのお洒落をするには、たとえば生地の白さにこだわるとか
アイロンでぴしっとシワのないところとか、
なんだかんだひと手間かかるものなのね。

そゆところは、着物を着るのが大好きだけど
半襟はやっぱり自分でちまちま縫わねばならないのと
同じことかしらん・・・・・・ね?!w
by team-osubachi2 | 2016-06-15 21:16 | これが好き | Comments(0)

少女漫画の月刊誌としては異例の増刷!・・・だそうだ。

そりゃそうでしょ、って言いたくなる。
だって先月28日発売日早々に売り切れ続出で
夕方遅くにのんびりと隣り駅の本屋さんへ行った自分が(うちの近所に書店はない)
いかにもおめでたいバカだったと反省したくらいの売れ行きだったもの。

f0229926_18294746.jpg

意気消沈して諦めモードの一夜が明けて、翌日の朝お相撲を観にゆくのに
秋葉原のホームから階段あがったところにたまたま構内の本屋さんがあって
そのレジカウンターの前でかろうじて3冊残ってた中から買えた嬉しさは
ファンでなければわかるハズもない。・・・かな?w

で、40年ぶりだという「ポーの一族」の新作『春の夢』」を読んでからというもの
YouTubeでシューベルトの歌曲を聴きまくっている。
(物語の中でね、出てくるのです、シューベルトの歌が・・・)

で、知った元歌手のトーマス・クヴァストホフさんの歌声♪

身体の障害などとはまったく関係なく素晴らしい声の持ち主だと思う。
残念ながらもう引退されているそうだけれど、
こんな動画があるおかげで知ることが出来た歌手のお一人。



しかし、シューベルト・・・こんな小糠雨の降る午後に
ゆったりと聴くには本当にもってこいよ。
仕事の途中だというのに、いい心持ちで船も漕げるし・・・?!

増刷分の月刊フラワーズ7月号は11日ころに順次書店に出るそうだ。
(付録の「訪問者」も懐かしい。オスカーファンには・・・♡)
小学館さん、原稿料に添えて、ぜひ萩尾望都先生に
ボーナスを差し上げていただきたく思う。
by team-osubachi2 | 2016-06-07 18:54 | これが好き | Comments(2)

輝けるとき

フリーダ・カーロとディエゴ・リベラ。
二人の輝けるとき。





こんなフィルムが残されてるんだね。
by team-osubachi2 | 2016-05-27 11:29 | これが好き | Comments(0)

ぬくい腹掛け

今週は「どこへも出かけない」週と決めた。
一週間のうち一日でも出かけると、ついつい家事を後まわしにしちゃうから
そのまんま(家事の)お怠けモードに入ることもしばしば。
・・・ま、いいんですけどネ。w

でも、たまには家事をやっつけたくなるときもあるワケで。
今週はだから、家でほどほどのんびり、
ほどほどせっせと仕事や家事などを片付けている。

f0229926_1815572.jpg

そうこうするうち、季節も初夏に入り、
だんだんに気温もあがって、朝気がつくと
掛け布団から大きくはみ出して寝ていたりする。

さすがに明け方には冷える日もあるので、ひと思案して、
何年か前に手に入れた白井仁さんの手織り木綿のうちくい(風呂敷大の布子)を
腹掛けにして寝てみたらなかなか具合がよかった。
掛け布団をはだけても、お腹まわりにこの布一枚あるだけで冷え方が違う。

手から生まれる一枚の布子にもいろんな使い道があるわよネ ♪
by team-osubachi2 | 2016-05-26 18:26 | これが好き | Comments(2)

朱鷺と雀と室生寺

・・・はい?いったい誰ですか?って・・・わかりませんか?
ほれ、新潟は佐渡島で有名なあたしのこと・・・知りません?

あらやだ、それはコウノトリさんでしょ、ぜんぜん違いますってば!!
わかりませんかねえ〜、この顔。
・・・あ、分かるあなたはえらい!
さいです、あたしはトキです、ト〜キ。

変な顔だ、変な顔だってばっかり言われますんで、
もういい加減わかってくださる方が現われないかと諦めてたところですのよ。
わかっていただけてホントよかったわ〜、ありがとうゴザイマス♪

f0229926_16331759.jpg

・・・今度はわたくしの番でございますか?
はいはい、エエわたくしめはスズメでございます。
あ、言われなくてもわかる?さようでございますか。

・・・はい?となりの?建物みたいなものですか?
エエなんですか、お尻に「室生寺」と書いてあるそうですから
あすこの五重塔かと思いますです、はい。

f0229926_1743146.jpg

手前どもの主人(私のこと)が最初「三井寺」と間違えてたようですが、
あすこ(三井寺)は三重の塔ですから、どう見たってこの五重はおかしいってんで
もっかい見直してみたら「室生寺」って書いてありましたそうで・・・。
とんだ勘違いをしたと言って顔赤くしておりました。

で、手前どもの主人が「お寺のもんなら雀が相方を務めるのがいいだろう」ってんで
今回わたくしめが早々と舞台(?)にあげていただきました次第です、はい。

・・・いえいえ、室生寺さんはお話になりません。
なんせ寡黙な方でいらっしゃいますからエエ。

f0229926_17112655.jpg

いったいいつどこで買い集めたものか、さっぱりわからないけれど
おふくろさまが残した土鈴のコレクション、
人呼んで「母コレ」から私なりに気に入って選んだものを棚に飾ってみる。

見ればぜ〜んぜん初夏の色合いじゃないけど、まあいいわ。
仕事の合間にあれこれ並べてみてはひとり悦に入っている ♪

by team-osubachi2 | 2016-05-25 17:20 | これが好き | Comments(2)

千代紙や楽し

むかし読んだ司馬遼太郎さんの『功名が辻』で、
山内一豊の妻女千代どのが(いわば人質として)京都に留め置かれたときに、
手すさびに市場で美しい端切れを買い集め、それをはぎ合わせて楽しむうち
次第にお針子らにもはぎ合わせて綺羅な衣装に仕立てて、
それを自分が着るのではなく、見目よい下女らやお針子たちに着せて市中を歩かせた
・・・というエピソードが「千代紙」の語源と書いてあったように思うけど
ナルホド、そうと知ってあらためて千代紙を見てみれば
さもありなんって感じよね〜♪って思ったことがあった。

f0229926_8353099.jpg

普段はそうそう使わないけど、何かを包んだり、覆ったり、
思いついたときに千代紙を引っ張り出してきて使うことがある。

お友だちに頼まれた小物や、若い友人に帯留めを贈るのに、
そうだわ!と、手持ちの小箱を再利用して
千代紙をさっと切って貼り付けたりくるんだり・・・。

千代女に習って、綺羅な(布ぢゃなくて)紙をあれこれと
自分だけの楽しいひととき♡
by team-osubachi2 | 2016-05-23 08:55 | これが好き | Comments(2)

憩いの空間にした〜い!

えーっと、懸案事項の部屋の片付けはあいかわらず滞っております。
まあ、相方も忙しいからしょうがないんですけどネ。

段ボールの山を見ていると、だんだん「いらち虫」が頭をもたげてくるので(苦笑)
自分の気に入った空間にする方向にフォーカスする方が建設的ってものですわネ?

和室には仕事机を置いてるんですけど、着物箪笥もありますし、
なんとかしてここを我が家の憩いの和空間にしたいワケです。

f0229926_22181861.jpg

そこで、通販で棚(子ども用の整理棚なんだけど)をひとつ買いまして、
今日の午後、えっちらおっちら和室の段ボールを移動させてようやく棚を設置〜♪

f0229926_22184823.jpg

棚の後ろ壁にある電灯スイッチを隠すため、
ヨロン島でお土産に買った芭蕉布のタペストリーをかけて、
ためしにベランダから盆栽もどきに仕立てた紅葉をもってきて
琉球張り子と一緒に置いてみたところ・・・あら、ちょいといい感じ?

f0229926_22192382.jpg

三年前はヒョロヒョロだった紅葉もいまだに元気でいてくれて嬉しい。
(過去ログ/http://okakara.exblog.jp/20320855/

ま、今日のところはここまで、ですかね。
まだ少しずつ片付けも整理もして
いずれこの棚のそばにちゃぶ台を置き、座布団も敷いて
ゆっくりとお茶を愉しむのが目下のところの目標なんでゴザイマス。

しかし、なんて時間がかかるのかしら、暮らしを整えるのって・・・。ぷはあ〜。
by team-osubachi2 | 2016-05-19 23:01 | これが好き | Comments(6)

白い陶猫さん

まだ五月前半だというのに、はやくも梅雨のはしりのようなお天気・・・。
昨日出かけた先でずいぶん長く坐っていたせいか、
今朝起きたら身体中がこわばってバリバリと音がした(?)ので
ピラティスの呼吸を意識しながら
しばらく怠けていたストレッチを30分ほどやってから始動。
いやあ〜、やっぱり動かすのと動かさないのとでは違うね〜。

それからほどなくして宅急便屋さんが頼んでおいた通販の棚をひとつ運んできた。

リビングの段ボールはまだまだ片付かないけど、せめて仕事机(と着物箪笥)のある
和室だけでも自分の居心地の良いようにとセッティング作業を続けている。
長らく段ボールに入ったまんまだったおふくろさまの土鈴や
私がコツコツ集めて来たちいさな玩具や置物の
飾り場や置き処もその棚ひとつにまとめたいものだ。

f0229926_14585561.jpg

ほんのり粗めの陶肌をした白い猫さんのちいさな置物。
長らく仕舞いっぱなしだったのを久しぶりに出してみたものの、
ご免ね、どなたのお作だったかすっかり忘れちゃったよ。

ちょっとそこらでもう少し待っててくれたまえ。
この週末にはちゃんと居場所を決めてあげるから ♪
by team-osubachi2 | 2016-05-11 16:44 | これが好き | Comments(2)

むかしむかし宇都宮のあたりに天然痘が流行り、
ある村人が神まさに平癒を願い、病人へ食べさせようと
川へ釣りに出かけたところ、なんと黄色いおおきな鮒が釣れたそうな。

その黄色い鮒を病人に食べさせたところ病が跡形もなく治ったので、
その後、村人が感謝とともに、病除けに黄色い鮒を象ったものを
神さまに奉納するようになった・・・ってコトから
宇都宮の郷土玩具に「黄鮒」なるものが出来たらしい。

昨年宇都宮のお友達らを訪ねた帰りに、
土産物店で買い求めた張り子の「黄鮒」にぶら下がっていた栞で由来を知った。

f0229926_16302854.jpg

先日、おふくろさまの土鈴コレクションの形見分けを整理していたら
あれれ?なんと「黄鮒」の土鈴が出てきた。

いつどこで買ったのかまったく不明だけど、
母は土鈴を、娘は張り子をそれぞれに買い求めていたのが
いま一緒に丘の上の我が家にある。
嗜好って親子で似ることもあるのかな・・・?

f0229926_15521456.jpg

ついでながら、うちは宇都宮『たまき』さんの黄ぶな最中も
可愛くて大好きであ〜る♡

どういうわけか東京生まれの姑どのの実家のお墓も宇都宮にあって
年に一度のお墓参りへ付き添うこともたびたびあり、
宇都宮と我が家は不思議なご縁でつながっている土地のようである。
by team-osubachi2 | 2016-05-05 16:50 | これが好き | Comments(6)

明日はこどもの日

世の中は大型連休真っ盛りであるが、
我が家はまったく普段の休みと変わりない毎日である。
あいかわらず相方の暗黒物質の整理は遅々として進んでいないが、
それでも今日は一日家に閉じこもって二人で片付け作業に精を出した。

f0229926_22444672.jpg

一昨年身罷ったおふくろさまがコレクションしていた土鈴の中から
私好みの(どちらかといえば土着的な)ものを選んで
形見分けのようにして丘の上に持ってきておいた箱もようやく整理。

えーーーっと、これは?・・・大津絵の藤娘だね、うん、たぶん。
おっと、藤娘だなんて、花はもう盛りもいいところじゃない。
いま出さずにいつ出しますか?!

f0229926_22481443.jpg

そうたくさん持ってきたワケではないけれど、
何を積めてきたのかさえすっかり忘れていて、薄紙を外して確認がてら
季節にあいそうなものを選んで箱膳ステージ(?)の上に適当に並べてみる。

そうか、明日はもう「こどもの日」なんだなあ〜♪
今日は朝から晩まで、いかにも“青嵐”といった強い風が吹く一日であった。
by team-osubachi2 | 2016-05-04 23:02 | これが好き | Comments(0)