カテゴリ:これが好き( 125 )

むかし教育テレビで放送された映画でみたバレエ映画『赤い靴』。
子供のころから大人になるまでバレエ大好き女子だったから
今年に入ってBSでも二回くらい放送されたのも、好きでついつい見てしまうの。

f0229926_10571747.jpg

主演のモイラ・シアラーさんの踊るシーンを見ているといつも思い出すのが
同じサドラーズ・ウェルズ・バレエ団(現在の英国ロイヤル・バレエ団)にいて
その当時大活躍されていたのマーゴ・フォンテインさん♡

残念ながら、そのマーゴ・フォンテインさんが現役最後の来日のときは
まだ田舎にいた私は間に合わなかった。

でも、ありがたいことに、教育テレビでBBC制作の「The Magic of Dance」という
バレエの歴史と魅力をまとめたシリーズを放送してくれたおかげで
それを録画し、くり返しくり返し、こころゆくまで(それこそテープがお釈迦になるまで)
デイム・マーゴ・フォンテインの優雅なバレエを見ることが再生で見ることができたのだった。

この番組のシリーズがないものか(書籍は当時に読んだ)探してまわれどもいまだ発見できず。
BBCがDVDを出してくれると嬉しいんだけどなあ〜。

でも、いまはネット時代。先日『赤い靴』を見たあと、ネットで探してみたら、
当時の番組の一部をアップさせたとおぼしき動画を発見!
こんなときは素晴らしいね、ネット動画も!って心から思う。

おかげさまで、何十年ぶりでマーゴ・フォンテインさんのローズ・アダージョを再見できた♡
チャイコフスキー作曲の大作バレエ『眠りの森の美女』の一場面。
この動画のバレエシーンの前にちらっと映ってお話されているのは
マーゴ・フォンテインさんご自身で、チャイコフスキーのお屋敷を訪れ、
彼の功績をお話されていた回のものだったと思う。

どんなに高く足があがっても、どんなにはやく回転できても、
(もちろん身体能力はうんと高いにこしたことはないのですが)
そこに美しさや芸術性がなければ世界でも有数なプリマにはなれない世界なのよねえ、きっと。
画像は粗くてひどいものだけれど、今あらためて見てみても、
この方の芸の大きさと優美さに鳥肌がたつ。

ご興味のある方はどうぞご覧ください。
画像の粗さは、たとえて言うなれば、ドガの絵画のように思っていただけたら・・・。




by team-osubachi2 | 2017-07-20 11:54 | これが好き | Comments(4)

若いころってどうしてアレも欲しい!コレも欲しい!って物欲に情熱を燃やせたのかなあ?

もちろん今だって欲しいものはないワケじゃないけど、
なんだかこの数年で欲しいものってうんとうんと減った気がする。

世代違いの流行は追う必要もないから独身時代に買ったものがまだまだ活かせるし、
以前ほどあちこち出かけなくもなったし、
本当に好きなものをくりまわして使えばそれで結構満ち足りてたりする。

現実問題として、いまは新しいものを簡単に買えるような個人的経済じゃないせいもあるけど、
でも、おそらくたとえ経済問題が解決したとしても、
「必要じゃないものはもう要らない」ってことを学んだのだと思いたい。w

まあ、多少の無駄も暮らしの余裕って部分では必要なんだろうけど。

若いころに買って、だいぶ仕舞いっぱなしだったもの、
好きでとってあるならもっと活かしてあげたいじゃない?と思い、
独身時代に青山店で買った「Comme des Garçons」と「吉田カバン」のコラボバッグ。
久しぶりに出してみたら、ん?あらやだ。なんだか持ち手がベトつく。
なんでかな?まさか手脂とか?いやあ〜・・・?

f0229926_11024540.jpg

上雑巾で拭いても、シンナー系のディスペンサーを含ませたタオルでそっと拭いても取れないので
思いついて縮緬の端切れで擦ってみたらばだいぶマシになった。

絹の艶布巾って聞いたことはあるけど、微細な汚れも取れるのかな?
うん、これでまたいつでも使えるね ♪

f0229926_11031333.jpg

ちなみにちょこっと検索してネットオークションに出てる値段を見てみたら、、、
あらま、新品はおろかusedでもこんな値段で取引が?!
一瞬「¥」マークが目前に浮かんだけど、いやいや、これからも自分で使いますよ。

自主的「もっと活かそう!むかし買ったもの」キャンペーン、随時展開ちう〜 ♪


by team-osubachi2 | 2017-07-14 11:18 | これが好き | Comments(2)

白い日傘

和傘の飾り糸の美しさは、差した人にしかわからないと思う。

しとしとと雨が降る日などには、少しばかり持ち重りのする和傘だけれど、
目線をちょっとあげたときに彩成る糸が目に入ると嬉しさがこみあげてきて、
一人悦に入るとはこういうことをいうのかな?などと思ったりする。

恩師のように思っていた方から譲り受けた紫の傘は、いま私の手元にある。

f0229926_163153.jpg

以前私が持っていた朱い傘は、若く溌剌とした着物好きさんの手元へ嫁入った。

f0229926_16124960.jpg

そして、雨傘よりひとまわり小さいこれは白い「日傘」。

f0229926_07504552.jpg

このタイプはひょっとして踊り用としてもよく作られているものだろうか、
長い柄のところは取り外し可能な二段方式になっている。

f0229926_07510980.jpg

付属品だった袋も、自分なりに工夫して、取り外した柄が傘にぶつからないようにしたり
共布を切って紐の先に丸いポンポンをつけたりして、
ほんの数度ばかり愉しんだけれど、この何年かはもう仕舞いっぱなしだった。

f0229926_07505602.jpg

なんというか、このごろは暑い夏も降ればいきなり土砂降りというお天気が多く
無粋でも晴雨兼用の傘の方がうんと活躍してくれている。

そこで、この日傘も朱い和傘の持ち主に贈ることに・・・。

f0229926_07512295.jpg

ふたつ返事で引き受けてくれたこの若い着物好きさんの活躍ぶりは素晴らしい。
この傘も今後もっと活躍の場が増えるにちがいない。

人から人へ傘の縁・・・引き受けてくれて、どうもありがとう♡

by team-osubachi2 | 2017-06-23 08:18 | これが好き | Comments(2)

前にも書いたけど、ビーズバッグが好きである。
そんな私が昨日Facebookをみていて気になったトピックがコレ↓

昭和に流行った「ビーズバッグ」は捨てちゃダメ。その理由に驚かされる!/Dounut News

着物のリサイクル店やアンティーク店などでも見かけると、つい手にとって見てしまうくらい好き♡
とくにコレクションはしてないけど、心惹かれるお洒落アイテムのひとつである。

以前実家の片付けで整理したさいに出てきた白い花のビーズバッグはどうしたかな?
たしか姪っ子のところへいかなかったかしら?
そして、たぶん祖母から母に下がって持ってた紫色のものはコンディションもよかったので
自分で手入れして、いま使っている。

f0229926_13080433.jpg

それと、もうひとつ私の手元にあるのは、二十代の後半に
友だちが帝国ホテルで結婚披露宴をあげるというので、銀座へバッグを探しに行き、
「白牡丹」さんでだったか「くのや」さんでだったか(いまやそのどちらもなく・・・)、
見事なものはとても私なんかが手が出せる値段じゃなかったけれど、
それでもぐっとお手頃な(全面ビーズで埋められていない)ものを見つけて嬉しかったなあ。
すでに時代は平成になっていたものの、
佐賀錦にビーズが刺してあるってだけで、なんだか昭和なイメージ。

f0229926_13081736.jpg

結局使ったのはその披露宴のときと、なにやらのパーティーのときとか、
せいぜい二、三回だけど、これはなぜか持ってるだけでシャーワセ〜♡なバッグだから
今回写真を撮るのに出して、しばし愛でてから箱に戻して棚の奥へ仕舞っておいた。

そういえば以前NHKの「サラメシ」でビーズ工場のランチタイムを紹介していて、
そのときはじめて粒々のビーズがどうやって造られているのかを見たけど、
丁寧に造られたキラキラしていて本当に綺麗だったな〜♪

工芸ライターの田中敦子さんからいただいた情報によれば、
首都圏では『柏ビーズ』さんがまだがんばっていらっしゃるとのこと。

柏ビーズ(浅草オレンジ通り店)http://orange-st.jp/shop/asakusa-kashiwabeads/

おお〜♡ことさらなコレクターじゃないけど、次なるターゲットはビーズのがま口かなあ〜♪

昭和の古いビーズバッグ、どうか捨てずに保存してもらうか、
または素材として活かせる道があるといいなあ〜って思う。

by team-osubachi2 | 2017-05-30 13:17 | これが好き | Comments(6)

ブリューゲルのバンダナ

先週末、相方が美術好きの従弟さんと見に行って来たというブリューゲルの『バベルの塔』展。

まあ、内容等については見ていないので知らないのだけど
本丸にたどり着くまでに前座が長すぎというウワサもきこえてくる。

個人的には、相方の買ってきた図録に付いてた
実寸大「バベルの塔」の折り込みポスターで見られただけで良しとしよう。

で、相方がお土産に買ってきてくれたのがブリューゲルの版画のバンダナ♪
アラ!なんかいいじゃないの?!コレ〜!!

f0229926_19490177.jpg

ブリューゲルの前に開催してた版画の展覧会、見ておけばよかったなあ〜。
(去年か一昨年だったかな?なんて調べてみたら、もう7年も前のことでビックらこいたー!)

ふと思いついて、私に似てるコはいるかなあ?と天眼鏡片手に探してみる。

・・・およ?・・・これかしら?・・・犬?子羊?w

f0229926_19493569.jpg

相方に似てるのも探してみようかな?

・・・・・・あ?!・・・これ、似てるかも。虫ね?虫。w

f0229926_19500762.jpg

うーむむ、ブリューゲルってやっぱり変わり者だわ。

いろんなモチーフ見て愉しめそう。
使い勝手のよさそうなバンダナ、どうもありがとう!


by team-osubachi2 | 2017-05-24 19:59 | これが好き | Comments(2)

琉球のユッカヌヒー

私が持っている琉球紅型のものは帯が一本だけ。

すでに故人となられた知念貞男さんという方が染められた琉球張り子「闘鶏」。
この染め帯と出会ったことで知ったのが旧暦で祝う沖縄のこどもの日「ユッカヌヒー」。

今年の旧暦端午の節句は5月30日。
なので「ユッカヌヒー」はその前日の29日だそう。

「ユッカヌヒー」とはつまり「四日の日」。

子供たちの健やかな成長を祝う端午の節句の前の日は、
琉球の子供たちにとってはおもちゃを買ってもらえる日なんだそうな。
今もそうなのかな?知りたいな。

そんなワケで、今月の後半は「ユッカヌヒー」をお題に棚を飾る。

f0229926_14384534.jpg

上段には現代の琉球張り子作家・豊永盛人さんの張り子を置く。

背景に下げた四角い布は、もともと八寸帯だったのを切ったもの。

・・・え?帯を切った?

f0229926_14391908.jpg

・・・です。もうクタクタで締められないなあと思ったもので。

でも、このすくいで織りだされた枇杷の柄がとても好きで、
なんとかそこだけは活かせないかと、お太鼓と前柄部分だけ切って手元に残しておいた。
で、これもようやく場を得て飾れるようになったというワケ。

二段目に置いたのは、おむすびの上にのったユーモラスな雀と、
黄色い、これは鳩・・・かな?

f0229926_12105755.jpg

三段目には、無病息災にちなんだ黄鮒(宇都宮)の土鈴の下に、
これも切った枇杷帯の前柄部分を敷いて、と。

f0229926_12111076.jpg

最後に万両の葉っぱを上段の両脇において、ちゃらら〜ん!

手作り金太郎に続いて、沖縄の端午の節句飾りの出来上がり〜♪

f0229926_12104453.jpg

今年は沖縄が返還されて45年になると知ったのはつい3日前のこと。
かの地も抱える問題は山ほどあるんだろう。

どこのどんな子供たちも、みんなみんな、どうか健やかであれ。

by team-osubachi2 | 2017-05-18 14:44 | これが好き | Comments(2)

はたきは働きもの

私の箪笥にはリサイクル着物や、お福分けでいただいた着物が多い。
そのまま着ることもあるけれど、ほとんどはまず洗い張りをして仕立て直して着る。
そうすると新しいものに替えたりして、古い胴裏がどうしてもいくつか溜まってしまう。

もう使わないだろうなあ〜、ヤケた古い胴裏なんて。
でも絹だし、それも洗ってあるからツヤツヤしてて、
捨て魔の私でもすぐには捨てられない代物・・・。

f0229926_19523637.jpg

昨日の午後のこと。突然筆を放り出し、
うちにある竹の棒(近所から拾ってきたもの)と、その胴裏を取り出し、
ネットで作り方を検索して、記事に書いてある通りに
布端にハサミで切れ込みを入れてビャー!ビャー!っと布を裂きはじめた。

f0229926_19530249.jpg

ま、短冊の枚数としてはこんなものかな?ほつれ糸も取り除いて・・・と。

f0229926_19532820.jpg

裂いた短冊を揃えてAmazonの空き箱に置き、真ん中にまち針を一本突き刺しておく。
こうすると短冊を放射状に広げやすいでしょ?

f0229926_19535980.jpg

枚数減らした方がよかったかな?まあいいや、今回はこれでいっちゃえ。

まち針をはずして、そこへあらかじめ棒先に木工ボンドで
細く裂いた布を巻いて貼り付けておいた竹の棒をセンターにおいて、と。
(べつにそんな面倒くさいことはしなくてもいいんだけど、
こうしておくと布が滑らずちゃんと止まってくれそうだもんだから)

f0229926_19543033.jpg

棒先をそっと短冊でくるんだら、いったんくるんだ棒先を輪ゴムでがっちり留めておき、
それから逆さに返して、あらためて頭のところを細紐でしっかり巻いて結び留めれば、

f0229926_19544665.jpg

あっと言う間に「はたき」のできあがり〜〜〜♡

f0229926_19550351.jpg

和室に飾り棚を置き、おふくろさまの形見の土鈴なんかを飾るようになってから一年ほど。
一度飾ればひと月ほど放ったらかすものだから、どうしても塵や埃がつもってきちゃう。
うっかり掃除するとせっかくの彩色が薄汚れてしまうし、なんとかしたいと思ってたんだ。

で、「はたきってものがあるじゃないか?!」とハタと思いついた!
それも胴裏の絹布でこさえるはたき!・・・なんでもっと早く思いつかなかったかな〜?

そうそう、玄関に鎮座している乙川の招き猫さんらも、これではたけるね〜♪

f0229926_19553059.jpg

あらやだ、これじゃまるでお祓いみたい・・・?w

今回作ったのは、お飾り用に使うための小ぶりのはたき。
短冊も柄にする棒ももっと長くすれば、棚や電灯の笠など家具向きにもなるね。
家にある古着でいろんな柄もので作ったらそれはそれで楽しいのが出来るだろうし、
汚れても、胴裏や八掛けならまだまだあるから、すぐ取り替えられるしね。

うん、いんでない?このはたきはきっと働きものだわ♡

by team-osubachi2 | 2017-05-12 20:22 | これが好き | Comments(6)

アケビのかご

えーっと、今日は最高気温何度までいったんだろう?
暦の上ではすでに夏。でもって今日は暑さもしっかり夏だった。
こんな陽気になると手にしたくなるのが蔓を編んだかご。

着物好きのや手工芸好きの女性たちの間で人気のかご。
このごろはヤマブドウやクルミが大人気のようだけど、
私のはヤマブドウよりちょっと持ち重りするアケビのかご。

二十数年前に世田谷のボロ市で買ったもので、
何回か砕いたクルミを手ぬぐいでくるんで磨いてきたせいか、いまも表皮には艶がある。

何年か前、ただ一箇所、持ち手とカゴ本体のつなぎ目が傷んだときに
補修してくれるところがなかったのには困った。
秋田だか青森だかから大量のかごを運んできておばちゃんが切り盛りしていたお店は
いまもボロ市に出店し続けているかは不明だし、
手提げかごを扱っているようなお店にも「他店のものはお受けしていません」と断られ、
藁にもすがる思いで、ヤマブドウのかごを扱っていた某呉服店の社長にお願いし
つなぎ目だけ仕方なしにヤマブドウの蔓で直してもらったかごである。

f0229926_21473723.jpg

たぶん私の荷物が重すぎるのだ。
震災以降持ち歩いている非常用ポーチのほかに、スマホの充電池とかも重いからなあ。
そこへもってきてミネラル水だの日傘だのも差し込んで持つからよけい負担がかかるのだろう。

今度またどこか傷んだらどうしようかしらん???
傷む前に荷物を減らせ・・・って?・・・そうね。考えておくわ。

持ち手の表皮の巻きと、本体とのつなぎ目はことに大事にしておかなくちゃ。
この夏もかごを傷めないよう気遣いつつ、でも存分に活躍してもらおう♪

by team-osubachi2 | 2017-05-08 21:52 | これが好き | Comments(6)

紺定の金太郎

私の飾り棚には端午の節句に飾れるようなものがないなあ〜と思っていたところ、
この春ちょっとした出会いがあって、今月になってにわかに動きはじめた私。

まずはスケッチを描き起こしてみる。・・・うん、まあ、こんなところかな?

f0229926_16523938.jpg

続いて、前に別件に使うつもりで買っておいた子供用の紙粘土を物置き棚から出し、

f0229926_16525740.jpg

ペットボトルの底を切って土台にし、紙粘土をねりねりコネコネ・・・っと。
紙粘土をいじるのなんて、子供のとき以来だけど楽しいもんだネ〜♪

あんまりキッチリ造り込まないところで切り上げておく。
少しくらい歪んでる方が素朴さが出るもんね。

f0229926_16531101.jpg

数日乾燥させたら手持ちのガッシュで彩色。

このあたりを塗ってる間はまだ鼻歌が出るくらい余裕ぶっこいてたけど・・・

f0229926_16534547.jpg

お顔を描くときはむちゃくちゃ緊張しちゃった〜〜!!

私のじいじの天眼鏡使わないととてもじゃないけど細かいところは描けない。

f0229926_16540796.jpg

一気呵成に色をつけたら、またひと晩乾燥。

そして今日、朝から飾り付けにとりかかった。
まず、押入れから取り出したるは、ジャーン!田中御大の「紺定の金太郎」!
・・・の腹掛けですね、正しくは。

f0229926_16532974.jpg

これと出会ったおかげで、何か置き物を自作しようと決意したのであ〜る♪

なんてね、ホントは最初は可愛い金太郎さんはいないかな?と
ネットで探してはみたものの、気に入るようなものはひとつもなかった。
どこか出歩いてわざわざ探すような時間もないし、正直言うと予算もない。
だったら自分で作ってみようか?材料ならうちにあるし・・・。

ーーー かえぬなら こさえてみせう きんたろう ーーー

せっかくなので、紺定金太郎の布につけてある白い紐も活かしたくて、
近所の公園から拾ってきた竹を切って紐通しに通し、
首ひもをりぼん結びにしてみたら、いいアクセントになった気がする。

友だちからもらった麻布の端切れを敷いて、その上に紙粘土の金太郎を置き、
菖蒲がないのでベランダの鉢に生えていたヒメヒオウギの葉を切ってきて花器に挿し、
金太郎の両脇に置いたら、はい!端午の節句飾りの出来上がり〜♡
一応大人向けにシックにしたつもり。w


f0229926_16542168.jpg

金太郎さんのお顔、見てるとなんだか自分も赤ん坊のときは
こんな顔してたんじゃないかって気がしてきた。

銭湯で湯上がりポンポンしてもらってるときでも、
「あれえ〜♪なんちゅうかいらしい坊やかねえ」・・・と言われていたらしいから。

f0229926_16543560.jpg

どうかこのお顔に自分で飽きませんように。w

ともあれ、なんとか季節に間に合ってよかった、よかった♪
御大の紺定金太郎以外はぜんぶ手持ちで賄えたところがなんともありがたい。

f0229926_16544859.jpg

連休中はとくにこれといった予定もないし、
この棚の前でちゃぶ台出して、柏餅でも買ってきてゆっくりお茶でもしようかな♪

さあ、明日から大型連休ですね。
どなたさまも、どうぞ楽しい連休をお過ごしください。

by team-osubachi2 | 2017-04-28 18:12 | これが好き | Comments(8)

ズビズバの歯

私の台所仕事の大事な相棒の一人(?)、食器洗いスポンジのズビズバくん。
(過去ログ:http://okakara.exblog.jp/25157059/

先日、また新しいコの交換してほどなく・・・あら?

f0229926_09190420.jpg

今度は歯が生えてきたようです。w

by team-osubachi2 | 2017-04-14 09:24 | これが好き | Comments(2)