カテゴリ:これが好き( 110 )

ちびた鉛筆

透明水彩という画材が大好きで、それを自分一生の画材と決め、
かれこれもう二十数年になるけれど、その透明水彩と同じく好きな画材が鉛筆♡

もっぱら2Bか3Bのやわらかいのを使う。
ちびてくるとホルダーにかませて使うのだけど、
それも2〜3センチになるとホルダーでもぐらついて使いにくくなるのでそこで寿命にする。


f0229926_11361471.jpg


先日、動画で鉛筆の製造方法を見た。
この製造法は約200年ほとんど変わってないというから驚き。

早回しで見る鉛筆の作り方/日本経済新聞映像

へええ〜!なるほどなあ〜。
じゃ鉛筆って誕生して200年なの?と思って調べてみたら・・・

鉛筆の歴史・えんぴつが生まれたのはどこで?いつごろ?/日本鉛筆工業協同組合

なあ〜んだ、コンテだのファーバーだのといった名前になじみがあっても
メーカー名としてしか認識してなかった。
そっか、人の名前だったのね。ははは、今ごろ知るなんてね。

余談だけど、このごろの美術館では
ボールペンやサインペンなどの使用は禁止されてるけど鉛筆なら館内でも使えるんである。

シャープペンシルも登場して久しく、子どもも減って生産数は減ってるそうだけど
私はこれからもどしどし、でも大事に使うよ〜♪

by team-osubachi2 | 2017-03-07 11:45 | これが好き | Comments(2)

来月の月日荘(名古屋)での会にむけて、けろ企画さんの御大レポートが続いている。
先日のブログの中に、

「慌てた仕事をしない」

というひと言を読んで、だら〜んと座っていたこちらの背筋までもが、
いかんいかん!と、急にスッとのびた感じがした。

「そうは紺屋が卸さない−2」by けろ企画
http://kerokikaku.exblog.jp/23867104/

そして思い出したのが、二、三年も押入れに仕舞いっぱなしだった御大の端切れ。
中幅のゆるやかな波模様は、はて、バッグにしようか、巾着にしようか、
それとも他に何か出来るかな?と思ううちにすっかり失念してしまっていた。

f0229926_12263452.jpg

押入れから引っ張り出して長さを計ったら154cmほど。
あら、もしかしてショールサイズの範疇かしら?
それなら何かをものを作るのはやめて襟巻きにしちゃおうか ♪

思い立ったら吉日!
さっそく糸切り鋏でちょきちょきと端ミシンをぜーんぶ解いて一度水洗い。
布端はあえて切りっぱなしにして・・・。

f0229926_12271907.jpg

こんななんでもないこと、どうしてすぐに思いつかなかったのかな?

春はもちろん、夏場も冷房対策は必要な時代。
首に巻いたり肩に羽織れる布はある意味消耗品なので何枚あってもいい。

f0229926_12274462.jpg

リネンやコットンのコートやシャツ、デニムとの相性も良さそうで嬉すい〜〜♡

*******************************************

正藍型染師 田中昭夫の新作染め帯と、若い衆とのコラボ展@月日荘(名古屋)
(*この展示は終了しました)

御大こと田中昭夫さんの新作も含めた染め帯、
月日荘さんによれば、なんと五十反はまず出るようです。
また御大の端切れを使った若い衆のコラボ作品もぞくぞく集まっているようです。

詳細は以下をご覧いただき、尾張名古屋はもとより、近畿東海、中部に関西、関東などなど、
ご興味のある方、お越しになれる方はどうぞお出かけください♡

正藍型染師 田中昭夫/月日荘展特設サイト

月日荘/Facebook

正藍型染師 田中昭夫(カテゴリ)/けろ企画(blog)

by team-osubachi2 | 2017-02-25 21:20 | これが好き | Comments(2)

今年の雛飾り

一昨日は関東地方に春一番が吹いた。
そして昨日は二十四節気の「雨水」。

そういうタイミングで、ようやく私の古いお雛さまを出して、二年ぶりに飾ってさしあげた。
(去年は姪っ子がプチ寄宿にきてて、部屋の模様替えでドタバタしてたからな〜)

f0229926_01104110.jpg

メインの立ち雛お二人さまの後ろがちょっと中途半端ね。
機会があれば、屏風か几帳みたいなのを見つくろってあげられたらいいな ♪

ひな人形のお顔は時代によって変わるけど
昭和のころに作られた私の立ち雛さんはどちらかといえば凛々しいような・・・?
お内裏さまよりも姫さまの方がしっかりしてそうだ。笑

f0229926_01105997.jpg

飾り棚の下には、むかし京都駅の売店で買ってきた雛壇と
伊東屋だかでみつけた金屏風にぼんぼり、粘土でできた桜と橘と菱餅も並べてっと。

f0229926_01112135.jpg

友だちのママのキクコさんがこさえたミニミニお手玉やちいさな手鞠も。

f0229926_01114667.jpg

実家の「ははコレ」からサルベージしたミニミニ立ち雛さんも ♪

ちいさくてもとても丁寧に作られていて、お顔はもちろん、お召しものの模様も
手早く、でもひと筆ひと筆丁寧に筆を動かして描かれたお顔や模様の綺麗さをめでたい♡

f0229926_01113426.jpg

子供のころは、立派な段飾りが羨ましかったものだけど
この年になると、出したり片付けたりする手間が要らない
御本体だけのシンプルなお雛様でかえってよかったわあ〜というのが本音だけど
それでもこうやって飾ると、そこだけパアッと花が咲いたように華やぐから不思議だね。

目下の課題は、飾り棚に日々積もる細かい埃を払う
「はたき」を手作りできないものかと思案中。
お雛さまのお顔の白さをなんとかして守ってさしあげたいものだ。

by team-osubachi2 | 2017-02-19 12:27 | これが好き | Comments(0)

寒い朝のゆず茶

いつものことだけど、立春のあとに本当の寒さがやってきたりする。
まあ、あわてて春になる必要もないから、いまのうちに去りゆく寒さを楽しもうか。

過日友だちがおすそ分けしてくれたゆず蜜。
どう使おうかぼやぼやしていたら、今度は他方からゆず酢のおすそ分けを頂戴した。

あら?このふたつをあわせてお湯で割って、ゆず茶にしてして飲むと美味しそう ♪

f0229926_08584705.jpg

普段はお白湯に広島のレモン果汁を茶匙半分ほど入れたものを一杯飲んでるんだけど
寒い朝に一杯のゆず茶もいいね。おかげで目覚めスッキリ!!

さ、今日も一日元気にいきまっしょ。

by team-osubachi2 | 2017-02-13 09:12 | これが好き | Comments(3)

デニムスカートの下に

お気に入りのバルーン型のデニムスカートが一枚ある。
フルレングスだけど軽いオンスだから生地が薄いのよね〜。

なんとかしてこれを冬にもはけないかしらん?
新しいものを買うより、手持ちを活かしたい心境。

f0229926_17142057.jpg

春と秋なら、下にヴィンテージの風呂敷から作ったペチコート風のものを
下に重ねてはくからいいけど、さすがに真冬にはこれだけじゃ寒い。

f0229926_1557268.jpg

で、思い出したのが和装用に買っておいたフランネルの裾よけ。

f0229926_15163610.jpg

寒がりのくせに、なぜか着物を着るときはストッキングやタイツははきたくないたちで、
防寒にいいかな?と買ってペチコート風に直しておいたものの、
やっぱりどうにももたつくので、数回はいただけで仕舞っておいたのを
押入れから引っ張り出してきて、スカート丈にあわせて裾あげだけしてすぐに完了!

f0229926_15252639.jpg

とっておいてよかった〜。なんでもっと早く思いつかなかったかな?
どのみち摩擦係数やたら高いから多少は歩きにくいだろうけど、
着物のときよりはばっさばっさと歩けるでしょ。

それにコットンフランネルの肌触りって好きなんだよね〜♡
これでお気に入りのデニスカ、寒い季節にもはけるわ〜!ルン♪

by team-osubachi2 | 2017-02-08 17:45 | これが好き | Comments(4)

お白湯

ここんところの寒気の吹き出しで、山陰地方にドカ雪とのこと。
独居のご年配のお家などは雪かきもできず大変なこととお察しするばかり。

かたや晴天続きの関東は、お日さまの恵みはたっぷりあるけれど
ものすごく乾燥していて、体内の水分も減ってしまって指先はカサカサ。
おかげでスマホの指紋認証ではじかれてしまうほど。w

ジャスミン茶、コーヒー、紅茶などを飲むけれど、
それでは足りないようで(それなりに体外に出てっちゃうしね〜)
もうこんなに乾燥がキツいときは、朝昼晩にたっぷりマグカップ一杯のお白湯を飲む。

f0229926_08444638.jpg

そういえば、先日見た映画『沈黙』の制作ドキュメンタリーの中で、
長崎奉行が湯のみでお白湯を飲むというわずかなシーンで
英訳だと「お茶」になってしまっているが、原作では「白湯」とあるそうで、
そのちょっとした違いをひとつひとつ確認していったというエピソードがあったけれど
・・・そうか、お白湯を飲む習慣って欧米にはないのかね?

毎朝起き抜けに口にするのはコップ一杯のお白湯。
(わずかに広島産のレモン果汁を茶匙半分ほど垂らすことも)
猫舌の私は熱々に少しだけ水を足してごくごくと飲むのだけど、
お腹の調子を整えるのにもお白湯はいい気がする。

今日も関東は晴れ。・・・乾燥注意報は?
出ていても、出ていなくても、年中朝はお白湯からはじまる我が家である。

by team-osubachi2 | 2017-01-25 09:06 | これが好き | Comments(6)

本日大寒

天気予報によれば、今日の関東は午後から冷たい雨。
内陸部や山岳部では雪になるかも・・・と言っている。

昨日、ようやく正月飾りを片付けて、
おふくろさまのコレクションから頂戴した鬼の顔の土鈴を棚に飾った。

ついでに、田子作の顔、おかめひょっとこの顔・・・の土鈴も一緒に。

f0229926_09574329.jpg

どういうワケか、おふくろさまの土鈴コレクションには
鬼の顔の土鈴がいくつもあったのだけど、
中でこれが一番愛敬があるかな?と思う一個だけ丘の上に持ってきた。

どういうつもりで鬼の顔ばかり三つも四つも買っちゃったんだろ?
おそらく本人は無意識だったろうけど・・・。
ま、買った当人もいまや鬼籍に入ったんだし、無意味な憶測はやめておこうか。w

そういえば、お福さんだけの顔の土鈴ってなかったなあ。
それじゃ、いつかどこかでいいお顔のお福さん土鈴に出会ったら私が買おう。

本日大寒。どなた様もどうぞあたたかくしてお過ごしください。
春、遠からじ♡

by team-osubachi2 | 2017-01-20 10:04 | これが好き | Comments(0)

ちいさな縁起物

旧暦でいえば今日は霜月の晦日。
でもって明日からが師走らしい。

歳かなあ〜、陰暦の方がなんとなーく「感じがわかる」気がすることがある。
でも、カレンダーでいえば今日はもう12月28日。
少しずつだけど、出来る範囲で新年を迎える支度をする。

f0229926_18055320.jpg

東京に出て一人暮らしをはじめたころから、
なぜかちいさな飾り物が好きになり、こつこつと集めては、
本棚にしていたカラーボックスの上に飾って一人悦に入っていたものだけど、
そういうのって歳をとっても変わらないものなのかもね。

またお正月用の縁起物には可愛らしいのがい〜っぱいあるから
捨て魔の私でも捨てることができず長年大事にとっておいた
ちいさな縁起物を出して飾り棚へ並べてみた。

ついでに、おふくろさまがむかし手遊びに作ったものも置いてみた。

f0229926_18061877.jpg

これは梅模様かな?村の婦人会ででも習って拵えたものか、
そういえば、実家でのお正月には玄関の下足箱の上に飾ってあったような気がする。
縮緬の座布団も縫ってあったので手鞠の下に敷く。据わりがいい。

紅白の椿の匂い袋は、これも婦人会で教えてもらったものだろうか。
私の場合、自分の身につけるものにしか触手が動かないのだけど、
こんな縮緬細工や巾着、お手玉、手鞠、刺し子の花布巾だの
なんやかや手遊びで気を紛らわせていたようだ。

あ、しまった・・・花芯の袋に入れられるお香、新しくしておけばよかったなあ。

f0229926_18063582.jpg

嬉しいなあ、もちろん新年を迎える寿ぎの意味あいもあるけど
我が家の季節の彩りと、何より自分の喜びのためのお飾りであ〜る ♪
あとはセンリョウだけ買ってきて、ちょこっと活けて添えれば完了!

あー、年賀状まだ終わってないよ〜〜〜!!

by team-osubachi2 | 2016-12-28 22:07 | これが好き | Comments(2)

新しい手帳

えっと、今日は12月の27日。
なーにやらなきゃいけないんだっけか???

何やるべきか順番を浮かべようとするのに
な〜んにも浮かんでこない。・・・眠いのか?
頭の中が少々とっちらかったまんまでストップしてしまっている。

f0229926_09401112.jpg

ぼちぼち年明けの予定も入り始めている。用意しなきゃしなきゃと思いつつ遅れて、
ついこのあいだようやく新しい手帳を買った。

ま、手帳を新しくできただけでもまずはよし。
今年も結局は「無理するな〜、あわてるな〜、焦るな〜」って
身体から言われ続けたような気がする。

ここへきて焦ってみたところで、出来ることには限りがある。
あわてず騒がず(これ、今年何回自分に言い聞かせてるかしらん?笑)、
目の前のことをひとつ、ひとつ。

by team-osubachi2 | 2016-12-27 09:49 | これが好き | Comments(0)

はじめて羽海野チカさんのお名前を知ったのは糸井さんとの対談を読んでだった。

「恋、みたいなものーようこそ、羽海野チカさん、ほぼ日へー」/ほぼ日刊イトイ新聞

うわ〜、あれえ〜?・・・これって2011年4月のことでしたか???
震災直後でまだまだそっちにばかり関心がいってしまい(輪番停電とかもあったし)
お名前と将棋の漫画描いていらっしゃるってことしか覚えてなかったけれど、
糸井さんとのお話だからかな、やっぱり人のことに触れていて
なんとなくそういう漫画描く人なんだなってことしか記憶になかった。

でも当時の私にはそれで充分だったんだな、きっと。
で、私にご縁が訪れたのはこの秋からだった。
アニメが始まるって予告を見てすぐに連ドラ予約入れておいた。
漫画ファンの人々からすれば「今ごろですか?」な話だけど
もうすっかりハマってしまって毎週楽しみに見ている。


BUMP OF CHICKEN 『ANSWER』TV size ver.



ついでに言うと、今年の春、ラジオからバンバン流れてきていた
BUMP OF CHICKENの『Butterfly』を歌う
ヴォーカル藤原基央くんの歌声が気になり出していたところへ
アニメーションでもテーマ曲が流れ出すと、とうとう逆らえなくなって
こちらでもすっかり“にわかファン”になって、しばし浴びるように聴き始めたのだった。
(・・・あ、第2クールからは違う人の曲に変わっちゃうの?はいはい)


BUMP OF CHICKEN meets 3月のライオン


将棋世界と下町(と日常のご飯とか/笑)をベースに描かれる人間模様がとてもいい。
こんな心の様子を描けるなんて、すごい漫画家さんだなあ〜、と
あらためてほぼ日の羽海野チカさんのお話を読み返してみたら・・・
あ、そっか。なるほど、そういう御仁でいらっしゃるのだった。だから描けるのですね。

しかしBUMPの藤原基央くんの声はいいなあ〜。好きだなあ〜♡
個人的には仲納良恵さんと双璧をなすくらい好みの声質だ。
自分の中から詩が生まれ、それを歌として歌えるってこと自体スゴイことだけど
声は天からの贈り物、持って生まれた宝物だね。

年明け1月3日と4日には第一話から今週末放送分の第11話まで一挙放送されるそうなので
ご興味のある方はぜひ!

テレビアニメ『3月のライオン』公式HP

by team-osubachi2 | 2016-12-22 14:25 | これが好き | Comments(2)