カテゴリ:これが好き( 115 )

鳥越神社の犬張子

昔ながらの暦でいうと、今日3月2日は戌の日だそうだ。しかも大安。
今日は全国いたるところで、戌の日参りをする妊婦さんが
たくさんいらっしゃることだろう。

先月取材で訪れた鳥越神社でみつけた籠被りの犬張子。
手作りならではの素朴さといい、とぼけた顔といい、
あんまり愛らしいので、ひとついただいてきた♬

f0229926_15323112.jpg

箱に入っていた栞によれば、
「竹」を被った「犬」は「笑」の字に似ており、
その「笑」の文字になぞらえて、
子供がにこにこ笑いながら、健やかに育つように
(もちろん怒ったりわんわん泣いたりも含めてだよネ)
・・・という祈りがこの犬張子には込められているんだそうな。

明日は桃の節句だ。
どんな場所であっても、どんな環境であっても、
すべての子供がにこにこと笑って過ごせる一日でありますように。
そして、そんな毎日をこれからも送ることが出来ますように。
by team-osubachi2 | 2012-03-02 00:08 | これが好き | Comments(8)

明日は赤いコートで

20代の頃から赤いコートを欠かしたことがない。
いまあるのは4代目。今度のは一生ものにするつもりで
数年前に「清水の舞台から飛び降りて」手に入れた。

40代に入ってすぐだったろうか、
大きな仕事をいただいて無事に終了したある夏の日のこと。
銀座の街を歩いていて、突然赤いコートを新調したくなり
その足で初めて某英国レーベルの旗艦店に入った。
すでに秋にむけてトレンチコートがずら〜りと並んでいたけれど
赤いコートは一枚もなかった。

訊けばセミオーダーで英国で仕立ててくれるという。
え?セミオーダー?・・・う!どうしようか?!
でも、躊躇している場合ではない。
だって決めたんだも〜ん!
どうせなら、今ここでしっかりと作っておいて、
60歳のカンレキ・レッドになる頃には、
それを着込んでクタクタにして楽しみたいかも・・・と思った。

f0229926_1525229.jpg

セミオーダーは、まず伝統的な型の3つのうちからひとつを選ぶ。
スタンダードなラグラン袖のトレンチコートにした。
次に好きな生地を選ぶ。赤は一種類しかない。
日本でいえば「キンアカ」の綿ギャバジン。
これってイングランドのおばちゃんなんかが、
霧雨の中、スカーフかぶって、こんな赤いコートを着てると
すごく似合う!そういう色よね〜♬・・・と思った。

それから裏地、ライナーの生地、
ボタンに金具やベルトの長さまで決めてから
私みたいなチビでもオッケーな着丈や袖丈の長さを採寸してもらう。
既成の型紙を私の丈にあわせて縫い、ボタンやベルトの配置も
私の丈にあわせて調整してくれるのだという。
へえ〜!であった。

3ヶ月後、秋も本番直前に
私の真っ赤っかなコートは仕立て上がってきた。
予算はちょびっとオーバーしてしまったけれど、
十分納得のいく出来映えだった。
思えば、当時も贅沢が出来るような稼ぎでは到底なかったけれど、
長かった独身時代、ことに30代は本当によく働き
いろいろと買い物をした。・・・今はとても買えない。
買えるときに買っておくのは大事なことかもしれない。

「こういうのは大事に着ないで、普段からいっぱい着た方がいいわよ」
と、人生のベテランの方にいわれて、そのように心がけてはいたが、
この2年ほどは、とんと袖を通すことがないまま
バタバタと過ぎてしまった。
が、今日、久しぶりでクローゼットから引っ張り出してきた。
明日からちょいと仕事の関係で関西へ行き、
ついでに相方と共にベタな京都をまわってくるので、
せっかくだからこのコートを着ようと思う。

ああ〜しかし、真冬の京都、寒そうだなあ〜!
底冷えもキツイだろうなあ〜。
でも、まあ、カッコつける必要はない。
十分に履き慣れたボロボロのブーツはちょいとだけ磨いて、
薄手のショールは2本使いのぐるぐる巻き。
手袋も厚手にして、あったかいお茶を飲めるよう水筒も持って、
そんなこんなで荷物は多いからいつも愛用のリュックで行く。

準備万端整ったところで、いざ、真冬の京都旅行へ。
清水の舞台へは・・・?
行くかもしれないが、もう飛び降りるコトはやるまいと思う。
by team-osubachi2 | 2012-02-16 22:21 | これが好き | Comments(6)

榛原の千代紙

手すき和紙が大好きで(洋の水彩紙も大好きだが)、
ひと頃さまざまな種類の和紙をふんだんに買いだめしておいて
いろいろ遊んだ時期があった。

和菓子の空き箱に張って小物入れにしたり、
笊に一閑張りするやらして日用に使ったり、
廉価なスナップ写真アルバムや、旅のアルバムの表紙にしたり、
愛用している漆紙の乱れ箱の角が破れたら、そこを補修したり、
奉書の祝儀袋を用意したり、
巻き紙のお手紙をしたためたり・・・。
また、名刺はずっと手すき和紙に手書きと決めている。

f0229926_926489.jpg

先週末の朝、先日「モーニングサービス」が上梓されたばかりの
作家の三田完さんから四角い荷物が届いた。
はて?と思って包みをあけてみたらば、御礼ののし紙がかけられて
日本橋の和紙舗「榛原(はいばら)」の立派な手文庫が登場した。
その蓋をとってみたらば、中にはキレイな江戸千代紙!?
ひゃあ〜!!・・・望外のことである。

後にいただいたメールによると、
三田さんのお祖母さんは日本橋高島屋の裏で育った方だそうで
この榛原の千代紙がお好きだったとのこと。
三田さんご自身も榛原のファンでいらっしゃるようだ。

一介のイラストレーターにこの心遣い。
恐縮しつつも、頂戴したものはありがたく遠慮なく使わせていただく。
すでにいくつものちいさな菓子箱が
押し入れにひかえて出番を待っているのだが、
ま、しばらくはこのまま眺めて楽しんでからにしよう♬

日本橋・榛原
http://www.haibara.co.jp/
by team-osubachi2 | 2012-01-24 12:46 | これが好き | Comments(8)

Levi's 501

盛夏になってくると、着物でも麻をよく着るが、
洋服でも真夏に着るものといえば、バカのひとつ覚えみたいに
リネンか薄手のコットンの白いシャツがほとんどだ。

もう何年も愛用しているむかしの agnes b の
ごくプレーンな白いリネンシャツにあわせるのは
やっぱりLevi's 501 ボタンフライのシリーズ。
これももう何年前のか忘れてしまったが、
家で3シーズンはく20年前の501よりも、こちらは股上があさく
今どきなデザインなので、私にとってはこれが外出用。
・・・というコトで、今日の午後はそんなスタイルで出かけよう。

f0229926_10342637.jpg

硬派なデニムは、紬の着物と同じだと思う。
その人の心とカラダに馴染むくらい着こなすには
一朝一夕ではムツカシイ。
「ジーンズと着物、どっちも似合うおばあさんになりた〜い!」
それが40代も半ばを過ぎた私のささやかな願望である。

Levi's
http://www.levi.jp/
by team-osubachi2 | 2011-07-05 10:55 | これが好き | Comments(0)

昨年、上海万博の日本産業館内、郵政JPのブースで上映するための
アニメーション仕事をはじめていただいてやったのだが、
その監督を務め、アニメーション作家でもある
野村辰寿さんの個展が過日あったので見に行ってきた。
作品はいずれも「生命を持った小さきもの達」への
優しい視線が感じられて、野村さんらしい世界観が感じられてとても良かった。
そして、そこで見つけたちいさな箱入りロボット君を1点
我が家に迎えることにし、今日ギャラリーへ引き取りに行ってきた。

f0229926_0505331.jpg

監督自ら手作りの4〜5cmの直方体の箱の中に
ガラスを使って3層に描かれた水の中・・・だろうか、
その第2層のガラスに、ボディがわずか1cmほどのロボット君が
とっても丁寧に細密に描かれている。
手前から照明をあてると、奥の壁面にロボット君の影が写るところなんて
さすがはアニメーション作家ならではの見せ方だろうか。

この作品のタイトルは『 Fight! 』。
ロボット君は諸手をあげて頑張っている。
うん!私も負けずに頑張ろ〜〜っと!!
by team-osubachi2 | 2011-05-23 23:16 | これが好き | Comments(0)

お雛さま

今日から弥生、3月だ。・・・はやっ!
ということで、3月に入ってまずやってくるのが桃の節句。

私のお雛さまは、若かりし頃に京都のお土産として買ってきた
手のひらにのっかるくらいのかわいらしい豆雛で、
お内裏さまとお雛さまの高さはわずか15ミリしかない。
しょぼい作りながら、それでも三人官女との二段雛ではあるし、
小さな金屏風もセットになっていて、私の大のお気に入りだ。

f0229926_18143371.jpg

もっとも、小さな箱に入ったセットはそこまでで、
ちょっとばかり物足りなくて、後日、画材屋さんで見つけた菱餅と、
左近の桜、右近の橘を買い足してあげたら、
それなりに雛飾りらしい体裁が整って嬉しかった。

f0229926_1817347.jpg

幅がわずか5ミリというお雛さまのお顔(ちょ〜小顔!)は
春のまどろみか、または白酒でちょいとお酔いあそばしたのか(?)
心持ちお目めがトロ〜ンとなっているのがご愛嬌。
ついでながら三人官女のお目めもまどろみ気味であるのに対して、
ひとりお内裏さまだけはニコニコして上機嫌のご様子。
どうやらお内裏さまは寛大なお方でいらっしゃるようだ。

・・・などと、ほのぼのとした豆雛を見ては
阿呆な想像をめぐらせて、一人悦に入っている。
小さきものを愛でるというのは、いくつになっても愉しいものだ。
by team-osubachi2 | 2011-03-01 00:05 | これが好き | Comments(8)

鉛筆

これまでいろんな画材を使ってみたけれど、
長いこと飽きもせずに使っていられるというのは
やっぱり自分との相性がいいというコトなのだろう。

透明水彩以外に好きでたまらないのが鉛筆だ。
国内外の何社も試して結局落ち着いたのが、
三菱 H i - u n i の3Bや2Bあたり。
これを手にしていると、どんな紙でもござれ!というキモチになる。

f0229926_18363456.jpg

アルミの筆箱に入れてある分が全部太くなってしまってから
一本一本カッターナイフで削る時間を作る。
ざっくりとした削り方で、自分の好みの太さ、とんがり具合、
どこで止めるかは手が知らせてくれる。
無心になるひととき・・・。
私が「ひとり」になる大切な時間だ。
by team-osubachi2 | 2011-01-23 00:07 | これが好き | Comments(6)

手ぬぐい暮らし

着物を着始めたころからの手ぬぐいファンだ。
アイロン掛けは嫌いではないけれど、シャツも洗いざらしが好きな我が家では
めったにアイロンを使わないせいもあって
礼装用のハンカチ以外、いまや毎日使うのは手ぬぐいばかり。

お出かけや台所仕事など普段の生活はもとより、
旅や温泉でも必ず何枚も持っていく。
何しろ丈夫で、拭く、洗う、包む、覆う、その他もろもろ・・・。
場合によっては、風や日差しを避けるのにも活躍する。
汚れても、さっと洗って干せばすぐに乾くところも好きな理由のひとつ。

f0229926_11524287.jpg

昨日の午後、マンションの電気工事で2時間ばかり停電した。
ライト・テーブルを使えないので、停電中は仕事もできず、
そうだ、この隙に!と、買い溜めてあった新しい手ぬぐいの端縫いをした。
(デザインによっては、切りっぱなしのフリンジにもするけど)

相方のお気に入りは、先日私が曳舟界わいで買って来た
東京スカイツリーの建設中の一枚だが、これは曳舟在住の人のデザインだそう。
いまや多種多様なデザインの手ぬぐいが登場していて、
ついつい買いすぎてしまうため、
現在「手ぬぐい購買禁止令」を発令中!・・・である。
by team-osubachi2 | 2011-01-13 08:39 | これが好き | Comments(6)

先日、日頃の家事のご褒美にと、相方が新しいジーンズを買ってくれた。
知ってる人は知っている岡山県児島のDANIA JAPAN のデニムだ。
きゃっほ〜!で、ネットで選んだのは、
ウォッシュ加工のないレディースタイトストレートDJL139OW。
インディゴの色が深くて、生地もやや軽めなのか
ゴワつき感もなくてはきやすい。

どちらかといえばオトコ前な印象のデニムだ。
でも、だからこそ逆に女っぽくはけるジーンズともいえる。
足を細く長く見せるお洒落系デニムも悪くはないのだが、
ときどき、ちょっぴり “武骨シック” なジーンズもはきたくなる。

f0229926_1712258.jpg

こんな濃い色のデニムに、洗いざらしのコットンシャツと
スポーツ系のスニーカーをあわせるのもいいけれど、
たまには、小さな淡水の真珠玉のネックレスをつけて、
それに少しだけヒールのある靴でおでかけするのも好きだ。
持つなら、バッグは黒いコム・デ・ギャルソンのボックス形で・・・。

レディースのラインナップは少ないのだが、
DANIA JAPAN は今日8月25日から新宿伊勢丹でも展開するそうだ。
厳しい暑さがまだまだ続くものの、
そろそろ秋に着たいものを考える時期になった。

DANIA JAPAN
http://www.daniajapan.com/
by team-osubachi2 | 2010-08-25 00:15 | これが好き | Comments(0)

かわいらしい針山

関東は久しぶりでホッと一息つけるお天気になった。
昨夜から降った雨露のせいで、
朝方、ベランダ前の竹も重たそうに頭を垂れていた。
こんなお天気には、針仕事がむいているかもしれない。

20代半ばで着物を着るようになるまで、
針と糸を持つのは、とれたボタンをつけるときぐらいなものだった。
一人で着物を着るようになると、イヤでも直面するのが
長襦袢に半襟をかける作業だ。

慣れてしまえばどうというコトはないけれど、面倒な作業には違いない。
そこで、当時、どうしたらあの面倒な作業を
ちょこっとでも楽しめるようになるかを一所懸命考えた。
で、ひらめいた。
そうだ!カワイイ裁縫道具を自分の好きなように揃えよう!

以来、今も半襟かけの面倒くささは否定しないけれど
おかげで針仕事をあまり厭わなくなった。

f0229926_15593012.jpg

5月に金沢へ行った時に立ち寄ったクラフト店で、
光谷慶子さんという人が作っているかわいらしい針山を買ってきた。
一方で、これまで愛用してきた
赤いちりめんで出来たツバキ型の針山も、
だんだんへたってきたけれど、愛着があってまだ捨てられない。

針箱として使ってきた和紙の段違い箱もだいぶ傷んできた。
そろそろ、この新しいのと古いのと、
ふたつの針山が共に入るような針箱を探さないといけないようだ。
by team-osubachi2 | 2010-08-09 08:52 | これが好き | Comments(0)