カテゴリ:これが好き( 121 )

アラン島のセーター

先日、テレビで糸井重里さんが
アラン島のセーターを訪ねる旅をしているのを見た。
糸井さんはいま、自分のところのプロジェクトで
気仙沼のおばちゃんたちと一緒に編みものに取り組もうとしているらしい。

糸井さんが訪ね歩いたアラン島の編みものの現状を見てちょっと驚いた。
羊一頭を手で刈った原毛がわずか3ユーロだとか、
手編みで売ろうとしても、島の外から大量に入ってくる
廉価な衣服に負けて採算がとれない現実や、
地元で編んでお店に卸しているのは島の中でもたったの6人だとか、
そんなアラン島で成功しているところは、最初から戦略的に編み機を使い、
生産体制を組んだ上でのプロダクツだったりして、
手編みのアランセーターの世界を見たくて訪れた糸井さんは失望する。

f0229926_2336298.jpg

でも、番組の最後に、糸井さんは
「編みものがあったから自分が自分らしくいられた」という女性に出会い、
お話をし、そして一冊のアルバムを見せてもらっていた。
そこには、かつて彼女のセーターを買い求めた人たちから送られてきた写真、
・・・彼女のセーターを着て笑顔で映っている写真がまとめてあった。
それらを編んだ女性にとって大切な宝物であるアルバムを見て、
糸井さんは編みものが持つしあわせのチカラを
あらためて実感することが出来たみたいだった。

もともと家族のために毛を紡ぎ、手で編まれたセーターには
模様にも家それぞれの特徴や祈りがこめられていて、
「大事にされているという感じ」があるって糸井さん。
・・・ああ、それって、日本の昔の女性が
家族のために織ったり縫ったりした着物と同じかも。
私自身は織りも縫いも編みも出来ないけれど、そう思った。

f0229926_23371050.jpg

まあしかし、いい加減暑いのにも飽きてきた・・・。
早く秋ものが着たいな♬・・・と、そんなワケで、
自分も手編みのセーターが欲しくなっちゃった。
ネットでちょっと探してみたけれど、まあ〜これが高くて(そりゃそうよね)
レディースのアランセーターなんてあるものではなかった。

で、やっと見つけた used のフィッシャーニットはメンズのXS。
届いた品物には「 Loch Garman 」という、
調べてみたらアイルランド南東部にある町の(お店の?)タグがついていて、
アラン島のものではなさそうだけど、
手編みのセーターとしてはそう悪くない感じ ♬
ただ、used の宿命で、ごく小さなシミが二カ所。
それから編み目のヌケ(っていうのかな?)が一カ所。
・・・はて、どうしよう?
『ほぼ日』にも登場している横尾香央留さんの“お直し”みたいに
私も何かちがうもので手当てしてみようかな。

フェルトを小花のカタチにカットしていくつか縫いつけてみようか、
それとも、セーターについてるボタンと同じような
二つ穴のごく小さなボタンビーズをちりばめてみようか・・・♬
これを着られるようになるにはまだ時間もあるコトだし、
自分なりのお直しを考えてみようかと思う。
by team-osubachi2 | 2012-08-30 08:12 | これが好き | Comments(2)

いまだ扱い下手

四半世紀にわたって独り暮らしをしていた間に買った器は
どれも一客、一枚とバラのものばかり。
いずれもちゃぶ台の上に置いてよさげなものや、
好きだわ〜!と思って買ったものばかりだから愛着がある。

でも、その中でひとつ。
これも「好き♪」と思って買ってはみたものの、
いまだに上手く使いこなせないお皿がある。
f0229926_12445583.jpg


ちいさなメザシなんかの干物をのっけてみたりした。
小さな西京漬のお魚なんかものっけるといいかもしれない。
先日いいワサビをちょうだいしたときに
カマボコをのっけて板ワサにしてみたのもまずまず。

この間、ひじき入りの卵焼きをのっけてみた。

f0229926_12505689.jpg

・・・・・・失敗。
一人前しかのらないとわかっているのに、
なんとかして二人前のっけようとするところは貧乏性。

器と料理のバランスってむずかしい。
by team-osubachi2 | 2012-06-26 12:58 | これが好き | Comments(2)

赤い傘と紫の傘

じきに梅雨入りだ。
昨日の午後、南風が強く吹きはじめてお天気がよくなってきたら
急に思い出して、お気に入りの和傘を陰干しした。

若いころ、着物を着てさす赤い蛇の目傘に憧れて、
ずっと以前、京都へ行ったさいに買って帰った赤い傘。
長く使うことを考えて、羽二重張りの無地にした。

f0229926_7465054.jpg

いつだったか、新宿御苑でのお茶会に行ったときのこと。
もとからお天気が怪しかったところへ、
見事に台風が関東にぶつかってきて、お昼ごろから激しい雨風・・・。
竹と和紙と薄絹で出来た傘でダイジョーブかなあ〜?!

でも、骨の数が多い和傘は嵐の中でも大丈夫だった。
もっとも、すぼめ気味にささなくちゃいけなかったけれど、
骨の数が多いと、傘も風に強いものだということをその時に知った。
雨風の中、お茶会もどうにかこうにか中止にならず
三席まわって帰宅したころには
たっぷりと水を吸った傘はズッシリと重くなっていた・・・。

しかし和傘のいちばん面倒なところは、持ち運びかもしれない。
和傘は柄を下にして持たなくてはならないし、
手荷物が多いときには、とてもじゃないが持ち辛いんである。
そこで、思案して作ってみたのが和傘用の傘袋。
あちこち寸法をはかり、どうすれば自分が持ちやすいかデザインも吟味して
うちにあった鰹縞のかた〜い木綿の反物を切って作ってみた。

結果は上々!! 丈夫な木綿で作ってあるから、
濡れた傘を入れても、水を吸ってしずくがたれてこないし、
差し込み口の結び目で長さを調整できるようにしたので
手首にかけて持ち運びも出来るんであ〜る ♬

f0229926_87335.jpg

『夜目 遠目 傘のうち』という。
暗い雨の日に、雨コートを着て、爪革をつけた利休を履いて
赤い傘をさして歩くのは気分がよかった。
傘内に張られた糸飾りの様子を眺めるのも愉しいが
なんといっても赤い色が顔によく映って元気になるカンジがした。

でも、今ではさすがに地下鉄の階段の上り下りを考えて、
もう利休は履かなくなってしまった。
母親が誂えてくれた赤い雨コートももう着ない。
どうで撥水力は劣化するので、いまの自分の雨コートは、
最初から割り切ってアップルコート(化繊)である。
場合によっては、洋傘で出かけたりもする。
疲れ予防や経済を優先して楽な方に流れると、
風情というのは失われるものなのかもしれない・・・。

ところで、この春、着物の大先輩の方から、
紫の傘(これも羽二重張りの無地)を譲りうけた。
もうしばらくは赤い傘の色を楽しみつつ、
いずれ紫の傘も楽しむようになるのだろう。
和傘、洋傘、それぞれに使い分けながら
長い雨の季節を少しでも楽しく快適に過ごしたいものである。
by team-osubachi2 | 2012-06-08 09:00 | これが好き | Comments(8)

アケビのかご

まだ20代だった頃、友だちに案内してもらった世田谷のボロ市で、
東北から商いに来ていたおばちゃんのお店で買った
アケビのかごを今も愛用している。

「あ!これがいいな〜♬」と
中からひとつ選んだかごを見て、おばちゃんは言った。
「あ〜それはいいものよ。“巻き”もいいし」・・・巻き?
おばちゃんは蔓科の植物の表皮の具合を“巻き”と言った。

当時は『地球温暖化』よりも『酸性雨』が話題だった。
東北の蔓科の植物も酸性雨の影響を受けて
表皮のいいものが減っていると言っていた。
「ホラ、こういうところ、これもそう、ここもそう」と
他のかごを見せながら傷んだ表皮部分を説明してくれたのだった。

f0229926_212539.jpg

あの当時(今も、か)ヤマブドウのかごは高嶺の花で
私には手が出なかったけれど、このアケビならなんとか出来るかも、と
決意して買ったかごである。・・・あれから20年。
おばちゃんが太鼓判を押してくれたかごは
いまも当時のコンディションを保ったまま
使うほどにツヤが増していく。
(1〜2年に一度、砕いたくるみで磨いてはいるけどネ)

紬や木綿の着物で出かけるときなど、ことに重宝しているが
真冬だけでなく、こういう素材は夏がいちばん似合うと思う。
自分の荷物が重くて、一度持ち手とかごのつなぎ目を傷めてしまった。
知り合いを通じて一時的な補修はやってもらったが、
これから先、露天で買ったこのかごはどこで補修したらいいのだろう?

そんな心配もないではないが、
基本的にはとっても丈夫で使いやすいお気に入りのかごである。
これからも大切に使い続けていきたいものだ。
by team-osubachi2 | 2012-05-08 00:19 | これが好き | Comments(0)

こどもの日。
横浜界わいもようやく五月らしいイ〜イお天気だった。
夕方には東の空からもぽっかりキレイな月も昇ってきた。
そのまんまるな月を見ながら、のんびり夕飯の支度をしていたら、
NHKでピクサーの映画『ウォーリー』がはじまった。

地デジより少し先だってBSプレミアムで放送したのを
この前はじめて見てみたら、
なんだかすっかりこの映画の虜になってしまった!

人間が大量のゴミと共に棄てていった地球で、
一人(?)もくもくと働く古ぼけたゴミ処理ロボット・ウォーリーが
も〜可愛くって愛おしくってたまらなくなっちゃったんである。

f0229926_19431939.jpg

そのウォーリーが出会って恋してしまった
最新鋭型ロボット・イヴへの献身ぶりがとってもいい。

いま、こんな風に「一途に人を好きになる」コトを
恥ずかしがらないでやっている人はどれだけいるのかな?
ただシンプルに人を「好き!」になるのが
ムズカシイことになってやしないかな?
ロボット・ウォーリーの一所懸命さを見て
そんなコトまで考えてしまった・・・。

ところで、この映画『ウォーリー』の中に出てくる
ミュージカル映画が気になって、ネットで調べてみたらば、
『ハロー・ドーリー』という映画だった。

ネットで安く出ていたDVDを手に入れてさっそく見てみたらば、
バーブラ・ストライサンド扮するドーリーこと
“お世話おばちゃん” を中心に展開する恋愛コメディー映画で、
ミュージカル映画はほんの2〜3しか知らない私には
ルイ・アームストロングとのデュエットシーンが
とっても見もので面白かった。

ミュージカル映画は、見ていると自然に
こちらのカラダが動き出してしまう、そんな楽しさがあって
他にもいろいろ見たくなってしまった ♬

f0229926_2143434.jpg

ま、それはともかく。
ウォーリーもドーリーも恋していた。(・・・映画の中のお話だけど)
一途に人を好きになるってすっごく素敵なコトだ!
生きてる人間も、もっと恋をするといいのになあ〜♬
もちろん年齢なんてカンケーない。
人を好きになるキモチを忘れちゃったら、なんだか人生もったいない。
そんなコトを感じさせてくれた2本の映画だった。
by team-osubachi2 | 2012-05-05 20:37 | これが好き | Comments(0)

バカのひとつ覚えみたいに、白いコットンシャツが好きだ。
よそゆきになるようなドレスシャツは一枚も持っていないが
このごろはいろんな生地やデザインのシャツが
リーズナブルに手に入るから、
コットンシャツ好きには嬉しいかぎり。

f0229926_15513367.jpg

昨年の冬、バーゲンで見つけた白いチュニック。
値札もつけっぱなしでハンガーにかけたまんまだったけど、
もう少したてばデビューできるかな♬

ボトムはボーイフレンド・デニムをロールアップにして、
シューズは白茶のフラットシューズかトリコロール色のスニーカー。
ラフィア編みのトートバッグに麦わら帽子をかぶって〜♬
・・・って、やっと春になったばかりなのに
キモチはもう初夏にとんでいってしまう。

毎年のことだけれど、桜がいっせいに咲くころは
きつい花冷えもあったりするから
ストールや春ものコートはまだまだ手放せないのに、
こと着るものに関して、頭の中はいつも先走ってばかりいる。
by team-osubachi2 | 2012-04-05 00:11 | これが好き | Comments(4)

鳥越神社の犬張子

昔ながらの暦でいうと、今日3月2日は戌の日だそうだ。しかも大安。
今日は全国いたるところで、戌の日参りをする妊婦さんが
たくさんいらっしゃることだろう。

先月取材で訪れた鳥越神社でみつけた籠被りの犬張子。
手作りならではの素朴さといい、とぼけた顔といい、
あんまり愛らしいので、ひとついただいてきた♬

f0229926_15323112.jpg

箱に入っていた栞によれば、
「竹」を被った「犬」は「笑」の字に似ており、
その「笑」の文字になぞらえて、
子供がにこにこ笑いながら、健やかに育つように
(もちろん怒ったりわんわん泣いたりも含めてだよネ)
・・・という祈りがこの犬張子には込められているんだそうな。

明日は桃の節句だ。
どんな場所であっても、どんな環境であっても、
すべての子供がにこにこと笑って過ごせる一日でありますように。
そして、そんな毎日をこれからも送ることが出来ますように。
by team-osubachi2 | 2012-03-02 00:08 | これが好き | Comments(8)

明日は赤いコートで

20代の頃から赤いコートを欠かしたことがない。
いまあるのは4代目。今度のは一生ものにするつもりで
数年前に「清水の舞台から飛び降りて」手に入れた。

40代に入ってすぐだったろうか、
大きな仕事をいただいて無事に終了したある夏の日のこと。
銀座の街を歩いていて、突然赤いコートを新調したくなり
その足で初めて某英国レーベルの旗艦店に入った。
すでに秋にむけてトレンチコートがずら〜りと並んでいたけれど
赤いコートは一枚もなかった。

訊けばセミオーダーで英国で仕立ててくれるという。
え?セミオーダー?・・・う!どうしようか?!
でも、躊躇している場合ではない。
だって決めたんだも〜ん!
どうせなら、今ここでしっかりと作っておいて、
60歳のカンレキ・レッドになる頃には、
それを着込んでクタクタにして楽しみたいかも・・・と思った。

f0229926_1525229.jpg

セミオーダーは、まず伝統的な型の3つのうちからひとつを選ぶ。
スタンダードなラグラン袖のトレンチコートにした。
次に好きな生地を選ぶ。赤は一種類しかない。
日本でいえば「キンアカ」の綿ギャバジン。
これってイングランドのおばちゃんなんかが、
霧雨の中、スカーフかぶって、こんな赤いコートを着てると
すごく似合う!そういう色よね〜♬・・・と思った。

それから裏地、ライナーの生地、
ボタンに金具やベルトの長さまで決めてから
私みたいなチビでもオッケーな着丈や袖丈の長さを採寸してもらう。
既成の型紙を私の丈にあわせて縫い、ボタンやベルトの配置も
私の丈にあわせて調整してくれるのだという。
へえ〜!であった。

3ヶ月後、秋も本番直前に
私の真っ赤っかなコートは仕立て上がってきた。
予算はちょびっとオーバーしてしまったけれど、
十分納得のいく出来映えだった。
思えば、当時も贅沢が出来るような稼ぎでは到底なかったけれど、
長かった独身時代、ことに30代は本当によく働き
いろいろと買い物をした。・・・今はとても買えない。
買えるときに買っておくのは大事なことかもしれない。

「こういうのは大事に着ないで、普段からいっぱい着た方がいいわよ」
と、人生のベテランの方にいわれて、そのように心がけてはいたが、
この2年ほどは、とんと袖を通すことがないまま
バタバタと過ぎてしまった。
が、今日、久しぶりでクローゼットから引っ張り出してきた。
明日からちょいと仕事の関係で関西へ行き、
ついでに相方と共にベタな京都をまわってくるので、
せっかくだからこのコートを着ようと思う。

ああ〜しかし、真冬の京都、寒そうだなあ〜!
底冷えもキツイだろうなあ〜。
でも、まあ、カッコつける必要はない。
十分に履き慣れたボロボロのブーツはちょいとだけ磨いて、
薄手のショールは2本使いのぐるぐる巻き。
手袋も厚手にして、あったかいお茶を飲めるよう水筒も持って、
そんなこんなで荷物は多いからいつも愛用のリュックで行く。

準備万端整ったところで、いざ、真冬の京都旅行へ。
清水の舞台へは・・・?
行くかもしれないが、もう飛び降りるコトはやるまいと思う。
by team-osubachi2 | 2012-02-16 22:21 | これが好き | Comments(6)

榛原の千代紙

手すき和紙が大好きで(洋の水彩紙も大好きだが)、
ひと頃さまざまな種類の和紙をふんだんに買いだめしておいて
いろいろ遊んだ時期があった。

和菓子の空き箱に張って小物入れにしたり、
笊に一閑張りするやらして日用に使ったり、
廉価なスナップ写真アルバムや、旅のアルバムの表紙にしたり、
愛用している漆紙の乱れ箱の角が破れたら、そこを補修したり、
奉書の祝儀袋を用意したり、
巻き紙のお手紙をしたためたり・・・。
また、名刺はずっと手すき和紙に手書きと決めている。

f0229926_926489.jpg

先週末の朝、先日「モーニングサービス」が上梓されたばかりの
作家の三田完さんから四角い荷物が届いた。
はて?と思って包みをあけてみたらば、御礼ののし紙がかけられて
日本橋の和紙舗「榛原(はいばら)」の立派な手文庫が登場した。
その蓋をとってみたらば、中にはキレイな江戸千代紙!?
ひゃあ〜!!・・・望外のことである。

後にいただいたメールによると、
三田さんのお祖母さんは日本橋高島屋の裏で育った方だそうで
この榛原の千代紙がお好きだったとのこと。
三田さんご自身も榛原のファンでいらっしゃるようだ。

一介のイラストレーターにこの心遣い。
恐縮しつつも、頂戴したものはありがたく遠慮なく使わせていただく。
すでにいくつものちいさな菓子箱が
押し入れにひかえて出番を待っているのだが、
ま、しばらくはこのまま眺めて楽しんでからにしよう♬

日本橋・榛原
http://www.haibara.co.jp/
by team-osubachi2 | 2012-01-24 12:46 | これが好き | Comments(8)

Levi's 501

盛夏になってくると、着物でも麻をよく着るが、
洋服でも真夏に着るものといえば、バカのひとつ覚えみたいに
リネンか薄手のコットンの白いシャツがほとんどだ。

もう何年も愛用しているむかしの agnes b の
ごくプレーンな白いリネンシャツにあわせるのは
やっぱりLevi's 501 ボタンフライのシリーズ。
これももう何年前のか忘れてしまったが、
家で3シーズンはく20年前の501よりも、こちらは股上があさく
今どきなデザインなので、私にとってはこれが外出用。
・・・というコトで、今日の午後はそんなスタイルで出かけよう。

f0229926_10342637.jpg

硬派なデニムは、紬の着物と同じだと思う。
その人の心とカラダに馴染むくらい着こなすには
一朝一夕ではムツカシイ。
「ジーンズと着物、どっちも似合うおばあさんになりた〜い!」
それが40代も半ばを過ぎた私のささやかな願望である。

Levi's
http://www.levi.jp/
by team-osubachi2 | 2011-07-05 10:55 | これが好き | Comments(0)