カテゴリ:しみじみご飯( 224 )

小カブの浅漬け

一昨日の夕方スーパーへ行くと、本日のおつとめ品が入ったボックスで
ほんのり赤みがさした小カブをみつけたので
ふたつ買ってきて浅漬けにしたのだけど、
その切り落とした部分があんまりきれいだったのですぐには捨てられず、
ちょっと小皿に取り置いて夕飯の支度のあと写真を撮っておいた♪

f0229926_16574352.jpg

「きれいね〜。どうしてその色を選んだの?」ってききたくなる。

もちろん野菜にしてみれば「わかりません。どうしてかこうなりました」
・・・としか答えようがないかもしれないけれど。w

そもそもそんな質問しても、答えが返ってくるはずもないんだけど。

f0229926_16575669.jpg

時間がないときに便利な市販の浅漬けの素にお酢を多めに加えて漬込むこと小一時間ほど。
赤い部分はさらにきれいな色に染まり、ほどよく味もしみて
コリコリとした歯ごたえが美味しい小カブの浅漬けの出来上がり〜♪
ごちそうさまでした♡

by team-osubachi2 | 2016-12-21 17:18 | しみじみご飯 | Comments(4)

ぶた大根

昨夜のしみじみご飯は、ぶたと大根の炊いたん・・・にしてみた♪

日本海側はこれからブリ漁シーズンに入るので、
季節としてもこれからはブリ大根の美味しい季節になるのだけど、
なんだか「ぶたが食べたい!」気分だったし。

f0229926_07495489.jpg

お肉も大根も白胡麻油敷いたフライパンで表面に焼きをいれてから煮るので
あまり時間かけずとも、ほどよく大根に味がしみしみ、
お肉もほろほろと美味しく炊きあがったかな。

あとは、ほかほか湯気のあがるご飯と味噌汁が
(さらに香の物がちょこっと)あればもう充分シアワセ〜♡

by team-osubachi2 | 2016-11-27 07:59 | しみじみご飯 | Comments(7)

ウルメイワシのフライ

あいかわらず野菜が高いんですのね〜。
おかげでしみじみご飯の主菜も考えちゃうわ。

でもねえ奥さん、昨日はウルメイワシの開きがお安かったんですの。
たーんと頭つきのとワタ処理したのとが出てたんですけど、まあ〜いい季節ですわねえ。
見るからに身も肥えてプリプリしてたもんですから、
買ってかえってフライにしましたんでございますよ。ええ。

f0229926_12045754.jpg

年に二〜三回やるかどうかって程度だけど
揚げたてサクサクのイワシのフライは我が家の好物のひとつ。

相方はもっぱらウスターソースで、私は中濃ソースで食べる。うはうはな嬉しさだわ♡

f0229926_12050968.jpg

それにしても野菜、高いわ。
キャベツなどの野菜は夕方からのおつとめ品でしか買わないのだけど、
そういえばこの間某自治体で子どもの給食を二日ほどナシにするなんていう
私的には「ありえない!」そんな報道がありましたっけ。

自治体なれば、どこかに削れる予算もあるだろうに、
そんな決定をする前にもっと東奔西走できるんじゃないの?
大人が身を削って子どもを食べさせなくてどうします?!なんて思ってたら
なんとか今回は回避できたようで・・・よかったかな?
根本的な解決には野菜の値段がさがってくれないと困るのはいずこも同じ。
全国的に野菜の高値は、つまりそれくらい自治体の予算も家計も圧迫するわけよね。

今夜は里芋でも煮っころがそうかなとは思うものの、
一袋5個の里芋だけではぜ〜んぜん足りないので、
玉こんにゃくで増量を企てているところ。
ま、そこんところがしみじみご飯の基本・・・ですかね。w

by team-osubachi2 | 2016-11-17 12:32 | しみじみご飯 | Comments(0)

陣馬味噌de田楽

先週藤野にあるギャラリーを訪ねての帰り道、
すぐ近くのやさか茶屋というところに寄ってみたところ
まだ開いていたので、茶屋のおばちゃんが手作りの酒まんじゅうや
陣馬味噌を買ってかえった。

先日、その陣馬味噌をこんがり炙って食べてみたくなったので
きざみ柚子や胡麻を投入し、味醂で練り上げたものを
湯通しした厚揚げ、細かく切り目を入れたこんにゃく、
蒸した里芋にぬりぬりして、グリルで焼き上げてみた♪
(ついでに冷蔵庫に残ってた白味噌バージョンも用意)

f0229926_19065649.jpg

焦げやすいので火の番が欠かせないんだけど、焼き上がりは上々♡
普段我が家でよく食す信州味噌ともちがって、味が濃いね〜。
昨夜やってみた味噌煮込みうどんでも味はバッチリ!
今年の冬はこの陣馬味噌に活躍してもらおう♪

by team-osubachi2 | 2016-11-13 19:10 | しみじみご飯 | Comments(6)

ひとくちカツでいい

本日のサラメシは、出来合いのひとくちカツ弁当〜♪

家で揚げ焼きするフライもいいけど、
市販のを買ってくるとやっぱり楽チンでよろしいの〜。
とはいえ、すでに熱々味噌汁も添えるシーズンだから、ひと手間増えたけどね。

f0229926_14281119.jpg

相方を送り出した直後、なぜか月曜日と間違えて、
資源ゴミ出さなくちゃ!とあわてたところで気がついた。
あれ?なんだ、今日は金曜日ぢゃん・・・?!

今年の暦も残すところあと二枚。あわてない、あわてない。ふう〜・・・。

by team-osubachi2 | 2016-11-04 14:37 | しみじみご飯 | Comments(4)

昨日今日の丘の上界わいは、まるで日本海側の冬のような寒さと
鉛色の空の色をしている。

雪国育ちにはちょいと懐かしいようなお天気だ。
さすがに雪の匂いはしないけど・・・。

f0229926_15454976.jpg

こんな寒い日には南瓜を煮るのもよからん。
そうそう、棚の奥にあったハズ・・・と、小豆缶も出してきて「いとこ煮」にする。

小豆も豆から煮ればなお滋味があって美味しいんだろうけど、
手っ取り早くこしらえるために缶詰めを使ってもいーのよ、いーのいーの。
仕上がりはほっこり、あまじょっぱ〜〜〜♡

しかし、いったい誰が最初に名付けたのかな?
南瓜と小豆で「いとこ煮」だなんてネ。・・・どして???

by team-osubachi2 | 2016-11-02 15:53 | しみじみご飯 | Comments(4)

秋の煮椎茸

野菜がまだまだ高いので、そんなときのおかずには乾物を駆使する。

何年か前、姑どのが長野へバス旅行に行っての帰り、
「とっても美味しい天日干し椎茸を見つけたのよ ♪ 」とお土産にくれ、
その干し椎茸を煮るとすごく美味しいのだというので
姑どのに教えてもらったレシピで我が家も煮椎茸をこさえている。

f0229926_10195136.jpg

作り方はちょー簡単!

*干し椎茸50gをたっぷりの水またはぬる湯で戻しておく
(もどし汁を300ccは確保したい)
(我が家は好みで石づきと笠を切り離してます)

*鍋に、もどし汁300cc、醤油大さじ1、砂糖25g、酒20cc、みりん20ccを入れ、
 そこへ、もどした椎茸を投入し、はじめ強火、煮たったら中火で
 (ときどきアクをとりながら)汁気がなくなるまで煮るだけ〜〜!

コツとしては干し椎茸をしっかりと戻しておくことと、
汁気がなくなってきたら焦がさないよう見張ることくらいかな。
ご興味のある方はぜひお試しあれ。

ふっくらジューシーに煮あがった椎茸は本当に美味しくて、
もーね、ご飯がすすむ、すすむ〜・・・♡

by team-osubachi2 | 2016-10-20 10:36 | しみじみご飯 | Comments(0)

あっさり柿なます

気温、急降下。
涼しいってゆーより、もう寒い!
こんな日は油断すると風邪をひく。
あわてて重ね着。

昨日のしみじみご飯。
副菜にはあっさり柿なますをこしらえた。
サラダ風に、塩とリンゴ酢とオリーブ油で和えただけ。

f0229926_10274843.jpg

大根も柿も風邪予防にいいって云うからね。
旬の食べものってどうしてその季節季節の疾病に効くのかな?
・・・不思議。

by team-osubachi2 | 2016-10-13 10:33 | しみじみご飯 | Comments(2)

秋ナスは・・・

今年の夏は日照りが足りない気がするのだけど
(日焼け症の私が日常の日焼けをほとんどしていない)
野菜への影響ってどうだったのかな。

どういうワケかこの夏はナスにご縁があって、
お汁へ入れたり、炒めたり、田楽にしたり
フライパンで焼いたりして楽しんでいるが、
炒めものとなると、中華鍋で味噌炒めが好きだ。

料理研究家のウー・ウェンさんだったと思うのだけど
ご家庭で中華風の野菜炒めをするときは
無理に強火にせず、中火で炒める方が歯応えも残しつつ
野菜の旨味が引き出せて美味しく出来る、と
何かで読んだことがあって、そのように心がける。

f0229926_23242766.jpg

豆鼓醤、甜麺醤、豆板醤、鶏ガラスープの素があれば、
お家でも美味しいナスの中華味噌炒めが出来あがり〜〜♪

また、夕べのしみじみご飯にはフライパンで焼いたナスで焼き浸しに・・・
ちょっとお汁の味が薄すぎたかな?と思ったけど、
出来立てよりも、一晩お汁に浸したほうが薄味も奥まで染みて美味しかった ♪
ただし、ナスの皮のきれいな紫色は望むべくもないけど。

f0229926_23245127.jpg

よく聞くことわざ・・・秋ナスは嫁に食わすなって言いますけどね、
秋ナスは、いまでは嫁も姑も自由に食べる。
一緒だったり、それぞれの食卓でだったり・・・。いい時代である。

by team-osubachi2 | 2016-09-23 23:49 | しみじみご飯 | Comments(0)

里芋の月

明日は「十五夜」だそうな。
この丘の上に建っている我が家は、長屋(マンションともいう)なのだけど
ほぼ真東向きにベランダがある。

毎年秋になると竹薮の向こうに金貨のような
見事なお月さまがのぼってくるところを見られるのだけど、
秋雨前線が動いてくれないことには、スッキリとした秋の空は望むべくもない。


f0229926_22382645.jpg

今年の夏は関東や東北は雨の被害が多かったけれど、農作物の出来はどうだったのかな?
スーパーの棚に九州からの里芋が積んであったのでさっそくひとつ買って帰った。

煮っころがしもいいんだけど、我が家の好物はこれ。
たわしで泥を落として、皮ごと茹でただけのひと品。
茹でたての熱々を食卓にだして、つるんと皮を剥いて
塩か味噌マヨなんかをちょこっとつけてパクリ ♪

ぼちぼち栗も登場しはじめているけれど、
我が家は栗名月よりも芋名月(?)の方が馴染み深い・・・かな。w

by team-osubachi2 | 2016-09-14 22:52 | しみじみご飯 | Comments(2)