カテゴリ:しみじみご飯( 233 )

おからから

久しぶりにおからの炒り煮を食べたくなったので、ひとパック買って帰った。

水戻しの干し椎茸に人参、お揚げさん、ひじき。
ま、うちにあるもので調達できた具材はこんなところかな。

日持ちはしないけど、味はうんとあっさりと仕上げる方が
ばくばくいっぱい食べられるもんネ♪

f0229926_09233482.jpg

さて、大人二人きりの暮らしでは、おからひとパックはそう簡単には減らない。
でもナマのおからはそうそう日持ちしないのである。早く食べきらねば。

と、袋に食べ方の提案がみっつほど記してあったので、
ちょいとツナと混ぜあわせてサラダにしてみた。

へえ〜、おからでサラダね〜?

実際に記されたレシピよりも省略して、おからに混ぜたのはツナとプチトマト。
マヨネーズ少々、あとはたっぷりのヨーグルトと塩こしょうで味付け。

f0229926_09234652.jpg

なんだかポテトサラダと勘違いしそうな感じ。
ヨーグルトの酸味が効いてなかなかイケる ♪

リンゴの角切りとか、またはキュウリの薄切りなんかも混ぜてみたらいいかも。
うん、次もちょっと工夫して、うちの定番サラダのひとつになるといいな ♪


by team-osubachi2 | 2017-02-22 09:36 | しみじみご飯 | Comments(6)

人参のポタージュ

先日上野の洋食屋さんのランチにでてきた人参のポタージュ。

うちではよくキャベツをメインに作るんだけど、
そっか、人参でもやってみようかな?と。

人参、葱、それと押し麦を少々コトコトと煮て、塩少々とコンソメで味つけて、
粗熱とったら牛乳と一緒にミキサーにかけて、金笊で濾して・・・

f0229926_23361876.jpg

うん、ま、こんなとこかな♪
最後に湯煎であっためてできあがり〜♪

さる料理家先生の懇切丁寧な作りのスープよりはだいぶ手抜きだけど
でも、いーの。あったかいポタージュはもうそれだけでごちそうだもん。

by team-osubachi2 | 2017-02-18 23:44 | しみじみご飯 | Comments(2)

春は豆ごはん

春は豆ごはん。
ようよう白く湯気のたちたる茶碗のふちに緑の色の丸く見え隠れする・・・
なんちゃって。

ゆうべのしみじみご飯は今年お初の豆ごはんにした。
二合半炊くのに、ちょっとだけお豆が足りなかったので
切り昆布で誤摩化しちゃったけど、一足早い春のごはんは美味しかったな〜 ♪

f0229926_22193738.jpg

えんどう豆は九州から輸送されてきたものだったようだけど、
今シーズンは西日本からよく雪が降るね。
明日はまた西日本から九州に厳しい寒気の吹き出しで雪が降るとか降らないとか?

どなた様も備えを万全に、そして風邪などひかれませぬよう。

by team-osubachi2 | 2017-02-09 22:49 | しみじみご飯 | Comments(2)

京人参で

年末年始の一定期間だけ扱うのかもしれないけれど
まだスーパーに京人参が出ていたので買った。

さて、何をこさえようか?

思いつきで、陣馬味噌に蜂蜜とマヨネーズ、白胡麻を加えて練って、
茹でた京人参と和えてみた。

f0229926_11561603.jpg

ふうむ・・・これはこれで悪くはないけど、
高尾の産である陣馬味噌とは相性がイマイチって気もする。

・・・あ、白味噌か!

京都の産同士で和える方がいいかもネ?
あと半分残ってるし、今度は白味噌でやってみましょ ♪

by team-osubachi2 | 2017-01-24 12:03 | しみじみご飯 | Comments(0)

人参とじゃこのサラダ風

さすが今日は寒中らしいキツい寒さだけど、ことに雪国の受験生にはこれは悩ましい。
そういえば自分が大学受験したころよりは、いまは雪、はるかに少ないんですけどね〜。
でも、よりによってこんなときに降らなくてもいいのにね。
がんばれ〜!受験生!!

昨日は週末だったので、夕飯には深鍋を用意し、
トリのもも肉と野菜とともにたっぷりと出汁をこしらえ
ひもかわうどんを煮込んだ。

お供にそえたのは、この間とある餃子屋さんで食べて気に入った
人参とじゃこのサラダ風。

f0229926_20562454.jpg

千六本に刻むか、おろし金で細くおろした人参を軽く塩でもんで、
そこへお好みの分量でお酢と胡麻油(黒い方がいい風味)を加えて和え、
器に盛りつけた上に、から煎りしたちりめんじゃこをのっけるだけ〜〜〜♪

ちょー簡単だけど美味しいのなんのって!
あっさりとしてて人参一本分なんてぺろりといけちゃうの。

風邪っぴきさんも多いこの時期、人参のビタミン、たっぷりと召し上がれ〜 ♪
大寒はまだこれからだし、元気に冬を乗り切りたいものだ。

by team-osubachi2 | 2017-01-14 20:59 | しみじみご飯 | Comments(2)

穏やかであたたかいお正月だ。

雪国育ちには少々キモチが悪いほどだけれど、
お年寄りや幼子のいるお家には寒くて荒れたお天気より
こっちのお天気がやっぱりのぞましい。

とはいえ、決して大容量ではない冷蔵庫と
暮れにこしらえた料理によっては、この暖かさは少々悩ましい・・・。

傷まないうちに食べ切らないと!と思うのだけど、寄る年波ねえ〜、
もう以前ほどには食べられないのをあらためて思い知った今年の元日だ。

同じ形体では箸がすすまなくなるおせちも
見た目をかえるよう工夫すれば、食がすすむってこともあるワケで。


f0229926_11275530.jpg


うんと軽めの二人前の酢飯(「すしのこ」さんバンザイ!)を
以前食べた駅弁「鱈めし」の容器に敷いて
その上にいくら、切った笹漬けの小鯛、これも切った紅白(?)数の子をのっけて
ミニミニ海鮮丼に仕立ててみれば、ああ、残りものにも福があるわあ〜♪
・・・という気分でペロリといただけた。

次回からはおせち(こしらえる量の)減量を心がけようと思う。

by team-osubachi2 | 2017-01-03 11:52 | しみじみご飯 | Comments(2)

2017年のおせち

大晦日の夜はいつものようにベランダに出て2017年へのカウントダウン。
年があけた瞬間、遠くに見えているみなとみらい方面、
横浜埠頭に停泊している船がいっせいに汽笛を鳴らすのを聴いて新年を迎えた。

なんだかこの年末年始はくたびれてしまい、初日の出を拝む元気はなく
寝坊を決め込んで朝はゆっくりと起きた。

いつものようにお米と塩とお神酒をキモチだけ神様にお供えしてから、
去年とほとんど変わりなく用意したおせち料理で、ささやかに祝うお膳。

f0229926_19154926.jpg

だんだん記憶力がゆるくなるしか、毎度何をこしらえたか思い出せないので、
頼りにするのはやはり前の年のブログ(日記)だ。
なので、今回も来年のために記録しておこう。

f0229926_19472302.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*雑煮椀
 焼き角餅(姑どのより)、八つ頭、かしわ、小松菜、なると、三ッ葉、ゆず

*口取り(のつもりで)
 数の子、田作り、黒豆

*一の重
 小鯛の笹漬、数の子(塩抜き)、数の子(醤油漬け)、紅白かまぼこ、
いくら、黒豆、紅白なます(レモン風味)、田作り

*二の重
 たたき牛蒡、栗芋きんとん(クチナシで染め)、蓮の甘酢炒め、伊達巻き

*三の重
 煮豚、煮しめ(大根、昆布、厚揚げ、筍、椎茸、スナップエンドウ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お腹を満たしてからひと休みして、近くの氏神さまへ初詣にゆく。

道すがら、通り沿いの家の庭先にボケの花が満開なのを見て
ここんとこあったかかったからなあ〜とおだやか過ぎる冬を認識。

f0229926_19341135.jpg

初詣 参ったあとは寝るだけが うれしい大人の元日かな・・・字余りね。お粗末。

お散歩程度の初詣から戻ると、これも恒例になりつつあるのだけど、
私の大好きな花びら餅でお茶を一服。

f0229926_19161277.jpg

お茶をしながら、相方が仕分けしておいてくれた年賀状を拝見し、
そのあとはおもむろ寝床へGO!

もう泥のように眠りこけて、起きたらもう元日の陽はとっぷりと暮れてしまってるのだけど、
そうそう、これが今日一日のイチバンのしゃーわせ♡といっても過言ではないのであ〜る。

寝て起きればいつのまにかお腹が空いてきて、テレビを見ながらふたたびおせちをつまむ。
こんな一日がなんとも平和でありがたい年の初めである。

by team-osubachi2 | 2017-01-01 19:50 | しみじみご飯 | Comments(4)

今年最後のサラメシ

本日、今年最後のサラメシ。

一年間無事お勤めの感謝をこめて、ちょっと贅沢に(?)
このあいだ築地場外市場で仕入れてきた塩鮭をメインに、
ちくわとちぢれ小松菜の油炒め、煮豆(市販)、
リンゴと白菜のサラダ、プチトマト。お汁はなめこと葱。

f0229926_10172243.jpg

全国のお弁当作りをされているお母さん方、奥さん方、ご本人方、
そしてお父さん方や子どもさん方も、
みんなみんな今年一年ご苦労さまでしたーーー!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、スーパーでもらってきた牛脂をだして、と・・・。

f0229926_10183514.jpg

大晦日にむかって、ちいさな鉄鍋を初期化ちう。

by team-osubachi2 | 2016-12-29 10:27 | しみじみご飯 | Comments(0)

冬至に白味噌の雑煮椀

昨日は冬至だった。
我が家では柚子は皮も果汁も食べものにして口に入れてしまうので
お風呂に入れる分はない。(^ ^;;

一昨日姑どのと待ち合わせて築地へ買出しに行ったさいに里芋をいただいてきたのと、
ブログ友だちが白味噌のことを日記に書いていたのを思い出し、
ちょうど冷蔵庫にまだ残っている白味噌と玄米餅を使って
昨夜はいつものしみじみご飯に一品、白味噌の雑煮椀をこしらえて添えてみた ♪

このあいだテレビで見た京都の老舗料亭のN家に代々伝わるお雑煮は、
お餅と里芋だけを椀に盛り、そこへ白味噌に水だけ
(あえて白味噌の風味を味わうために出汁は使わないんだって)で溶いて加熱したお汁を
ひたひたにかけただけのとってもシンプルなものだったので、ちょいと試しにマネてみた。
最後に刻んだ柚子皮をかざって出来上がり!

椀の蓋をとると、ぷ〜〜んと柚子のい〜い香り〜・・・♡


f0229926_09403509.jpg


お餅はお湯で柔らかくして、洗った里芋は皮ごと茹でるかレンジでチンしてから皮をむけばいいし、
お汁もミルクパンにおたま数杯ぶんの水に適量の白味噌を溶くだけの簡単さ!
(そりゃプロなら同じシンプルさでももっと手をかけたものになるんだろうけど)

なんで今までやらなかったかな?もっと面倒くさいものかと思ってた。
年が明けておせちに飽きたころにやるのもいいかもだネ。

by team-osubachi2 | 2016-12-22 09:59 | しみじみご飯 | Comments(0)

小カブの浅漬け

一昨日の夕方スーパーへ行くと、本日のおつとめ品が入ったボックスで
ほんのり赤みがさした小カブをみつけたので
ふたつ買ってきて浅漬けにしたのだけど、
その切り落とした部分があんまりきれいだったのですぐには捨てられず、
ちょっと小皿に取り置いて夕飯の支度のあと写真を撮っておいた♪

f0229926_16574352.jpg

「きれいね〜。どうしてその色を選んだの?」ってききたくなる。

もちろん野菜にしてみれば「わかりません。どうしてかこうなりました」
・・・としか答えようがないかもしれないけれど。w

そもそもそんな質問しても、答えが返ってくるはずもないんだけど。

f0229926_16575669.jpg

時間がないときに便利な市販の浅漬けの素にお酢を多めに加えて漬込むこと小一時間ほど。
赤い部分はさらにきれいな色に染まり、ほどよく味もしみて
コリコリとした歯ごたえが美味しい小カブの浅漬けの出来上がり〜♪
ごちそうさまでした♡

by team-osubachi2 | 2016-12-21 17:18 | しみじみご飯 | Comments(4)