カテゴリ:しみじみご飯( 228 )

おさんどんな日の鯛めし

この大型連休も、残すはあと一日だけとなった。
考えてみたら、連休中どこへゆかずとも腹は減る。
なので、どう手抜きしたところで、どうしてもおさんどんはせねばならない。
それはそれでなかなかに忙しない。

・・・と事前に考え、おつとめ品で買って下拵えし、
塩焼きしてから冷凍しておいたナントカ鯛。

連休中のこの日は、しめじとワカメのお吸い物、さつま揚げと薬味、
それとモヤシとハムの和風マリネといったいつものしみじみおかずに
ドドーン!と土楽鍋で炊いた鯛めしが登場しただけで
なにやらたいそうなごちそう感満載といった気分になる ♪

f0229926_18474592.jpg

ま、そんな日もあれば、手抜きする日もあるワケで、今夜は麺類に助けてもらおーっと。
北海道ラーメン。せめて野菜炒めたっぷりのっけた生ラーメンにしてあげるからネ。

さて、ぼちぼち支度しますか。

by team-osubachi2 | 2017-05-06 18:51 | しみじみご飯 | Comments(0)

春は鯛

今年になってから、いつも行くスーパーで
その日その日で、スチロールの箱に氷入りの鮮魚が売られるようになった。
(イワシなどは場合によって頭とワタを取ったものもあるけど)
魚好きにはスチロールパックにのっかってるのより食をそそられるせいか、
以前よりもっと魚を買うようになった。

昨日の鮮魚コーナーに、中くらいのナントカ鯛がいたので二尾ゲット。
夕飯の支度を後回しにして、我が家に小出刃で鱗をとり、
ワタとエラをとり除きながら、頭の中にかつてのおふくろさまの姿が浮かぶ。

f0229926_22311472.jpg

そういえば、近所の漁師さんとこからボウルに入った鮮魚を貰ったりすると
おふくろさまも台所に立って、こんな風にバリバリと鱗を取り、ワタをとり、
流水できれいに洗って下拵えしてたけど、お肉であればそれがごちそうだったから
子供心に「今日はまた魚かあ〜」と思いつつも、そういう姿を見てたんだなあ〜。
誰に教わるでもなく、同じことをしている自分についつい親の姿がかぶってしまう。
・・・さて、と。このあと鯛を塩焼きにしてから冷凍しておいた。

来週の連休はことさらどこかへ行くという予定もないし、
お互い少しの仕事と家の片付け(滞ったままの・・・)と、
せいぜいどこか日帰りでドライブへ行けたらそれでいいので、
あとは家でゆっくりと過ごすつもり。そんなときに土楽鍋で鯛めしでも炊きましょ♪
季節はもう青葉だけど、高い鰹よりはおつとめ品の鯛よネ。いやしん坊バンザイ♪

by team-osubachi2 | 2017-04-25 22:34 | しみじみご飯 | Comments(2)

肉らしい豆な姑?!

昨夜のしみじみご飯。主菜は乾物をメインにしてみた ♪

f0229926_14082784.jpg

パッと見、豚肉と間違えそうになるけど、
わかる人にはすぐわかる、いわゆる“畑のお肉”っていう“もどき食品”ですね。

むかし表参道にあったデザイン事務所へ勤めていたころ、
「ナチュラルハウス」さんで買うお弁当によく入っていて、それで知った“畑のお肉”。
どこの誰が考え出したのか知らないけど、実によく出来た乾燥大豆食品であ〜る。
玉葱と炒めて、醤油と味醂と擦り生姜とで甘辛く味付けたものが好き♡

f0229926_14084026.jpg

良いんだか悪いんだか、このネーミングセンスについヤラレてレジへ。w
(ちなみに『肉らしい豆な嫁』ってゆー鶏肉もどきもあり、Amazon等でも購入可能)

甘辛いお料理以外にどんな調理方法があるのか、ちょっと調べてみようっと♪

by team-osubachi2 | 2017-04-18 14:27 | しみじみご飯 | Comments(0)

山椒味噌の田楽

うちの「草むら園」と呼ぶベランダで育てている山椒の木の鉢がふたつ。
去年植え替えたせいだろうか、今年はどうしたワケか、
ひとつ(植木市で買った方)は成長が芽吹いたところで突然成長が止まってしまったが、
もうひとつ(お友だちん家からわけていただいた方)は盛んに茂っていて
節目ごとに生えてくる棘をやわらかいうちにどんどん落としておかないと
あとでエラい目に遭いそうな勢いだ。

で、この山椒はなんといっても新芽がやわらかいうちに味わわないともったいない。
イワシの梅煮なんかに添えたり、このさき筍ご飯にものっけたり。
でも、山椒味噌にして、焼き豆腐に塗って軽く炙っていただくのも大好き。

ひとくちごとに口の中にひろがる山椒の香・・・春だなあ〜♡

f0229926_23165575.jpg

新芽シーズンがすぎたら、今年も山椒の木はナミアゲハチョウに解放するつもりだけど、
はてさて、ひと鉢だけじゃぜったいに足りなくなるのは目に見えている。
もうひと鉢どこかで手に入れておかないと、と心積もりの春である。

by team-osubachi2 | 2017-04-10 23:30 | しみじみご飯 | Comments(2)

友だちからひと足早いバースデープレゼントが届いた。

箱をあけたら、中にお米が少し入れてあって、
メモには滋賀県の「みずかがみ」っていうんだって書いてあった。

あらまあ〜、なんてきれいな名前 ♪

f0229926_11455528.jpg

・・・で、さっそくその晩に炊くことにした。

ちなみに我が家はゆっくり食べられる夕飯時にご飯を炊く。
おかずはたっぷりめにこしらえる。
そしてお弁当には取り分けておいたものを
冷蔵庫でしっかり冷まして詰めることにしている。
(その理由は「ぎりぎりまで寝ていたいから」なんだけど・・・(^ ^;;)

普段は白米に押麦を混ぜて炊くんだけど、
せっかくの「みずかがみ」は白飯に炊き上げた。

う!・・・美味すい〜い・・・♡

f0229926_11460638.jpg

おかずには、シマホッケの干物、コンニャクのたらこ炒め、レンコンのポン酢焼き。
お弁当には市販の煮豆とゆで野菜とか添えるけど、我が家は基本は一汁二菜。

で、最近話題の料理研究家・土井善晴さんの『一汁一菜でよいという提案』を思い出し、
あらためて「ほぼ日」さんでの対談を読んで、面白いな〜この人、と思った。

ほぼ日2017新春対談「家庭料理のおおきな世界」

このごろ言われる古きよき日本の大家族像や良妻賢母像なんてのは
実は時代的には近年確立した価値感で、
現代はそれに縛られてしまっているとかいう話がそこここで出てきてるけど、
土井さんと糸井さんの対談を読んでると、
なんてゆーか「“〜ねばならない”ことからの解放」って思えてきちゃう。

そりゃあ、たしかに時間もお金も豊かに賄える人はね、
出汁もきっちりひいて丁寧にお料理すればいいんだろうけど、
あれもこれもはどだい無理。出来ることだけやればいーの!って誰か言って〜!!
・・・・・・みんなそう思ってた、よね?よね?

土井善晴さん、キテます。本、読んでみたいかも。

『一汁一菜でよいという提案』土井善晴さんがたどりついた、毎日の料理をラクにする方法
by 生協パルシステム・KOKOCARA

ま、それはともかく、おいしいお米、どうもありがとう♡ ごちそうさまでした。

by team-osubachi2 | 2017-03-29 12:25 | しみじみご飯 | Comments(5)

おからから

久しぶりにおからの炒り煮を食べたくなったので、ひとパック買って帰った。

水戻しの干し椎茸に人参、お揚げさん、ひじき。
ま、うちにあるもので調達できた具材はこんなところかな。

日持ちはしないけど、味はうんとあっさりと仕上げる方が
ばくばくいっぱい食べられるもんネ♪

f0229926_09233482.jpg

さて、大人二人きりの暮らしでは、おからひとパックはそう簡単には減らない。
でもナマのおからはそうそう日持ちしないのである。早く食べきらねば。

と、袋に食べ方の提案がみっつほど記してあったので、
ちょいとツナと混ぜあわせてサラダにしてみた。

へえ〜、おからでサラダね〜?

実際に記されたレシピよりも省略して、おからに混ぜたのはツナとプチトマト。
マヨネーズ少々、あとはたっぷりのヨーグルトと塩こしょうで味付け。

f0229926_09234652.jpg

なんだかポテトサラダと勘違いしそうな感じ。
ヨーグルトの酸味が効いてなかなかイケる ♪

リンゴの角切りとか、またはキュウリの薄切りなんかも混ぜてみたらいいかも。
うん、次もちょっと工夫して、うちの定番サラダのひとつになるといいな ♪


by team-osubachi2 | 2017-02-22 09:36 | しみじみご飯 | Comments(6)

人参のポタージュ

先日上野の洋食屋さんのランチにでてきた人参のポタージュ。

うちではよくキャベツをメインに作るんだけど、
そっか、人参でもやってみようかな?と。

人参、葱、それと押し麦を少々コトコトと煮て、塩少々とコンソメで味つけて、
粗熱とったら牛乳と一緒にミキサーにかけて、金笊で濾して・・・

f0229926_23361876.jpg

うん、ま、こんなとこかな♪
最後に湯煎であっためてできあがり〜♪

さる料理家先生の懇切丁寧な作りのスープよりはだいぶ手抜きだけど
でも、いーの。あったかいポタージュはもうそれだけでごちそうだもん。

by team-osubachi2 | 2017-02-18 23:44 | しみじみご飯 | Comments(2)

春は豆ごはん

春は豆ごはん。
ようよう白く湯気のたちたる茶碗のふちに緑の色の丸く見え隠れする・・・
なんちゃって。

ゆうべのしみじみご飯は今年お初の豆ごはんにした。
二合半炊くのに、ちょっとだけお豆が足りなかったので
切り昆布で誤摩化しちゃったけど、一足早い春のごはんは美味しかったな〜 ♪

f0229926_22193738.jpg

えんどう豆は九州から輸送されてきたものだったようだけど、
今シーズンは西日本からよく雪が降るね。
明日はまた西日本から九州に厳しい寒気の吹き出しで雪が降るとか降らないとか?

どなた様も備えを万全に、そして風邪などひかれませぬよう。

by team-osubachi2 | 2017-02-09 22:49 | しみじみご飯 | Comments(2)

京人参で

年末年始の一定期間だけ扱うのかもしれないけれど
まだスーパーに京人参が出ていたので買った。

さて、何をこさえようか?

思いつきで、陣馬味噌に蜂蜜とマヨネーズ、白胡麻を加えて練って、
茹でた京人参と和えてみた。

f0229926_11561603.jpg

ふうむ・・・これはこれで悪くはないけど、
高尾の産である陣馬味噌とは相性がイマイチって気もする。

・・・あ、白味噌か!

京都の産同士で和える方がいいかもネ?
あと半分残ってるし、今度は白味噌でやってみましょ ♪

by team-osubachi2 | 2017-01-24 12:03 | しみじみご飯 | Comments(0)

人参とじゃこのサラダ風

さすが今日は寒中らしいキツい寒さだけど、ことに雪国の受験生にはこれは悩ましい。
そういえば自分が大学受験したころよりは、いまは雪、はるかに少ないんですけどね〜。
でも、よりによってこんなときに降らなくてもいいのにね。
がんばれ〜!受験生!!

昨日は週末だったので、夕飯には深鍋を用意し、
トリのもも肉と野菜とともにたっぷりと出汁をこしらえ
ひもかわうどんを煮込んだ。

お供にそえたのは、この間とある餃子屋さんで食べて気に入った
人参とじゃこのサラダ風。

f0229926_20562454.jpg

千六本に刻むか、おろし金で細くおろした人参を軽く塩でもんで、
そこへお好みの分量でお酢と胡麻油(黒い方がいい風味)を加えて和え、
器に盛りつけた上に、から煎りしたちりめんじゃこをのっけるだけ〜〜〜♪

ちょー簡単だけど美味しいのなんのって!
あっさりとしてて人参一本分なんてぺろりといけちゃうの。

風邪っぴきさんも多いこの時期、人参のビタミン、たっぷりと召し上がれ〜 ♪
大寒はまだこれからだし、元気に冬を乗り切りたいものだ。

by team-osubachi2 | 2017-01-14 20:59 | しみじみご飯 | Comments(2)