カテゴリ:しみじみご飯( 228 )

煮干しの水出汁

今月は忙しい。
遊びに出かけたには、月のあたまに二日ほど。
相方と深谷の書道家夫妻を訪ねたのと、
また別の日に着物友だちと松濤美術館へ古い更紗布などを観に行ったくらい。

あとはひたすら缶詰め状態で仕事と家事の日々。
気晴らしは近所のスーパーへ買い出しに行くことくらいかなあ〜。
丘を降りたり登ったりは運動不足対策でもあるけど。

まだ多少の残暑はあっても、もう秋だ。
お味噌汁の出汁も鰹節だけじゃなんだか物足りない気がするときは
煮干しの水出しの出汁を使う。

夕方、お米をとぐ前に煮干しを丸ごと水に浸しておいて小一時間。
ほんのり黄金色の出汁が出たところでふやけた煮干しを取り出し、
頭と骨とワタのところを取り除いた身をサッと洗って、
ほぐした身は味噌汁の具材と一緒にお汁にしていただく♪

f0229926_08535486.jpeg

ゆうべは厚揚げとネギのおつゆ。
椀の底を箸で探れば、厚揚げとネギの下からちょろりと現れる小魚をみるたびに、
落語「味噌蔵」の中で、具なし汁を食べながら主のケチぶりをけなす
お店の者たちの台詞が浮かんでしまうんだよね。w

f0229926_08540689.jpeg

八月のあたまに築地場外での火災があったけれど、
それ以前にもうお店を閉めてしまった乾物屋さんがあった。

姑どののご指南で知ったお店で、おじいさん三人で切り盛りしていたのだけれど、
諸事情があったのかなあ、ついに閉店してしまい、
次に買い出しに行ったらどこで煮干しを買えばいいのかわからなくなった。

そろそろ削節もきれる寸前だし、来月あたり姑どのを誘って
(といってもあちらから誘われることの方が多いんだけど)ひとっ走り行ってこなくちゃね。

by team-osubachi2 | 2017-09-21 13:43 | しみじみご飯 | Comments(4)

いもくりなんきん

世の中は三連休。
でも台風18号のおかげで予定をキャンセルし、家で大人しく仕事をする三日間である。

土曜は朝から暗いし寒いしで一日はぐうたらを決めこみ、一日眠いままに寝てすごした。
いいのよ、たまには一日寝ておわっちゃったなんて日があっても。
おかげで(ローガン鏡のせいもあるのか)眼精疲労と肩こりも解消よ!

台風一過の今日は、一昨日の寒くて暗いお天気が嘘のような澄んだ青空だ。
洗濯物ももちろんベランダに出して干す。
気温は高いけど、風が乾いていて心地いいなあ。

f0229926_12254639.jpeg

季節を迎えてリンゴが安くなったので、
レンチン蒸ししたサツマイモと一緒にフライパンでバター焼にする。

ただバターで焼くだけでサツマイモの表面はすぐにカリッとなる。
同じフライパンで焼いたしっとりリンゴを添え、
メイプルシロップか蜂蜜を少しかけていただく自然な甘さのハーモニーがたまらない。

週末のおめざによく作るプレートはこんな感じ↓ 秋から冬にかけての我が家の好物だ。

f0229926_12251043.jpeg

カボチャも安くなったのが出回りはじめた。
一昨日はキャベツと一緒にポタージュにしていただいた。

レストランなどでは生クリームを使うんだろうけど、うちは牛乳でサラリと。
それでも充分美味しく仕上がるんだもん。
ひと手間かかるけど、野菜のポタージュって滋味あふれててホントに美味しい。

f0229926_12252936.jpeg

今日は見事なくらい雲一つない青空だ。
・・・ああ、天高し、いもくりなんきん ♪ そういう季節になったんだなあ〜。

あ、栗はないの。栗は高いからね。w
いつかたっぷりと大粒のいいのを仕入れて渋皮煮に挑戦してみたいけど、
今はまだそのときじゃないみたい。

さ、珈琲でも淹れて、仕事に戻りましょ。

by team-osubachi2 | 2017-09-18 15:07 | しみじみご飯 | Comments(0)

月をさがしてしまう月

今日はまたえらい湿気った南風が強くて、
お月さまのお顔など拝めるような天候ではないのだけど、
秋になって黄色いものを見ると、ついつい月にちなんだものを連想したくなる。

この前買ったカボチャ。大人二人の食卓には四分の一カットで充分なのだけど
包丁を入れようとしてひっくり返し、ようやく皮の部分を見てみたら
あら!なんだか秋の闇夜、カボチャの窓に浮び上がる月影ね・・・な〜んて。
この日はあずき缶でいとこ煮にした。

f0229926_19251085.jpeg

先週はいただきものの玉こんにゃくを煮た♪
玉こんにゃくだけじゃちょっと物足りないので、ゆで玉子も一緒にしてみた。

f0229926_09264826.jpeg

ちょんとゆで玉子を切って盛りつけたところ、
ああ、まんまるお月さまがふたつ並んでるわ。
地球上じゃあり得ないけど、盛り鉢の中では違う宇宙も在るのよ・・・などと
くだらないコトでも黄色とみればお月さまを連想し秋を愉しむ月間である。

ちなみに今年の「仲秋の名月」は十月四日だそうだ。
そのころにはいろんな野菜も安くなってるといいなあ〜。

by team-osubachi2 | 2017-09-12 09:31 | しみじみご飯 | Comments(0)

肉らしゅうございます

まあ、奥さま、おひさしぶりですねえ、すっかりご無沙汰してしまいまして。
お元気でいらっしゃいましたか?

ええ、なんですかぱっとしないお天気が続きますですねえ、ことに関東地方は。
雨も降ったり止んだりずっと曇りがちで湿気っぽくて
日によって蒸し暑かったり肌寒かったりしますからねえ。
なんだかダルく感じる日もございますでしょ?
そういうとき宅ではお肉を食べますのよ。
ええ、奥さま、そんなときはやっぱりお肉ですわ。

このあいだはチキンカツにしましたの♪
ええ、あそこのスーパー、トリのむね肉、お安うございましょ?、
宅では厚いところは削ぎ切りして薄くしておいてからカツにするんですの。
削いだ部分はお弁当用にちょうどいい大きさになりますしねえ〜。

f0229926_16113661.jpg

そりゃデパ地下のも悪くはございませんけども、、、ねえ、奥さま、
このごろ宅どもにはなんですか、ちょいとばかり塩からいようですし、
それに予算てものもございますでしょ?

町の商店街にあるような肉屋さんのコロッケやフライね、
あれもいいんですけど、残念ながら宅の近所にはそれがありませんでねえ。

ええ、私もここんとこなんとなくダルくて、それで今週はポークソテーにしましたの。
ダルいときはこれはきっと「ビタミンB足らん」に違いないって思いましてね。
ええ、そうそう『細雪』に出てくるあれですわ。
宅ではさすがに注射するようなことはいたしませんし、
それよりも美味しいブタ肉ってものがあるじゃありませんか。ねえ?

国産ブタも食べますけど、宅ではソテー用は輸入ブタを買うんですの。
ほら奥さま、オージーとかなんとか、オーストラリア産でしたかしら。
ちょいと固いのが難ですけど叩けばなんとかなりますからね。ええ、叩くんですの、うちで。
ほら、あるじゃございません?鬼の金槌みたいな肉叩き用のとんかちが。
そうそう、あれで叩くんですのよ。
そうしましたらね、気持ちばかり柔らかくなった気がするんですの。

f0229926_16114803.jpg

いまどき「ポークソテー」なんて名前もなんですが、
お皿に盛りつけたところはまだ昭和時代ですか?って見てくれなんですよ。
まあ、食べてしまえば時代なんて関係ありませんもの、
美味しけりゃいいのよ、なんだってってなもんですのよ、はははは。

あらいけない、もうこんな時間?!すっかりお引き止めしてしまってすみませんわ。
ええ、それではまた。どうぞ。ごめんくださいまし。

by team-osubachi2 | 2017-08-04 16:48 | しみじみご飯 | Comments(6)

*************************************

      暑中お見舞い申し上げます

*************************************


昨日今日は少し曇っているものの、たいそう湿気った南風が吹く丘の上界わいです。

トマトに胡瓜、茄子、そして枝豆など、旬のものが美味しいです。
私の場合は夏場も食欲があり、むしろ食べ過ぎないよう注意したいもの。

家のことをやるだけで一日があっと言う間に過ぎてしまいますが、
今月はいっぱい遊んだツケで、いま抱えている仕事がちょっと遅れ気味かも(汗)。
そろそろ重い腰をあげなくちゃ!(でも、やっぱりマイペース/笑)

さあ、水分補給を忘れず、今日も一日、自分なりにやれることをやりましょか〜。


f0229926_09124752.jpg


昨日は二十四節気の大暑だったとか。暑い夏はまだまだこれからですね。

どなたさまもどうぞご自愛いただき、よい夏をお過ごしくださいますよう。

by team-osubachi2 | 2017-07-24 09:21 | しみじみご飯 | Comments(2)

山の芋で麦とろ飯

「海の日」に山歩きに行った帰り、上里SA(埼玉県)で地元の野菜など売っていたので
ちょこちょこ冷やかしていたら、あ?!山芋、安いじゃない!!
うちの近所のスーパーのほぼ半額ぐらいだよ。もちろん買って帰った。

f0229926_22242190.jpg

いつもはお弁当にも入れられるよう、塩バター焼にしたりもするけど、
今週はお弁当ナシだし、山歩きでくたびれた体が欲していたので
昨夜のしみじみご飯は、刻み海苔も添えて麦とろ飯にした♪

ねばねばね〜ば〜ねえば〜〜♪

f0229926_22293001.jpg

子供のころ、唇が腫れ上がるので食べなかったとろろも
大人になってだんだんいけるようになり、今では心から美味しいと思えるようになった。

f0229926_22401950.jpg

しみじみ地味滋味、大人の味わい。口が大人になるっていいものだ♪

by team-osubachi2 | 2017-07-19 22:45 | しみじみご飯 | Comments(2)

飲みものを摂ろう!

連日真夏日だ。・・・れ?梅雨明けってどうなったのかな?

気象庁はもう梅雨入りとか梅雨明けといった宣言はしなくてもいいという声もあるけど
梅雨にまつわる宣言もちょっとした季節の風物と思えば
なくなってしまったらちょっとつまんない気もする。
梅雨入り・梅雨明け宣言はやっぱりある方が暮らしの彩りってものだ。

真夏日になると楽しみにしているのが、水出し煎茶。
ガラスのポットに煎茶をちょこっと入れて、あとは水を注いで冷やすだけ〜♪
お煎茶を淹れるのがヘタクソなせいもあるが、
水で淹れるとこんな私でも上手くいって美味しくいただける♪

f0229926_11010659.jpg

トマトジュースは無糖・無塩のものを買うのだけど、
さすがにこの暑さ続きではコップに注いだトマトジュースに
塩とレモンをちょっと入れ、好みに加減して飲むのも美味しいネ♡

f0229926_11013204.jpg

いきつけの美容院からすぐ近くの銀座の広島物産店で扱っている
『レモンの泉』は我が家のレギュラー品。
冬でもちいさな茶匙一杯を湯冷ましに入れて飲むこともある。

広島ブランドショップ Tau (銀座店)
(*余談ながら、こちらの地下レストラン『遠音近音』のランチは
着物デートのときなどにオススメです)

f0229926_11015020.jpg

昨日の朝、ゴミ出しのときにこの長屋に一人住まいのおばあちゃまがいたので挨拶したら
げんなりした顔で「熱中症になっちゃった・・・」とおっしゃるではないか。
家にいたままぐったりしてしまったらしい。

あ〜、そのしんどさ、なんか想像がつくなあ。
今年の春、急に気温が上がり出した日、うっかり前日に水分補給に失敗した私も
翌日一日じゅう頭がグラグラして吐き気のような、だるさのような、
とにかく具合がよくないそんな一日になっちゃいましたもん。

きけば「トイレが近くなっちゃうと思って、あまり水飲まないのよ私」とおっしゃる。
・・・この猛暑の夏の時代に、どんなにテレビやラジオ(ネット上でも)で水分の補給を呼びかけても、
その呼びかけが届かない(てゆーか、呼びかけにスルーしてしまう)年代の人々はいる。

大丈夫!一日エアコンの部屋にいて乾燥してますし、
汗もかいてますからきっとトイレの回数は減ってますよ。
お願いですから、水分摂ってくださいね。一人でいるときに倒れないでくださいね〜!

そういう自分も部屋に戻って、湯冷ましをマグに一杯ゴクゴクゴク・・・!!

f0229926_11012050.jpg

あ、これは飲みものじゃないけど、昨日のお昼は『もりおか冷麺』にした。
麺は一人前、野菜はもり放題 ♪
これを「飲みもの」って言う輩もいるかもしれないけど、私的には麺は麺だから。w
水出し煎茶を添えて・・・。

自分もいずれご年配世代に入る。たとえトイレの回数が増えようとも
水分は“意識して摂る”ようクセをつけておきたいものだ。
この春に経験した不調日を振り返ってみてそう思う。

by team-osubachi2 | 2017-07-13 11:15 | しみじみご飯 | Comments(4)

サラメシの色

今日で六月が終わる。

きゃあ〜〜〜っ!?
・・・とわめいてみたところで、どうにもならない。

でも、時間こそはすべての人に平等だ。
極端な話、大富豪にも、一文無しにもネ。

話がそれた。

f0229926_13334249.jpg

季節に関係なく、我が家のサラメシは全体的に茶色い。(^ ^;;
ま、五十代のおじさんが食すのだから、茶色いおかずも風景として違和感はないけれど
たまには彩りよく綺麗にしてみたいじゃない?

とはいえ、この日も茶色と緑のせめぎ合い。
ここに玉子焼きの黄色が入るとうんと華やぐんだけどね。
おじさん世代に卵の多用は要注意。
鮭の肌色と、パプリカの赤と黄色がかろうじて見てとれるところがせめてもの彩り。w

添えたお甘は「伊豆の踊子」っていう桃山風のお菓子。
姑どのがバス旅行してきたお土産。相方も私も、こういうの大好き♡

さあ、明日から七月。
来月のお弁当の出番はちょっと少なくなりそうだ。

by team-osubachi2 | 2017-06-30 13:37 | しみじみご飯 | Comments(0)

玉葱と押し麦のスープ

曇天の今日、関東甲信地方も梅雨入りしたそうだ。
どうりで朝からずう〜んと気圧が下がり、夕方買い物へいくときなんか、
ときおりパラリとかすかに雨の気配もあって、
ああ、だんだん梅雨本番になっていくんだなあ〜という感じの一日だったもんね。

このお天気に呼応して、気分までなんだかどんより静かで重たいし、
ジッとしているとヒンヤリ身体も冷えてきそうだった。

これからの季節はさらに気温が乱高下するらしい。
いきなり真夏や猛暑という日もあれば、急に寒気も入り込んで肌寒い日もある。

・・・そんな梅雨冷えには、あったか〜いスープがいい♪

f0229926_22523567.jpg

小玉葱がネットに詰められて売られているのを買ってきて、
お鍋に水と一緒にローリエを一枚、押し麦もぱらりと入れてコトコトと煮込むだけ。
味付けは塩だけでもいいし、野菜だけのブイヨンを入れるのでもいいね。

柔らかくなってとろりと口の中で溶ける玉葱と
ぷにぷにに膨らんだ押し麦の食感もお気に入り ♪

f0229926_22524601.jpg

お腹にも優しく効いてくれるし、夏でもあったかい汁物は欠かせない。


by team-osubachi2 | 2017-06-07 22:59 | しみじみご飯 | Comments(4)

こごみ小盛り

山菜の季節だ。
海育ちで、子供のときに一度家族で富山と新潟の県境のあたりにでかけ、
人目を避けるようにしてちょっぴり山菜摘みを経験したことがあった。
わずかな収穫を持ち帰り、ぜんまいの綿をあつめて面白がったのは覚えていても
どう食したかは覚えていない。たぶん茹でて塩をして保存したのではなかったか。
海の漁業権と同じように山の山菜も勝手に採ってはいけないと知ったのもそのときなのだが、
堂々といただけたものはといえば、もっぱら山里へ嫁いだ叔母から届けられたものだった。

このまえお友だちと横浜方面へ出かけた帰りに寄った岩手の物産店で
こごみがワンパック安く手に入って嬉しかった ♪

天婦羅は大袈裟なので、小麦の溶いたのをちょっとつけてフライパンで焼いて食べ、
ゆうべは茹でたのを胡麻入り酢味噌和えにして・・・と。

f0229926_12091740.jpg

立夏を迎えたとたんに強い南風が入ってきて、いよいよ日本の蒸し暑い夏の到来。
洒落言葉みたいな傘と鷺、それと貝模様が絵付けされた
ちいさな志野織部は私のお気に入り。そこに小盛りにして食卓へ。

f0229926_12092936.jpg

酒の肴ならこれだけで済むのだろうけど、おかずとなったら足りるはずもないから
小鉢へ盛ったのも別に出しておかわり自由にしないとネ。

by team-osubachi2 | 2017-05-07 12:20 | しみじみご飯 | Comments(2)