カテゴリ:着物のこと( 405 )

秋の茶会に着る着物

毎年楽しみにうかがうS先生の茶会へ今年も参加させていただく。
何を着ようかしら・・・♪
迷うほどには持ち合わせていないのだけど。

本当いうと、この小紋が着たかった・・・秋の森の小紋。

f0229926_21454931.jpeg

洗い張りして、取りかえる八掛けも準備していたのに、
今期はまだ仕立て代が工面できなかった〜 (^ ^;;

ちょっと残念だったけど、これはまた別の機会にネ。

気を取り直して、秋に着られそうな金茶の縮緬無地を出して、
松皮菱模様の袋帯という組み合わせにしてみる。

f0229926_21461894.jpeg

うん、これでいってみようかな ♪

f0229926_21414541.jpeg

朝は時雨れていて寒かったものの拵えは万全。あわてず騒がずいそぎ足でGO !


by team-osubachi2 | 2017-11-23 22:15 | 着物のこと | Comments(4)

ときどき「収納できる以上のものを
どうやって持たずに済ませるか、持たずに暮らすか」を考える。

私の着物箪笥はいまの住まいに越してきたときに通販で買った
簡易な桐箪笥(二段の桐箪笥をのせただけの)のひと棹だけ。

でも、その桐たんすの上に黒紋付(喪服)と喪帯で桐箱が一個。
さらにコートと羽織もので紙箱一個。
それと、押入れケースに肌着や小物が二個分

もう充分だ。これ以上は要らない。

・・・ハズなんだけど、う〜ん、人間生きているとどうしても少しずつものが増える。

たとえば洗い張りがすんで、仕立て待ちのものが数反、押入れにスタンバイしている。
また、着物好きならではのありがたさで、ときおり着物や帯をいただくこともある。

「もうだいぶ “きてる” ものだから、何か素材に使って〜」と言って頂戴した帯。

f0229926_09352127.jpg

某有名作家さんのものらしいという話なのだけど、見ればなかなかチカラのある型染め。
たしかに顔料がほんのり薄くなってるところも見られるものの、
まだもうしばらくはこのまま使えそうなので、
ギリギリまで帯として活かしてから看取る(リメイクする)ことにしようか。

いま私の箪笥にある着物や帯はどれも大好きなものばかり。
だけど、もうパンパンだ。
(相方の着物のために引出しの一段を空け渡したりもしたので)

どう取捨選択して収納するか。・・・うう〜む、悩ましい。
実に悩ましいけれど、自分じゃ着きれないほどのものは持つまいと思う。

そうね、もうしばらく悩んで、自分の年齢、これから迎える年代をよ〜く考えて
取捨選択の英断を下すとしよう。

by team-osubachi2 | 2017-11-17 09:43 | 着物のこと | Comments(6)

天井桟敷での着物

*11月9日(木)

今日は年に一度(か、二度)のお楽しみクラシックコンサートへ♪
夕方ばたばたしながら着物に着替えてみなとみらいホールへ向かう。

箪笥からこれも大好きな紺絣の絵羽紬を出す。
帯は昨年身罷られた人生の恩師と仰いでいた方からお形見分けでいただいた
淡いベージュ色のふくれ織の無地名古屋帯。

ソワレでも天井桟敷席なので気張った着物もなんだし、紬でいいかなと思う。
紺絣だけど絵羽で、目立たず、少しだけハレがましく。

f0229926_08275975.jpeg

昨日小林布未子先生に胸元ぴたっ!な着付けを教えていただき、
「それ実践してみるいい機会だわ ♪」と思ったすぐあとから
「時間がない・・・」となり、結局いつもの着付けをする羽目に。

でも、いつもの着付けの途中途中で、
先生に教えていただいたコツを意識して手をかけてみただけで
懸案だった胸元から脇のあたりがなんかピシッとした気がするではないか?!

・・・・・・気のせいかも?いいわ、また時間があるときにでも。

f0229926_08281711.jpeg

みなとみらいホールで、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏会。
(クラシックコンサートっていうのもいいけど、演奏会って言葉の方がワクワクする)
指揮は以前テレビで見て、ぜひ一度聴いてみたい♪と思った
ヘルベルト・ブロムシュテットさん御歳90。
ブラームスを奏でるヴァイオリンはレオニダス・カヴァコスさん。
クラシックを聴くのはまだビギナーなので、なにもかもはじめて尽くし。

f0229926_08283894.jpeg

いやあ〜、素晴らしかった〜!
カヴァコスさんのヴァイオリンは涙が出るくらい美しくて繊細で、でも力強くて。
ブロムシュテットさんは指揮棒ではなく全身で指揮なさってて、
その背中には後光がさしてた。
管弦楽団というだけあっていっぱいいる弦楽器の演奏家らは、
まるでブロムシュテットさんの指揮に従うたくさんの蜂たちが黒い正装をして
羽根をふるわせて音を奏でているみたいだったなあ〜・・・。

感動の余韻でふくふくになったところで軽くお腹にいれたくてお店を探すも
みなとみらい内のレストランはどこもラストオーダー後。
仕方がないので、帰り道乗り換える駅そばの家系ラーメン店に入った。

f0229926_08290376.jpeg

着物でも気にしない。道中着を着たまま手ぬぐいを胸元にかけてラーメンをすする。
お腹が空いてたせいもあって美味しかった ♪

美しい音に身を委ね、その余韻に満たされた夜・・・まんぞくまんぞく♡

by team-osubachi2 | 2017-11-11 13:20 | 着物のこと | Comments(4)

*11月8日(水)小雨のち晴れ

まだ若かった二十代半ばで着物を着始めてかれこれ四半世紀以上。
ことさら自分の着付けに問題はないのだけど、そんなある日、
着物友だちの画家 朋百香さん家の長平庵に、
着物スタイリストの小林布未子先生をお招きして
先生の着付けを受講しませんか?というお誘いがあった。
小林先生のことはもちろんメディアでもご活躍されているのは知っていたし、
友だちを通じて、それとなく先生の着付けのコツの噂を聞いてもいたせいか、
興味が湧いたので参加させていただくことに。

この日集まったのは、長平庵の女主人 朋百香さん、ライターの神奈川絵美さん、
染織家の吉田美保子さん、私・・・の着物仲間四名集まって受講料は一人3500円であった。
(先生が用意してくださった紐類などは別途数百円)

f0229926_12202491.jpeg

この日の先生は縮緬の明るいチャコール色の江戸小紋に、
この象さん模様の帯といういでたち。

f0229926_12205205.jpeg

まず着物談義しつつ先生の考え方や基本姿勢などお話をうかがう。

そのあと先生が用意くださった紐に使う伸縮性の包帯やクリップなどを受け取って
さあ!いざ!鏡の前へ移動。

f0229926_12211289.jpeg

まずはそれぞれの着付けの悩みポイントに沿って、
各自の着付けの確認などしたあと、帯をとき、着物を脱いで肌着を確認し、
長襦袢から実践に入ったあとはもう怒濤のようであった。

へえ〜〜!ほおお〜!あ〜ナルホド〜〜!!・・・思い出すと今も頭ン中がグルグルする。
私にはとてもひとつひとつは書けない(^ ^;;

なので、適当に写真をあげて、あ〜、そうそう、ここんとこはそうだったわ、という
いくつかのことを思い出すための写真スケッチをここに貼っておく。

たとえば、百均や薬局で買える伸縮性の包帯
(とはいえ先生なりにあれこれ試した末のこだわりのメーカーのものらしい)を
短く切って紐にし、お襦袢に(安全ピンや糸などで)とめて使うという
小林メソッドで長襦袢を着ると、それだけで土台がきちんと作られるせいか
着物を着ても衿があがってこないという不思議!

そして、着物の衿に伸縮包帯を付けたクリップを留めて胸紐にする、とか。

f0229926_12224545.jpeg

腰骨の位置を把握して、腰紐の位置はウエストで結ぶんだとか。
おはしょりの始末にも先生なりのテクがあってね、ここをこうしてああして・・・。

やっぱり土台って大事なのね〜。肌着から長襦袢の胸元、襟元を
あらかじめきちんと整えておくと、着物の襟元もこんなにスッキリする、とか。
(このあと伊達締めではなく先生考案の必殺ワザな紐で胸元をおさえる)

f0229926_12231534.jpeg

そうそう、帯揚げのね、ほら、前で結び目を見せないで
左右からクロスさせて見せるやり方のアレ。
ヒョイヒョイと巻いてから折り返して“あんこ”にするんだとか。

f0229926_12235055.jpeg

男前な着物に、角出しや銀座結びすると女らしさが出る、とか。

f0229926_12270043.jpeg

こちらも銀座結びで・・・。

f0229926_12404869.jpeg

その人その人それぞれのキャラが立つような、遊び心を効かせた帯締めの遊び方とかね〜♪

大切なのはどう自分のカラダに添って自分らしく着るか、ってこと。

f0229926_12412976.jpeg

予定した時間を大幅にオーバーしてしまったけれど、先生は終始立ちっぱなしの喋りっぱなし。
帰りの電車の中で「でも私、大丈夫なの」とおっしゃっていらした。
まったくもって恐れ入りましてゴザイマス♪

f0229926_10233933.jpg

小林先生、このたびはお世話になりました。
どうもありがとうございました!

f0229926_10064276.jpg

さて、この日教えていただいたいくつものコツ、
はたしてどれだけ自分に取り入れることができるかは練習次第!・・・かな?笑

f0229926_09590937.jpeg

小林布未子先生は、毎週火曜に青山の『大山キモノ・ちぇらうなぼるた』さんの
楽々着付教室で教えていらっしゃるとのこと。ご興味のある方はぜひ♪

大山キモノ・ちぇらうなぼるた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*参加者の各ブログ

胡蝶の夢/朋百香

神奈川絵美の「えみごのみ」/神奈川絵美

吉田美保子のsome oriノート/吉田美保子

by team-osubachi2 | 2017-11-10 10:44 | 着物のこと | Comments(12)

ざざんざ織りのやたら縞

今日はちょっと着付けの講習を受けるため、ひさしぶりにざざんざ織りの縞を出してみた。

独身時代、これを着て出かけた帰りに新宿二丁目へ一人飲みに寄ったときのこと。
八人も座ればカウンターがいっぱいになる品の良いちいさなバーで、
奥にいた見るからに上質そうなスーツを着た老紳士がこちら(私)を見ながらマスターに訊いた。

「あれは、、、男?」

マスターが答えるより先に、「女です、女」と自分で返答したのだけど、
ほの暗いお店の中とはいえ、着物を着ていても男だか女だかわからないとは、
赤ん坊のときから男子に間違われてきた私には「またですか」と思いはしたものの、
この縞の着物を着ると私の顔は柔らかく見える(らしい)という評判だのに、
30代(当時)になっても「男かも?」に見えるとはねえ。なんだかおかしかった。

f0229926_23031468.jpeg

・・・あれから何年たっただろう。
二丁目のあのお店ももうなくなり、優しかったマスターももういない。
私の髪も白いものが増えてきつつあるけれど、この縞は今も私に似合っているだろうか?
似合い方は少しずつ変化してるかもしれない。
今年ご縁があっていただいた赤い帯を締めて出かけたのだが、
若かった当時よりもむしろ今の方が嫌味なく合わせられるんじゃないかな?そんな気がした。

by team-osubachi2 | 2017-11-08 23:42 | 着物のこと | Comments(6)

たびたび日記に記している通り「無地の帯が好き♡」である。
着物に柄があって、その着物の方をメインにしたいな〜と思うときには
無地の帯をあわせるのが好きだ。

いつだか友だちんちからいただいたリバーシブルの無地帯(http://okakara.exblog.jp/24942128/)は
思案した末、半幅帯に直してもらった。

その無地の半幅帯に、着物は焦茶無地のざざんざ織りをあわせてみる。
ファッション用語でいえば「カラーブロック」ってとこね(実物とは色みがだいぶ違うけど)。

f0229926_23173415.jpeg

で、↓こんな細っこい帯枕があるじゃない。

f0229926_10342560.jpg

それを使って、カラテア風に・・・。半幅帯だから前で結んでカタチを作る。

f0229926_23175574.jpeg

おたいこ部分を結び目の上下じゃばらに畳んで帯揚げでおさえ
(帯揚げはそのままでもよし、折り畳んだ手ぬぐいを枕みたいに入れるもよし)
仮結びしてカタチを作っておいてから、エイッと後ろに回し、
あらためて(今回は細い帯枕の紐と)帯揚げ、帯締めを結んで整えれば完成♪

f0229926_11532818.jpeg
(↑昨日出かけた先で撮っていらした写真に写ってた自分の後ろ姿)

サッと着替えて出かけ、戻ったらまたサッと着替えてそのあと仕事しなくちゃよ〜!
・・・なんていう日には半幅帯で出かけるのが楽チン♪

by team-osubachi2 | 2017-11-01 13:04 | 着物のこと | Comments(6)

『木綿と絹の二人展』へ

*この展示は終了しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

午前中家事をすませてからサッと着物に着替え、お昼間にひとっ走り成城学園前まで出かけてきた。
木綿織りの大熊眞智子さんと紬織りの吉倉ますみさんの二人展。
その初日にお邪魔して作品の数々を拝見♡

着尺や帯地を触らせてもらったり、着尺を着装してもらったりして、
もう脳ミソも心もとろけそうになってしまった。

知り合って少ししかたっていないので、お二人のキャリアのことはまだよく知らないのだけれど、
すでにプロフェッショナルとしていくつもの織物を生み出してこられたお二人の作品は、
なんとなく、だけど・・・たとえば、しっかりと地に足をつけて高い方へとのぼってゆくその道の途中に、
まあ!ここにこんな花が咲いてる♪、とか、こんな草木がいつの間にか育ってた♪、とか
地道な歩みの途中にそういうキラリと光っているものを発見をした!・・・みたいなイメージ。

・・・なんて、自分の個人的な例えをあれこれ記すより、写真をいくつかのせておきましょうかね。
(しょせんiPhoneの写真ではほのかな色みがぜんぜん出ないのだけど・・・)


大熊さん作品の絵羽もの
f0229926_16002038.jpeg


大熊さんの半幅帯など
f0229926_16004240.jpeg


吉倉さんの格子着尺
f0229926_16034146.jpeg


吉倉さんのずりだし糸で織られた無地(私物につき参考品)
f0229926_16014230.jpeg


お二人のショール
f0229926_16021091.jpeg


大熊さんの八寸帯
f0229926_16030454.jpeg


繭や糸や和綿など・・・そうそう、ほかに木綿の半衿なども
f0229926_16043501.jpeg


この二人展は11月4日(土)まで開催中。
「成城さくらさくギャラリー」さんは小田急線成城学園前・南口から徒歩4〜5分。
ご興味のある方はぜひお出かけいただき、じかにご覧いただければと思います ♪

f0229926_15041349.jpg

f0229926_15042652.jpg


ああ〜、もう・・・夢心地よ♡
f0229926_16523007.jpeg


by team-osubachi2 | 2017-10-31 16:57 | 着物のこと | Comments(2)

『WAFRICA』の着物の話題

お昼ご飯を食べながら、Facebookをちょっとのぞいていたら、面白い記事をみつけた。

「西アフリカのデザインと着物が融合“WAFRICA”から目が離せない」/HUFFPOST JAPAN

ええ〜?これが着物?と言うなかれ。
ショーとしての見せ方は別にして、普通の着物と帯というカタチで想像してみれば、
たとえ自分の着るものとしてはご縁がなくとも、これもあり♡おおいにあり♡・・・と思う私。
(実際帯としてなら活かされている西アフリカの布は多いしね)

同じ日本人でも、なぜか京友禅や京小紋が似合わないけど、
南国系の紬や染めやこういうエキゾチックな模様がばっちり似合う女子はかならずいるのである。

それに、この数年(もしかして米アップルの研究所が近くに出来たせい?)
うちの近所でもびっくりするほど海外から移住したらしき人たちの姿が増え、
なかでも淡褐色の肌をしたハイブリッドな子供たちの姿が
近所のスーパーでもふつーに見られるようになった。
その肌色のちょっぴり縮れた髪の女の子たちに、こういう着物を着せたらどんなに可愛いだろう♡

このごろ流行りの「Diversity」とはこういうことも含むんじゃないのかな。
こういう着物の多様性、これからの未来にもっとあっていい。そう思う。

by team-osubachi2 | 2017-10-19 13:38 | 着物のこと | Comments(8)

半襟、出てます、はい。

このごろ巷に飛び交う「着物警察」なる言葉。
それ以前は「お直しおばさん」という言葉もちょいちょい聞いた。
思えばいつの時代から人の着付けのあれこれをとやかく言うようになったのかはよくは知らない。

知らないけれど、人の着付けを見て、正直をいえば私自身
「あ〜、もったいない」「あ〜、惜しい」「あ〜、あそこをこうしたらいいのに」「あ〜、直してあげたい」
・・・としばしば思った時期が若いころにはあった。

いまでもそう思う瞬間がまったくないワケではない。
でも、もしも人さまの着付けが目に留まったとしても、今はやりすごすか、そっと見守ることにしている。
「着物着てくれるだけでありがたい」と思うから・・・。

f0229926_08132751.jpeg

振り返ってみれば、私自身20代の半ばから着物を着はじめて、
今まで見知らぬ人から着付けの失敗で何か言われた事が一度もないのであるが、
身近に知ってる友達や知人から写真を撮るときなど「直して貰った」ことはある。

着物ビギナーのうちは髪を伸ばしてみたものの、30歳になるのを境にショートに戻し、
以来衣紋はあまり抜かない方が好みになり、どうもそのあたりから、
私の半襟は少しばかり着物襟から出てしまうようになった。

はじめのうちは着物から襟が出てしまうことを自分で気にしていた。
腰かけたときなど、襟首と髪の生え際の皮脂の汚れはつきやすいものであるが、
僅かながらも半襟が出ていることで、着物の襟が汚れにくくなるのか、
ある時この方が「着物の襟が汚れない」ことに気がついてからというもの、
ベンジンでいちいち拭く手間もはぶけるし、これをよしと思うようになった。

そう、友だちや知人から「襟出てるよ」と言われても、そこは素直に
「うん、出ちゃうの。でも着物の襟が汚れないからこれでオッケーなの」と言う。
以来友だちも理解してくれて、それ以上は言わなくなった。

もっとも、自分のクセをよしとしつつも、胸のうちでは
「出てない方がきれいに見えるかもしれないこともある」というキモチがどこかにあって揺れることもある。
たとえば、普段着のかたものは良しとしても、
小紋だとか色無地だとか、たれもののお出かけ着物にはどうかな?と思わないでもない。

おそらく知らない人が見たら「あら、半襟が出ちゃってるわ」と思われるだろう。
もしもひとこと言われたら、「ありがとうございます」とだけ言っておこうか。
「お直しおばさん」には、嫌味を言う人もいれば、本当に親切で言ってくれる人もいるが、
「着物警察」には、なにやらおっかない響きがあって、できれば遭遇しないことを願いたい。
面と向かって言われたことはないが、「ええ、半襟が出てますが、なにか?」とすっぱり言い返せるほど
こちらも肚がどっしり座っているわけでもない。w

自分でよしとしつつも、わずかに心揺れる着付けのクセ・・・。
じゃあ一分の隙もない完璧な着付けがいいかといえば、それはイヤなのである。
全体的にはきちんとしていながら、どこかに余情というか、布の遊びのようなゆるみがある方が好きだ。
自分にとって心身ともに具合のいい着方は人それぞれ。
個人的な趣味嗜好といえばそれまでなのだが、そういうどこか定まらないところも含め、
つくづく着物は不思議な衣服、面白い衣服だなあ〜と思う。

by team-osubachi2 | 2017-10-16 08:30 | 着物のこと | Comments(10)

今日は天気予報のおにいさんおねえさんが言ってた通りね。・・・寒いわ!
相方を送り出したあと、にわかに寒々しくなったので、
クローゼットの扉にかけてあった綿紅梅の上っ張りを羽織る。

f0229926_11065254.jpeg

何度か日記に同じこと書いてるけど(過去ログ/ http://okakara.exblog.jp/17299469/
新宿区の民藝店「備後屋」さんで買った綿紅梅の浴衣を
もう着ないからと膝丈で切って(そこから紐を作り)、袖のフリも短くしてとじつけたもの。

「備後屋」さんで扱っていた綿紅梅の浴衣地は、いかにも民藝好みの洒落た型染めのものが多くて
それに裏地にもちゃんと薄藍で染めてあって、着心地もよかった。

f0229926_11070543.jpeg

この綿紅梅は浴衣時代よりも上っ張りとしての方が活躍してるかも。
洗濯がすぎてもうクタクタになったけど、まだまだイケそうだ。

あ!・・・薄い浴衣で作務衣を作っておくといいかもしれないね?
寝相が悪い私は浴衣の寝間着は裾がアジャッパーになるけど、
浴衣の作務衣ならパジャマがわりに着ても良さそう。(温泉地へも持っていけるだろうし)

いやいや、面倒くさい、面倒くさい。
余計なことは考えず、いまは目の前の仕事をまずはやるべし!・・・へ〜い!

by team-osubachi2 | 2017-10-13 12:41 | 着物のこと | Comments(4)