今日は関東もいよいよ梅雨入りして、お昼前から雨がザアザア降り出した。
ふう・・・よかった。昨日潜っておいて・・・。
というワケで、昨日も真鶴半島の福浦海岸へ潜りのお稽古に行ってきた。

f0229926_12495785.jpg


潜り初めてちょうど一年。
まだまだスキルは低くて、たとえば海底の砂地なんかを見てしまうと
安心感を求めて、つい足を着けて(着底)しまいそうになっちゃうんだ。

でもね、そうするとね、知らず知らずに砂地にいるちいさな生きもの達の
巣穴を壊しちゃったり、悪くすると傷つけたり殺しちゃったりするワケよね。
(珊瑚礁の海によっては着底禁止!ってところもあるんだって)

だからそんなコトにならないよう、悪いクセがついてしまう前に
どんな深度でもちゃんと安定して浮いていられるスキルを受講した。

f0229926_12575869.jpg←オハグロベラ
photo by Frontier

ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシーって
どんなところでも必要以上に浮きも沈みもしない
浮力(中性浮力)をとるってことみたい。

f0229926_1373018.jpg←産卵に来ている
アオリイカたち
Photo by Frontier

いやあ〜、頭では理解してても実際海の中でやってみるのって
そう簡単に行くハズもなく、オラオラになりながらも
何度となく練習してみて、ようやく「こんなカンジかな?」
それが少しわかってきたところで、ゆ〜ったり浮かんでいると、
ダイバーに慣れているのか、魚たちも別に緊張するでもなく
かなり側に寄っても逃げずにリラックスしてる様子がわかって、
そうか、ちゃんと安定して浮いてるって、生きものもじっくり観察できるし
こういういいところもあるんだな〜ってわかるのだった。

f0229926_13171084.jpg←アオリイカの卵
Photo by Frontier

毎年このシーズンはアオリイカの産卵が盛んなのだそうで、
大きなのと小さいのとアオリイカのカップルが何組も
青い水に透けるような体で、自分の頭上をヒラヒラと舞うように、
または宇宙船のように(?)浮かんでいるところは、
とても言葉で伝えることが出来ないくらいにファンタスティックな眺めだ♬

f0229926_13224987.jpg←東海道線と
海岸沿いの道も
緑の向こうに見えて

そんなこんなを楽しみつつ、この日の海洋実習も無事2本潜り終えた後、
根府川の斜面にあるすこぶる眺めのいいカフェレストランへ移動。

f0229926_13252240.jpg

パンシチューのランチセットで遅めのランチをいただいた。
苦みの効いたアイスコーヒー、疲れた身体にほどよく効いてくれた。

f0229926_1325378.jpg

これからの季節、テラスからの眺めは最高だろうな。
海と仲良くなるたびに、神奈川の海が好きになる・・・♬

SADDLE BACK
http://saddle-back.com
by team-osubachi2 | 2014-06-05 13:39 | 海に潜る | Comments(8)

昨日ははじめて逗子の海に潜った。
透明度は今イチだったので、魚を眺めるというよりは
岩場のちいさな生きもの、ウミウシを見つけて愉しんだ。

f0229926_2145305.jpg


とはいえ、へなちょこでビギナーで老眼の私には
なかなか見つけられないから
もっぱら探してくれたのはインストラクターさんだけど・・・。

何種類見れたのかな、あとで数えてみたらば、
少なくとも6〜7種類。

それでも私にはほとんど全部はじめてお目見えのウミウシたち。
色も綺麗で模様もさまざま。
小さくてもそこはまったくの自然界、
生存競争も激しいのだろうけれど、とっても穏やかに生きてるイメージがある。


f0229926_21533333.jpgphoto by Fronteir


キモチよく潜って帰宅し、
後片付けもして、夜、布団にもぐり込んでから思った。
ウミウシってどんなコトを考えてるのかなあ〜・・・。
と阿呆なことを思う間もなく、心地よい眠りの海に沈んでいったのだった・・・ZZZ。
by team-osubachi2 | 2014-05-19 22:04 | 海に潜る | Comments(6)

逗子の海へ

早朝4時30分に起床したら、外はもう明るくなってきていた。
ああ、季節はもう夏なんだね〜。
今日ははじめて逗子の海へ潜りのお稽古に行ってきた。

f0229926_19404351.jpg

沖に出たら、江ノ島の真後ろに箱根の山々と富士山が聳えて見えた。
ああ、幕末に来日した外国船からはこんな風に見えてたのか〜、と
初めて見たフジヤマに感嘆したであろう幕末の異人さんらのキモチに
ちょっぴりだけ触れたような気がしたなあ。

f0229926_19465031.jpg

無事に二本潜って、お昼は逗子マリーナのすぐ近くの魚飯屋さんへ。
マグロの竜田揚げ定食 ♫
狙い通り、ビーフにも負けない美味しさ!
ペロリと平らげた。

さて、機材のお手入れしながら、
すでに日焼けて黒くなったお顔に、
(無駄なあがきは百も承知で)
化粧水パックとかしておきましょうかネ。。。
by team-osubachi2 | 2014-05-18 19:52 | 海に潜る | Comments(8)

春は海もおぼろで〜

*3月23日(日)晴れ(午前中は無風、午後から強い南西の風)

前回潜ったのが去年暮れのクリスマス直前だったから
かれこれ3ヶ月も間があいてしまった。
家を出た朝5時半ごろは星も見えてたけど、東の空はもう夜明け前の明るさ。

予定では逗子に潜るハズだったのが、風向きの都合で
ふたたび真鶴の岩海岸にてボートダイビングに変更。

ってコトで、朝8時ころに岩漁港に到着ぅ〜♬

f0229926_8263224.jpg

打ち合わせして、準備して、船に乗り込んで
漁港を出て有料道路の橋の下をくぐり(潜るのはもちろん漁のない時間帯)、
ちょっとだけ沖に出たところで、
今回はじめてやってみたジャイアントストライドエントリー。
大きく一歩を踏み出す姿勢で入水するアレね・・・。

まずはベテランさんが入水するのを見てから自分の番になった。
こわごわへっぴり腰で船縁に立つのもやっと。
片足を前に出すも、その一歩が大きく出ないまんま
「あら?」と思う間もなく海に落下してしまったカンジ・・・ドッポ〜〜ン!!

f0229926_8334278.jpg


三浦も真鶴も、半島界わいの春は「春濁り」といって
大量のプランクトン(植物も動物も)が大発生するんだって。
春がおぼろなのは何も陸上だけじゃないんだねえ〜。

その海の中は「まるでお味噌汁・・・」みたいで、
(人によっては「バスロマンの湯」とも)
ポイントのブイからロープを伝って潜るんだけど、
水中は見えない、見えない、いや〜ホントに見えないゾこりゃ!
2m先でかなりぼんやりしたシルエットしか見えない海だった。

f0229926_8442947.jpgphoto by H.S.

水深22mほどの海底は水温13度。
外はお天気がいい分だけ水がちべたく感じるね。

薄暗い水底で目が慣れてもせいぜい2〜3mの透明度。
水中ライトを点して、インストラクターさんにピッタリ張りついて、
ひさしぶりの潜りのあれこれを自分で復習しながら
ポイントのホンの狭い範囲を見てまわった。

でもね、ポイントに沈めてある鉄橋の残骸をライトで照らすと、
フューシャだのムラサキだのオレンジといった
カラフルなソフトコーラルがいーっぱいで
プランクトンを食べようと花盛りの様子が見てとれたし、
そこに紛れて生きてるいろんな小魚や珍妙なエビも発見!

f0229926_858723.jpg
photo by H.S.

まるで海に棲むクモみたいなエビは
オルトマンワラエビっていうんだって。
ほっそーい腕の先にちっちゃーいハサミもあるんだけど
いったいなんだってこんなデザインの体になったのかな?
なんで関節のところが蛍光色に光ったりするようにしたのかな?
海には陸上以上に不思議なカタチをした生きものがいっぱいだ。

この日は他のポイントがよろしくないとのことで
同じポイントで2本潜り終えて、
無事私のボートダイビングのお稽古も終了!

1本目はかなりキンチョーしたけど、2本目はだいぶリラックスできて
エアーも保ったけど、手からくる冷えがやっぱりキツかったかな。

f0229926_971276.jpg

終わって器材を片付け漁港からの帰り道、
ダイバーさんらでにぎわう真鶴のカレー屋さんで
私はカレーじゃなくて、ボリュームはスゴイけどあまり甘くない
焼きリンゴのデザートナンをぺろりと平らげちゃった♬
まんぞくまんぞく。

三連休で混み合う有料道路を避けつつ、
夕陽を見ながら裏道で横浜のショップに戻ったのは夕方6時。
まだかろうじて夕焼けの明るさが残っていて
ああ、陽がのびたんだなあ〜、春だなあ〜と感じた一日だった。
by team-osubachi2 | 2014-03-25 09:14 | 海に潜る | Comments(4)

やっと初潜り

本日ただいま真鶴の海で潜りのお稽古ちう〜♬

f0229926_20311571.jpg

去年の暮れ以降、咳が出ていた間は控えていたので
今日はこれが今年の初潜り。
ブランクの分だけスキルの復習をするつもりで・・・。
by team-osubachi2 | 2014-03-23 10:01 | 海に潜る | Comments(2)

*12月22日(日)晴れ、冬至

早朝4時20分起床。
テレビをつけたらトヨタカップの生中継がちょうど始まり
それを見ながら仕度して、休日の相方に横浜のショップまで送ってもらった。

ショップのワゴン車に乗り換えて、
6時すぎに横浜駅でもうお一人参加の女子をピックアップしてから
真鶴半島そばの岩海岸へ向かう途中で、ようやく日の出を迎えた。
今日は冬至だもんね、一年で一番日が短いんだ。

大磯あたりの有料道路から眺められる景色が
例えようもないくらいに素晴らしい!
箱根から丹沢山系まで一望できて、その背後にそびえる
真冬の富士山は大きくて雄大で、本当に美しいんだ〜!
(スマホなんかで写真に撮ろうものなら
あの美しさの100分の1も写らなくてガッカリする)

f0229926_16115173.png←朝焼けの霊峰富士。
肉眼ではとても大きく
見えるんだけどなあ

ってことで、10月から延び延びになっていた
ボート1とディープ1のダイビング実習。
今回5度めにしてようやく実現した。ふはあ〜、長かった〜!

はじめてやってみるバックロール・エントリー(入水)。
やる前はすっごく緊張したけど、ここまで来たら腹をくくるしかないので
いざ!船べりに座ってお尻と背中からザップーン!!
上も下もわかんないような真っ白い泡だらけの海中から
フワッと浮かび上がるところは面白かったなあ〜!


f0229926_1644356.jpg


(*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます)

一本目は、船先にある黄色いブイまで泳いで、
ロープを手繰りながら潜降して海底21mのところまで行ってみた。
へえ〜教科で習った通り、深いところって簡単に浮かび上がらないのねえ〜。
なので浮き袋になるジャケットに空気を少し入れて
程よい浮き加減にしてから海中散策へ。

海中に岩海岸を横切る橋の建設の足場だった鉄骨が沈められていて
もうむちゃくちゃいっぱい小さなお魚の群れに遭遇して感激した。
マリネ向きの小さいアジの群れから
塩焼きに手頃な大きさのアジの群れも見られた。
同じ魚でもちゃんと生まれた順で大きさ別に群れになるんだね。
そんなこと知識では知っていても、実際にライブで見ると面白いんだ〜♬

f0229926_1519649.jpg

二本目はまた別のポイントへ行って、
初心者でも行ける海中の「崖(ドロップオフ)」に潜ってみた。
ここでもいろんなお魚がい〜っぱい!!
南国系のお魚も結構群れていて、
ウルトラマリン色からだいだい色のやなんかが
お花畑の蝶々みたいに泳いでいて楽しかった。

回を重ねるごとに、海中でリラックスするってどういうことなのか
「ほんの数秒間」ずつ分かってきた気がするものの
基本的にはまっだまだ緊張感の方が強くて、空気の消費が人より早い。
うう〜〜ん、もっと上手になりたいなあ〜・・・。

f0229926_2220357.jpg←アジ三昧〜♬
アジの向こうに
薄くちまちま
見えてるのは
ぜ〜んぶ
小魚の群れだよ
photo by Frontier

この日の海水温は17度。
日の出前は空気の方が冷たくて、海からあがった蒸気のせいか
海の上にだけ雲があったのに、
午後は海の上はキレイに晴れわたって、陸の上にだけ雲が出来ていた。
へえ〜、こんな気象の変化も面白いなあ!

その晴れわたった青い海を見下ろすレストランで
美味しいインドカリーを食べたあと、
マダムがサービスでいれてくれたハーブティーが
(ミント、タイム、野生オレンジは鼻炎に効くんだって)
肉体的な疲れと精神的な解放感にとてもよ〜く効いて
帰りの車中はいい心持ちで爆睡。
ショップに戻ったときには日はとっぷりと暮れ切っていた。
なんといっても冬至だもんね、日が短いや。

f0229926_1520689.jpg

6月にデビューして初年度の今年のダイビングは合計16本。
まだまだへっぽこダイバーもいいところだ・・・な〜んて言うと、
インストラクターさんが「そのくらいで上手になられては
私たちが困ります、食べていけません」って、そうですよねえ〜(笑)。

さあ、来年も安全に潜って、ちょっとずつでいいから
自分の技量を上達させていきたいものであ〜る。
by team-osubachi2 | 2013-12-23 16:21 | 海に潜る | Comments(10)

福浦の海の絵日記

あわわ・・・もう今日から師走だ!?
いろんな事に取り紛れていたらあっという間に
今年も終わってしまいそうだ。
(頭の中はあれも出来てないこれも出来てない、そんなのばっか)

そのくせ、今年はじめたダイビングについては
身投げ状態で資本を投入した分だけ元を取らずにおくべきや、で一所懸命。
昨日は二ヶ月半ぶりに海に入った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*11月30日(土)ピーカン晴れ〜♪

この日は、ダイビング歴16年になる相方が
15年ぶりにドライスーツを新調したので、
彼のドライスーツ実習(復習)につきあって
私はの〜んびりファン(お遊び)ダイブ。

場所は真鶴半島のつけ根、福浦っていう漁港のわきのポイント。
↓湾の向こう側にちいさく見えるのは湯河原と熱海。
こんなところで潜れるなんて、前は考えてみたこともなかったなあ。

f0229926_23363645.jpg

お天気も朝からピーカン、風がない凪で波もおだやかなダイビング日和。
ここは最大水深14mくらいしかないらしくて
釣り客も船も潜るエリアには来ないから安心して潜れるところみたい。
↓ココから入水(エントリー)・出水(エキジット)するんだって。

f0229926_12364363.jpg

山の紅葉も海際までおりてきてた。
ここまできて、お山の紅葉は終了するんだね。

この日の水温は17度。
スーツの下はヒートテックだの登山用の防寒着など重ね着して潜るから
最初に海に入るときだけ顔がヒヤッとするけどあとは快適だった。
相方は一本目はみっちり新しいドライスーツの使い方を練習して
その間私は見学しながら自分も復習気分で二ヶ月半ぶりの慣らしダイビング。

私はまだ写真が撮れるような技量ではないから
「あ、そうだ!」と思いついて、様子を絵日記にすることにした。

f0229926_12395154.jpg


f0229926_23405567.jpg


(*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます)

海底の砂地に着くと、ダイバーに慣れてるのか
ベラだのトラギスだの「砂地でエサを食べるのかな?」っていう魚が
ひょろひょろり〜と近づいてきて、
私たちが砂をちょっと巻き上げるのを待ってたりするんだけど、
そうやって魚の方から近づいてきてくれると
「ひゃ〜嬉しい!」って思っちゃう。

f0229926_12443885.jpg2センチくらいのミツボシクロスズメダイの子供
photo by S.Y.

f0229926_12435550.jpgでんでろれんな
ウツボ

f0229926_12452219.jpgちびっこいトゲチョウチョウウオもいたけど、越冬できるかなあ〜?

f0229926_12454829.jpgおなじみの
クマノミは
気が強いんだって

海流に流されてきたのか、南洋の魚もチラホラ。
福浦には名物のイソギンチャク畑(?)もあって
透明度はイマイチ悪くても、私には十分愉しいダイビングだった。

二本潜って90分ちょっと。たっぷりとダイビングを楽しんで
お昼は漁港のところにある「さかな食堂」で遅めのランチ。
私はイシダイとメアジの刺身定食。
コリコリとした歯ごたえのあるお刺身の新鮮さや
揚げたてサクサクのアジフライもついてきて美味しかった〜ん♬

f0229926_23425054.jpg

ダイビングショップの近くにいたおとなしくてのんきな猫。
なでさせてくれてありがとね。
食堂の兄ちゃんが魚を捌いてる間、
まな板の横でじーーーっと待ってた。
港にいる猫たちを見るのも私のひそかな愉しみのひとつ。

f0229926_233928100.jpg

まだまだビギナーの私。この真鶴と伊豆の海と仲良くなりながら
もっともっと潜りが上手になりたいな〜。

それにしても、私がこの間腰のトラブルでキャンセルした
ディープ1とボート1の実習はまた次回に持ち越し。
・・・はて、いったいいつになるのやら?ってカンジ。
by team-osubachi2 | 2013-12-01 10:31 | 海に潜る | Comments(6)

引き返す勇気

今朝、伊豆海洋公園に到着して車から降りたところで腰にアクシデント。
で、すぐに引き返して、整骨院に直行して身体をほぐしてもらい、いま自宅。

海を目の前にしての私の絶望感は云うまでもなく、
その上、今回は自己責任で当日キャンセルというアイタタタ〜!な羽目に。
泣きっ面にハチとはまさにこのことよ。

f0229926_14582652.jpg

でもね、ほら、山登りでもよく云うじゃない。
「引き返す勇気」ってね。

云うは易し行うは難し。その「難し」ができたんだから
ま、これも学習したんだなってことで、
コンディション整えて、また次につなげよっと。
by team-osubachi2 | 2013-11-19 15:21 | 海に潜る | Comments(10)

*9月13日(金)快晴

9月に入って久しぶりのキッチリ残暑。
この日は、ライセンス取得の実習で潜った真鶴の岩海岸で
(先週受けた教科に続いて)ドライスーツの実習を受けた。

ダイビングって、空気タンクを背負うジャケットに
空気を入れたり抜いたりして潜ったり浮かんだりするけど、
ドライスーツでも空気を入れたり抜いたりして
浮力のコントロールを覚えないといけなかったりする。

f0229926_154269.jpg

この日は2ダイブで100分、みっちり仕込んでもらったけれど
いや〜、まだまだ若葉マークのへっぽこダイバー、
そう簡単にマスター出来るもんぢゃあないよね。

f0229926_14584642.jpg

でも、姿勢だとかフィンワークだとか、
スーツ内の空気の締め付け具合にふくれ具合を体感したり、抜いてみたり。
覚えなくちゃいけないこととかいっぱい練習して
かなり体力消耗したカンジ。

でも、ダイビング・ハイで夜まで元気いっぱい!
・・・って、夕飯食べ終わったところでコロッと寝落ちしちゃったけど。

f0229926_1527477.jpg

海中で、地元・岩ダイビングセンターのスタッフさんが
「ヒレナガネジリンボウ、いるよ!」と教えてくれたので、
カメラを持っていた師匠にパチリと撮ってもらった。

f0229926_15121366.jpgphoto by Frontier

体長約3センチ弱くらいのまだおチビさん。可愛かったな♬
これまたちっさいエビさんと、ちっちぇ〜者同士、
ちゃんとパートナーを見つけて仲良くひとつ穴にいた。

ネジリンボウって南の海のお魚みたいなんだけど、
はたして越冬出来るかなあ〜・・・?

**********************************

汗になったインナーを着替えるとき、
更衣室にいた先客の30代前半とおぼしき若い女子から声をかけられた。

この日、生まれてはじめて「体験ダイビング」をしたという女子は
「こんなに面白いって知りませんでした!
お魚もこんな浅瀬にたくさんいてビックリしました〜!
すごく楽しくて!」とお目目をキラキラさせながらお話していた。

海の近くに育って、海が気になっていたのに、これまで海には縁がなくて
・・・というその女子の実家は宮城の海の近くなんだという。
一瞬ハッとなって、津波は大丈夫だったのか気になったのだけれど
それには触れずにおいた。

「実家はどちらかといえば、岩手に近いんですけど、
東北の海って黒いというか、暗いというイメージがあって
潜ろうなんて思わなかったんです」というので
「え、でもだって、女川とかはダンゴウオで有名みたいですよ。
(小指の爪くらいの)こんなちっちゃいお魚で、
ダイバーさんたちにはすごい人気者みたいですよ」と言ったら、
「え〜、知りませんでした、ちょっと調べてみます」とのこと。

ライセンスを取るにはどれくらいで取れるのか
気になっているようなので、
この秋か、来年にはまた一人、女子ダイバー、増える・・・かな?
増えるといいな。
海が怖くて、水が黒くて冷たいイメージなのが、
生きものがいっぱいいるイキイキとした海と
仲良くなれるチャンスを掴めるといいなって思った。

**********************************

f0229926_1634020.jpg

実習を終えて、相模湾を見下ろす高台にある
インド料理屋さん「コート・デ・サラ」で
エビと真鶴のオレンジを使ったエビカレーで遅めのランチ。

インド人のコックさんがその場で焼いてくれる焼きたてナンと
優しい酸味が美味しかった〜ん♬
疲れた身体にマンゴージュースもひときわ効いた気がした。

cote de SARA
http://www.hand-made-factory.com/cotedesara/
by team-osubachi2 | 2013-09-14 16:15 | 海に潜る | Comments(2)

Just my size!!

先週末、ひと抱えくらいある白い箱が届いて、そのオモテ面に
くまもんから宅配便のドライバーさんへのメッセージがあった。

f0229926_14503986.jpg

なんかいいね ♪ こーゆー気遣いにさりげなく登場するところも、
くまもんが広く世間に指示される理由かしらん?

*************************************

というワケで、これはどうやら熊本で製造されたらしい。
箱の中身は、先月オーダーしておいた私のウェットスーツ。

色を決めるときにイメージしたのは、
子供のころにテレビなんかで見たナンヨウハギというお魚 ♬
(『ファインディング・ニモ』に登場するドリーがナンヨウハギです)

f0229926_14545411.jpg

ウェットスーツって、細かく採寸して
ジャスト・マイ・サイズで作るものなんだネ。
ハンガーで吊るすと、自分ってこんな体型してるのか?!・・・と愕然とする。
一応寸法は標準並みだったけど、でも、足短かっ!

残念ながら、このスーツのデビューは来年の夏になるかもしれない。
(リゾートの海にでも行けたらいいんだろうけど・・・ふう)

**************************************

方や、濡れるウェットスーツに対して、中が濡れないドライスーツ。
これも前もってフルオーダーしておいて、先月仕上がってきた。
足、ブーツとつながってるから、
濡れるのはスーツから出ている顔(頭)と手だけね。

背中にファスナーがあるけど、どーして中に水が入らないのかな?
不思議・・・。今月からはコレを着て潜る。

f0229926_1573197.jpg

ドライスーツの中には、あったかいインナーの上下を着て
靴下もはくんだけど(冬場は重ね着して潜るんだって)、
6月の海洋実習のとき、生まれてはじめてドライスーツを着たときは
服を着たまま海に入っていくカンジがして、スゴ〜く不思議だった。

とにかく、今こうして自分サイズの保護スーツが揃ってみて思うことは
「ぜっっったいに太るまい!てゆーか太れない!」・・・これである。

でも、もしもこのせいで自分の体重がしっかりキープ出来るなら、
決して無駄な買い物ではない・・・かな?
さあ、投入したぶんだけこれからも元気よく潜ろう!!
by team-osubachi2 | 2013-09-04 15:55 | 海に潜る | Comments(14)