カテゴリ:仕事をする( 75 )

スーパーやコンビニなどで、ワンコインで気軽に買える
サッポロの酸化防止剤無添加シリーズワイン。
その中の「アロマ ブラン」と「アロマ ルージュ」の
ラベルのイラストを担当させていただいておりますが
この春、数年ぶりにイラストがリニューアルされました。

f0229926_13155952.jpg

かる〜い飲み口のお手軽なテーブルワインです ♬
(もしも残っちゃったらお料理にもどうぞ)
お近くのスーパーやコンビニでお求めになれます。

f0229926_13162463.jpg

このたびのお仕事、どうもありがとうございました。

サッポロビール株式会社/サッポロの酸化防止剤無添加シリーズ
http://www.sapporobeer.jp/wine/mutenka/
by team-osubachi2 | 2012-04-26 13:27 | 仕事をする | Comments(0)

紀ノ国屋のフルーツ缶

スーパー紀ノ国屋にはオリジナルのフルーツ缶詰があります。
田村みかん、清水白桃、ラフランスの3缶は
いずれも材料を厳選して紀ノ国屋がこだわってつくっている
高級な缶詰です。

その缶詰のラベルのイラストを担当させていただいております。
(他、ジュース缶やトマト缶なども同様に手がけております)

f0229926_15455361.jpg

ちょっとしたお礼やお使いもの、
体調を崩された方へのお見舞いなどに差し上げると
喜んでいただくことが多いです。
これからのサマーシーズン、我が家では、
冷蔵庫で冷やして、ヨーグルトを添えて食べています。

美味しいもののお仕事、どうもありがとうございました。

*この商品は、紀ノ国屋 e-shop の缶詰コーナーからも
お買い求めになれます。

KINOKUNIYA e-shop
http://www.super-kinokuniya.jp/
by team-osubachi2 | 2012-04-18 16:09 | 仕事をする | Comments(8)

五月近づく

桜も花びらを落とし、心軽やかに浮かれた
桜花のシーズンももうおしまいになりました。

すでに季節は五月に向かっていて、
二三日前からツバメが元気よく鳴きながら
丘の上の空でも風をきる姿が見られるようになり、
そして、まだ幼く若々しい葉の芽吹きも
そこここの木々に見られるようになりました。

人びとの心も、もはや過ぎ去った花よりも、
新しい季節へと動いているようです。

f0229926_23255531.jpg



上は以前いただいた料理雑誌の目次のお仕事から。

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2012-04-16 00:17 | 仕事をする | Comments(4)

長命寺の桜もち

歌舞伎の演目のひとつに『隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)』
というのがありますが、「法界坊」という言い方の方がおなじみでしょうか。
(私の贔屓は、いまの中村屋さんのではなく、
ひと昔前の播磨屋さんの法界坊ですが・・・)
でもって「法界坊」の芝居を観ると、きっと誰もが
ついつい口に涎してしまうのが、向島は長命寺の桜もち。

こちらの桜もちは、もっちりと白く薄く焼いてある皮が
ことに美味しくて、香りゆたかな桜葉の塩加減に餡の甘みも加わって、
口に入れて噛んだときの味わいがもう絶妙です。

もう何年も前になりますが、あるクッキング雑誌で
こんなお仕事をいただいたことがありました。
(お店と商品情報は当時の古いものです)



f0229926_11475716.jpg



♬ 甚三さんにもらった長命寺の桜もち
これさえあればァ〜、しめ〜こ〜のう〜さうさ〜♪

またいつかこんなお仕事が来ないかな〜♬
などと“うまい話” が降ってこないものかと願っております。


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2012-04-09 12:00 | 仕事をする | Comments(6)

桜の季節

お天気はいいものの、やっぱり花冷えに見舞われた週末。
おかげでこの丘の上周辺の桜はまだ八分咲き。
ベランダから遠くみはるかす丘々や住宅街にも
ところどころごく淡いピンク色の霞がかかって、
のどかな春の景色になっています。

かれこれもう10年ほど前になりますが
あるデザイナーさんからの依頼で、某会報誌(季刊)の表紙のお仕事を
2〜3年ほどやらせていただいたことがありました。


f0229926_23175311.jpg


そのデザイナーさんはなかなかに面白い人で、
デザインワークのかたわら、
当時取得した二級建築士と、日本茶インストラクターという
二つの資格と技術を活かして
神楽坂で隠れ家のような茶店を経営しています。

デザイナーさんのお名前は「日本茶 茜や」の柳本あかねさんといいます。
きっと今日も、神楽坂の居心地のよい空間で
愛着の久留米絣に袖を通してお仕事に励んでおられることでしょう。
その節は、本当に楽しいお仕事をありがとうございました〜♬

日本茶 茜や
http://www.akane-ya.net/muscat2/


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2012-04-08 23:31 | 仕事をする | Comments(2)

サッポロワインのラベル

サッポロワイン酸化防止剤無添加シリーズ、
「B」アロマブランと「R」アロマルージュの
ラベルイラストを担当させていただいております。

何年か前のお仕事でしたが、自分が今の住まいに転居して以降、
いまごろになってスーパーやコンビニなどの棚に
この商品があることに気がつき、一本ずつ買ってみました。

酸化防止剤無添加ワイン、お手頃価格で発売中です!!

f0229926_8302723.jpg

f0229926_7571543.jpg

サッポロワイン/酸化防止剤無添加シリーズ
http://www.sapporobeer.jp/wine/mutenka/

*画像(イラストレーション部分)の無断転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2012-02-27 08:06 | 仕事をする | Comments(4)

年齢を重ねるほどに感じるようになったことのひとつが
人と人との出会いが、いかに魅力的で
意味深いものであるか、ということでしょうか。

すばらしく大きなインパクトを伴った出会いもあれば、
日常の中に溶け込んで、さりげなく
けれども深い意味を伴った出会いもあります。

このたび新潮社さんからブックカバーのお仕事をいただきました。
この本の、浅草の観音裏を舞台に繰り広げられる
人びとの出会いやつながり方もまた
私たちの日常にたくさんあることのひとつであると思います。

三田 完著『モーニングサービス』
新潮社より本日発売です。


f0229926_7263169.jpg


今回、私自身にとりましても、
以前から身近なものであった浅草という土地と、
この本の著者である三田 完さんと、この装幀担当のKさんと、
そして私の絵と三田さんとの縁結びをしてくださったK氏や、
私の友だちのSさんとが、実に不思議なご縁で
あっちこっちつながった面白いお仕事となりました。

ブックカバー以外に、各章扉にちいさなカットも
楽しく描かせていただきました。
書店店頭などで、もしもお目にとまるようなことがありましたら
お手にとって見ていただけると嬉しく思います。

このたびのお仕事、
本当にどうもありがとうございました。
人とのご縁に深くふか〜く感謝。

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます

三田 完著『モーニングサービス』/新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/book/331831/
by team-osubachi2 | 2012-01-20 07:43 | 仕事をする | Comments(14)

島津家と毛利家のお雑煮

押し入れの仕事棚を整理していて、
こんなお仕事もあったなあ〜と懐かしく引っ張り出してみました。

f0229926_2384318.jpg

イラストレーターは、雑誌のお仕事でもなかなか現地取材をする機会がなく、
もっぱら資料写真などを参考に絵を描き起こすことが多いのですが、
数年前のこの企画のときは、担当の編集者さんと、
武家の旧家などへもよく取材をされているベテランのライターさんと3人で
鹿児島と山口へそれぞれ日帰りで取材に同行させていただいたのでありました。

f0229926_2382265.jpg

もちろんお殿様へのインタビューは別の機会にライターさんがしておいて、
この取材はもっぱら昔のお殿様の召し上がりものを
女中らの日記から探ったりしました。
学芸員の方達から見せていただいた資料の中に
江戸の初期、島津家が徳川家から拝領した鶴をお披露目した膳の記録
(寛文十一年亥正月十九日)などはことに面白かったです。

f0229926_2395219.jpg

ウワサには聞いてましたが、本当に鶴を食していたのだなあ〜、
でもやっぱり霊鳥だから、庶民が手を出すものではなく
こういう公方さまと大大名家でのみ
やりとりされた生きものだったのだなあ〜と興味深く資料を拝見しました。

f0229926_23101584.jpg

毛利家の旧お屋敷へ行くのもはじめてなら
鹿児島の桜島も、それを見下ろす島津家の旧お屋敷もはじめて。
それぞれ日帰りの強行取材は大変でしたけど、たまにはこういうのもいいなあ〜と、
歴史好きには嬉し楽しい美味しいお仕事でした。
by team-osubachi2 | 2012-01-14 23:41 | 仕事をする | Comments(14)

賀春

                              
*****  新年あけましておめでとうございます  *****  
                               
          今年もすべての人にとって、
      新しい夢と希望と勇気の年でありますように

      本年もどうぞよろしくお願い申し上げます 
 
*******************************

f0229926_1031710.jpg

*******************************

丘の上にある我が家でのカウントダウンは、
ベランダに出て、遠く12kmほど先に見えるみなとみらい方面から
横浜埠頭に停泊中の大型船舶がいっせいに鳴らす汽笛を聴くことです。
今年、みなとみらい辺りでは小さな花火もあがっていました。

あらためて、あけましておめでとうございます。
昨年は、いつも以上にドタバタしつつ
まるで迷路を歩むような心持ちの一年でしたが、
自分の中で、昨年を「底にする!」と決めました。

とは言いましても、今年もやっぱりドタバタしつつ
壁にぶちあたるような一年になるかもしれません。
それでも、去年体験したことのすべてに感謝し、
自分も辰年にあやかって、これより上昇に転じたいと思います。
またそのように励みます!

本年も「丘の上から通信」ともども
どうぞよろしくお願いいたします♬

*******************************

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます
by team-osubachi2 | 2012-01-01 00:01 | 仕事をする | Comments(4)

2012年度のカレンダー

ああああああ・・・・・・もう、はあ〜。
毎年のことではあるが、年の瀬というのは
なんでこうも慌ただしいんだろうか?

ここへきて仕事に自主制作に所用雑用に家事のてんこ盛り。
きっと世の中の誰もがそうだろう、自分だけじゃないんだろう
・・・とは思うけれど、なんで年間通じて
まんべんなく忙しさが散らばってくれないのだろうか。
あ?・・・と気がつけば今年も残すところあと10日ではないか?!
うう〜、焦りそうだあ〜!

f0229926_1459152.jpg

というわけで、告知がすっかり遅くなってしまいましたが
今年も「日本きものシステム共同組合」に参加されている
各地の呉服屋さんでお配りいただいております
花暦カレンダーを制作していただきました。
(描き下ろしではありませんが・・・)
このカレンダー、東京では雑誌『七緒』にもよく登場なさる
「青山ゑり華」さんが扱ってくださっています。

ただひとつお願いがございまして、昨年より「青山ゑり華」さんでは
新成人になられる知的障がい者の人たちを祝う着物姿の
写真撮影会の支援を始められ、このカレンダーを受け取るさいに
いくばくかの募金をお願いしております。
どうか一人でも多くの方々にご協力いただけましたら
とてもありがたく思います。
また、すでにご協力いただきました方々には
私からも深く感謝申し上げます。

ご興味のある方、表参道や外苑前近辺にお出かけの方は
ぜひ一度「青山ゑり華」さんへお立寄りくださいますよう
どうぞお願い申し上げます。

青山ゑり華
http://www.erihana.co.jp/
by team-osubachi2 | 2011-12-21 15:16 | 仕事をする | Comments(4)