カテゴリ:仕事をする( 87 )

つい数日前、ニュースで知ったことですが
厚生労働省研究班による報告では、
この国の認知症患者は推定462万人だそうです。
これが、超高齢化社会のこの国の現実のようです。

一人暮らしの認知症患者もたくさんいるようですが、
認知症患者にはたいがい連れ合いや家族といった介護する人たちがいるでしょうから
患者で462万人とすれば、同じ数くらい介護する人がいるのだなあと
ニュースを見ていて思ったのでした。


f0229926_2238297.jpg


詩人の藤川幸之助さんは、若くして認知症になったお母さんの介護を
20代のときからされてきて、その有り様を言葉に綴ってこられた方です。
昨年亡くなられたお母さんとの、
その24年間を総まとめした詩集がこのたび上梓されました。

深い闇を経験した人の中から生まれる言葉というのは
本当に強いものだなあとつくづく思います。
詩というカタチではあっても、場面のひとつひとつはリアルで、
認知症の患者と介護者の現実があるがままに表現されています。
読み進むのがつらいと思う方もいらっしゃるかもしれません。
けれども、最後まで読んでいただければ、
この親子に通った「こころ」というよりも「たましい」に
尊い何かが生まれるのをきっと感じられることと思います。

今回、私はこの詩集のカバー絵と挿し絵を担当させていただきました。
私自身には自分の絵については正直どんなものか判断がつきませんが
藤川さんの詩の邪魔にならず、読み手のキモチがわずかでも静かに、
平らかになってくれたらいいなあ〜・・・と思っています。

今この詩と同様の現実に生きる人たちや、
遠からず関わることになるかもしれない人たちだけでなく
人間の心ってどうなるんだろう?と疑問を持つ人たちなど、
一人でも多くの方に読んでいただければと思います。

藤川幸之助 web
http://www.k-fujikawa.net

藤川幸之助『徘徊と笑うなかれ』/中央法規出版
http://bit.ly/197OObq

藤川幸之助『徘徊と笑うなかれ』/Amazon
http://amzn.to/1fS168Y
by team-osubachi2 | 2013-09-29 16:05 | 仕事をする | Comments(10)

Coming soon!

春先から手がけてきたお仕事が、ようやくカタチになりました ♬

f0229926_829928.jpg

Amazonでは9月28日に出る予定です(ただ今予約受付中)。
書店にまわるのは、10月に入っちゃうかもですが、
後日またあらためてお知らせさせていただきます。
by team-osubachi2 | 2013-09-20 08:31 | 仕事をする | Comments(12)

これまでゴルフというスポーツとまったく無縁でしたが、
今回はじめてゴルフ雑誌の『月間ゴルフダイジェスト』さんで
お仕事をさせていただきました ♪

好評発売中の今月8月号の特集ページ。
今は天国にいるグレートなゴルファー3人が
「ちと不味った・・・」といった様子で
生前自分の著書に書き忘れた内容を談笑しているというシーン
・・・が扉になっておりまして。

f0229926_8501654.jpg

ベン・ホーガン、ボビー・ジョーンズ、サム・スニードのお三方。
ゴルフにはまったく無知な私ですが、
資料などを見ていて、今現在の機能的なウェアよりも
ニッカボッカやハンチング帽といったクラシックなゴルフウェアの方が
個人的に「素敵!」と思いながら楽しく描きました。
このたびのお仕事、どうもありがとうございました。

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます

f0229926_84658.jpg


月刊ゴルフダイジェスト/ゴルフダイジェスト社
http://gd.golfdigest.co.jp/mgd/
by team-osubachi2 | 2013-06-27 09:03 | 仕事をする | Comments(4)

ちょうど8年ほど前に、
こういうお仕事をいただいていました。


f0229926_1826656.jpg


なんと相方の書棚にこのムックを発見!
まさか今ごろになって自分も始めようなどとは
夢にも思いませんでしたが・・・。

やっぱりこういうのもご縁というコトでしょうか、
面白いものですね。
by team-osubachi2 | 2013-05-12 18:33 | 仕事をする | Comments(0)

KINOKUNIYAのトマト缶

何年か前のお仕事になりますが、
スーパー紀ノ国屋のオリジナル缶詰めや缶ジュースの
ラベルのイラストを担当させていただきました。

そのうちのひとつが、オーガニックのトマト缶のラベルです。
(このホール缶のほか、ダイスにカットされた缶もあります)

f0229926_7535880.jpg

昨日青山の「ゑり華」さんへ行きがてら
スーパー紀ノ国屋へ寄ってみたところ、
ちょうど開催中のイタリアンフェアで
KINOKUNIYAの有機トマト缶が山積みされていたので
お店に断りを入れて写真を撮らせてもらいました。

f0229926_7495371.jpg

KINOKUNIYAのトマト缶はお手頃価格でお買い求めいただけます。
お近くに行かれることがありましたら、どうぞチェックしてみてください ♪
ほかに、フルーツ缶もあります。
http://okakara.exblog.jp/17440448/

KINOKUNIYA
http://www.super-kinokuniya.jp
by team-osubachi2 | 2013-05-11 08:07 | 仕事をする | Comments(4)

2007年に新潮社さんから故河合隼雄さんの『泣き虫ハァちゃん』が出て、
いつの間にか5年以上がたちました。

数年前に韓国版が出て、それに続いてこのたび中国版が出ました。

f0229926_7365385.jpg

どんな書店にならんで、どんな人が手にとるんでしょう?
見本を見ながら想像して楽しんでいます。

ご尽力くださった方々に、心から感謝 ♪
by team-osubachi2 | 2013-02-18 07:41 | 仕事をする | Comments(4)

パルシステム生活協同組合連合会さんの『2013年産直カレンダー』で、
お米作りにかかわるイラスト部分のお仕事を頂戴しました。

f0229926_1738777.jpg

1月から12月まで、稲作の過程をかいつまんで説明している部分を
イラストにしてあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f0229926_1744569.jpg


f0229926_17452689.jpg


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

郷里の富山にある母方の実家も昔は田んぼをやっていましたので
今から思えば、どこの家々にも機械が入る前の手作業による稲作を
かろうじて見ることが出来た時代でした。

木枠で記しをつけて、苗を手で植えたり
(当たり前のようにヒルがいましたよねえ〜)、
実った稲も手で刈っていた時代には一族総出で作業をしていました。
子どもの仕事は、ちょこっと大人の手伝いをしたり
幼いいとこたちの子守りをしたり、お弁当を運んだり・・・。
村をぐるりと囲む田んぼの生きものがごく身近だったことなども
なつかしく思い出しながら制作しました。

総務省によると、昨年は、ついにパンの購入金額が
お米の購入金額を上回った年だったそうです。
和食が多い我が家は、だんぜんご飯優先です。
おいしいお米を作ってくれる農家の人たちには、心から感謝です。

このたびのお仕事、どうもありがとうございました。

パルシステム
http://www.pal-system.co.jp

*パルシステム『2013年産直カレンダー』は
「予約登録米」「コア・フード牛肉セット」「コア・フード有機野菜セット」
「コア・フード平飼いたまご」ご利用のお客様用に展開しています。
by team-osubachi2 | 2012-12-21 15:39 | 仕事をする | Comments(10)

ハースト婦人画報社さんの着物専門雑誌『美しいキモノ』の
姉妹雑誌ともいうような臨時増刊『いろはにキモノ』が発売中です。

30代や40代で着物デビューを目指す方々や、
デビュー間もない方々はもちろん、
あらためていろんな情報が欲しい着物好きさんのための一冊です。

f0229926_17221283.jpg

本のおしまい近くに、我がお団子ムスメと、そのお仲間たち(?)も
ちょっぴりお手伝いとして登場させていただいています。

f0229926_17275431.jpg

f0229926_17281487.jpg

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます


ご興味のある方は、本屋さんでぜひ手にとってご覧ください。
このたびのお仕事、どうもありがとうございました ♪

『いろはにキモノ』/ハースト婦人画報社
http://www.hearst.co.jp/product/utsukushiikimono/magazine/node_6344
by team-osubachi2 | 2012-12-11 00:29 | 仕事をする | Comments(2)

家庭画報・新年月号から

世界文化社の『家庭画報』さんの新年号が発売されています。
(安西水丸さんのイラストによる「新春いろはかるた」の付録つき♪)

f0229926_891576.jpg

その2013年1月号から一年間、
雑誌のうしろにあります医療や健康のページで、
在宅ケアや終末期の看取りの専門家、訪問看護士としてご活躍の
秋山正子さんのエッセイがはじまりました(325頁に掲載)。
その挿し絵を担当させていただいています。

f0229926_815394.jpg


病院で最期を迎えることが普通になったいま
あらためて、家族や自分の最期はどう迎えるのがいいのか、
どうしたらその人らしい最期、自分らしい最期を迎えることが出来るだろうか
ということを、ちょこっと考えてみる・・・。
そんなテーマのお話が今号から続いていきます。

f0229926_8242027.jpg

秋山正子さんにはたくさんの著書があります。
参考までに一冊読んでみました。
これまで考えてもみなかったことなど、いろいろ教えていただきました。
自分自身、ちょっと目を向けて、
まずは知るところから、かなあ〜と思っています。

これから一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

家庭画報.com
http://www.kateigaho.com
by team-osubachi2 | 2012-12-10 08:41 | 仕事をする | Comments(6)

京都に本部のある『日本きものシステム共同組合 (JKS) 』さんの
「和暦」2013年度カレンダー、今年もできました。(非売品)

f0229926_7114094.jpg

全国の『日本きものシステム共同組合(JKS)』加盟店ほか
東京では『青山ゑり華』さんでも扱ってくださっています。

なお『青山ゑり華』さんでは
知的障害者の成人記念写真を撮るチャリティーとして、
カレンダーをお受け取りのさいに「お気持ち」をお願いしています。
どうぞ、ご協力いただけますようお願い申します。

f0229926_7254150.jpg

今年も、着物とご縁がありました方々への感謝をこめて・・・。
ありがとうございました。
by team-osubachi2 | 2012-12-06 07:35 | 仕事をする | Comments(4)