カテゴリ:仕事をする( 75 )

すでに先月のことですが、幻冬舎さんから
『脳の老化を99%遅らせる方法』(奥村 歩著)というご本が発売されています。


f0229926_15461019.jpg

この本の紹介ページがありますので貼っておこうと思います。

「自分を客観的に見る訓練は、脳の老化を食い止める」奥村 歩/幻冬舎plus

自分を客観的に見ることと、脳の老化を食い止めるということとが関係あるとは
なかなか興味深いお話です。
ご興味のある方はぜひ書店等でお求めください。

今回このご本の各章扉のイラストを担当させていただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0229926_15462834.jpg


f0229926_15465033.jpg


f0229926_15470065.jpg


f0229926_15471490.jpg


f0229926_15472735.jpg

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このたびのお仕事、どうもありがとうございました。

by team-osubachi2 | 2016-12-15 16:29 | 仕事をする | Comments(2)

毎年おなじみの和暦2017年用ができました。(*非売品です)
もう十何年にもわたって、4パターンある中から同じイラストを使用していただき
恐縮でもあり、お恥ずかしくもあり・・・(^ ^;;
(日本きものシステム協同組合さんに加盟の全国の呉服店より配布されています)

東京では「青山ゑり華」さんにて無料にて配布されておりますが、
そのさい、お気持ちで結構ですので
若い障がい者さんたちの成人を祝う着物写真撮影会のための寄付をお願いしています。

もしも表参道の骨董通り方面にお出かけになられることがありましたら、
「青山ゑり華」さんへもお立ち寄りいただけましたら嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

f0229926_10193831.jpg

青山ゑり華

by team-osubachi2 | 2016-12-14 10:25 | 仕事をする | Comments(0)

毎年お世話になっております日本きものシステム協同組合さんの
『和暦」2015年度版カレンダーが今年も届きました。

*日本きものシステム協同組合に加盟の全国呉服店にて配布中です。
(非売につき、ご希望の方はお近くのお店にお問い合わせください)
http://www.furisodeshop.com/shop/shop_list.html

f0229926_17551014.jpg

東京では、青山ゑり華さんにて 「知的障がい者の成人を祝う写真会」への
募金をしてくださった方にお配りしています。

f0229926_17564944.jpg

ほんのお気持ちで結構ですので、
チャリティーにご協力いただけましたら嬉しく思います。

f0229926_17592989.jpg

どうぞよろしくお願いいたします。ぺこり。

青山ゑり華
http://www.erihana.co.jp/


by team-osubachi2 | 2014-12-03 18:10 | 仕事をする | Comments(2)

遅まきながら、この春からようやくFacebookを始めました。
そろそろ使い慣れてきましたので、次のステップとして
Facebookページを開設しました。
これも営業活動の一貫であります。

『岡田知子画帳』
オリジナルや仕事で描いた作品ファイル用のページです。

f0229926_22565618.jpgphoto by Naomi Mutou

おいおいにアップしていきますので
お時間のあるときにでも、覗き見にお寄りいただけましたらさいわいです。

今後ともどうぞよろしくお願い申します♬

『岡田知子画帳』/Facebookページ
http://www.facebook.com/pages/岡田知子画帳/307615039420605
by team-osubachi2 | 2014-07-24 23:08 | 仕事をする | Comments(3)

今月の新刊からその2

今月新刊になるもうひとつのお仕事は、
山口仲美著『大学教授がガンになってわかったこと』(幻冬舎新書)という新書です。

f0229926_12493730.jpg

こちらは、山口先生ご自身にガン(ここでは大腸と膵臓)が発見されてから
手術をし、病後までを記した闘病記ですが、
さすが日本語の博士でもいらっしゃる先生だからでしょうか、
とても平易でわかりやすい言葉と文章で、検査や病院のこと、
ドクターや看護師さんらのことが綴られています。
今回はその本文中の挿し絵(カット)を担当させていただきました。

f0229926_1250967.jpg


大きな病気をしたことがない私でも
ちょっと参考になるようなおはなしもあったりして、とても読みやすい一冊です。

このたびのお仕事、どうもありがとうございました。

山口仲美『大学教授がガンになってわかったこと』/幻冬舎新書
http://www.gentosha.co.jp/shinsho/
by team-osubachi2 | 2014-03-26 09:48 | 仕事をする | Comments(0)

今月の新刊からその1

装画や挿し絵など、書籍にかかわるお仕事が好きです。
先だって今月発売の新刊のお仕事をいただきました。

小前 亮著『月に捧ぐは清き酒ー鴻池流事始ー』(文藝春秋社)
という時代ものです。

f0229926_0433730.jpg

個人的に、若い頃から時代劇や歴史物が大好きだったわりに
お仕事はなかなかご縁がなかったのですが
今回はじめていただいた時代小説のお仕事は
鴻池財閥の始祖にあたる人のおはなし(書き下ろし)のカバー絵です。

小前 亮『月に捧ぐは清き酒ー鴻池流事始ー』/文藝春秋社
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163900391

f0229926_1252343.jpg


本にかかわるお仕事は楽しいですね。
このたびのお仕事、どうもありがとうございました ♬
by team-osubachi2 | 2014-03-22 10:18 | 仕事をする | Comments(2)

毎年京都に本部がある日本きものシステム協同組合(JKS)さん制作のカレンダー
「四季暦」の2014年度版が今年も出来上がってきました。
JKSに所属する全国の呉服店(振袖SHOP)さんで配布しています。
http://www.furisodeshop.com/shop/shop.html

f0229926_16353428.jpg

東京では、青山骨董通りそばにあります「青山ゑり華」さんにて
お取り扱いをしていますが、ゑり華さんでは毎年暮れに
チャリティーとしてカレンダーをお配りしていますので、
ご希望の方は、店頭にてお受け取りのさい
お気持ちばかりで結構でございますのでご寄付をお願い申し上げます。

いつもご愛顧いただき、どうもありがとうございます。

*カレンダーに関するお問い合わせは「青山ゑり華」まで
青山ゑり華(水曜定休)
http://www.erihana.co.jp
by team-osubachi2 | 2013-12-04 15:39 | 仕事をする | Comments(2)

ブックカバーの仕事から

昨日、作品資料をスキャンするために
引越し以来放ったらかしにしていた作品ファイルを
押し入れから引っ張り出したのが運のツキ。
急いで必要なものを先にスキャンしてメール送信したあと、
過去の仕事や作品をドバーッとひろげて整理し始めたら止まらなくなってしまい、
昨日やるつもりだった仕事をぜんぶ後回しにして片付けた。

すっかり忘れていたけれど、あんな仕事こんな仕事
あれこれいっぱいやってたんだなあ〜・・・。
せっかくの機会なので、ここのところサボっていた仕事資料のアップ作業。
ブックカバーも何点かあったので、中から4点、
ちょいとここでまとめて記載しておこう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『幸せのねむる川』アン・ドヒョン/藤田優里子訳/青春出版社
f0229926_23582025.jpg



『こころを尽くす』後藤加寿子/KKベストセラーズ
f0229926_2358594.jpg



『あなたに逢えてよかった』新堂冬樹/角川書店
f0229926_23591981.jpg



『<島>に戦争が来た』加藤幸子/新潮社
f0229926_23593077.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのときそのときでただ必死でやってきたけれど
お仕事をいただけるってありがたい事だなあ〜って
今ごろになって身に沁みて実感する。
これまでお世話になった方々にあらためて感謝です!!
by team-osubachi2 | 2013-11-09 00:25 | 仕事をする | Comments(0)

つい数日前、ニュースで知ったことですが
厚生労働省研究班による報告では、
この国の認知症患者は推定462万人だそうです。
これが、超高齢化社会のこの国の現実のようです。

一人暮らしの認知症患者もたくさんいるようですが、
認知症患者にはたいがい連れ合いや家族といった介護する人たちがいるでしょうから
患者で462万人とすれば、同じ数くらい介護する人がいるのだなあと
ニュースを見ていて思ったのでした。


f0229926_2238297.jpg


詩人の藤川幸之助さんは、若くして認知症になったお母さんの介護を
20代のときからされてきて、その有り様を言葉に綴ってこられた方です。
昨年亡くなられたお母さんとの、
その24年間を総まとめした詩集がこのたび上梓されました。

深い闇を経験した人の中から生まれる言葉というのは
本当に強いものだなあとつくづく思います。
詩というカタチではあっても、場面のひとつひとつはリアルで、
認知症の患者と介護者の現実があるがままに表現されています。
読み進むのがつらいと思う方もいらっしゃるかもしれません。
けれども、最後まで読んでいただければ、
この親子に通った「こころ」というよりも「たましい」に
尊い何かが生まれるのをきっと感じられることと思います。

今回、私はこの詩集のカバー絵と挿し絵を担当させていただきました。
私自身には自分の絵については正直どんなものか判断がつきませんが
藤川さんの詩の邪魔にならず、読み手のキモチがわずかでも静かに、
平らかになってくれたらいいなあ〜・・・と思っています。

今この詩と同様の現実に生きる人たちや、
遠からず関わることになるかもしれない人たちだけでなく
人間の心ってどうなるんだろう?と疑問を持つ人たちなど、
一人でも多くの方に読んでいただければと思います。

藤川幸之助 web
http://www.k-fujikawa.net

藤川幸之助『徘徊と笑うなかれ』/中央法規出版
http://bit.ly/197OObq

藤川幸之助『徘徊と笑うなかれ』/Amazon
http://amzn.to/1fS168Y
by team-osubachi2 | 2013-09-29 16:05 | 仕事をする | Comments(10)

Coming soon!

春先から手がけてきたお仕事が、ようやくカタチになりました ♬

f0229926_829928.jpg

Amazonでは9月28日に出る予定です(ただ今予約受付中)。
書店にまわるのは、10月に入っちゃうかもですが、
後日またあらためてお知らせさせていただきます。
by team-osubachi2 | 2013-09-20 08:31 | 仕事をする | Comments(12)