カテゴリ:らくがき帖( 61 )

新しい春

本日、立春。
新しい春の到来だ!
でも、今はまだまだ寒さが厳しい。

かつて私が郷里にいた昭和50年代の後半くらいまでは
この寒さがあたり前なくらいに雪はよく降った。
それから暖冬の年が多くなり、気候の変動をどこかで危ぶみつつも、
(老いた親たちが)くる日もくる日も道の雪かきや、
屋根の雪降ろしをせずに済むことを
やはりありがたいと思ってしまうのだった。

f0229926_2385957.jpg

でも、雪国の春はその厳しさゆえに素晴らしい。
冬の到来とともにずっと空を覆っていた雪雲もだんだん晴れてきて
眩しい光に照らされた雪が溶け出す。
そして、残雪のすき間や、水でぬかるんだ道の表面が
うっすらと乾くような頃になると、
地面も木々もいっせいに芽吹きはじめる・・・。

もうそんなに遠くない。あと少しの辛抱だから。
どうかこれ以上の犠牲者が出ませんように。
そう思いながら、毎日大雪のニュースを見ている。


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2012-02-04 00:24 | らくがき帖 | Comments(0)

節分

本日は節分。
古い年に、さようなら。新しい年に、こんにちは。

昨日仕事をしながらラジオを聴いていて、
若いお母さんリスナーからのお便りで、ちょいといい話を聴いた。

幼い息子が、自分も恵方巻きをやると言い出したので
様子を見ていたら、なんと絵本をバーッとばらまき始めたという。
・・・・・・えほんまき。
思わず、ぷっ♪
その坊やは「恵方巻き」を「絵本撒き」と聞いたのだった。



f0229926_23183812.jpg


関西から始まったと聞く恵方巻きも
いまやすっかり関東にも定着したようだ。
私自身はいつだって太巻きが大好きだから、
ことさら節分に恵方巻きを食べる事はしないけれど、
「絵本撒き」かあ〜・・・ウフ、いいなあ〜♫

その坊やのお母さんは、
クスッと笑って坊やを抱きしめてあげたそうな。


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2012-02-03 00:23 | らくがき帖 | Comments(10)

別珍の足袋

寒がりである。くわえて冷え性である。
こんな真冬には、ジーンズの下にタイツや長靴下を履き、
加えてブーツを履いて出かける。
だのに着物の足元は、慣れだろうか、素足に足袋を履き
草履・下駄をつっかけて出かけて案外平気にしている。

・・・いや、ホントは平気ではないのかもしれない。
本人には見えない部分だが、着物を着て階段をあがるときに
裾からチラリと見えてしまう足首やふくらはぎは
断然素足がいい、と思っている。
スカートの下に見えるストッキングは平気なくせに、
着物の裾から見えるストッキングやタイツには
我慢がならないとはどういうコトだろう?

・・・ヤセ我慢かもしれないなあ、と思う。
着物を着るさいの自分だけの意気地、ヤセ我慢である。


f0229926_7434349.jpg


まあ、この先も歳はとるいっぽうだし、
いつまでこんなヤセ我慢が通せるかはわからないけれど、
通せるうちはそれでいくよりほかないではないか。

先日落語を聴きに出かけたさい、
真綿の紬にあわせて履いたのは別珍の足袋。
いかにも普段向きで垢抜けないけれど、
こんな冷え冷えとする季節には、まったくもって心強い味方である。

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2012-01-17 08:02 | らくがき帖 | Comments(6)

住吉大社の初辰猫

関東は年の暮れに酉の市などへ出かけるが、
関西では年が明けての初えびすがやっぱりおなじみだろうか。
残念ながらまだ訪れたことはないが、
今年もこの9日10日と大阪の住吉大社は“えべっさん”こと
初えびすでおおいに賑わうのだろう。

むかし手に入れた古い泥人形などを集めた本で
なんとも愛嬌のある招き猫を見つけ、
何年か前、絵はがきのモチーフに描いてみた。
ネットで調べてみたらば、住吉さんとこのこの泥人形の招き猫は
初辰の招福猫「はったつさん」といって、
年のはじめの辰の日まいりに売られていた縁起物らしい。



f0229926_1313921.jpg



今ももちろん「はったつさん」の招き猫は買えるようだが、
現在のものは浅葱水玉模様の裃に袴すがたで、
古くはうちの資料本に見られるような羽織姿だったそうな。
写真で見る古い「はったつさん」は
なんとも愛らしい姿の泥人形である。

今年の最初の辰の日は20日(金)らしい。
辰の年の初辰まいり、いつも以上に賑わうのかな。
もしもまた描く機会があるなら、
(左手をあげているのは『家内安全』だそうで)
今度は右手をあげた『商売繁盛』招きにしよう!

初辰まいり(住吉菓庵さんのHPより)
http://www18.ocn.ne.jp/~kikuju/hatutatu.html

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2012-01-09 00:01 | らくがき帖 | Comments(4)

寒の入り

本日6日は二十四節気の小寒。
寒の入りです。
これからますます寒さは厳しくなりますが、
どうぞくれぐれもご自愛くださいますよう。


f0229926_1143494.jpg


寒さは厳しくても、
すでに日は一日一日と長くなってきていますね。
・・・春、遠からじ。


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載をかたく禁じます
by team-osubachi2 | 2012-01-06 11:08 | らくがき帖 | Comments(6)

今日もすこぶる寒い一日でした。
いつも拙ブログをご覧いただき、どうもありがとうございます。

これまで可能な限り、不要な広告を表示されないようにしておりましたが、
12月1日よりエキサイトの課金サービス変更にともない、
スマートフォンからの閲覧では、記事の下に
文字広告が掲載されてしまうコトになってしまいました。
現在サービスの内容について状況を見ているところです。
(携帯からの閲覧については、今月ひとまず
表示なしの手続きをとってみましたが、こちらもしばらく様子見です)

多少お見苦しい点もございますが、ご了承いただきまして
どうぞ今後とも『丘の上から通信』をよろしくお願いいたします。(ぺこり)


f0229926_202872.jpg


*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます
by team-osubachi2 | 2011-12-02 20:36 | らくがき帖 | Comments(0)

オフの一日

お盆もすぎたころから「温泉入りたいなあ〜」と思い続けていたので、
昨日、うちのマンションが水道工事のため、
まる一日水が使えないうえに、
いま相方が出張で留守なのを、これさいわい!と、
友だちを誘って某スパ施設へ行って、半日の〜んびりと過ごしてきた。
f0229926_1615285.jpg

気の置けない友だちとおしゃべりしながら湯につかり、
施設内の食堂でだらり〜ンとお昼ご飯を食べ、
予約しておいたタイ式マッサージを受けてから仮眠室で軽く休息をとり、
最後にまたゆ〜っくりと湯につかった。
ふあぁ〜あ〜、ごくらくごくらく・・・。

ゆうべは早く横になり、朝までぐっすりと寝た。
おかげで今朝はスッキリ!カラダも軽い。
やっぱり、たまにはこんなオフの一日、あるといいよね。 うん♪

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます
by team-osubachi2 | 2011-09-07 15:58 | らくがき帖 | Comments(0)

思うに、30代という年代は、それまでの自分の体調の変化とともに、
ふとしたキッカケで、これまでの生活パターンを
見直すことが多い年代ではないだろうか。

あるとき、雑誌の特集か何かでだったと思うが
向田さんの「独りを慎しむ」というエッセイを読んだ。
読んでいるうちにハッとして、
これは自分にとっても大事なコトだぞ・・・と感じた。

f0229926_21444989.jpg


ーーー自由と自堕落を、一緒にして、
間違っているかたもいるのではないかと思われるくらい、
これは表裏であり、紙一重のところもあるのです。ーーーー

私にはとても向田さんのような厳しさはないが、
このエッセイから学んだことは、長い間私の中で
独り暮らしのオブザーバーとして働いてくれていたような気がする。

それは二人暮らしになった今も、すっかり忘れてしまったワケではないけれど
でも、この頃はだいぶ崩れてきてしまったような・・・。
どこで慎みの一線をキープしておくかは、
きっとこれからの暮らしぶりで定まってくることだろう。
これからは「独り」ではなく「一人」の人間としての慎みを
忘れないようにしたいものだ。

*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます
by team-osubachi2 | 2011-08-20 22:08 | らくがき帖 | Comments(0)

夏の実り

暑かった昨日は、午後からふたたび梅ジャム作り。
前回よりも追熟がすすんだせいか、
青梅がやや多かった前回のものより
渋みがかすかに少ない味わいになったようだ。
ま、どちらにしても、この梅ジャムと
レモンのハチミツ漬けで暑い夏を乗り切るつもりでいる。


f0229926_7335996.jpg


果物にしても、野菜にしても
夏の実りは、これからの暑い夏を健やかに越すための
元気の元が仕舞い込まれているようなカンジがする。
作物っていうのは、そういうところが
ホントによく出来ているなあ〜といつも感心する。

(小鳥と実りの絵はむかしの作品から)
*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます
by team-osubachi2 | 2011-06-23 07:36 | らくがき帖 | Comments(2)

夏至

本日、夏に至る。
夏至という漢字にぴたりと合いすぎるほどに暑い一日だった。

我が家のベランダは東南東向きのため、午前中だけ日差しが入る。
ベランダとは反対側の窓を開けると、
さいわいなコトにとてもよく風が通るし、
冷え性のカラダなので、夏はなるべくクーラーなしで過ごすことが多い。
(さすがに仕事中は腕の汗が紙に禍いするので
若干稼動させることもあるけれど・・・)


f0229926_22523913.jpg


とはいえ、こんな暑さが急激にやってきちゃうと、
みんなが心がけている家庭での15%削減(例年比?)の「節電」は、
相当強く意識してやらないと、
実際にはかなりムズカシイのでは?・・・という気がした。

さてさて、今年の夏はいったいどんな夏になるのだろう?
願わくば、去年のような酷暑よりも、
どうか人にやさしい気温であって欲しいものだ。

(日照りの絵はむかしの作品から)
*イラストレーションの無断使用及び複製・転載を禁じます
by team-osubachi2 | 2011-06-22 23:09 | らくがき帖 | Comments(2)