カテゴリ:食べる( 129 )

先週末、相方と毎年池袋で開かれる「マリンダイビングフェア」へ行ってきた。
今年は私たち二人してお世話になっている
石川のダイビングショップがこのフェアに初参戦!とのことで、
会場に来ていたオーナーご一家に会えたのも嬉しかった。

おしゃべりしている途中でオーナーのM氏が、私と相方のそれぞれ手のひらに
ちょこんちょこんと可愛いらしいお菓子をのっけてくれた。
ん?と見れば、、、ひゃ〜ん、懐かしい〜〜♪

f0229926_125438.jpg

子供のころ、うちにもあったような気がするけど、
友だちの家でだったり、親戚の家などで見かけた金沢八幡の起上り。
単なる姫だるまみたいなものかと思って、いまさらだけど検索してみたら、
子どもが健やかに育つ祈りと多幸を願って起上り・・・のものらしい。

加賀八幡起上り/中島めんや
http://www.nakashimamenya.jp/okiagari/index.html


f0229926_12574662.jpg

それを象った「うら田」さんの「加賀八幡起上もなか」は
金沢の銘菓のひとつであ〜る。
だるま型の皮に、甘過ぎないあんこはむっちりとコクがあって美味しいのだけど、
個人的には、このなんとも可愛いらしい包み紙もだ〜い好き♡

今度金沢へいく事があったら、買いたいお土産はいくつもあるけど、
これもリストのひとつに入れておこうね♪

金沢八幡起上もなか/金沢うら田
http://www.urata-k.co.jp/product/item_monaka.html
by team-osubachi2 | 2016-04-05 13:48 | 食べる | Comments(4)

昨日山種美術館で奥村土牛展を見終わったあと、
館内の喫茶店でお茶でもしようかと、毎回展示作品にあわせて登場する
とってもきれいな和菓子と抹茶のセットにしようか迷ったけれど、
お腹が空いていたので、すぐそばのPapas CAFE(広尾店)に移動。

夕方のすいた店内の壁際のコーナーシートに席をとって
はじめて(知り合いの装幀家のおじさんオススメの)シナモントーストと
アップルティーを注文してみた♪

f0229926_15223269.jpg

わ〜お、ハート型のパンだ〜!こんなパンがあるんだね〜!?
・・・と思ってよく見たら、イギリスパンを2枚
斜めにカットしてハート型に置き合わせてあった。ナルホド。

添えてあるクリームもちょっとのせて、
もうべったりと濃厚に塗ってあるハチミツとシナモンのトースト。

うっとりしながらむしゃぶりついていたら、ふと、そのシナモンの間をぬって
ふわふわとい〜い香りがただよってきた。
顔をあげて見てみると・・・あ、フリージア♡

f0229926_153354100.jpg

昨日は朝からちょっとバタバタしていたけれど、
素晴らしい絵をゆっくりと見て、美味しいトーストもいただき、
ポッドいっぱいに活けてあるフリージアの香りにもうっとりしながら過ごした春の午後。
私だけの時間・・・贅沢なひとときだった♪

PAPAS CAFE
http://papas.jpn.com/papas/cafe.html
*パパスカフェ広尾店(食べログ)
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13014203/
by team-osubachi2 | 2016-03-27 15:41 | 食べる | Comments(2)

今日、東京の桜の開花宣言が発表されたそうな。
・・・早くないか?・・・いえね、暖冬だ暖冬だと騒がれ出したころには
この時期にもう咲き出して、四月の入学式のころには葉桜という年もあったけど、
またしてもそんなことになるのかしらん?
今年の花の咲き出す早さに、キモチが追いついていないなあ〜。ふう。

さて、今日は二ヶ月ぶりで変体仮名の手習いに行ってきた。
毎度お稽古のあとにみんなでいただくお茶の時間がまた楽しみなのだけど
今日は生徒さんの一人が持参してくださったお菓子が美しかった〜♡

f0229926_231273.jpg

お茶などなさってる方の中にはご存知の方もいらっしゃるだろう、
私の郷里の越中富山の銘菓のひとつに五郎丸屋さんの「薄氷」があるが、
これは「ひとひら」という桜の花びらを象った薄氷の春限定版だそうな。

f0229926_23174469.jpg

この薄くて儚いような上品なお菓子は、ふわふわのお布団のような
棉にはさまれて箱詰めされているところがまた良い。
うっとりする手触りに惹かれ、その棉をもらってきた。
そのうち、我が家のまねき猫さんのお尻に敷く
赤いお座布団をこさえるのにちょうどよさそうだ ♪

f0229926_23235599.jpg

今日の仮名のお稽古は、基本に戻って
「いろはにほへと」とひらかなを書いてみたものの、
この基本中の基本が・・・いやあ〜、なんともムツカシイ〜!!
子供のころ覚えたこととは違う難しさなんである。う〜むむ、うまくいかない。

でも、我らがK先生は、この「うまくいかないところがなぜうまくないのか」、
毎度ぶちあたる“難しの壁”をどのようにすれば越えられるのか手ほどきしてくださる。

だのに、先生の話は聞いてないわ、集中力は続かないわ、おしゃべりはするわ、
毎月必ず行けなくてもオッケーなゆるさがあるから続けられるのかもしれないが、
こんなちょーマイペースな人間ばかりが集っているうちのクラスを
実に根気よく教えてくださるので、月に一度でもなんとか続けていられるのかも?
ありがたいことである。

う寿氷本舗 五郎丸屋「薄氷」「ひとひら」ほか
http://www.usugori.co.jp/shop/
by team-osubachi2 | 2016-03-21 23:36 | 食べる | Comments(0)

春のぼたもち

今日は彼岸の入りだそうだ。
私の郷里では旧暦のお盆にお墓参りをするので
お彼岸に墓参をしたことがなかったのだけど、
関東では春と秋のお彼岸にお墓参りをするお家が多いのね。

お墓参りはしないけど、いやしん坊の端くれとしては、
やっぱりこの季節に一度はぼたもちを食べたいと思う。

子供のころは、おふくろさまが手作りするぼたもちを
当たり前のように思って食べていたけれど、
考えてみれば今よりもうんと厳しい労働で忙しかったハズの昔の人ほど、
きちんきちんと季節の食べものを時節にこしらえて楽しんでいたのだろうなあ。
厳しい食生活では、それがどれほど大きな楽しみだったか、
・・・ということなのだろうけれど。

f0229926_225554100.jpg

一方で、おはぎ・・・ともいう。
「春は牡丹餅、秋はお萩」と教わったように思うけれど、
お店で売られているのは品よくちんまりとした「おはぎ」である。
ぼったりデコボコした「ぼたもち」は、まあ、行ってみれば
おっかさんのぼったりした手でこしらえた餡もちの風情といったところか。

ぼたもち、おはぎ、漉し餡、粒餡、きな粉に胡麻。
どれも甲乙つけがたいほどに好きだけど、
しかしお店であんまり上品にこさえて、お高くなられてもねえ・・・。

それでも、お彼岸にはついつい食べたいと思うお甘であ〜る♪
by team-osubachi2 | 2016-03-17 22:58 | 食べる | Comments(4)

あら?今日はもう2月29日?
ってことは、2月も今日でおしまいなのね?!
閏年だから、まあ、一日得してるかもだけど。

明日から姪っ子が大学を卒業するまでの間十日ほど寄宿しに来るので
これぞ千載一遇のチャンス!!とばかりに
玄関横の暗黒部屋を解除して寝室にすべく奮闘中。
とにかくまずは暗黒物質を掻き出して我ら夫婦二人分の寝るスペースを作る!
・・・ってだけですでに一週間もかかっていて
荷物の大半はリビングに山積みとなったまんまだ。

和室で寝てもらう姪っ子にはすでのこの状況について断りは入れてあるが、
今度の週末にベッドを搬入してくれる業者さんは、間違いなく
「ここんちは引越ししてきたばかりなんだな」って思うに違いない。
ま、引越ししてきた状況に近い光景なので、
そう思われてもいっこうに構わないけどね。

しかし、ただでさえ腰が引けていた一部屋分の溜め込み荷物の片付けって
(私の荷物は段ボール二個だけでとっくに片付いてるんだけど)
よほどの機会がないかぎり、今後年を取るばかりで
片付けるにはますます体力も気力も無くなっていくことを想像すると
姪っ子よ!よくぞ来てくれました!とこのタイミングに感謝せずにはいられない。

とまあ、そんなワケで仕事の締め切りを睨みつつ
合間合間にせっせと片付け三昧の日々。

f0229926_1004218.jpg

昨日の午前に相方が所用で横浜市に出たので、
帰りに崎陽軒のシウマイ弁当を買ってきてもらい、
インスタントのお味噌汁をいれてお昼ご飯にした。
忙しい最中のシウマイ弁当は手っ取り早くて助かる♪
どうも、ごちそうさま。

しかしねえ、人間一生のうち、いろいろ捨てなきゃならない時期は来るのよ。
この際だしね、まだまだ続くよどこまでも、な片付け三昧の日々であ〜る。
by team-osubachi2 | 2016-02-29 10:06 | 食べる | Comments(2)

ゆうべ日付が変わったところで
相方に感謝チョコレートをプレゼントした。

昨日となり駅の某デパートのミニ売り場で見つけたチョコレート。
やっぱり今回も、味より見た目優先で。w

f0229926_1023710.jpg

・・・うん?
何やら一緒に写っているくたびれたものは・・・わかる人にはわかる、ネ?
いや、例のほら、帽子ぢゃないよ、ウワバミよ、ウ、ワ、バ、ミ。

無理やり記念にチョコと一緒に撮ってみたけど、だいぶくたびれてきちゃってるわね。w
http://okakara.exblog.jp/17373198/

f0229926_1065251.jpg

いやあ〜しかし日本のチョコレートは本当に芸が細かいね。
パッケージも手提げ袋も素敵だけど、
中にはちゃ〜んとお星さまや「一輪の花」も詰め合わせてあるんだよ。
よく出来てるね〜! Mary's 製、うん、うん。

それじゃ、今年も「どうもありがとう」のキモチで ♪
by team-osubachi2 | 2016-02-14 10:18 | 食べる | Comments(6)

ハーゲンダッツ絵

たま〜に買うハーゲンダッツのアイスクリーム。

いつ頃からか、内蓋のシートをめくってあらわれる表面に
スプーンや楊枝でちょいと遊ぶクセがついちゃった。

f0229926_9252241.jpg

昨日のバニラはお月さまになった。

凍れる月も、アイスでなら美味しい ♪


by team-osubachi2 | 2016-01-23 09:32 | 食べる | Comments(4)

夫婦 de 善哉

昨日は記念日だった。
「鉄婚」って云うんだそうな。

f0229926_13564543.jpg

ほおお〜、鉄、ですか。
紙だの藁だの革からみれば少しは硬くなった・・・かな?

ダイヤモンドだとか、銀、金から見ればまだまだ。
はるかにおぼこいものだろうけど。w

f0229926_13574779.jpg

昨日の朝、思いがけずお友だちから手作りのあんこが届いた!
ひゃあ〜♡嬉しくって、ひょっとこ踊りでもしそうだ〜♪

そうだ!と、冷蔵庫に姑どのが手作りの餅が
あと二片残ってたのを思い出し、
夕飯のあと、いただきもののあんこと餅とで善哉にして祝った。

ああ〜、美味しいなあ〜♡
おかげさま、おかげさまである。

f0229926_1358398.jpg

まあ、“比翼の鳥、連理の枝” とはいかずとも
「夫婦(めおと) de 善哉」ってところが身の丈、
餅は焼いてもやきもち焼くな?!ってくらいがちょうどいいネ。w

これからもよろしくお願いします ♪


by team-osubachi2 | 2016-01-21 14:33 | 食べる | Comments(4)

先だって銀座へ出かけた日のこと。
相方から夜は飲み会になったと連絡が入ったので
どーぞどーぞ!と二つ返事で返信して、さて、こちらは急に気が大きくなった。

今夜は私一人のご飯だし、夕方もゆっくりできるなあ〜♪
どうしようかな、好きな喫茶店に寄って、
思索しながらゆっくりお茶しようかな?どこにしようか、、、と
ふたつみっつ浮かんだところで、デパ地下でちょっとリッチな洋菓子を買って
お家でゆっくりと珈琲タイムにするのもいいなあ〜という考えも浮かんだ。

ひとまず近くのデパ地下をのぞいてから決めようか、と
三越の地下でしばらくウロウロしていたら、全国銘菓のコーナーに入り込み
好物の駒込『中里』さんの「揚最中」と、
石川県小松市『松葉家』さんの「月よみ山路」を見つけたので、
これを買ってのんびりお家でお茶することにしよう!と決めた。

f0229926_22124486.jpg

帰宅して着替えたあと、包みの紐をほどきながら
包装紙のゆるゆるな鳥獣戯画もどきの絵にほだされて
鳥獣戯画写しの茶器でジャスミン茶を淹れた ♪

f0229926_2284461.jpg

『中里』の揚最中の揚げた皮のサクッとした歯触りと、
皮にまぶされた塩味がサンドされたあんこと口の中で混ざるときの
美味しさがなんともいえず好きだ。

f0229926_22132885.jpg

翌々日には「月よみ山路」の包みをあけた。
栗蒸し羊羹ではこれがダントツに好きである。
竹の皮に包まれているだけの簡素な包みも好ましい♡
胃袋さえゆるせば、まるまる一本かじりたいくらいだ。

f0229926_2214479.jpg

いまでは各デパートが銘菓コーナーを設けてくれるようになったおかげで
入荷さえあれば、いちいち現地へ行かなくてもいろんなお菓子が買える。

でも、ま、もちろんそこでしか買えない銘品もあっていいし
あってしかるべきかもだけど、でも、こんな美味しいものを
便利に買えるありがたさも利用しない手はない、かな。
おかげで、お茶の時間がとても愉しい ♪


by team-osubachi2 | 2016-01-14 22:44 | 食べる | Comments(2)

お正月のおやつ

今朝、寝覚めにふと、
子供のころのお正月に食べたおやつのことを思い出した。

一家六人、普段のものは村に二軒あるよろず商店で賄えるのだけれど、
お盆や暮れには、おふくろさまと私がおやじさまの車に乗せてもらって
町のスーパーまで買出しに出かけ、
大量に食材やお菓子やみかん箱を買ってきていたっけ。

しがない建具職人の家で、裕福にはまるで無縁だったけれど
両親共働きのおかげでどうにかこうにか食べてゆける暮らしだったのだろう。
子供時代のお正月にはずいぶんとおやつも食べたものだなあ〜と感心する。

兄、私、弟という構成の子供三人には、市販のお菓子はもとより、
アイスクリームもバケツで買ってまだ足りなかったり
軒に吊るしてあった干し柿でも餅でもみかんでも
腹いっぱいに食べてもまだ入るという有り様・・・。
大人になってしまった今振り返ってみると眩しいばかりの食欲である。

でも、大人になったからわかる美味しさっていうのも
あるんだなあ〜これが。

花びら餅の味わいは、大人になってから知った美味しさのひとつだ。
どこの銘柄にはこだわらず、ここ数年用意しておくようになった。

f0229926_11444591.jpg

去年の暮れに、居酒屋のメニューで知って食べて以来
すっかりお気に入りなのが、
南部煎餅でアイスクリームをサンドして食べるというもの。

南部煎餅のカリッとサクッと感がなんとも言えない美味しさ。
お煎餅だけで食べるより好きかも!?
溶けやすいので、さっさと食べてしまわないといけないのと
受け皿はあったほうがいいおやつであ〜る。

f0229926_114215.jpg

暮れに姑どのが持たせてくれたお手製の角餅を冷凍しておいて
今年はそれをお雑煮に盛った。

昨日少し切って焼きもちに井村屋のあんこをのせておやつにした。
もう一片は市販の玄米餅。きなこがなかったので、
くろみつに代用で麦こがしをふりかけて・・・
うん、これも素朴な味わいで悪くない。

f0229926_11433537.jpg

総じて大人のおやつは子供の頃に比べて
素朴なものに変化してきて分量もずいぶんと減っているけれど、
美味しいなあ〜!って思うキモチだけは幼心にだって負けてないヨって思う。

もっとも、張り合ったところで心に浮かぶ少年のような顔をした幼い自分は
こんな年取った私のおやつなど屁とも思っていないようではある。
が、まあ、子供にゃわかるまい。この美味しさは!・・・であ〜る。www


by team-osubachi2 | 2016-01-03 15:56 | 食べる | Comments(2)