カテゴリ:食べる( 134 )

私の朝の食事は、夏場はもっぱら追熟させたバナナとヨーグルトだけど、
冬になると林檎を小口切りにして器に入れ、レンジでチンして
熱々のところへヨーグルトとハチミツをかけて食べるのも好きだ♡

f0229926_22143172.jpg

なが〜い独身時代にはレンジを持っていなかったので
(というか必要としてなかった)
冬場の朝はミルクパンにカットした林檎とほんの少し水を入れ、
ことことと水煮にしたものにヨーグルトをかけて食べていたけど、
アパートのちいさくて寒いキッチンも、ヤカンでお湯を沸かし、
林檎を煮る間にあったまるという寸法。

でも、電気ストーブだけの部屋がまだ寒くて
お気に入りの出西窯のボウルに入れて食べててもすぐに冷めてくるので
友だちのママにそのボウルのための袴(?)を毛糸で編んでもらったりしたっけ。
今その毛糸袴は、口にぐるりとゴムを通して、
相方のお弁当の汁物水筒用の袴として活躍している。

このあったか林檎のヨーグルトとハチミツがけ(時々ホットシリアルも)に
ミルクティーが私の冬の朝の定番である。

by team-osubachi2 | 2016-12-12 11:50 | 食べる | Comments(4)

きのうのお甘

昨日もポカポカ陽気だった。・・・なんだか調子くるっちゃうな。
画材店へ買い出しついでに出かけ、地下鉄に乗って本を読んでいたら寝てしまって、
途中で乗り換えるべき駅をすぎ、しまった!とあわてて降りた駅で表示をみたらば、
たまたま目的地へむかう別路線に乗り換えることができた。
あら ♪ ついてるかも?

むかった先は、蔵前の増孝商店さんで開催中の染織iwasakiさんの展示会場。
ご夫婦二人でなさっている織物は、お人柄を反映してか
濃くて深い色も透明で明るい色も、淀みなくスーッとこちらの目にやさしく入ってくる。

はじめてお会いする奥さまの悦子さんとはFacebookでつながっているせいか
はじめてお会いする気がしないのだけど、この悦子さん、
たびたび和菓子の最中の話題をブログにアップされていらっしゃるのだけど、
これがまたいつもいつも面白くて美味しそうな最中がいっぱい登場するので
いやしん坊の私にはとっても楽しみなブログのひとつなんである。

いわさきのある日(カテゴリ内「最中」より)/染織iwasaki
・・・前置きが長くなった。
昨日は、会場で待ち合わせた着物仲間のお一人と私のほかには
お客様がちょうどいらっしゃらない時間だったおかげで、
柳橋の名店「梅花亭」さんの梅もなかでお茶をちょうだいし、
しばしほっこりさせていただいた。

f0229926_10062581.jpg

昨日はまた増孝商店で待ち合わせて再会を果たした着物仲間の方から
思いがけずシュトレンをおすそ分けしていただいた♡
ひゃ〜〜〜!

f0229926_10064021.jpg

その方のお家の近くにあるというそのお店では
手作りのパンやシュトレンの他、なんとお味噌も作っているのだそうな。
へええ〜?!いろんなお店があるものだなあ〜。

f0229926_10065974.jpg

いただいたシュトレンは日持ち5日間という甘さ控えめな品で、
噛めば噛むほどにナッツやドライフルーツの自然な甘みが
お口の中いっぱいに広がって美味しかった。

Eテレのお菓子作りの番組でシュトレンをこしらえているのを見たせいで
頭の中がシュトレンでいっぱいだったから、もう夢のよう!

おかげさまです。どうもありがとうございます。

by team-osubachi2 | 2016-12-10 10:36 | 食べる | Comments(2)

こけし屋のサバラン♡

先日都内へ出たあと、所用で西荻窪のとある書店へ寄った。

何年かぶりで有名な「こけし屋」さんの前を通ったので
ああ〜、あれが食べたいなあ〜♡・・・と帰りにケーキ売り場をのぞいてみた。
あったあった!名物(?)のサバラン♡ふたつ買って帰った。

f0229926_22271519.jpg

時間があったらお店でお茶していくのもいいけど、
手土産にしておうちでゆっくりお茶するのもいい。

懐かしい昭和の味がするサバラン♡
下世話な言い方かもだけど、お財布にも優しい美味しさであ〜る♪

こけし屋

by team-osubachi2 | 2016-12-03 22:37 | 食べる | Comments(6)

干し柿できました♪

ご近所さんにいただいた甘柿を干すこと九日間。
どうやらいい具合に干せたようで、午後、日差しがあるうちに収穫した。
(明日は雨だっていうしね)

*備忘録
・甘柿でも硬めの実を皮を剥いて、熱湯で5〜10秒湯通し。
キッチンペーパーなどで水気を拭き取ってから、ヘタの柄かヘタの下に紐をかけ、
焼酎にくぐらせて(またふき取る)から軒下の風通しのいいところへ干し
(うちはベランダにタオル干しを置いてそこへ)
三日ほど干したら、もう一度焼酎にくぐらせて干し直す。
(熱湯と焼酎で行水させるのは、もちろんカビ対策)
・柿の表面が乾いてくるまでなるべくきれいな手で扱うこと。
・ときどきモミモミしてあげて、中を柔らかくしてあげるとよい。
・お天気と相談しながら、収穫どきを見極める。
(当然のことながら、渋柿の場合はもっと長く吊るしておく)

f0229926_17380529.jpg

試しに一個食してみたらば・・・あ〜懐かしいなあ〜!
そうそう、子どもの時によく食べてたのはこの味だよ。
甘すぎず、外側はやや堅めで、中は半生♡
田舎っぽく色は黒々していて当然種もあるんだけど、出来あがりは上々♪

いまじゃありとあらゆるスイーツが氾濫する中で、
干し芋とか干し柿なんてゆーのは素朴すぎるほどの自然な甘さだけど
うんとうんと昔はこの甘さがどれほど美味しく感じられただろうと想像する。

f0229926_17381863.jpg

毎年秋になると、ご近所の柿の木の実りが気になって仕方なかった。
ああ、ちょっとだけ手をかけて干せば美味しく食べられるのになあ〜!
・・・と思ってたのが、ようやく溜飲を下げることができたって感じ。w

しかし、子どものころ母方のおじいちゃんちから渋甘柿を貰ってきては
軒下に干す手伝いをしていたのが今ごろになって役に立つとはネ。

半分ほど空き籠につめて、柿をくださったお宅へ「お返し」する。
このたびはどうもありがとうございました♡

by team-osubachi2 | 2016-11-18 18:11 | 食べる | Comments(8)

地味滋味っと干し柿作り

ご近所さんから小ぶりの段ボールに一箱分の柿を頂戴した。
子供のころ、母方のおじいちゃんちにもあったような
ころんとした丸みのある柿だ♡懐かしいなあ〜。

で、てっきり渋柿だとばかり思っていたら・・・あれ?これ、甘柿じゃん?!
渋甘とでもいうのか、一瞬ナマ食にしようかジャムにしようか迷ったけど、
子どものころ、おふくろさんが好きで、
家の軒下によく吊るしてあった干し柿はこんな類いの柿だったから
ここはひとつ干し柿にしますか・・・。

f0229926_17085670.jpg

どういうワケかヘタの根本の枝が短い。
そういう柿は料理用の綿糸でヘタをぐるっと囲んで結ぶ。
途中で落ちやしないかちょっと心配だけどしょーがない。

皮を剥き、紐もなんとか結び終え、サッと熱湯消毒してから、
雨がかからないようベランダにタオル干しをおいてそこに吊るした。

もともと自然に育ったワイルドな柿だから、きっとうまくいっても
スジっぽくて固くて黒い(しかも種入り)干し柿になるんだろうな〜。
でも、そこが田舎の味らしくていいのさ〜♪

f0229926_17095863.jpg

箱入りのあんぽ柿を熟年のエリザベス・テイラーにたとえるなら(たとえが古すぎ)、
この柿たちは、さしずめチベットのおばあちゃんたちのようなものになるだろうか。
丘の上のこの界わいは、むかし「神奈川のチベット」と呼ばれた時代もあるそうだしネ。w

軒下というワケにはいかず、タオル干しに吊るしているので、
鳥たちに狙われないよう日光浴させるとき以外は新聞紙を上にかけておこう。
田舎から出て来てこのかた、関東ではじめて干してみる柿・・・。
うまくいったらお慰み♪

by team-osubachi2 | 2016-11-10 20:58 | 食べる | Comments(2)

冷やしういろう

今日は立秋。でも、暑いのなんのってもう。
(たしか理科でならったのは、夏至はとっくにすぎてるんだけど
すぐに届く光にくらべて熱は太陽と地球との距離のせいでタイムラグがあって
暑さは遅れてやってくるって習ったような・・・違った?)

身体がまだ慣れてない気がする。
でも、こんな暑さは関西に比べればまだかわいいものね、きっと。
京都は予想最高気温・・・38度?

それでも、周辺の草木の動き方を見ていると、今年の秋は案外早いのでは?
な〜んて一人勝手に希望的予測。

f0229926_13165487.jpg

名古屋の兄嫁どのが先日法事のさいにもたせてくれた名古屋土産は
(というか、お義姉さんところも一日違いで一周忌だったので
香典返しといった意味合いで)
『青柳』さんの「冷やしういろう」。夏季限定商品だって。
一時間ほど冷蔵庫で冷やしてから食べるといいみたい。

水饅頭とかともまた違って、うん、ういろうだネ。そりゃそーだ。w
ほんのりひんやり、優しい甘さが大人向き ♪

冷やしういろう/青柳総本家
http://www.aoyagiuirou.co.jp/okashi/p-ajikurabe.html
by team-osubachi2 | 2016-08-07 13:22 | 食べる | Comments(0)

とろろ昆布のおむすび

久しぶりに女三人集まって、おしゃべりしながら飲んだり食べたりした。
三人のうち、私は富山の出身で、同行の二人はともに熊本出身。
なぜか富山と熊本と東京を三点で結んでご縁があるマイフレンズである。

以来何度か行ったことがある居酒屋さんでは
富山湾で獲れた魚を食べさせてくれるんであるが、
その富山の魚をつまみながら、
熊本出身のF嬢はこの夏富山で仕事してとても面白かったという話をしてくれ
こちらからは、この春短大を卒業した姪っ子が
本当なら富山の某牧場で働いているハズが、
ナゼかあの大地震のときに熊本にいて、それが彼女に人生にどう影響したのか
姪っ子はいま熊本で暮らしているという話題を提供したりして、
わいわいと楽しいひとときを過ごした。

f0229926_20421680.jpg

仕上げには富山名物(?)「とろろ昆布」のおむすびを平らげた。
う〜〜ん、まんぞくまんぞく ♪

(もしもご家庭で食べてみようかと思われる方は、
具を包んだおむすびを丸くにぎっておいて
レンジでチンして熱々のところへとろろをまぶすといいと思います。
冷めてしまってからではうまくくっついてくれない場合がありますので〜)

たまたまこの日にFacebookで見た動画があんまり可愛らしくて
つい何回も見てしまうので、ここに貼っておこうと思う。

『こわらべ/江津湖音頭』



この動画は震災で崩れる以前の熊本城本丸御殿で催された
イベントで収録されたものみたいだけど
どうか熊本の復興が早くしっかりと進みますように!
再建された石垣をいつか是非また愛でに行きたいと思っている。
by team-osubachi2 | 2016-08-03 21:11 | 食べる | Comments(2)

昨日は夏の土用の初日だった。
ちょうど今週は相方が夏休みということで、
午後、日ごろの運動不足もあるのでプールへと誘い出し、
久しぶりにそれぞれ水中ウォーク&スイムで身体をほぐした。

で、いったん帰宅して着替えたのち、
徒歩10分ほどのところにある鰻屋さんへGO!
夕方の開店と同時に入れば予約なしでもすぐお席へ案内してもらえるもんネ。

f0229926_21261875.jpg

焼けるまでの間、ビールのお供に
煮こごりと野菜サラダなんかをちょこっとおつまみ ♪

あまり外食しない我が家だけれど、年に一回だけ鰻屋さんへ行って
(冬は桜鍋屋さんネ)美味しい毒・・・いえ、
ごちそうを食すのが楽しみなんであ〜る♪

f0229926_21265011.jpg

お重をたらふく食べてお店を出てもお外はまだ明るい。
ああ〜、いいね〜、夏の早飲み早飯♡キモチがのびのびする〜♪

しかしせっかくプールで運動しても夕飯がこれじゃあ痩せないのはあたり前?
でもね、運動したあとは消化力がまるで違うの。
またご飯を美味しく食べるためにも、
そろそろプール通い、再開させたいものであ〜る。

どうもごちそうさまでした♪
by team-osubachi2 | 2016-07-20 22:19 | 食べる | Comments(2)

今日はまたずいぶんと涼しいけれど、
昨日までの数日は暑かった〜〜〜〜!!

お昼過ぎに所用で丘をくだって郵便局まで行っただけで
暑さのあまり思考回路は完全停止状態。w

汗だくになって帰宅して、冷蔵庫から水出し煎茶を出してきてコップに注ぎ
続いて取り出したのはタッパーに入れてあったところてん。

友だちのお母さんが大島から届いたテングサを煮詰めて漉し固め、
押し出し機でにゅるる〜んとこさえてくれたところてんをくださったので
それを酢醤油でも黒みつでもなく、一緒にいただいてきた
グレナデン(柘榴)のシロップでいただく。ほのかな酸味が爽やかだ〜♪

f0229926_12152338.jpg

手作りのところてんはもちっと濃厚で、
口に入れるとかすかに鼻をくすぐるテングサの香りもとてもイイ。

暑い真夏のおやつに冷えたところてんは定番だネ!
どうもごちそうさまでした♡
by team-osubachi2 | 2016-07-05 12:16 | 食べる | Comments(4)

Blueberry 、果実と歌声

そりゃあ梅雨だもの。
でも、ああ、もういい加減飽きてきたなあ〜〜〜、
毎日の曇天と雨降りとこの夏風邪・・・。

仕上げの鼻かみはいいとして、からみつくような痰と咳が続いてね。
回復のためとはいえ、続くとちょいとしんどい。
ああ〜ああ〜、とこの数日グズグズしていたら、
お友だちからお見舞いのようにして季節の果実が送られてきた!

箱の中から現われた新鮮な果実・・・
見てるだけで身体にしみじみと効いてくれそう♪

f0229926_15102375.jpg

と、この写真をFacebookにあげたら、
音楽好きのセンパイのような方からコメント欄に
この曲が貼り付けてあった。

Louis ArmstrongーBlueberry Hillー



歌詞はいわば失恋の歌だけど、
アームストロングおじさんの笑顔と歌声にはビタミンがいっっぱいさ。
そう、このブルーベリーの果実みたいに・・・♪

どちらも病み上がりにズンと効いてくれました♡
どうもありがとうございました。
by team-osubachi2 | 2016-06-25 15:31 | 食べる | Comments(2)