カテゴリ:食べる( 129 )

柏餅と粽

こどもの日より一日早いけど、今日のおやつには柏餅と粽をいただいた。

独身時代住んでいた永福町や初台・幡ヶ谷の界わいには
けっこう活気があってがんばっている商店街がそれぞれあって
和菓子屋さんもちょこちょこあったから、
季節のお甘は当日和菓子屋さんで買えばすんでいたのだけど、
丘の上に越して来てからは、そういう町の商店街の和菓子屋さんは遠くなってしまった。

f0229926_23550847.jpg
←あら?粽の表裏間違ってる?


なので、なんてことなくスーパーで調達した柏餅と粽だけれど、
昔のスーパーと違い、最近のスーパーにはちゃんと柏葉にくるまれたお餅だし、
笹の葉にきっちりと包まれ、い草で巻かれた粽だったりする。
で、ほどほどに美味しい。

もっとも、その日のうちに食べなければ翌日はもう固くなってしまう
本物ののお餅とはちょっと違うのはもうしょうがない。

まあ、美味しければいっか・・・。
と、口をもぐもぐさせているところへ名古屋のお義姉さんからLINEで写真が送られてきた。

f0229926_23552354.jpg

徳川園の鯉のぼりだそうな。
創業430年の老舗が染め上げたこの郡上本染鯉のぼりはなんと重要無形文化財だそうだ。
どうりでなんか趣きが違うし、さすが、尾張徳川さんの鯉のぼりはたいそう立派だがね〜。

吹く風は薫風・・・明日は立夏。いよいよ夏のはじまりであーる。

by team-osubachi2 | 2017-05-04 23:59 | 食べる | Comments(0)

高田のたぬきさん

今日は日の入り直後に相方とひさしぶりで河川敷をみっちりと一時間ウォーキング。

で、果たしてそんな事でいいのかわからないのだが、
歩き終えた足で近くのラーメン店で夕飯を済ませるつもりで街道を歩いていたら、
今まで何度もお店の前を通ったことはあったものの
一度も入ったことがなかったケーキ屋さんの灯りがまだついていたので
吸込まれるようにして入ってしまった・・・。

ショーケースの中に丁寧に作られたケーキが並んでいるのをワクワクと見ていたら、
このコらと目が合ってしまった・・・!

f0229926_22501356.jpg

なになに、高田のたぬきさん、25年ぶりの再販売?・・・ですか!

うわ〜、見ないで!こっち見ないで〜!!
だって、だって、連れて帰りたくなるじゃないのさ〜?!

f0229926_22503821.jpg

・・・結果、一匹だけ連れて帰った。
ついでに、シュークリームも一個。

このごろはもう濃厚な生クリームてんこ盛りのケーキより、
質のいいバタークリームをちょっとだけってくらいのケーキが好きなんだ。
丁寧に作られたバタークリームやカスタードクリームは
口に甘さが残らず後味はとてもさわやか・・・うーん、おいしいなあ〜♪

とはいえ、これで一時間のウォーキングのカロリー消費分もすべておじゃんヨ。w

でもいいわ♪
懐かしいような昭和の風味に、気持ちがほんわかした夜である。

by team-osubachi2 | 2017-05-02 23:13 | 食べる | Comments(4)

生姜せんべい

今週は丘をくだって近くのスーパーへ食料の買い物へ行く以外は
おとなしく机に座る時間が多い。

今日も残りものでお昼ご飯を済ませ、洗いものをする間にお湯を沸かし
マグカップに一杯ミルクティーをいれ、
お供には昔なつかしい生姜せんべいをちいさな木のボウルにみっつよっつ ♪

f0229926_15335983.jpg

「あたしこれ好きなのよ。知子さんも食べる?好き?」といって
この間姑どのが持たせてくれた生姜せんべい。

大人になるにつれ知る子どものときにはわからなかった美味しさ・・・♡

さ、今日も午後からひと仕事。

by team-osubachi2 | 2017-02-23 15:41 | 食べる | Comments(0)

今日は2月14日。
St.バレンタインデーなんていっても
独身時代にはたいしてご縁のないイベントだったし、
貧乏性のせいか、自分へのご褒美と称して高級な一品を買うようなこともなく、
これも相方への感謝デーの一環、
ただ「チョコレートの日」ってことで買うのであ〜る。

味はまあまあ、値段もほどほどなら、
企画ものに弱い私はこんなのを買っちゃうの。
フォルクスワーゲンとモロゾフのコラボ商品はミニカー付き♪

f0229926_21091101.jpg

それにしても、とどまるところがないようなチョコレート祭り。
一定の時点でやっぱり廃棄されちゃうのかなあ〜?
売りあげよりもそっちが気になるこのごろ・・・。

by team-osubachi2 | 2017-02-14 21:24 | 食べる | Comments(0)

夜のぜんざい

はやいもので一月ももう半ばにさしかかってきた。
今日は鏡開きだそうな。

そんなことはすっかり忘れていたところへ、
午後、姑どのからちょこっと電話があり、お喋りの途中で
「今日は鏡開きだから、お汁粉でも食べて」と言ってたのを聞いて、
そうそう、暮れに姑どのからいただいてたお餅がまだ少しあったっけ ♪・・・と
冷凍庫から二切れだけ解凍し、棚にまだ一個残っていたあずき缶とで
少し軽めにした夕飯のあと、ぜんざいにしていただいた。

手軽にお家にあるものでこさえたぜんざいだけど、
冬の夜にたべると、あったかーくて、甘〜くて、おいしいね♡

f0229926_21385150.jpg

明日は旧暦の師走の満月。寒中らしい寒さになるそうだ。

あ、いいかげん寒中見舞いをださなくては。

by team-osubachi2 | 2017-01-11 21:44 | 食べる | Comments(8)

私の朝の食事は、夏場はもっぱら追熟させたバナナとヨーグルトだけど、
冬になると林檎を小口切りにして器に入れ、レンジでチンして
熱々のところへヨーグルトとハチミツをかけて食べるのも好きだ♡

f0229926_22143172.jpg

なが〜い独身時代にはレンジを持っていなかったので
(というか必要としてなかった)
冬場の朝はミルクパンにカットした林檎とほんの少し水を入れ、
ことことと水煮にしたものにヨーグルトをかけて食べていたけど、
アパートのちいさくて寒いキッチンも、ヤカンでお湯を沸かし、
林檎を煮る間にあったまるという寸法。

でも、電気ストーブだけの部屋がまだ寒くて
お気に入りの出西窯のボウルに入れて食べててもすぐに冷めてくるので
友だちのママにそのボウルのための袴(?)を毛糸で編んでもらったりしたっけ。
今その毛糸袴は、口にぐるりとゴムを通して、
相方のお弁当の汁物水筒用の袴として活躍している。

このあったか林檎のヨーグルトとハチミツがけ(時々ホットシリアルも)に
ミルクティーが私の冬の朝の定番である。

by team-osubachi2 | 2016-12-12 11:50 | 食べる | Comments(4)

きのうのお甘

昨日もポカポカ陽気だった。・・・なんだか調子くるっちゃうな。
画材店へ買い出しついでに出かけ、地下鉄に乗って本を読んでいたら寝てしまって、
途中で乗り換えるべき駅をすぎ、しまった!とあわてて降りた駅で表示をみたらば、
たまたま目的地へむかう別路線に乗り換えることができた。
あら ♪ ついてるかも?

むかった先は、蔵前の増孝商店さんで開催中の染織iwasakiさんの展示会場。
ご夫婦二人でなさっている織物は、お人柄を反映してか
濃くて深い色も透明で明るい色も、淀みなくスーッとこちらの目にやさしく入ってくる。

はじめてお会いする奥さまの悦子さんとはFacebookでつながっているせいか
はじめてお会いする気がしないのだけど、この悦子さん、
たびたび和菓子の最中の話題をブログにアップされていらっしゃるのだけど、
これがまたいつもいつも面白くて美味しそうな最中がいっぱい登場するので
いやしん坊の私にはとっても楽しみなブログのひとつなんである。

いわさきのある日(カテゴリ内「最中」より)/染織iwasaki
・・・前置きが長くなった。
昨日は、会場で待ち合わせた着物仲間のお一人と私のほかには
お客様がちょうどいらっしゃらない時間だったおかげで、
柳橋の名店「梅花亭」さんの梅もなかでお茶をちょうだいし、
しばしほっこりさせていただいた。

f0229926_10062581.jpg

昨日はまた増孝商店で待ち合わせて再会を果たした着物仲間の方から
思いがけずシュトレンをおすそ分けしていただいた♡
ひゃ〜〜〜!

f0229926_10064021.jpg

その方のお家の近くにあるというそのお店では
手作りのパンやシュトレンの他、なんとお味噌も作っているのだそうな。
へええ〜?!いろんなお店があるものだなあ〜。

f0229926_10065974.jpg

いただいたシュトレンは日持ち5日間という甘さ控えめな品で、
噛めば噛むほどにナッツやドライフルーツの自然な甘みが
お口の中いっぱいに広がって美味しかった。

Eテレのお菓子作りの番組でシュトレンをこしらえているのを見たせいで
頭の中がシュトレンでいっぱいだったから、もう夢のよう!

おかげさまです。どうもありがとうございます。

by team-osubachi2 | 2016-12-10 10:36 | 食べる | Comments(2)

こけし屋のサバラン♡

先日都内へ出たあと、所用で西荻窪のとある書店へ寄った。

何年かぶりで有名な「こけし屋」さんの前を通ったので
ああ〜、あれが食べたいなあ〜♡・・・と帰りにケーキ売り場をのぞいてみた。
あったあった!名物(?)のサバラン♡ふたつ買って帰った。

f0229926_22271519.jpg

時間があったらお店でお茶していくのもいいけど、
手土産にしておうちでゆっくりお茶するのもいい。

懐かしい昭和の味がするサバラン♡
下世話な言い方かもだけど、お財布にも優しい美味しさであ〜る♪

こけし屋

by team-osubachi2 | 2016-12-03 22:37 | 食べる | Comments(6)

干し柿できました♪

ご近所さんにいただいた甘柿を干すこと九日間。
どうやらいい具合に干せたようで、午後、日差しがあるうちに収穫した。
(明日は雨だっていうしね)

*備忘録
・甘柿でも硬めの実を皮を剥いて、熱湯で5〜10秒湯通し。
キッチンペーパーなどで水気を拭き取ってから、ヘタの柄かヘタの下に紐をかけ、
焼酎にくぐらせて(またふき取る)から軒下の風通しのいいところへ干し
(うちはベランダにタオル干しを置いてそこへ)
三日ほど干したら、もう一度焼酎にくぐらせて干し直す。
(熱湯と焼酎で行水させるのは、もちろんカビ対策)
・柿の表面が乾いてくるまでなるべくきれいな手で扱うこと。
・ときどきモミモミしてあげて、中を柔らかくしてあげるとよい。
・お天気と相談しながら、収穫どきを見極める。
(当然のことながら、渋柿の場合はもっと長く吊るしておく)

f0229926_17380529.jpg

試しに一個食してみたらば・・・あ〜懐かしいなあ〜!
そうそう、子どもの時によく食べてたのはこの味だよ。
甘すぎず、外側はやや堅めで、中は半生♡
田舎っぽく色は黒々していて当然種もあるんだけど、出来あがりは上々♪

いまじゃありとあらゆるスイーツが氾濫する中で、
干し芋とか干し柿なんてゆーのは素朴すぎるほどの自然な甘さだけど
うんとうんと昔はこの甘さがどれほど美味しく感じられただろうと想像する。

f0229926_17381863.jpg

毎年秋になると、ご近所の柿の木の実りが気になって仕方なかった。
ああ、ちょっとだけ手をかけて干せば美味しく食べられるのになあ〜!
・・・と思ってたのが、ようやく溜飲を下げることができたって感じ。w

しかし、子どものころ母方のおじいちゃんちから渋甘柿を貰ってきては
軒下に干す手伝いをしていたのが今ごろになって役に立つとはネ。

半分ほど空き籠につめて、柿をくださったお宅へ「お返し」する。
このたびはどうもありがとうございました♡

by team-osubachi2 | 2016-11-18 18:11 | 食べる | Comments(8)

地味滋味っと干し柿作り

ご近所さんから小ぶりの段ボールに一箱分の柿を頂戴した。
子供のころ、母方のおじいちゃんちにもあったような
ころんとした丸みのある柿だ♡懐かしいなあ〜。

で、てっきり渋柿だとばかり思っていたら・・・あれ?これ、甘柿じゃん?!
渋甘とでもいうのか、一瞬ナマ食にしようかジャムにしようか迷ったけど、
子どものころ、おふくろさんが好きで、
家の軒下によく吊るしてあった干し柿はこんな類いの柿だったから
ここはひとつ干し柿にしますか・・・。

f0229926_17085670.jpg

どういうワケかヘタの根本の枝が短い。
そういう柿は料理用の綿糸でヘタをぐるっと囲んで結ぶ。
途中で落ちやしないかちょっと心配だけどしょーがない。

皮を剥き、紐もなんとか結び終え、サッと熱湯消毒してから、
雨がかからないようベランダにタオル干しをおいてそこに吊るした。

もともと自然に育ったワイルドな柿だから、きっとうまくいっても
スジっぽくて固くて黒い(しかも種入り)干し柿になるんだろうな〜。
でも、そこが田舎の味らしくていいのさ〜♪

f0229926_17095863.jpg

箱入りのあんぽ柿を熟年のエリザベス・テイラーにたとえるなら(たとえが古すぎ)、
この柿たちは、さしずめチベットのおばあちゃんたちのようなものになるだろうか。
丘の上のこの界わいは、むかし「神奈川のチベット」と呼ばれた時代もあるそうだしネ。w

軒下というワケにはいかず、タオル干しに吊るしているので、
鳥たちに狙われないよう日光浴させるとき以外は新聞紙を上にかけておこう。
田舎から出て来てこのかた、関東ではじめて干してみる柿・・・。
うまくいったらお慰み♪

by team-osubachi2 | 2016-11-10 20:58 | 食べる | Comments(2)