五島美術館での茶会へ

*11月23日(祝・木)雨のち晴れ

今年も香和会茶道教室のS先生の茶会へ美味しい一服をいただきに
朝からいそいそと着物に着替えて出かける。

着た着物は金茶色の縮緬の無地。
雨天でも平気で着ようと思えるのは撥水ガードを施してあるから。
厄年に誂えたので、「厄難去る」にちなみ紋がわりにちいさな猿んぼがふたつ提がっている。

f0229926_00340005.jpeg

天気予報では午後から晴れるというけれど、朝はずいぶんな雨降りだ。
足袋カバーをはき、カレンブロッソには爪革をかけ、
化繊のアップルコート(撥水力があってシワも気にならない)に防寒ショールを巻いて
ガッチリと雨拵えしてむかった先は五島美術館。

この美術館の奥にある起伏に富んだ土地を活かして作られた庭園には
「古経楼」と「冨士見亭」という茶室がある。
この日参加した着物仲間と入り口で合流し、指定場所の待合いで支度をし、
まだそぼふる雨の中傘をさしてまずは「古経楼」の広間の薄茶席へ。

f0229926_00343881.jpeg

お軸は『白珪尚可磨』(参考:http://www.kakejikuclub.com/hpgen/HPB/entries/150.html)とある。
白い玉でもそりゃあ放ったらかしでいいわけがない、より輝きを放つためには尚も磨くべし。
磨き続ける努力も要るわけね。そうか、うん。そうだね。自分もそうありたいものだと思う。

お点前よりもついつい見事な室内の建築や建具に目がいってしまった。
でもって、照葉を模したお菓子も美味しかったけど、
冷たい外でしばし並んで順番を待ったあとだったせいか、
お茶の熱さがちょうどよく、冷えた身体に沁みるように美味しかった〜♪

自分の楽しむ「お茶」はしょせんそんなレベルだ。
美しいものを見て、感じて、美味しい茶を喫する。いいんだ、それで。

その一席目を退出するころには雨はあがって、雲がきれてきたかも?!

f0229926_00361292.jpeg

待合いになってる会場にいったん戻って、お昼に点心をいただく。
わ〜〜い!地雷也の「天むす」だわん!!好きなんだ〜、天むすぅ〜〜♡

連れのお仲間とお喋りしながらほおばってる間に空はすっかり青空になっていた。
さっきまでの寒さもどこへやら。
お日さまのチカラってすごいのね、日差しのあるところはあったかい。

ってことで、しばし撮影タイム。はーい、撮りますよ〜!

f0229926_00355805.jpeg

続いてS先生のお席である「冨士見亭」に入る。

実は二十代のころに一度この五島美術館での茶会に訪れたことがあって、
はじめて冨士見亭からの眺めに感動して、ぜひまた体験したいと思っていたら
はからずもS先生のお席でまた体験することができた。
それも紅葉シーズンで雨上がりのこんなピッカピカのお天気に恵まれて・・・運がいいわあ♡

f0229926_00351978.jpeg

開け放たれた窓の向こうには、雨に洗われて澄んだ青空と紅葉しはじめた木々。
小鳥たちがさえずり、吹く風に木の葉が舞い散る様子が眺められる景色こそは
席主であるS先生がお客さま方への最上のもてなしに違いなく、この日一番のご馳走であった♪

お軸は「松風」。美味しいお菓子は偶然ながら私の郷里富山の銘菓「鹿の子餅」。
風光明媚な景色を愛でながら、和製マシュマロといった食感の白いお菓子をほおばり、
窓から差し込む光線越しにゆらぐ湯気とともに点てられた一服をいただく幸せってば、もう・・・♡

こういう喜びをいただきたくて、私はこの先生の茶会に参加したいと思うのかも♪

f0229926_00353452.jpeg

満足感と余韻たぷたぷで「冨士見亭」を退席し、続いて「古経楼」の小間での濃茶席へ。
しばし待ったあと、寄り付きでお菓子を先にいただいてから移動し、にじり口から小間へ入る。

たまたま空いた場所めがけて座った位置はお詰めの位置。
席主の大先生(S先生のお母様)と膝を並べて座らせていただく。
こちらの大先生も気取りがなくて、おおらかさと優しみを感じられるお席で、
偶然ながらS先生の娘さんの濃茶点前を柱越しに拝見。

点前座に窓からかすかに外の明かりがさして、釜の湯気のたちのぼるのが見える。
さっきの「冨士見亭」とはまた全然違う風情だ。

(帰宅してからの記憶スケッチ↓ご本人と似てないのですけど・・・(^ ^;;)
f0229926_00365014.jpeg

お茶の世界は長年好まれ支持されてきたように侘びてて寂びてて老成したような文化だと思うけど、
お正客ほか皆さんがいっせいに視線を注ぐ中、ものおじせず真剣に茶を点てる若い人の姿って、
いろんな意味での青さが感じられていいものだなあと思った。

f0229926_00363587.jpeg

無事に三席まわり終えて、ついでに美術館での展示もさっと見終えて、
素晴らしかった今日一日の余韻でふくふくになりながら家路についた。

今年も嬉しさいっぱいの美味しいお茶をありがとうございました♡


香和会 茶道教室(Blog)

# by team-osubachi2 | 2017-11-25 01:35 | 出かける・見る | Comments(2)

秋の茶会に着る着物

毎年楽しみにうかがうS先生の茶会へ今年も参加させていただく。
何を着ようかしら・・・♪
迷うほどには持ち合わせていないのだけど。

本当いうと、この小紋が着たかった・・・秋の森の小紋。

f0229926_21454931.jpeg

洗い張りして、取りかえる八掛けも準備していたのに、
今期はまだ仕立て代が工面できなかった〜 (^ ^;;

ちょっと残念だったけど、これはまた別の機会にネ。

気を取り直して、秋に着られそうな金茶の縮緬無地を出して、
松皮菱模様の袋帯という組み合わせにしてみる。

f0229926_21461894.jpeg

うん、これでいってみようかな ♪

f0229926_21414541.jpeg

朝は時雨れていて寒かったものの拵えは万全。あわてず騒がずいそぎ足でGO !


# by team-osubachi2 | 2017-11-23 22:15 | 着物のこと | Comments(4)

手袋をみつけて

今年の秋は寒さがはやくやってきたみたいだ。
(そういいつつ、師走になってやたらあったかいおかしな年もあったじゃない?)

買い物へ行くにも、手がちべたいなあ〜。
そういえば、普段用にしてた手袋、ボロくなって処分したんだっけか。

新しいのが欲しいなあ〜。でも、お小遣い、もうないわよ?どうする?
うーん、どうしたもんかなあ〜。

さて、もう夕方だ。そろそろ買い物に行かなきゃね。
おっと、外は寒いよ。毛糸の帽子かぶろう。また風邪ひいたら困るもん。

寝室のクローゼットをあけて、
毛糸小物の箱を奥から引っ張り出して驚いた。

あら・・・?!なにこれ、新しい手袋あるじゃない?!
どして?いつ?だれが?

まさか小人さんが編んでくれたとか?・・・なワケないっか。w

f0229926_19013977.jpeg

たぶん自分で用意しておいたものに違いないんだけど、どこで買ったのかしら?
まったく記憶がないわ。でも、ま、いっか。
これで近所へ買い物に行くときも、もう手ちべたくないね ♪

ありがとう!自分!!w

# by team-osubachi2 | 2017-11-22 20:57 | 日々いろいろ | Comments(2)

味と計算

齢八十をとうに越した姑どのは、毎日そろばんでその日買い物したものを計算し帳面に記している。
舅どのと姑どの、二人の食費の予算は三万円が目標だそうな。
ひと月三万円の目標は、でも、なかなか難しいのよとは言っていらしたが。

f0229926_07553169.jpeg

そう言うのを聞いて、嫁の私もひとつやってみっか!なキモチで
ここんとこ頭をひねりながらやりくり算段での買い物をしている。

我が家の一日の食費の目標額は千円!・・・・・・無理は承知である。w

f0229926_09191375.jpeg

しかし、いざやってみると、いやあ、やっぱりなかなか難し〜〜。

相方に弁当を持たせる、食べる量も違う、お米も調味料も切れると買い足しが響く。

f0229926_09193673.jpeg

とはいえ、もともと我が家の食卓にあがるのは、しみじみご飯の地味滋味おかずばかり。

その日その日のお買い得品やおつとめ品も駆使しながら、野菜や乾物のストックが出来ると、
主菜の食材だけ買って千円を切る日もあったりして、そういう日は文句ナシに嬉しかったりする。

多少なりとも以前より食費を抑えられるようにはなった・・・かな?

f0229926_09185682.jpeg

・・・とまあ、毎日ゲームのようにスーパーへ通う日々。

ルーティンであんまり似たようなおかずばかり続くと、たまにテレビで見た献立にもトライ!

f0229926_09181522.jpeg

・・・が、あえなく失敗!!
ワケのわからぬものが出来ることもあるが、味はそう悪くはない。

で、やっぱり定番のおかずルーティンに戻しつつ、
これからもたまに違うものに挑戦してみたいものだと思ったりする。

f0229926_09183997.jpeg

ちなみにそろばんで家計簿をつける姑どのは暗算が出来る。
日にちを言えば、暦の日数もサッと計算できたりする。

私は・・・どーもいけない。数字は大の苦手である。
でも、オッケー。スマホの電卓を使う。

味と計算において、嫁は姑どのに敵わなくていいんである♪

# by team-osubachi2 | 2017-11-21 13:53 | しみじみご飯 | Comments(4)

映画『普通の人々』

ここんとこ寒さがやってきていたのに油断した。
塩紅茶でうがいするなど初動の手当ても遅れて喉風邪をひいた。
昨日はなんだか芥子を塗ったみたいに喉のあたりが辛くて難儀したけど、
一日寝たらどうにかこじらせることなく小康状態に。
今日出かけるつもりっだった予定もキャンセルして家で安静に過ごした。

午後、今期はじめて電気ストーブをつけて、頭を使わずにすむ作業をしながら、
テレビで映画『普通の人々』を放送していたので見てみた。
ロバート・レッドフォードさんが初監督をして話題になった作品ってことだけ覚えているけど
見たことがないんじゃないかなあ。へえ〜、アカデミー作品賞と監督賞とったんだね、これ。

絵に描いた餅みたいに豊かな中流の上のクラスって感じのお家に、
お父さん、お母さん、そして高校生の息子。
息子だけかと思ったら、みんなして抱えてるものがけっこう重い。

溌剌と明るく元気そうに見えても(見せていても)、
心に抱える大きな傷みとか、自分の弱さとか、そういうものとどう向き合うのかな。
う〜ん、しんどいなあ〜、こりゃあ〜つらいなあ〜、いったいどうやって終わるんだ?この映画は?
・・・などとブツブツ言いながら結局最後まで見てしまった。







1980年かあ、これ、公開当時じゃあ見ても全然わかんなかっただろうなあ〜。
てゆーか十代じゃ見るワケがない、こういうテーマ。
今の年代だから見ててなんかわかる気がするもん。
人間どこかで自分の中のもの(または現実の直視だとか)と向き合わなくちゃ、
とてもじゃないけど、これから先やってらんないってときがくるよね。
父と息子は何か大切なものに気がついたみたいで、ホッとして見終えた。

そのあと、陽があるうちに買い物へ。
喉風邪はどうにか大人しくしてくれている。明日には追い出してしまいたいものだ。

# by team-osubachi2 | 2017-11-20 18:28 | 出かける・見る | Comments(4)