2017年 11月 19日 ( 1 )

初冬の花

うちの長屋の敷地に植木屋さんが入るのは毎年五月と九月。
九月の植栽でずいぶんさっぱりと枝を落とされたのに、
時期を迎えて山茶花の花がいっぱい咲いて、すでに花びらも盛んに散らしているのを見ると
植木屋さんの仕事ってやっぱりそういうものなんだな〜と思う。

秋の植栽以来、土手の草むしりもほとんど不要だったのだけど、
それでも気がつけばいろいろ春の草がロゼッタ状にはびこっているので、
お正月までには少し草取りをした方がよさそうだ。
・・・で、ひさしぶりに土手ラーに変身!

この日は一時間ちょっと草むしりをして、そのご褒美に山茶花をふた枝ほどいただき、
むかし新井薬師の骨董市で買った徳利に挿して飾り棚へ。

f0229926_09245392.jpeg

山茶花を置いた飾り棚の下段には、ベランダで咲き始めた足摺野路菊を切って
実家から貰ってきた木製の花器へ挿してみる。

秋が終わってから咲き始める案外水っ食いのこの野路菊は、
一本の茎からくねくねと枝分かれして蕾をつけるので、
その一本を切ってただポンと挿してみてもこんな風に収まる。

f0229926_09253373.jpeg

身近に調達できる草花で充分と思うようになったせいか、
花屋さんで生花を買わなくなって何年にもなる。
たまさか家の中に花があると、とても新鮮に目に映る。

山茶花に足摺野路菊・・・ああ、冬になったんだなあ〜と思う。

by team-osubachi2 | 2017-11-19 08:11 | 生きものの世界 | Comments(8)